中国旅行@

2005年07月09日(土) 0時42分

中国旅行は本当に楽しくてめちゃめちゃ刺激的だった。
中国って本当にたくさんの人が住んでて、いろんな生活があって、いろんな文化が入り混じってる巨大な国なんだってことを実際に肌で感じることができて、それがとっても面白かった。

もちろん53(だっけ?)の民族が共存しているこの国をひとつの国家としてくくることに多少の疑問は覚えるし、てゆーか、正直、もう少し分割していくつかの国家にわけたほうがいいんじゃとか、思ったりもするけど。
それでも一応、チベットやウイグルなんかで問題かかえつつもひとつの国としての形を保ってるからやっぱりひとつの巨大な国なんだよね。
そんな国の首都である北京に10日間いて、そんでやっぱり見るもの、あるものすべてが刺激的だった。鈍い私の精一杯のアンテナを伸ばして、中国って国を見ようとしていた。


天安門広場は、その広さが衝撃的だった。いる間、何度もそのまわりをうろうろしたしけど、いつまでもその広さに慣れることはなかった。
万里の長城では、この国の歴史の長さに感嘆せざるをえなかった。
これって一回の王朝で作り上げたわけじゃなくて秦の始皇帝から始まって明にいたるまで、長い北方民族との攻防の歴史の残影なんだよね。王朝は変わっても、漢民族はずっと北方から攻めてくる異民族と戦ってたわけだ。その歴史の証。いやー、すごいね、中国人は。そして中国の王様はやっぱ考えることのスケールが違う。

ともかく、1つ1つの遺跡について、詳しく知らなくても直接行ってみればその歴史の長さとスケールの大きさは肌で感じることができたと思う。

百聞は一見に如かず
とはまさにこのこと。

街の雰囲気も印象的だった。

中国旅行感想A

2005年07月09日(土) 0時39分
あと、やっぱり韓国から来た身としては、韓国となにかにつけて比較してしまった。
そもそもは、大中華主義の第一の崇拝国であった朝鮮半島。
そんなわけでやっぱり故宮だとか、昔の王朝の庭園あとなんかに行ったりすると、韓国の慶福宮や中世時代の建造物と敷地内の建物の配置などの大きな部分から階段のデザインなどの細かいところまでよく似ていた。
でも現代の人々が実際に生活している空間の様子は上にも書いたとおり、東南アジアにかなり近くて韓国とはあまり似ているとは思えなかった。何かにつけて、韓国の便利さと発展ぶりを再確認。
やっぱ韓国は立派な先進国です。はい。



ただ、おもしろかったことは大昔は常にベクトルの方向は大陸→半島だったんだろうけど今ではまさに逆の現象がおこってるんだってこと。観光地に行くと、日本語の説明はなくても韓国語の説明はあるし、(一説には日本人は漢字が読めるからだという話も)日本人観光客より、韓国人観光客が明らかに多かった。(まあ日本はまだ休みじゃないからだろうけど)
韓国の企業もかなり進出しているようでサムスンをはじめ、LGや車の現代など、韓国企業の大看板や商品をかなり多く目にした。それからDVDも韓国の映画やドラマがかなり充実してた。たぶん、日本の映画やドラマよりいっぱいあったんじゃないかなぁー。
韓国に中国人留学生も多いしね。まあ逆もかなり多くて、今中国にいる外国人留学生のうち、韓国人がダントツで1位らしいが。

そんなわけでやっぱりこの国と韓国とは、今と昔、形やベクトルが違ってはいるけど日本との関係以上に両者密接な関係があるってことを感じた。

以上、少々長くなりましたが、中国の感想。
ほかにもまだまだ書ききれない面白いことがいろいろあったんだけど。
ほんとは、忘れたくないから全部書きたいくらいなんだけど、
いくら暇とは言ってもそれなりにほかにすることもあるんで
この程度でしめくくらせていただきます・・・

北京7月7日

2005年07月08日(金) 12時41分
7月7日
いよいよ最終日。

ホテルでるときにホテルの人(真ん中)と記念写真。右の男の子は前の晩に知り合った日本人の男の子。

午前中は昨日やってきたサンバンの友人と一緒に秀水商街に行っておみやげを買った。彼女は中国語がとっても上手で値切り方もかなりプロだった。彼女のおかげでおみやげスムーズに買えたので感謝、感謝!
北京ダックの真空パックみたいのを家族用に買ってみた。おいしいのかは謎。とりあえず。あとはお茶とかお菓子、ビールなどを買いました。

