グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札

2014年10月27日(月) 11時30分
解説:ハリウッド女優からモナコ公妃となったグレース・ケリーの華やかなシンデレラストーリーの裏に隠された激動の半生に迫る伝記ドラマ。夫のモナコ大公レーニエ3世と、当時のフランス大統領シャルル・ド・ゴールとの間に起きた国家的危機に立ち向かっていく姿を描く。『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』などのオリヴィエ・ダアンがメガホンを取り、主演は人気女優ニコール・キッドマン。『ロブ・ロイ/ロマンに生きた男』などのティム・ロス、『フロスト×ニクソン』などのフランク・ランジェラらが共演。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ:女優を引退しモナコ大公レーニエ3世(ティム・ロス)と結婚した公妃グレース(ニコール・キッドマン)は、アルフレッド・ヒッチコック監督からの新作オファーに心が揺れていた。そんな折、夫の推し進めていた政策が当時のフランス大統領シャルル・ド・ゴールを激怒させ、武力衝突に発展する可能性もある危機に直面。彼女はスクリーン復帰か、家族そして国家のために全てをささげるかの選択に直面し……。

グレース・ケリーとニコール・キッドマン。
ちょっと違う・・
私の中のグレース・ケリーはかなりキュートなイメージで
二コールキッドマンのイメージではないんですよね・・
だから実在したグレース・ケリーというよりも
グレース・ケリーを基に作品が作られたという印象。

全体的にも
モナコの危機を救うべくために・・という一部分でもあり、
ストーリーの始まりは
グレースが王子と結婚し、女優とモナコ公妃の選択に悩み
どうしたらモナコ公妃となれるかいや、女優として復活するのか、
グレースのストレスを多く含ませた展開。

中盤から自分の生きる道を決めそれに向かって
公妃としてどうすべきか。
彼女の努力や葛藤、そして女性として
スマートな女性として映し出されています。

作品にはいろいろなキーワードがあり、
ヒッチコックの「フレームの端に寄りすぎるなという言葉であったり

実はこれは政略結婚?とされていて
小国としてはアメリカの大女優が嫁ぐことで
何かしらの影響力が今後に及ぼすかもしれないと
コマとして結婚したのか?そんなことをにおわせたりして
実話だからこそ真実はわからない・・というベールで
におわせてるのはなかなかおもしろかったですね。

衣装は豪華絢爛。

グレース・ケリーの女優人生をすっぱり終えた
潔さも好きだったりしたけど
やはりいろいろな葛藤があり
公妃として、女性としてどのように生きていかなくてはいけないか。

彼女の人生の一部分のみを映画にしてますが
マリア・カラスが登場したり、その彼オナシスなんかもいて
マリア・カラスもよく、
スターである彼女はグレースの良きアドバイザーだったんだろうな、
なんて思いながら・・(そんなセリフもシーンもあります)

しかしやはりニコールキッドマンとグレース・ケリーは別だよな・・


★★★☆☆

モナコの風景などもよかったんだけど
合成っぽさが否めなかった。
残念。

  • URL:https://yaplog.jp/sutahomovie/archive/877
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。