家族旅行3。

July 31 [Thu], 2008, 7:49
三日目はお釜を見ようと蔵王へ。
しかし霧がかかって見えないようなので、中腹の高原でしばらく遊びました。
蜻蛉がたくさん!
虫が苦手な私ですが、カブトムシとクワガタと蜻蛉は例外。
はしゃぎました。
久々にあんなにたくさんの蜻蛉を見ました!

お昼は市内に戻り、お蕎麦屋さんへ。
山形にいた頃よく行ったお店なのです。
美味でした!

午後、今度は天童高原へ。
一度行ったことがあり、いいところだからまた行こうということに。
着くと、「小動物園」の看板が。
何がいるのかなーと覗きに行くと、ダチョウが六、七羽。
うん。
可愛いですが。
可愛いですが。



何故ダチョウだけ。



ちょっと離れたところにはポニーと羊も数頭いたので、多分そこまで含んで動物園…なんだろう…多分…。
朝からソフトクリームを食べたいのだ食べるのだと騒いでいた父は、ようやくソフトクリームを買えたのですが、それを見て小さい女の子が、
「ソフトクリーム!!」
とすごい勢いで駆けて来たのを見て、びくっとしていました。
女の子は父の脇を駆け抜けてそのままお店へ。
それを心配そうに見送る父。



私「どうしたの?」
父「いや…ソフトクリーム頼んだらな、店員が『私が作っていいんですか』って真剣に聞くんだよ…。他に誰が作るんだ…」



どうやらソフトクリームの巻き巻きをあまりやったことのない店員さんだったようで、父のソフトクリームも微妙な形。



父「でもあのちっちゃい子が自分でやるなんて言ったら大変だぞー」



惨状が目に浮かびます…。

そのままもう少し上まで行くとキャンプ場が。
画像はそこの風景です。
ぐるりと山に囲まれた、とても気持ちの良い場所でした。
すっきり!

夕方、市内に戻って霞城公園という場所を少し歩き、山形観光終了。
思い出の場所もたくさん見られ、美味しいものも満載の楽しい旅でした!

■今日のあいぽん■
「出たい」グループ魂

家族旅行2。

July 30 [Wed], 2008, 7:59
二日目は秋田から酒田、新庄を通って山形市内へ。
酒田で二時間ほど電車の時間が空いたので、山居倉庫に行きました。
川沿いに米倉が並ぶところで、裏の並木と米倉の間の道は、吉永小百合がJRのCMで歩いていました。
画像はその場所。
映っているのは父母です(笑)
ここでひとしきり母と小百合ごっこに興じ(笑)、新庄へ。
ここは乗換だけだったのですが、駅のホームに弁慶と義経の、顔をはめて写真を撮るあれが。
冗談で父母に「やってやって!」と言ったところ、駆け出す二人。
え、え、まさか。



やったよ…!
二人して満面の笑みだよ…!



呆然としながら撮りました。
その写真はここには上げられません(笑)
ちなみに父が弁慶で母が義経でした。
少し前まで吉永小百合になりきっていた人が…(笑)

山形には小学生の頃、四年ほど住んでいたので、思い出の場所をぐるぐる。
夜は蔵王へ向かう山道の途中の厚生年金会館に泊まりました。
部屋からも温泉からも、山形市内が一望出来る、いい場所なのです。
山に囲まれて清々しい気分でした。
夕ご飯は米沢牛石焼ステーキ。
うふふ。
美味しかったです。

続く。

■今日のあいぽん■
「Jailhouse Rock」The Blues Brothers

家族旅行1。

July 29 [Tue], 2008, 7:27
三連休、父母と旅行をして来ました。
一日目は秋田の父の実家へ。
祖父母、伯父伯母、従兄弟と奥さん、みんな元気でした。
何より!
しばらくのんびりさせてもらった後、三人でお墓参りに。
昼も夜も翌朝も、畑でとれたトマトや茄子をたっぷりご馳走になりました。
美味しかった…!

画像は祖父母家の裏庭からの景色。
一面の緑に心安らぎました。
続く。

■今日のあいぽん■
「航海」THE BACK HORN

ルーキーズ。

July 28 [Mon], 2008, 8:57
ネットで読んだところによると、ドラマルーキーズ、当初はあまり期待されていなかったのが、10、20代に加えて中高年の男性にも人気が出て視聴率が右肩上がりになったとか。
うん。
中高年の男性ね。



ものすごく近くにいますよ、一人。



そんなわけで、父と見ました、ルーキーズ最終回。


父「最終回!二時間!」


始まる前からうずうずの父。


父「始まったぞ!まあまあ座りなさい」


母にも薦める父。
しかし、母は一回見逃すともう見る気をなくすタイプなので逃げられました(笑)


父「あれ?!エースが怪我してるみたいだぞ?!」


始まった途端に動揺する父。
前回はお互い見られなかったのです。


父「あれ?!キャッチャーも違う!」


ニコガクをしっかり見分けている父。


父「あああお帰り今いいところ」


祖父母家に行って帰って来た母のために玄関の鍵を開けるも、ダッシュで戻って来る父。


父「ここで御子柴かあああ!!」


ついに役名も覚えた父。


そしてドラマ終了後、スペシャルと映画の告知を見て。


父「最後のあの子が鍵ってことだな!」


スペシャルに期待MAXの父。

もう、ここまで楽しんでくれたら制作者も本望じゃないかと思えるくらいのハマりようでした。
やー、良かった良かった。
楽しんでくれて。

実際、面白かったです。
何と言っても遠藤要の回し蹴り!(野球は)
かっこよかった…!
再登場してくれるとは思わなかったし…!
いやいや、本筋も良かったですよもちろん!
桧山はぐっと来ました。
「俺かよ…!」
はほんとに良かったです。
これ切ない…!