午後3時の便だったので12時に市内をタクシーで出発。
バスもあったらしいんだけど、荷物がかなり増えたのでめんどくてタクシー。
空港にはすぐついちゃって、時間をかなりもてあました。

遅れることもなく、韓国時間の6時にソウルに到着し、10日間の北京旅行が無事幕を閉じました。



北京7月6日

2005年07月08日(金) 12時38分
7月6日
本日、一日かけて天津まで日帰りで行ってこようという計画だったのに、朝疲れが出たのか、早起きできず、それでも一応だらだらと北京駅まで行ってみたものの、買った切符が1時発で、日帰り無理とか思い、行く気力を失ってホテルへ引き返してしまった。

そのまま2時間くらい倒れるように睡眠。どうやらやっぱり疲れていたらしい。
午後もとても暑くて外に出る気がせずホテルでパソコンいじってだらだら。

ようやく5時ごろ少し元気もでてきたので、西単へ一人お買い物。
先日に引き続きアクセサリーを買う。DVDも最後に大量買い。

それから北海公園っていう故宮の北側にある公園へ。

夕方ですずしくなっていたし、夕日がとてもきれいですごくよかった。
夏は夕暮れっていうのはやっぱり本当だよね。
北海公園でぼーっとしてたら、いつまでこの夕暮れが終わらなければいいのに・・・なんてちょっと詩人のような気分に。
8時に閉門なのでぎりぎりに公園を出て前門へ行く。
そこで串焼きとビールを買って前門で一人酒。なかなかオツでした。

夜、ホテルに戻るとサンバンが韓国から遊びに来た友人にホテルを紹介しに来たところへ遭遇。その友達は韓国外大に通う子だったのですぐに親しくなった。その子が中国語すごく上手だったのでドミトリーにいる中国人の人と一緒に話してビールを飲んだりした。

北京7月5日

2005年07月08日(金) 12時25分
7月5日
午前中は北京大学清華大学を見学。

べつにすごくいきたかったわけじゃないけど、午後に約束があって遠出もできないのでなんとなく行ってみた。
両方ともめちゃめちゃ広かった。広いくせに中にバスもないし、タクシーもぜんぜんつかまらなくて本当に困った
北京大学の学食はかなり充実していてよさそうだったけど、清華大に行ってからそこで食べようと思い清華大に行ったら入り口をしくったらしく、ぜんぜん学食見つけらんなくて結局諦めて駅に引き返した。
北京大で食べればよかった〜〜
ほんと、中国全土の地方料理をそろえていて、値段も安くてとてもよさげだった。

そのあと、先日父の知人Mさんの知り合いでお会いしたKさんのさらに紹介で国際交流基金の事務所見学へ。
先日にひきつづき、基金の方からも仕事の内容、組織の仕組み、活動、就活時の体験談などいろいろな話が聞けて、さながら就職セミナー。とても参考になるいい話が聞けました。基金は仕事の内容も文化交流の支援、日本文化の広報など、外専よりも、もっと草の根的な交流活動ができるという点で自分が今やりたいと思っている方向により近いと思い、大変惹かれました。
また派遣などがあって女性には不利そうに見えるけど、結婚や出産などに対する配慮がかなり充実しているようで、話をしてくださった方も既婚の方なのに単身で北京にいらしているということだった。もちろん大変なことのほうが多いだろうけど、女性の働く環境としてはなかなかよさそうでした。

夜はKさんがもうすぐこっちでの任期を終えて帰国するということでMさんたちとうちわの送別会をするという席に私も呼んでいただいて、ご一緒することに。
いくらなんでも送別会にまでずうずうしいかなぁと思い遠慮しようかと思ったけど、行くレストランが北朝鮮料理屋と聞き、これは行かないわけにはいかないと思い、参加させていただいた。

北京7月4日

2005年07月08日(金) 12時19分
7月4日
午前中に一人で天壇盧溝橋を見に行く。
めちゃめちゃ暑くてしんどかったけど、一人で路線表見ながらちゃんとバス間違えずに全部移動できたのでかなり成長したと思った。北京は広いけど、地理はけっこうわかりやすい。
地図の苦手な私でもだんだんどうにかなってきたし。

