2010年 ベストムービー

2010年12月31日(金) 8時30分
2010年、ベストムービーもやらねば。
今年は100本達成はできませんでした。

ランキングをつけるのが難しくて・・。
ベスト3位ぐらいまでつけて
あとは良かったものを列挙することにします。

邦画は今年はイマイチだった気がします。
その中で良かったのは
「告白」。(タイトルに私の感想へとびます)

原作があるものは大抵、原作が面白い、の図式がありますが
これは原作も凌駕しました。
松たか子さんを主演にしたのも成功のきっかけだったのではないでしょうか。



最近観たものが多くなってしまいますが
「小さな村の小さなダンサー」「スプリングフィーバー」「息もできない」

すべてアジア映画というのがすごいじゃないですか!
「小さな村・・」は中国映画ではありませんでしたっけ?

主人公はすべてアジア人です。

「小さな村の小さなダンサー」
題名からすると「リトルダンサー」を彷彿させますが

中国という国で才能を持ったダンサーが成功した話しです。
非常に生い立ちから成人になってからまでよく描いています。



「スプリング・フィーバー」

まさにごく最近観た作品ですが
観た当初は結構、衝撃的な映像とストーリーで
受け入れることができなかったのだけど
時間が経った今でも頭の隅にすっと居座っている
不思議な作品。

衝撃映像がそうさせるんでしょうか汗

スケールの大きな作品ではなくハンディカムで撮ったぐらいの
規模のもの。
思想やその他に邪魔されながらも心に残る作品を作れるなんて
素晴らしい!!
日本人は思想やその他に邪魔されることなく自由に作品を作ることが
出来る環境なのに。だからこそ生まれてこないのかもしれないのですが。



「息もできない」

この作品も鑑賞した当初は「なぜこれが高評価なのか?」と
考えたものですが
やはり緻密な心理描写を1人1人の登場人物に手抜きすることなく
丁寧に動きを作っているところがすばらしい。
バイオレンスが多く見えますし主人公もちっともかっこよくない。
(主人公は監督された俳優さんですが)
かっこよくないのがリアルで良いんです。

もう一度、観なおしたい作品です。




その他、私の完全な好みのベスト3。

ベスト3だけランク付けしました。

追記にベスト3いきます・・。

****************************

いよいよ私のベスト3 ムービー、と行く前に

ここであげた作品の実に7本中4本が
いつも単館系をメインで上映していたとある映画館でした。

この映画館が来年の1月に閉館になります。

こんなに良い作品を近くで鑑賞で来ていたのに
残念でなりません。

今年、映画のニュースの中ではこれが最大級にショックでした。

私が頑張って観に行っても
不況の波を押しのける力などないですからね・・。
とても残念です。


さて気を取りなおして

追記にいよいよ2010年 ベスト3 ムービーを!!



追記します・・・。