ブラック・クランズマン

2019年04月03日(水) 18時48分
解説:『ドゥ・ザ・ライト・シング』などのスパイク・リーがメガホンを取り、第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した実録ドラマ。1970年代末のアメリカを舞台に、2人の刑事が過激な団体で潜入捜査する。ドラマシリーズ「Ballers/ボウラーズ」などのジョン・デヴィッド・ワシントン、『ハングリー・ハーツ』などのアダム・ドライヴァーのほか、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス、アレック・ボールドウィンらが出演する。 シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ:アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署に、初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は、捜査のために電話で白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に応募する。黒人であることを隠して差別発言をまくし立てた彼は、入会のための面接に進み、彼の代わりに白人の同僚刑事フリップ・ジマーマン(アダム・ドライヴァー)が面接に向かう。 シネマトゥデイ (外部リンク)

もっとコメディ色が濃いものかと思いましたが
なかなかしっかりとした人種差別を描いています。
なぜKKKに侵入捜査する経緯になったかがわからず
強引に黒人刑事のロンが電話して潜入し
黒人がKKKに潜入捜査なんて面白いよね、という切り口を作っているかのようで。
まあ、作ってるんだろうけど。

電話であれだけしゃべってるのにあの時代の電話だと
それほど全く別の人の声がわからないもんなのかなあ、も疑問です。

ただスパイク。リーの小慣れ感というか
センスはさすがですね。
ラストの内容は今も変わらないアメリカ、そして白人至上主義者ともとれるトランプ政権批判とつないでますし
スパイク・リーは本気で訴えたかったのでしょう。
彼が作れば彼の作品だから観るという人もいるはずですし
それにうなずく人も多いはず。今こそ影響力のあるメディアよ立ち上がれということでしょう。
有色人種の彼は現在の政治に大いに不満を持っていて当時を思い出し苦しんでいるということを
訴えたかったのだと思います。

でも人種差別をテーマで今回のオスカーの「グリーンブック」のほうが
内容としては良かったな。みんな人間じゃない、仲良くしようよ、というような。

結局この作品は時代が変わっても何も変わらないということ。
さらに追い打ちをかけられてる自体になっているということ。
この日に観た別の作品もそんなところがあり
どの国も似たり寄ったりなんだよなーと思います。
ただ日本との違いは影響力のある人が作品として訴える、表現する、それを見て
観客が考える、ということがあるけど日本はそれすらないよね。

昔の映画を出してくるのも良かったです。

でも一番好きなのはラストのアメリカ国旗をさかさまに、
カラーの国旗を白黒にして終わったところ。
このあたりのセンスはスパイク・リー。

で、私が個人的に最近の好きな俳優の一人のアダム・ドライヴァー。
今回は役柄的に抑え気味。
もちろん良い味を出してますが彼の持つ独特の世界が好きなのですが
控えめだったかな。

★★★☆☆(3.5)
  • URL:https://yaplog.jp/sutahomovie/archive/1126
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。