↑天壇。といっても一番中央にあるメインの建物は工事中で見れず・・・残念。


↑盧溝橋。こっちも隣に併設されている博物館が工事中のため休館・・・

4時に韓国の語学堂で4級のときに同じクラスだった中国人の友達、サンバンと王府井の駅で待ち合わせ。
王府井の東方新天地のビルをぶらぶらウィンドウショッピング。洋服屋とか、けっこうかわいいお店があってびっくり。正直、明洞より日本に近いお店もけっこうあった。

それから西単へ行って再びお買い物。今度はアクセサリー中心に見る。アクセサリーは安いし、かわいいし、かなりよかった!サンバンはさすが中国人だけあって値切りのプロ
私が「いくら?」って最初に聞いたときは40元だったものが、サンバンが値切りまくって15元になったりした。言葉ももちろんなんだけど、オシの強さで私の比ではなかった。
おかげでいい買い物ができました!
韓国の東大門市場とかは夜のほうが賑わうっていうけど、ここ北京は閉店時間がかなり早く8時半にはビルが閉まってしまい、残念でした。
またあとで一人でこよーっと。

北京7月3日

2005年07月08日(金) 11時34分
7月3日
太一が中国内陸へ旅行へ行ってしまったので今日は一人で見物だーと思ってでかけようとしていたらホテルの入り口でほぼ同じくらいに出発しようとしていた日本人青年に遭遇。
話を聞くと、今日一日一人で観光するということなのでどうせなら一緒に行こうってことになった。
話を聞くとその子は1こ下の大阪外大生でなんとなく親近感。今日一日観光して、夕方6時の電車で西安に移動するとのことなので、夕方までに北京西駅に戻る予定でホテルを出発。

まずはおとつい、行き逃してしまった毛沢東記念堂へ行き、毛沢東を拝んできた。

無料で入ることができたのはよかったけど、立ち止まって見ることはできず、列になって流れるように通り過ぎるだけで終了してしまいやや物足りず。でも、見学に来ていた中国人がとても多く、また講堂みたいなところでひざをついて拝んでいる人や、花を添える人なんかもけっこういて驚いた。やっぱり今でもこの国では毛沢東は崇拝の対象であり、根本的な部分は冷戦前とかわっていないんだと、改めて確認。

それから北京の西北のほうにある頤和園と円明園という清朝時代の庭園を見に行く。

めちゃくちゃ広くてまた驚き。昔の皇帝はほんとに絶大な集権的権力を持っていたんですね・・・。写真は世界史とってた人なら資料集で見たことあると思いますがフランス軍に壊されたという円明園の西洋楼跡。教科書の写真で見てきたものを実際に見れたときってなんかうれしい。でもここが公園のほぼ一番はしっこにあってたどり着くまで公園は行って1時間くらいかかってしまいました。
そのため帰りがぎりぎりになり、なんと道ずれの人が汽車を逃してしまい、結局夜10時半くらいの汽車に変更。北京駅で中国語できない二人で必死に汽車の変更をしてまじ大変でした。

観光客二人だったので昼も夜もおいしいものを食べた。
昼は前門近くにあるガイドブックにのっていたしゅーまい屋さん。
おいしかったー

夜はホテルのすぐ近くにある北京ダック屋さん。
こちらもおいしー
値段も一人40元(520円)ですんで安かったし。
でも中国の料理は油っこいなー。

北京7月2日

2005年07月07日(木) 21時38分
7月2日
朝起きたらなんとなくだるくてだらだらといつまでも寝てしまった。
ホテルの近くにある秀水商街というおみやげなんかを扱うショッピングビルへ行く。そこで足マッサージの店があったので、そこでマッサージ&ネイル手入れをしてもらう。全部で130元(1700円くらい)してわりと高かったです。

父親の知り合いで現在北京の大使館で仕事をしている外交官の人Mさんがいて、私も小さいときにはたまに遊んでもらったこともあり、せっかくの機会だからということで会うことになり、4時半待ち合わせのホテルへ向かう。
いったん、食事の前に家でゆっくりしていってくださいといわれ、おうちにお邪魔する。が、そのマンションがなんと、その国際倶楽部飯店っていう高級ホテルのビルで併設されてるところで中もすっごく高級チック!!やっぱ駐在員はいいよなぁ。。。

