輝ける女たち

2007年12月22日(土) 19時43分
ニースにあるキャバレー"青いオウム"のオーナーであるガブリエルの突然の死。
葬儀後、彼の遺言により、小さな誤解から疎遠になっていたファミリーが再び集まることになる。ガブリエルを父のように慕い、昔一世を風靡したマジシャンのニッキーの予想に反して、"青いオウム"の相続はニッキーではなく、彼の子供たちの手に渡ることに。そんな"青いオウム"で人気の歌姫ア、かつてニッキーを愛した元妻アリスとシモーヌ。彼女たちもガブリエルの死をきっかけに、それぞれが過去に置いてきた秘密や今抱えている問題を見つめ直し、忘れかけていた自分らしさを取り戻す。そして、ほんの少し前向きに歩きはじめることに…。

この作品が2007の最後かも知れないなー。
DVD鑑賞は多くなったけど映画を劇場で観る時間が驚くほど少なかった。
映画館に映画を観に行けるときにはしっかりと行かないと。
そして映画を観に行く時間と気持ちの余裕に感謝せねばと思う。

さて、こちらもDVD鑑賞。
わりと楽しめました。
ただ、誰と誰が親子で、誰と誰が恋仲で誰と誰の子供が・・というのを理解するのに時間がかかりました。
エマニュエル・ベア-ルが、あんまりSEXYに見えないし、ニッキーは女にもてるような設定なのにちっとも魅力的でないので感情移入ができなかった。
それに、ガブリエルの女装もなんだか不気味だったしな。

全体的にストーリーとしては歌あり踊りありとありがちなテーマをより複雑化するという手法としては成功なのかもしれない。
けど、セリフでの説明が多く、聞き逃すと、登場人物の関係やら考えがわからなくなってしまう。
そのあたりがマイナスで、どの女性の生き方にも共感できなかった、というとこともマイナスですな。

★★★☆☆

恋愛睡眠のすすめ

2007年12月20日(木) 20時20分
【ストーリー】
仕事も恋愛も何一つ上手くいかずパッとしない人生を送ってきたステファンは、
父の死をきっかけに、長年暮らしていたメキシコから母のいるパリに帰郷する。
そんな時、ステファンの部屋の隣にも新しい住人が引っ越してくる。
引越し作業中に、運搬屋の不注意でケガをしたステファンは隣人ステファニーに手当してもらうが、
引っ込み思案でシャイなため隣に住んでいることさえ言えない。
やがてステファンは、クールで知的なステファニーを好きになるが、なかなか恋は上手くいかない。
そんな現実から、せめて眠っている間だけでも彼女に会うため、理想的な夢ばかり見るようになる。
夢の中でのステファニーとの恋愛は完璧な形で展開していく。
だが次第に、ステファンは夢での出来事を現実だと思い込むようになっていって・・・。


この映画ずっと今年に入って観たかったわけですがなかなかチャンスにありつかずやっと、見ることができました。
このDVDを借りるにも貸し出し中ではないのに、なかなか私の手元に入らなかったDVD。
まず、TSUTAYAに行ったら、会員カードが2日前に期限切れ。
身分証明書なんか持って歩いてなかった私はその日は帰る。
気を取り直して、会員カードを作り直してさあ、準備万端、とはりきったら、なんとセーフガードを店員が取り忘れ、観ることができず。。
TUSTAYAの人が家まできて、セーフガードととってくれました。
バイトさんの名札に「見習」のバッチがついてたけど、今日が初日だったのか。。彼女はこっぴどくしかられたのかな?

さて、肝心の映画ですが、これは好みがほんとに分かれそう。
私は、好きです。

★★★☆☆

なんか、夢と現実の中をうまく渡ることができず朗々と生きているステファンがとてもキュート。
こういう役柄って、下手すると観てる方が、うんざりきちゃって、「もうお前はいいから」となってしまうところをそうではなくて、憎めないキャラに仕立ててくれてるんですよね。

その夢の中がものすごくロマンちっくでおとめチック。
きっと恋愛してる時はいつでもこういうステファンのような妄想とか空想とかがいっぱいで、ありえないだろ、という内容や映像なのに思わず「あーこういうのってある」って素直に思えてしまう。

それからセリフもとても粋なものがたくさん。
是非、こんな粋なセリフをと思える瞬間があるなら使いたい。
それがくさくないのよ。なんかあのステファンが言うと。
本心でこんな言葉が出ちゃったんだろうな〜と思えてしまう。

ステファン「君のことが好きだ」
ステファニー「ロマンティックに好きなの?」

とか、

ステファン「今じゃなくていいから70歳になったら結婚してくれ」とか。

すごく控えめだけど、ほんとに片思いしてる、恋愛してると出てきてしまいそうな言葉。

「ロマンティックに好きなの?」ってなかなか言葉に出てこないよね。

「女として好きなの?」って聞いちゃうもん。

まだまだたくさん恋愛をする機会が多い世代の人に思いっきりファンタジックに恋愛気分に陶酔して、片思いの甘くてせつないを別の角度からのこの映画を是非、鑑賞してもらいたい。

