ふたりの女王 メアリーとエリザベス

2019年03月24日(日) 11時36分
解説:スコットランド女王メアリー・スチュアートとイングランド女王エリザベスI世の波瀾(はらん)万丈の人生を描いた伝記ドラマ。『ブルックリン』などのシアーシャ・ローナンがメアリー、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』などのマーゴット・ロビーがエリザベスI世を演じるほか、ジャック・ロウデン、ジョー・アルウィン、ガイ・ピアースらが共演。数多くの舞台演出を担当してきたジョーシー・ルークが本作で長編監督デビューを飾った。 シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ:18歳で夫のフランス王を亡くしたメアリー・スチュアート(シアーシャ・ローナン)は、スコットランドに帰国して王位に就くが、故郷はイングランド女王エリザベスI世(マーゴット・ロビー)の支配下にあった。やがて、メアリーが自身のイングランド王位継承権を主張したことで両者の間に緊張が走る。さらにそれぞれの宮廷で生じた内部抗争などにより、ふたりの女王の地位が揺らぐ。 シネマトゥデイ (外部リンク)

みなさん、レビューにも書いてますが
2人の女王というタイトルですがメアリー、シアーシャ・ローナンが主人公です。
恐らく、エリザベス女王という日本でもおなじみのキャラクターと
エリザベスを演じたマーゴット・ロビーが日本では人気があるから
そうしたのかもしれません。

作品を観てからネットだけですが
メアリーについて読み直してみると
なかなか忠実に映画としていたようです。

気位が高く王位の「血」という意味では
誰よりも純潔で
エリザベスのブーリンのような血は入っていない。
そこが気位の高さ、エリザベスに「王位は私に」という理由でもありました。

対象的な二人の女王。
人生を仕事にかけ男を作らず子も持たない政治家は今でも多いですが
そのあたりのプロ根性はエリザベス。
だからこそ歴史に残る女王なのでしょう。

作品の中でもラストで
やっとエリザベスとメアリーが対面し
メアリーが同じ女王同士の苦悩がわかるエリザベスに
助けてほしいとお願いをし
結局、エリザベスがメアリーの命を守るために18年だか幽閉します。
そのあたりは長い歴史の中での幽閉は描かれておらず
さらっとラストにエリザベスを暗殺する、という動かぬ証拠が出てきたため
エリザベスがメアリーの殺す、というかサインする、という結末でした。
どの国の歴史ものでも
後継者をめぐった男性の醜い争いに
女性が巻き込まれていくといったストーリーが多く
主人公を女性にしつつも男性の権力争いに巻き込まれた話なのです。

だからこそ美人でもてたメアリー、そして子も授かり何もかも手にした女王より
美人とは言えないが男性に屈せずイギリスに一生をささげた女王がこの作品も
勝ったのだと思います。

ラストはメアリーの処刑で終わります。

映画というのはすっかり自分の生活からかけ離れた
時代や生活を考え教養を増やす良いものですね。

★★★★☆
  • URL:https://yaplog.jp/sutahomovie/archive/1124
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。