エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜

2008年03月19日(水) 17時49分
解説: 「愛の讃歌」など、数々の名曲で世界中を魅了した伝説の歌姫エディット・ピアフの生涯を描く伝記ドラマ。監督は『クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち』のオリヴィエ・ダアン。1963年に生涯を閉じたピアフを『ロング・エンゲージメント』のマリオン・コティヤールが演じる。美しい歌声を披露したコティヤールの熱演と、愛に生きたピアフのドラマチックな人生のドラマが堪能できる。(シネマトゥデイ)
あらすじ: 歌手を目指す母アネッタ(クロチルド・クロー)の娘エディット(マリオン・コティヤール)は、祖母が経営する娼館で娼婦のティティーヌ(エマニュエル・セニエ)らに育てられる。やがて母のように道で歌い始めたエディットは、名門キャバレーのオーナー、ルイ・ルプレ(ジェラール・ドパルデュー)に見出されるが……。(シネマトゥデイ)

いやはやまさかフランス女優がオスカーで主演女優賞を採るとは!
が、しかしそれなりの素晴らしい演技。
日本では、これ以外は公開されていないものが多いので比較するのは難しいですが、エディットピアフの半世紀をしっかりと演じきっていて、20代、30代、40代・・とどれもすべて表情や声も違うし、一番エディットが光っている時は、一番輝かしく演じています。

こういう伝記物って主人公を演じる役者にかかってるのではないかと思いますが、まあ、オスカーにふさわしい演技を堪能させていただきました。

140分近くなので、長いなーとも感じましたが、順立てて、ピアフの人生を追っていくのではなく、うまい具合に20代、30代、40代、現在を混ぜながらの作りです。
それが、混乱することもなくピアフの人生観やら性格、生き方なんかもしっかり伝わってきました。

ちょっと長いけど、マリオン・コティヤールの演技を見るだけでも価値があると思います。

★★★★☆

血と暴力の国

2008年03月18日(火) 21時21分
手持ちの読んでる本がなくなってしまい、本屋へGO。
(本屋に行くまでの道のりはひじょーーに長かった。なぜなら、本は重たいからお買い物の一番最後、と考えていたため、本がメインだった買い物が、ついでに本を・・になっちまいました。)

今回、思いっきり、ミーハーっぽく映画の原作ばかり。

映画の力とはすごいですの。
早速、ノーカントリー、読み始めました。

最初の数ページからほぼ映画と同じ。
これ、映画観てから読むのでよかったかも。

解釈が広がる気がします。

以前は、原作を読んでから映画に行くことが多かったけど、だいたいにして原作の方が面白い場合が多いので、近頃は映画を観てから原作ということが多いかな。

まれに結末が違ったりすることもあったりして。

これで当分は、字に困らないわ〜。
人のセックスをわらうな、とか1日もかかんないうちに読んじゃいそうだ。


第80回アカデミー賞

2008年02月25日(月) 18時38分
第80回アカデミー賞が発表されました。

作品賞: 『ノーカントリー』
監督賞: ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
主演男優賞: ダニエル・デイ=ルイス
主演女優賞: マリオン・コティヤール
助演男優賞: ハビエル・バルデム
助演女優賞: ティルダ・スウィントン
外国語映画賞: 『ヒトラーの贋札』 ドイツ・オーストリア

今年も例年ながらに、オンタイムで見ることはできませんでしたが、仕事中にWEBでチェックしてました。笑
今年は、かなり小粒なエントリーと思えましたが、今回は、私の愛してやまないコーエン兄弟のノーカントリーがノミネートされていたので、わくわく感もいつも以上。

まだ日本での公開は来月ですが、久しぶりに予告を見て、「あーコーエン兄弟が帰ってきた」と胸を弾ませていた私です。

試写会はぼちぼち今週あたりからあるみたいで、ことごとくはずれました。(というか試写会でいち早く観たい!と思った作品は本当に久しぶり。)

と、アカデミー賞の話ではなく、コーエン兄弟が好き、っていう私の告白になってるような・・。

しかし「つぐない」が予想に反して、で、あとはケイトブランシェットが主演女優賞ではなかったのも予想外だったかな〜。

日本上映がどれも楽しみですね。