第93回東京箱根間往復大学駅伝競走

January 04 [Wed], 2017, 16:05
無念の最下位〜3年ぶり出場、往路から流れ乗れず〜                         

2017年1月2〜3日
東京・大手町読売新聞本社前〜神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場

 3年ぶり45回目の出場となった本学。シード権獲得を目標掲げ挑んだが、1区石井秀昂(4年・藤沢翔陵)が出遅れ19位で2区の住吉秀昭(2年・田村)にタスキを繋ぐ。前を追った住吉だが順位を落とし、区間最下位に沈む。その後は3区の八巻雄飛(体3・福島成蹊)、4区の多喜端夕貴(体2・尽誠学園)が順位を上げることができず、タスキは往路最終5区の藤江千紘(体2・湘工大附)へ。藤江はそのまま20位でゴール。流れに乗れず往路を最下位で終えた。
 逆転を狙った復路だが、ブレーキが続く。6区を任されたのは1年生で箱根デビューとなった福田有馬(体・大分東明)。しかし大きく離され1位の青学大から約17分遅れで7区、戸澤奨(体2・田村)に繋ぐ。トップと20分差がつくと繰り上げスタートになってしまうため、戸澤はタスキを繋ごうと渾身の走りをするが、23秒届かず8区の本多将貴(体3・田村)は繰り上げスタート。7区でタスキが途切れた。戸澤は走り終えるとタスキを握り締め泣き崩れた。その後も9区餅崎巧実(体4・幕張総合)、アンカー10区の渡部勇人(体4・喜多方)が繰り上げスタート。10区渡部の力走も及ばず無念の総合最下位で終わった。

終了後のミーティング
・添田監督
最下位という結果になってしまい、本当に申し訳なく思っています。選手は精一杯やってくれました。今回の結果を踏まえてチームを立て直していきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします。


・石井主将
2日、3日と朝早くからのご声援ありがとうございました。自分と餅崎が経験した90回箱根駅伝でも最下位でした。その悔しさを知っている自分が最下位として1区をスタートさせてしまい、チームの流れを作ることができず、2区以外の後輩や、9区、10区の渡部、餅崎に、4年生として自分が情けない走りをしてしまい、今回のこの結果はすべて自分の責任です。本当にすみませんでした。ですが、ここまで1年間添田監督に付いてきて僕は間違っていたということは一言も言いません。添田監督に付いてきたからこそ、僕たちは箱根駅伝のスタートに立つことができました。僕たち4年生はこれで引退となりますが、国士舘はまだこれからのチームだと思っています。来年、再来年と、必ず上位で走れるチームを、国士舘は作っていきますので、これからも変わらぬ多くのご声援よろしくお願いします。本日はありがとうございました。

             ▲4区の多喜端

        ▲タスキを繋げようと力走する7区戸澤

           ▲力走する10区渡部

      ▲終了後のミーティングでの添田駅伝監督

      ▲終了後のミーティングで涙を流す石井主将
  • URL:https://yaplog.jp/supokoku/archive/913
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R