フューリー

2014年11月29日(土) 14時04分
解説:ブラッド・ピットと『サボタージュ』などのデヴィッド・エアー監督がタッグを組み、ナチスドイツ相手に戦車で戦いを挑む男たちの姿を描く感動の戦争ドラマ。第2次世界大戦末期、戦車を駆使して敵軍に立ち向かう5人の兵士たちの過酷なバトルを追う。『欲望のバージニア』などのシャイア・ラブーフや、『ウォールフラワー』などのローガン・ラーマンらが共演。アメリカとドイツ双方が誇る戦車の激突はもとより、強い絆で結ばれた男たちのドラマが琴線に触れる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ:1945年4月、ナチスがはびこるドイツに総攻撃を仕掛ける連合軍に、ウォーダディーというニックネームのアメリカ人兵士(ブラッド・ピット)がいた。カリスマ性のあるベテラン兵士である彼は、自らフューリーと名付けたアメリカ製の中戦車シャーマンM4に3人の兵士と一緒に乗っていた。そんなある日、ウォーダディーの部隊に新兵ノーマン(ローガン・ラーマン)が加わることになり……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

久しぶりの”かっこいい”ブラッド・ピット。
中年のセクシーさと男らしさが楽しめます。
しかしおバカな役のブラピのほうが個人的には好きなんですが。

作品自体は、戦争映画であり
悲惨で事実はこうだったんだろうな・・と思わせるような
むごい死体、殺され方なんかも写されています。
しかしなんというか
ゲームちっくに楽しんでる風にも見れて
危険な気がします。
エンターテイメントに特化しすぎてしまうと
戦争も楽しい?と若い人などはゲーム感覚で見れてしまうところも多いです。

しかしそこには一人のまさに現代人と同じく
戦争に嫌悪し、人を殺すことなどできない私達と変わらず
タイプライターしかできない若い新兵ノーマンにより
戦争に対する平常な物の見方で
安心できることもあります。

ノーマンの目をとおして
戦争のむごさを共有できるけれど
この作品の中で「任務」として人を殺さなければならない
そのあたりの隙間を
うまく観客が共感できるように
作り手のさすがを感じましたね。

同じフューリーの乗組員を始め
少し病んでるようにも見えるけれど
任務を心の中で処理しながら人を殺し、
そして実はダン(ブラピ)は
冷酷で任務のために人を無残に殺すかのように見えて
心の中には
人間のもともと持ってる優しさなんかも持っていたりして
(かっこいい男の役であります)
ノーマンもこのダンにどんどん魅かれていきます。

アメリカ映画だからハッピーエンドを思いつつも
そうでもなく
ラストは壮絶で笑いもない。

数日、フューリーの乗ることで
男の子から男になったノーマンの物語だった・・

作品としては楽しめるかと思います。
女性はブラピの久々のかっこいい彼に
うっとりしてしまうかも。


★★★☆(3.5)

  • URL:https://yaplog.jp/sutahomovie/archive/886
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。