2007年 ベストムービー

2007年12月29日(土) 20時20分
もう今年も終わりなのかとベストムービーを出す頃にやっと実感中です。
今年はとにかく忙しくて映画館での鑑賞できる時間が少なくて、観たくて観たくて我慢した映画もありました。

さて、それほどたくさん今年は観ておりませんが、(劇場鑑賞50本、DVD23本)ベストムービーを選ぶことにいたします。
こんだけしか観てないのに、何がベストムービーだよ、つう意見もあるが、毎年恒例だし。

でね、今年もどれが一番良かった、というダントツの作品はないので、ランキング形式ではありません。

鑑賞した順で。

エントリーNo1
リトルミスサンシャイン過去記事
とにかくシニカルな感じが非常に
それ、笑うところというのが、少しずれちゃったら、KYでねぇか?ってなぐらいな微妙な空気と登場人物、すべてのキャラクターが個性的でした。




エントリーNo2
ブラックブック過去記事
この時代の映画は時に切なく辛く真実をつきつけられ、観ているのが苦しくなってしまうことがある。
とにかくよーくできた脚本で、とことん主人公を追い詰めることにより観客は苦しくてたまらない。
どうやって主人公が満足できる人生を歩んでいくか、進んでいくか闘っていくか・・。
二転三転するストーリーの展開なのにわかりにくくないこと、誰が味方で誰が敵か?最後までハラハラドキドキの展開。本当によくできた脚本だと思いました。
カリス・ファン・ハウテンが美しすぎます。


エントリーNo3
河童のクゥと夏休み過去記事
夏休み、子供ばっかりの中で一人鑑賞。
1人で観て大正解。久しぶりに映画を見て大泣きした作品。
これ、子供向けというカテゴリーにおさめてしまうのはもったいないほど、胸を打つ言葉にはっとさせられた。
どれか1つベストムービーを、というなら2007はこれかもしれない。
千と千尋よりも私は、好き。