私「まさか」
父「これはまさか」
私「代打?!」
父「代打だ!代打だな!」
私&父「「そう来たかあああ!!」」

母が祖父母家から帰って来たのがこの場面だったんですが、私はテレビの前から動きもせず(こら)
だって!だって桧山が若菜が!

そんなわけで、大変面白かったです。
フィクションなんだから、綺麗事でいいじゃないか。
出来過ぎでいいじゃないか。
そこに価値はあると思います。
佐藤隆太はハマり役。
あの笑顔はいいなぁ…!
満足!

しかし実を言うと、五話見たかどうかなんですよね…。
やっぱり土曜はキツかった。
その中で言うならなんですが、一番はやっぱり新庄が掌を開くシーンです。
わかっていたけど!
わかっていたけど!
「開く!絶対ここで掌開くぞ!」
と父も思わず言ったくらいわかりやすかったけど!
泣かされてしまいました。
良かった。

私も父と共にスペシャルに期待MAX。
楽しみ。

しかし、ここまでキャストがかぶると、映画クローズ2とスペシャル&映画ルーキーズの制作時期が重なって役者さんも大変そうな…。
何故ここまでかぶったのか…。
ルーキーズの新キャラが大東俊介や深水元基だったら笑います。
期待してます。

■今日のあいぽん■
「キセキ」GReeeeN
今日はやっぱり(笑)

読書録。

July 24 [Thu], 2008, 7:59
今回は珍しく、現代日本作家の小説のみ。

「マラケシュ心中」中山可穂
中山可穂を読むたび、生温いお涙ものを恋愛小説なんて呼ぶんじゃない!と叫びたくなります。
この狂おしさこそが恋愛小説じゃないかと。
生身の拳で思い切り殴りつけてくるような小説です。
今の日本で、こんなに生々しい、体温を持った小説を書ける人が何人いるだろう。
同性愛者の女流歌人と、彼女の師匠の妻の話。
これだけを書くと、男女ならただのどろどろ不倫ものなのが、同性ということで目新しさがあるだけじゃないかと思われそうですが、男女でも中山可穂が書けばしっかりと脈打つものになると思います。
作者にとって自然な方を選んでいるだけで。
この激しさにいつも圧倒されて物語に多少納得のいかない部分があっても満点を出しているのですが、今回は物語も納得でした。
とても良かったです!

「三色パンダは今日も不機嫌」葉村亮介
力作三作の中の箸休め…。
すみません。
悪くはないんですが。
設定の面白さに頼ってしまって軽くなった感があります。

「オーデュボンの祈り」伊坂幸太郎
マイラブ伊坂の中でも最も好きな作品。
傑作だと思います。
カカシの思いに今回もまた泣いてしまいました。

「犯人に告ぐ」雫井脩介
雫井脩介初読み。
面白かったです!
長い物語ですが、あまり中だるみもなく。
登場人物も魅力的でした。
主人公の巻島はもちろん、津田と本田もとても好き。
誘拐事件で失策をして左遷された刑事巻島が、テレビを利用した「劇場型」捜査の指揮を取る、という話。
生き物がただ殺される小説が駄目で(と言うと意外だと言われるのがとても悲しいんですが…。本当です。そっちはかなり打たれ弱い)、推理小説も警察小説も一緒くたに避けて来ましたが、警察小説はいけるかも知れないと思いました。
殺人方法の説明などはやはり辛いですが…。
この作者のものはまた読みたいなと思います。

明日は会社をお休みするので、ブログもお休みでーす!

■今日のあいぽん■
「Foxy Blue Love」THE YELLOW MONKEY

内定者懇親会2。

July 23 [Wed], 2008, 7:55
先週二日酔いだと書きましたが、前日にまた内定者懇親会があったのでした。
私がリクルーターとして会った内定者の女の子も二人来ていて、その二人は話が合いそうだから紹介したいなと思っていたら、偶然にも一緒に着いたらしく、紹介する前にすっかり仲良くなっていました。
嬉しいなぁ、そういうの。
その二人と、二人と仲良くなった内定者の女の子もう一人と四人でずっと食べて飲んで喋ってました(笑)
お料理が美味しくて…!
四人で感動でした。

そうしているうち、主催の本社人事の方から、
「内定者にマジシャンがいます」
という突然のアナウンスが。
颯爽と現れたその男子、ネクタイがトランプ柄。
ただ者でない雰囲気たっぷりです。
幾つかマジックを披露してくれました。
それが上手いの…!
大盛り上がりでした。