私は好きなタイプの映画です。

あるいは裏切りという名の犬

2007年08月29日(水) 17時07分
解説: 衝撃の実話を基に、権力志向の強い野心家の刑事と、彼の策略で投獄された正義感あふれる刑事の運命を描いたフレンチノワール。監督は元警官という異色の経歴を持つオリヴィエ・マルシャル。ハリウッドではロバート・デ・ニーロ製作によるリメイクも決定した話題作だ。フランスを代表する名優のダニエル・オートゥイユとジェラール・ドパルデューが、主人公の刑事2人を燻(いぶ)し銀の魅力で演じる。骨太なサスペンスと男のダンディズムが堪能できる。

パリ警視庁の警視レオ(ダニエル・オートゥイユ)とクラン(ジェラール・ドパルデュー)は、互いにライバル心を抱き、次期長官の座を争っていた。現金輸送車強奪事件でクランが犯したミスによって、レオの親友エディ(ダニエル・デュヴァル)の命を奪ったのを機に、2人はますます対立の様相を深めていく。 (シネマトゥデイ)

フランス映画のこういうシリアスな刑事物ってあんまりないですよね。
映画としては、満点とは言い切れないが、ストーリーとしてはまとまっていたと思う。
もっとここをーーというところがいくつかあったし、あまりにも観ていて、わかりきったところでイライラしたりじれったくなったり。。。

★4つとするぐらいの素晴らしいストーリー展開だが、なーんで、こんなことしちゃうの??っていうくだらないところが多々あって・・。というかあんま好みの話じゃないんだろうな。
フランス映画なんで、結構、人間の心をねっとりやってるわけなんですが、フランス映画と刑事物のコラボは、私にはきつかったかな。

★★★☆☆

ヨコハマメリー

2007年08月28日(火) 20時45分
解説: 白塗りの化粧に全身白ずくめという、特異な姿で注目を集めた伝説の娼婦“ハマのメリーさん”をめぐるドキュメンタリー。90年代に突然姿を消し横浜の都市伝説となっていたが、シャンソン歌手の故・永登元次郎ら彼女を知る人々へのインタビューを通し、メリーさんの実像に迫る。監督はこれがデビュー作となる30歳の新進監督の中村高寛。メリーさんという存在を通して横浜の戦後史を浮き彫りにする本作は、2005年湯布院映画祭で絶賛されている。

歌舞伎役者のように顔を白く塗り、貴族のようなドレスを着て横浜の街角に立ち続けた老女“ハマのメリーさん”。戦後50年間、娼婦として生きてきたが95年冬、横浜から忽然と姿を消す。彼女の存在がいつしか都市伝説と化す中、深い交流のあったシャンソン歌手・永登元次郎は、メリーさんに会いたいと思いを募らせていく。 (シネマトゥデイ)


横浜のメリーさんの存在は知っていたが、どんな人でどんな人生かなど知る由もなく、この映画でメリーさんという人、戦争後の日本の一片を見た気がした。
作品は、ドキュメンタリーで、メリーさんと交流があった人と語りで多くがつづられている。

中島らもの「白いメリーさん」という作品があり、どんな内容だったかすっかり忘れてしまったが、昔、読んだ記憶がある。
当時、このハマのメリーさんの存在を知らなかった私は、内容すら思い出せないが、薄っぺらくア使ってしまったのかもしれない。

★★★☆☆

ボーン・アイデンティティー ,ボーン・スプレマシー

2007年08月16日(木) 14時58分
解説: ある嵐の夜、イタリアの漁船が洋上に漂う意識不明の若い男を発見する。引き上げられたその男の背中には弾痕があり、皮下にはマイクロカプセルが埋め込まれ、それにはスイスの銀行の口座番号が印されていた。男はなんとか息を吹き返すが、記憶を失っており、自分の名前も分からない状態だった。数週間後、彼は身元の唯一の手掛かりであるスイスの銀行に向かう。その貸金庫にはジェイソン・ボーン名義を含め6ヵ国のパスポートや大金、そして拳銃が入っていた。やがて暗殺者たちに狙われ始めた彼は、偶然出会ったマリーの協力を得てパリへと向かうのだったが…。



解説: 前作『ボーン・アイデンティティー』から2年、あのジェイソン・ボーンのその後を描くシリーズ第2弾。元CIAのトップ・エージェントのジェイソンとその恋人役はマット・デイモンとフランカ・ポテンテが続投。そしてジェイソンの新たな敵となるキリル役に『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのカール・アーバンが扮している。トンネルで繰り広げられるジェイソンとキリルの手に汗握るカーチェイスは迫力満点。

