真木栗ノ穴

2009年09月26日(土) 13時01分
解説: 気鋭の恋愛・ホラー小説の女流作家として活躍する山本亜紀子の「穴」を映画化した異色ファンタジー。自室の壁の穴から若い女が住む隣室を毎日のようにのぞきこみ、その女のとりこになっていく小説家の姿を、『同級生』の深川栄洋監督が描き出す。主人公の真木栗を『休暇』の西島秀俊が好演するほか、『夕凪の街 桜の国』の粟田麗、テレビドラマ「怨み屋本舗」の木下あゆ美らが共演。現実と妄想の間で展開する不可思議なストーリーが深い余韻を残す。
シネマトゥデイ(外部リンク)

あらすじ: 築40年のアパートに暮らす作家の真木栗勉(西島秀俊)は、ある日部屋の壁に隣室をのぞき見できる2つの穴を発見。片方の部屋には若い男が住み、空いている部屋に若い女が引越してくるのを期待した彼は、その妄想を小説に書き始める。期待通りに女が越してきたとき、真木栗は毎日のように穴をのぞき、その女のとりこになっていく。


最近、上映中の作品で観たいな、というものがなくDVD鑑賞が多い日々が続いております。
来週ぐらい(今日から上映のもの)からぼちぼち映画館での作品で観たいものが多くなりそう。

この作品、あらすじを読んだときにぱっと思いだしたのが江戸川乱歩の「屋根裏の散歩者」。
乱歩は屋根裏からのぞくというものですが、これは偶然目にした「穴」。
屋根裏を上がってまでのぞこうとは思わないけど自分の生活範囲に穴があればどんなものか覗いてみようと一度は考えるのが人間の心理というもの。

ファンタジーといえば言葉が良すぎるほど決して清潔ではない描写と主人公。
清潔ではない穴から見える人間の欲望と現実。

地味な作品なのに「最後はどうなってしまうのだろう」といくつも思いめぐらせてしまうラスト。

前半はリアルな心理をつき後半はホラーな作品でした。

日本映画らしい人間の心理と地味な設定。
なかなかおもしろかったと思います。

前半にある45歳の女性とのシーンは女性としてはあまりいただけなかったし、自分もあのぐらいになったらあんな気持ちになってしまうことがあるのかな、とか考えると身の毛がよだちました。笑
多分、あの女優さん、よく見かけますが、45歳より上なんだろうな・・と。

品がなくそしてついついみずにはいられない不思議な作品でした。
怖いもの見たさという言葉がぴったりかもしれない。
やはり江戸川乱歩の世界をじんわり感じた。


★★★★☆
  • URL:https://yaplog.jp/sutahomovie/archive/460
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。