洗骨

2019年02月28日(木) 14時33分
解説:お笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリこと照屋年之監督が手掛けたコメディードラマ。土葬または風葬した遺体の骨を洗い再度埋葬する風習「洗骨」を通じ、バラバラだった家族が再生していく。妻の死を受け入れられない父親を監督としても活動している奥田瑛二、息子を『Breath Less ブレス・レス』などの筒井道隆、娘を河瀬直美監督作『光』などの水崎綾女が演じるほか、筒井真理子、お笑いコンビ「ハイキングウォーキング」の鈴木Q太郎らが共演。 シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ:新城家の長男・剛(筒井道隆)が、4年前に他界した母・恵美子(筒井真理子)の「洗骨」のため故郷の粟国島に戻る。実家に住む父・信綱(奥田瑛二)は母の死後、酒に溺れており生活は荒んでいた。そこへ名古屋で美容師をしている長女・優子(水崎綾女)も帰ってくるが、妊娠している姿に一同言葉をなくす。 シネマトゥデイ (外部リンク)

解説を読んでゴリが監督だなんてびっくりです。
コメディタッチで重たくも見えるテーマ「洗骨」を家族の絆とともに描いています。

小さな島の中での閉塞感や田舎から都会に出た孤独感。
ネタ?というかコメディタッチの笑いからばっさりカットしてしまうところとか
セリフが多いのでもうちょっと丁寧に作ってほしかったなあ、とかありますがなんだか
監督名を見て納得。

お笑い芸人の間のとり方やお約束の転びなんかは
只者ではない監督のセンスが冴えます。
そのくだりはちょっと長くしつこくも感じました。要所要所に入れるのは良いけどね。

ただこの作品で圧倒的な演技力をみせる奥田瑛二。
彼がいなかたらこの作品のこれほどまでの評価はなかったと思います。
不器用で寡黙で弱くてそんなセリフがないだけの演技がとにかくうまい。

最近、NHKのドラマでもこんな役をやってましたがうまいですねー。
あとなんでQ太郎なの?って感じでしたが
彼にお笑いの部分を一気に引き受けてほしかったんだろうけど
内緒で嘘をついてまで彼の子どもを妊娠するように仕向けた娘の優子が
なんだかおバカな女にしか見えませんでした。
何の魅力も感じない。
近所の住民あたりでやめときゃよかったのに。

もうちょっとマシなのいただろうにというか。

高評価をうけて行ってきましたが
前半はとにかく長くて私は辛かったかな。
好みの問題もあります。

ただ日本に残る「洗骨」という文化を知るには
良い作品だし
奥田瑛二の演技を観る価値はあります。

★★★☆☆
  • URL:https://yaplog.jp/sutahomovie/archive/1120
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。