ジェイソン(マット・デイモン)とマリー(フランカ・ポテンテ)は人目を避け、インドのゴアで暮らしていた。相変わらずジェイソンの記憶は戻っていなかったが、町で見かけた男(カール・アーバン)が暗殺者と気づき……。 (シネマトゥデイ)


シリーズの1作目を見逃したため、2作目、観ませんで、結局、面白いという作品なのに、観る機会がありませんでした。
3作目が11月に劇場で公開ということなので、3作目は劇場で是非とも、と思い、時間があるこの時期に2本立て続けに。

1作目、2作目と連続してみると2作目は特に細かいところがわかりやすいかな、と思います。
アクション、スパイ物としては、評判通りのおもしろさ。

まあ、節々に、おや?なんでこうなるの??とか、あの人はどうなっちゃったの??とかありますが、話の筋がわかりにくくややこしくなりがちなスパイ物ではないのに私でも理解できる。
そのあたりは私も好き。
ただ、毎回こういうので思うのって、なんでこんなに主人公は不死身なんでしょう。笑
そうでないと観ていてあんしんできないけどね。

やはり劇場の大きなスクリーンで派手なアクションをたっぷりと堪能するに値する映画です。
3作目は絶対に、劇場で観たい!!ってか観る!!


★★★★☆

幸福のスイッチ

2007年08月11日(土) 22時40分
解説: 和歌山県田辺市の電気店を舞台に繰り広げられる人間ドラマ。親子の確執や愛情といったいつの時代も変わらないテーマを題材に、困難を乗り越えながら成長するヒロインの姿を描く。常に不機嫌なヒロインを演じるのは『笑う大天使(ミカエル)』の上野樹里。しっかり者の姉役に『紙屋悦子の青春』の本上まなみ、頑固オヤジを沢田研二が熱演している。家電メーカー勤務の経験を生かし本作を撮った、新人の安田真奈監督の温かい視線が生きている。

東京で働くイラストレーターの怜(上野樹里)は営業と意見が合わず、突然会社を辞めてしまう。そんな時、妹の香(中村静香)から姉の瞳(本上まなみ)が入院したと手紙が届く。実家に戻ってみると、じつは入院したのは姉ではなくソリの合わない父(沢田研二)だった。怜は瞳に頼まれしぶしぶ家業の電気店を手伝うことに。 (シネマトゥデイ)

評価が高かったことと上野樹里ということで、観ることにしました。

主人公のの怜(上野樹里)が、成長していく過程を描いていて、その成長過程がうまく表現されているあたりが、この映画の評価の高いところなんでしょうかね。

私は・・そうですね、結構、このほのぼのとした感じが、退屈でいつ面白くなるんだろう、いつ面白くなるんだろうと。

ってなわけで
★★☆☆(2.5)

悪くないんですよー。
先にも書いたとおり、大人になっていく心の動きがすごくわかるし。
でもね、退屈だった。都合がよすぎた結末も気に入らなかったかも。

デート・ウィズ・ドリュー

2007年08月09日(木) 20時29分
解説: ドリュー・バリモアにあこがれる普通の男が、彼女とデートするために奔走し、その過程をビデオに収めたドキュメンタリー。ドリューを愛する主人公として登場し、無謀なチャレンジを繰り広げるのはブライアン・ハーズリンガー。彼がドリューに近づくためにコンタクトを取る人物として、ジュリア・ロバーツの兄のエリック・ロバーツやドリューの元彼氏コリー・フェルドマンも登場する。ブライアンのチャレンジは成功するのか、驚きの結末に注目だ。

お金も仕事も恋人もないブライアンは、ゲーム番組で賞金1100ドルを獲得。最後のゲームの答えが“ドリュー・バリモア”だったことから勝手に運命を感じた彼は、憧れのドリュー・バリモアとのデートし、その様子をドキュメントフィルムに収めようと決意する。資金1100ドル、期間30日の中で、彼は夢を実現できるのだろうか……。 (シネマトゥデイ)


なんかほんとに馬鹿らしいっちゃ馬鹿らしいんだけどそれを本気でやってるところがすごくてかつこの主人公、陽気で、明るい気分になれる。
ドキュメンタリーということだけど、ほんとかよ?って感じもするぐらいわりとつながってるのよねー。
こうはなかなかいかないから100%ドキュメンタリーです、って感じではない気もする。

★★★☆☆

虹の女神 Rainbow Song

2007年08月07日(火) 20時14分
解説: 互いに引かれ合いながらも気持ちを伝えられずに、やがて悲劇の結末を迎えてしまう若者の姿を描いた感動作。岩井俊二が自身の作品以外で初のプロデューサーを務め、『天使の卵』の市原隼人と『出口のない海』の上野樹里を主演に、『ニライカナイからの手紙』の熊澤尚人を監督に迎え、リリカルな映像美でエモーショナルな青春ストーリーを紡ぎ上げた。ファンタジックな物語にリアリティを与えた市原と上野の等身大の魅力が印象深い。