それから四川料理のレストランに連れて行ってもらったんだけど、とても高そうなお店で北京の物価の格差を見せ付けられました。
場所も北京の六本木ヒルズと呼ばれている場所らしく、高級でおしゃれなお店が並ぶビルだったんだけどほんと、これまでまわってきた北京の一角とは思えないくらい、異色を放っていました。


四川料理は正直めちゃくちゃ辛くてあんまり食べられなかった・・・
唐辛子や山椒をふんだんに使う四川料理は韓国料理とはぜんぜん違う辛さで舌がびりびりにしびれてしまいました。
でも魚を料理する前に新鮮度をチェックしてくださいって感じで生きたままのを見せにもってきてくれたのには驚きでした。

北京7月1日

2005年07月07日(木) 21時28分
7月1日
朝、隣のベッドの女の子と一緒に近くの食堂で朝ごはん。

それからりょうくんと毛沢東見ようってことで天安門広場で待ち合わせしていたので、その女の子に教えてもらったバスに乗ろうとしたらサンダルの鼻緒が突然切れてしまい、あわててホテルへ引き返した。
さらに、その時間のロスで焦ったのか、バスを乗り間違えて待ち合わせから大幅遅刻しました。
結局会えなかったんだけどね。・・・
続き

北京6月30日

2005年07月07日(木) 21時23分
6月30日
前日から太一とりょうくんと万里の長城に行く約束だったので、とりあえず朝起きて太一の通う「広播学院」という北京市郊外にある学校へ向かう。
無事一人で到着。地下鉄はすでに問題ないねー。
って、まあ全部で4本しかないんだけどね。
1時くらいまで太一の家でパソコンとかしてだらだらし、それから太一が語学学校の友達と昼ごはんの約束してるというのでついてってスパゲティ食べた。
北京のスパゲティはソウルのスパゲティよりおいしいと思いました。

この日、めちゃめちゃ暑くて、あまりに暑いので万里の長城へは結局3時くらいに出発した。
行く途中の高速で「ディズニーランドを作りかけて放棄した残骸(太一いわく)」とやらを見物。かなり無残な様子だった。




入場が5時までだったので、かなりぎりぎりチックでしが、夕方で日差しもだいぶましになっていたので気持ちよく万里の長城を見学できました。

夜は、また大学のほうに一緒に戻って学校の構内にある韓国料理食堂で夕飯食べた。暑いので冷麺。麺が黄色いので一歩間違えると違う料理っぽかったけど、味はまあまあでした。

この日からユースでシングルルームではなくドミトリーのほうに移動。
ドミトリーって普通男女一緒の部屋って聞いてたので不安だったけど、私の泊まったユースは原則的に部屋が男女別になっていたので一安心。
隣のベッドにいた子が同じ年の在日の子だったのでさらによかった。
とはいっても、次の日、中国の内陸のほう行っちゃったけど。
この子はこれからチベット行って、パキスタン、インド、をまわり、トルコ、ヨーロッパ、北アフリカまでまわる予定なんだって!!すごい。。。本物のバックパッカー。
まじ憧れるなぁ、そういうの。インドとかパキスタンまでは一人で行く勇気ないけど、いつか中国国内だけでもまわることができたらいいと思う。
2005年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像GTOMR
» 独島写真展@ (2012年05月28日)
アイコン画像あすか
» カンジャンケジャン (2006年05月15日)
アイコン画像KAORI
» カンジャンケジャン (2006年05月13日)
アイコン画像asuka
» カンジャンケジャン (2006年04月12日)
アイコン画像れい
» カンジャンケジャン (2006年04月09日)
アイコン画像Yuudai
» 暇な方、どうぞ読んでください (2006年02月07日)
アイコン画像Han-Song
» 暇な方、どうぞ読んでください (2005年12月12日)
アイコン画像??
» 暇な方、どうぞ読んでください (2005年12月12日)
アイコン画像poli
» 暇な方、どうぞ読んでください (2005年08月17日)
アイコン画像asuka
» 留学を終えて・・・D (2005年08月14日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:supernatural
読者になる
Yapme!一覧
読者になる