気付いたこと 

2009年12月19日(土) 2時29分
今日気付いたことがある。それは、頑張らないということだ。さっきテレビでやっていた。日本人は頑張り、耐え忍ぶことを美徳とすると・・・気付けば、それが当たり前になっていた。皆一生懸命になり勉強や仕事に打ち込んでいる。身も心も削りながら。頑張らないと怠けているとみなされる。頑張ってももっと頑張れと激励される。第一やりたくもないことを頑張るのだから、辛いに決まっている。いったい誰がそんなことを決めたのか?そもそも頑張るという言葉が気に入らない。自分は今まで日々払ってきた大きな物に気付いた。
 皆が頑張っているから自分も頑張らなくてはいけない。しかしそうではない。それはみんなが頑張っているから、人生はがんばるものと勝手に刷り込まれただけで、誰も決めていない。我々は自分も含め、青年期、壮年期、老年期も含め、社会を知っているようで全く知らない。ただ、皆に合わせようとして、それを正義と決めているだけだと気がついた。
 疲れても尚且つ行いたいことそれが自分のやりたいことだと気がついた。やっていて、疲れる、いやいややるというのは、自分には向いていないということとビートたけしが言っていた。全くその通りだと思う。だから今日からもう頑張らない。楽に生きる。人の目もなるべく気にしない。やりたいように生きたい。我慢して80年生きるより、好きなこと好きなだけやって2,3年で死ぬ方がずっと輝いている。今日そう確信した。

病む 

2009年07月03日(金) 3時22分
ついに病んでしまった。まさか自分が病むとは思わなかった。ひょっとしたら、怠けてるのかなって思うけど、よくわからない。
 このまえ、先生に看護師は向いてないって言われてしまった。前の学校では先生に作業療法士向いてない。って言われた。つまり、医療系には向いてないってことなのだろうか。それとは逆にアルバイトでは、今までのバイトの中で一番早いし、丁寧で真面目だ、君と一緒に働くと、息切れして困る(笑)って言われる。つまりこのバイト(清掃)は向いているってことなのだろうか。確かに清掃は少し大変かもしれないけどとても楽しい。
 どうすれば良いのかもうわからなくなってきた。どれだけ努力しても人並みには及ばないということを意味しているのかもしれない。
 ある人がいうには、人の人生は生まれる前に既に決定していてそれを神様のレシピというんだそうだ。だとしたら、いつも学校で失敗してどん底に落ちて、親や姉兄に迷惑をかけることが、俺の人生なのだろうか?本当に何とかできるのなら、何とかしたいが、どうすることもできない。

市民会館 

2009年07月03日(金) 3時11分
小さい頃小学校の授業で市民会館へ劇を見に行くことがあった。市民会館はステージがあって、一階と二階に座席があった。ワインレッドのシートだった。薄暗くてライトが淡く光っててとても綺麗だった。何か夢の中にいるようでとても心地良かった。そのせいか暗いところは結構落ち着く。今でも劇場(最近全然行かないけど)に行くと、とてもわくわくする。内容は二の次だけど、とても楽しい。また行ってみたい。最近突然思い出したので忘れないうちに書いておこうと思う。ああいうところにずっといたいと思う。

最近 

2009年03月01日(日) 21時04分
看護学校に入学してもう1年近くが経つ。この1年はがんばって一つも落とさないようにしようと頑張ってきたのに、実技で落としてしまった。その時期からだろうか。また前の学校のことがフラッシュバックしてきてしまった。臨床実習でも緊張してしまい、先生に「やる気があるのか、何をそんなに恐れてるんだ」と怒られる始末・・・。みんな出来ていて、自分だけが取り残されているという感情がまた蘇ってきた。とにかく、何をするのにも怖くて仕方ない。また失敗するんじゃないか、もう失敗は出来ない。そればかりが浮かんできてしまう。周りの友達はもう働いていて給料の話ばかりしている。多分そういうのもあって焦っているのもあると思う。
 こうなることも覚悟して入学してきたのに、いざ体感すると怖くて、何も手に付かなくなってしまう。ただ静かにのんびりと暮らしたいだけなのに、人生って上手くいかない。

最近気付いたこと 

2008年06月05日(木) 23時36分
看護学校に入学してから、もう2ヶ月が経ちました。周りは殆ど女性の中で、生活しているのですが、いつも、どんな話をしたら良いのか、解らず、一歩出遅れてしまいます。だから、いつも愛想笑いとか頷き、相槌がほとんどです。
 いつも考えることは、自分には何が必要なのかってことです。もっと大げさに言うと、人生で必要なスキルは何か(何が必要か)ってことです。
 それは多分、コミュニケーション能力と効率良く物事を解決できる頭の回転の速さ(または処理能力)この2つに尽きると思います。この2つの能力があれば、他に何も要らないと思います。勉強が出来る、スポーツが出来る、金持ちで、端整だなどは、単なる付属品だと思います。
 結局生きていく上で大切なのは人間関係だと思います。日本で生きている以上離島や山中で山篭りでもしない限りは一生着いてまわるのです。人間関係さえ上手くいけば、大抵のことは上手くいくと思います。上手くいくためには、人に好かれるか、仲良くならないといけません。そのときに役立つのがコミュニケーション能力だと思います。相手が思っていることを読み取って自分の言葉で発言したり、面白いこととを言って相手に好かれたり、これは全てコミュニケーション能力だと思います。それを補助してくれるのが、頭の回転の速さで相手の求める答えを即座に言ったり、窮地を救うときに役立つのがこの能力だと思います。
 実際に自分の周りでこの能力を持っている人が多数いるのですが、やっぱり、人から好かれていて、すっごくモテています。(彼女がいない期間がないくらい、しかも相手から、自然と寄ってきます)そして、いつも楽しそうにしています。この能力を持っている人の内2人は九州、四国地方(西日本)出身の人で、いつも明るそうです。きっと、県民性とか、育ってきた過程での人ととの関わりがヒントになっているのだと思います。
2009年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像六兵衛
» 気付いたこと (2010年06月24日)
https://yaplog.jp/sushidaisuki/index1_0.rdf
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sushidaisuki
読者になる
Yapme!一覧
読者になる