映像制作会社に入社したての岸田智也(市原隼人)は、ドジな性格が災いして上司の罵声を浴びる毎日を送っていた。そんなある日、智也の大学時代の親友、佐藤あおい(上野樹里)が、アメリカで命を落としてしまう。智也はあおいの家族を空港まで送るが、目の不自由な妹のかな(蒼井優)が渡米しないと言い出す。 (シネマトゥデイ)


劇場で公開してるとき、またもや単なるアイドル映画かと思って見逃してしまいました。
友達のすすめで観たんですが・・。
やっぱ劇場で観ればよかったーー。

★★★★☆

今、監督、誰なんだとうと思ったら、またもや私が大好きな邦画、ニライカナイからの手紙の熊澤尚人なんですね!びっくりでした。
もっと早く調べていれば。。

まあ、しかたない。DVDで観れたから良しとします。

回想シーンで織りなす映画なんですが、回想の映画ってほんとに難しい。
もう結末はわかちゃってるわけですよねー。
それをどうやって、ラストの回想から現実で結ぶかということが重要となってきます。
何を引っ張っていくかという。

それでもボクはやってない

2007年08月05日(日) 20時14分
解説: 『Shall We ダンス?』の周防正行監督が、11年ぶりにメガホンを取った本格的な社会派ドラマ。電車で痴漢に間違えられた青年が、“裁判”で自分の無実を訴える姿を、日本の裁判制度の問題点を浮き彫りにしつつ描く。ハリウッド映画『硫黄島からの手紙』に出演し、世界的に注目を集めた加瀬亮が、本作で初主演を果たす。主人公を弁護する弁護士には、瀬戸朝香、役所広司らがふんする。3年もの歳月をかけて“裁判”について取材した監督が、現代の日本における“裁判”の現実を突きつける。

フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、通勤ラッシュの電車で女子中学生から「痴漢したでしょ」と訴えられてしまう。まったく身に覚えのない金子は、話せば分かってもらえると思い、大人しく駅の事務室に行った。しかし、「ボクはやってない!」という訴えもむなしく、そのまま警察に連行されてしまう。その日から、留置所暮らしを余儀なくされた金子の無実を訴える戦いが始まった。 (シネマトゥデイ)


この映画、映画館で観ていたら、1時間ぐらいして、停電になってしまいまして、ちょうど、観客の怒り蓄積中という感じだった時だったので、映画館でお客さん、怒る、怒る。
私は、もう、この日を逃したら行けないんだろうな〜とがっかりしちゃった。
結局、DVDが思ったよりも早く発売されて、早速借りてしまいました。

結構、観ていてつらいんだろうな、と思っていたら、やはり日本の裁判の現実を観ることができたという感じで、ドキュメンタリーなドラマ仕立てということでしょうか。

日本の裁判制度がまた変わろうとしてますが、その前に1度は観ておきたい作品だと思います。

★★★☆☆

まあ、映画というよりドキュメンタリー。現実とは?ということです。
ですから、映画の中では幸せでいたいとか、映画の中では現実から離れたい、というのを映画に対する思いとして持っているならば、観ていて、疲れるだけかもしれないです。

私は、周防監督が3年の歳月をかけて作ったということですので、あの監督がどうしても伝えたかった現実をしっかりと受け止めたいと思ってます。

イカとクジラ

2007年07月12日(木) 17時22分
解説: アカデミー賞で脚本賞にノミネートされたほか、各映画賞を席巻したヒューマンドラマ。作家同士の両親の離婚を機に、父と母の家を往復する生活を余儀なくされる兄弟の心情をつづる。監督は『ライフ・アクアティック』の脚本家ノア・バームバック。出演は『グッドナイト&グッドラック』のジェフ・ダニエルズ、『ミスティック・リバー』のローラ・リニーら。シリアスな状況を独特のユーモアでくるんだ監督の語り口と、実力派キャストによる繊細(せんさい)な名演が見どころ。

かつては人気作家だったが今は落ち目のバーナード(ジェフ・ダニエルズ)と新進気鋭の作家ジョアン(ローラ・リニー)の夫婦、は離婚を決意した。そのため、2人の子どもで、16歳のウォルト(ジェス・アイゼンバーグ)と12歳のフランク(オーウェン・クライン)は、父親と母親の家を行き来するややこしい生活を余儀なくされる。 (シネマトゥデイ)

家族の中のそれぞれの役割が乱れ始めるとこうなるというのを過剰に表現してます。

悪くないけど、まあ普通。

★★★☆☆