あなたの旅立ち、綴ります

2018年04月02日(月) 18時52分
解説:終活を決意した年老いた女性と、キャリアに悩む若い女性記者の交流を描いたドラマ。世代を超えた友情を育む女性たちを、『愛と追憶の日々』などのシャーリー・マクレーンと『親愛なるきみへ』などアマンダ・セイフライドが演じる。『6デイズ/7ナイツ』などのアン・ヘッシュをはじめ、トーマス・サドスキー、フィリップ・ベイカー・ホールらが共演。『U23D』などのマーク・ペリントンがメガホンを取った。 シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ:何不自由ない生活の中で孤独と死に不安を抱くハリエット(シャーリー・マクレーン)は、生きているうちに自分の訃報記事を用意しようと考える。地元新聞社の訃報記事担当者のアン(アマンダ・セイフライド)に執筆を依頼するが、これまで自分中心だったハリエットをよく言う人はいなかった。理想とはほど遠い内容の原稿を読んだハリエットは、最高の訃報記事のため自分を変えようと行動を起こす。 シネマトゥデイ (外部リンク)

ほっこり、にんまりできるコメディーです。
まあとにかくアマンダが可愛いですねー。
肌はちょっと荒れてましたが
表情もいつになく豊か。
知らぬ間にひっそりと結婚をしていたということもあるのでしょうか。

アマンダを中心に鑑賞していたというのもありますが
この監督、アマンダを脱がせたくて仕方ない、というかそんな印象も。
わざわざデニムを履かせるシーンも必要ないし
3人が湖で泳ぐシーンで脱ぐ必要もなくない?
しかし女性ですがアマンダの何もかも恵まれた容姿に釘付けです。

ストーリーは
誰からも好かれてない主人公・ハリエットが人生を見直し
たどりながら
良い訃報記事をアンに書いてもらおうと
立て直すどたばたコメディ。
しかし実はここでは若い二人の女性、特にアマンダの演じるアンに
自分の人生と重ね合わせ彼女に足りていないものはなんなのかを
伝えていこうとしているのです。

3名とも家族とは縁がないもの同士。
しかしある意味嫌われ者だったエリオットは成功者でもあり
アンは彼女の人生をたどっていくうちに
彼女のしてきたこと、人生を感じ、一度は
今の自分とみつめることで自分の生き方に無力感を覚えることもあります。

こんなにすごい人生は送れない!と思うのです。

アンは好きな彼に告白したり
ラストはあこがれだったアンダルシアに行く切符で旅立ち
7年、勤めていた新聞社をやめて旅立ちます。

予想通りハリエットは亡くなりますが
弔辞を読むアンがハリエットと1か月過ごし彼女に教わったこと、
彼女のすべてについて語ったときは涙が出てしまいました。(最近、涙もろくなってしまっている)

彼女たち二人が出会ったことは
ハリエットにとっても自分を見つめ直し
最後にできなかったこと、誰かのために自分を伝えること、教えることを
アンできたこと。

わりと平和な作品ではあるので途中睡魔も襲ってきましたが
良かったです。

自分のエンディングを私もぼちぼち考えなくてはいけないですし
こんな人生で良いのか?の問いかけをし続けるべきですね。

★★★☆☆(3.5)
  • URL:https://yaplog.jp/sutahomovie/archive/1094
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。