ベストムービー 2009

2009年12月31日(木) 8時00分
「これっきゃない」というほどの作品はなかったのが
正直な感想。

選んだ作品がとにかく暗いのです。
自分でもなぜだ、と思うほど。

この時代を生きていく中で
共感できる作品となると
生きてるって大変だ、と思う作品になってしまったのかもしれない。

今年は特に順位をつけるのが非常に難しかった。
1位は決まっていたんだけど
それ以外は同じぐらい、暗いんだなー。

というわけで、1位以外は順不同。
同じぐらい暗くて
明るい気分になる映画ではないので、
落ちてるときに観ないことおすすめします。


「チェンジリング」(タイトルにリンク貼ってあります)

イーストウッド作品。
こちらは実際にあった話、ということだし、
イーストウッド作品ということで
かなりずっしりとくる。
アンジーの真っ赤な口紅が印象的。
また真の強い母親像も良かった。


「グラントリノ」(タイトルにリンク貼ってあります)

これまたイーストウッド作品。
前半はありえないほど軽快なイーストウッド様なんだけど、
後半にやってくる「やっぱり」の展開。

この結論に賛否はわかれるところかと思うけど、
イーストウッドの主演、最後ということで
押さえておきたいところ。


「縞模様パジャマの少年」(タイトルにリンク貼ってあります)

ナチの作品。
ナチ作品と言えばだいたいわかると思うのですが
あまり観ていて気持ちの良いものではありません笑

ラストのどんでん返しを予想せずに主演の子供のような
純粋な気持ちで鑑賞しましょう。
ずっしりと重く苦しい作品。


「空気人形」(タイトルにリンク貼ってあります)

邦画はこれのみ。
他にも「ディアドクター」、「なくもんか」もなかなか。

今年のベストムービーで邦画も多く観ましたが、
この作品のみ選出。
是枝監督の訴えたいことがわかるようなわからないような
相変わらずだけど
ペ・ドゥナの魅力全快の作品。

空気を入れることで息を吹き返し、
空気人形の視点で是枝監督らしい風刺をしています。



「母なる証明」(タイトルにリンク貼ってあります)

ポン・ジュノ様の作品。(天才と思う監督である)
これがほんとはNo1とかにしたかったんですが、
「殺人の追憶」と比べるとやや劣るし
決して、明るい気持ちになれる作品ではなく、
考えさせられ
どうすることもできない世間と
そんな冷たい世の中では「母」という大きな存在のみが
生きていく中で大きいということ。

細部にこだわった
深いメッセージをいちいち感じ取ってたら
倒れてしまいそうなほど
人の弱みにつけこんできます。

映画を観慣れてない人は辛いかもしれない。
ここ数年、韓流ブームが落ち着き、
あまりこれといった韓国映画が入ってこなかったけれど、
他に「チェイサー」もすごまじかった。
これもかなりえぐいが悪くなかった。


上記の作品よりはやや★が減るけど
それなりに良かったもの、DVD鑑賞してもよかろうものとして・・。
(タイトルにリンク貼ってあります)


スラムドックミリオネア

レスラー

3時10分決断のとき

私の中のあなた

未来を写した子供たち

かな。
ドキュメンタリーあり、涙あり、夢と希望あり、西部劇あり、と
わりとジャンルは幅広く選出。



さて今年のベストムービーは・・


追記します・・・。