その後、私の同期二人も加わって六人で喋っていたのですが…あの、同期はうるさくてほんとごめんね内定者ちゃん達…!
楽しんでくれていたようではありましたが…引かれていないといいな…。
二人は唐沢寿明似と小池徹平系のイケメンズなん、です、が。
小池系の子が唐沢似の子のことを、
「喋らなきゃかっこいいのにな…」
と残念そうに言っていましたが、人のこと言えてないからね…?(笑)
小池系は笑いに走るし、唐沢似はどんな切り口でもゴールドかピンクなネタに行き着くし。
私は二人の間にいたので、遠目に見ると両手に花なんですが、その実、右に突っ込み左に突っ込みという。
この二人を止めるのは大変でした。
大変なのですぐに放棄して、小池系と髭男爵やってました(こら)
ルネッサーンス。
はい。
うるさかったのは私もです(平伏)
唐沢似が内定者ちゃん達に、
「社会出て五年も経つとこうなるからね」
と私を指して言ってました。
お前に言われたくないわあああ。

そんなこんなで懇親会が終わりますと、二次会としてリクルーター飲みであります。
これがザ・男子校状態で毎度酷いけれど楽しいわけで。
うっかり飲み過ぎて翌日あの憂き目を見たのでした。
しかし、昨年ほぼそのメンバーで飲んだ時に私が潰れたので、私が日本酒に手を出したところ、
「スイさん本酒行ったぞ!」
「ほんとだ手ぇ出した!」
とあっという間にみんなに広まったという。
あの、11対の目で飲み干すのをじっと見守るのは辞めて頂けませんか。
あの時どんだけ酷かったんだろう私と頭を抱えたくなりました。
なのに飲み過ぎて二日酔い…。
学習能力という言葉は知っているだけでは役に立たないなと思う今日この頃です。

■今日のあいぽん■
「Bodies」Sex Pistols

キサラギ!

July 22 [Tue], 2008, 7:33
お泊まり会、三本目は「キサラギ」でした。
これは面白い!
評判がいいわけですね。
見たいなと思っていらっしゃる方は、是非ネタばれを読まずに見て下さい!
以下ネタばれです!










小栗…!(爆笑)
まさか当代人気NO.1を争うイケメンが、自らを「虫けら」と言う映画があるとは思いませんでした(笑)
小栗、かっこいいとは思いつつも好みではないと言っていた私達三人ですが、
「この小栗なら愛せる…!」
と声を揃えて言ったほどの(それもどうだろう)、キャラクター崩壊ぶり。
これいい…!(爆笑)
最後、夜空の映像と共にそれぞれの過去が映される場面、他は皆心温まる映像だったのに、小栗それかい!!
どんだけ使えないの!!
確かにね、本人的には心温まるかも知れませんが、温まってる場合じゃないからね!
やー、ほんとに面白かったです。

すっかり小栗に持っていかれましたが、他のキャストもとても良かったです!
香川照之は何をやっても上手いですね…!
ユースケも相変わらず芸達者。
塚地も器用さを発揮。
小出恵介は見る度に全然違うなー…役にハマってました。
ラスト、みんなで踊るシーンは是非全画面で見たかった…!
段々皆が疲れて自棄になっていくのがわかって尚更おかしかったです。
ああ、笑った…!
これは是非また見たいです!

■今日のあいぽん■
「San Francisco Bay」Lee Oskar

46億年の恋。

July 18 [Fri], 2008, 8:39
お泊まり会で夜中に見て、私達を混沌の底に沈めてくれたのがこの映画、「46億年の恋」でした。
もうね。
これね。



さっぱりわかりませんでした!!



刑務所が舞台で、あらすじ紹介には「房で死んでいる少年(安藤政信)と彼の首を絞め続け、自分が殺したと言い張る少年(松田龍平)。捜査を進めるうちに、被害者の少年に恨みを抱く刑務所所長や他の入所者達が、それぞれの思惑からする様々な証言に事件は思わぬ展開を見せる。事件の真相とは?」というようなことが書いてあったので、ああミステリーなんだねと言いながら見たのです。
確かにその通りの物語があるんですが、そこに絡んで来る映像が全く理解出来ません!
熱帯の儀式や、房の壁穴から外を見るとロケットがあったり、刑務所の外がピラミッドだったり…。
心象風景にしても、誰のどんな訴えなのかが全くわからない…!
事件の真相は、それ?!という拍子抜けするもので、そちらよりも少年二人の心の動きを描きたかったんだろうなと思うんですが…。
うーんうーん。
見終わった後で三人散々喚き合ったんですが、ちっとも解決出来ませんでした。
どういうことなのー?!

ただ!
安藤政信のかっこよさは半端なかったです!
顔も整っているんですが、肉体のバランス、演技の上手さ、全てが完璧で見惚れました…!
暴力的な少年の役で、しばしば暴れるんですが、一対多数の乱闘シーンの美しさといったら!
舞踏を見ているようでした。
安藤政信に惚れた松田龍平を振るシーンも、振り姿のかっこよさにこれ余計惚れちゃうよ!とじたばた(笑)
かっこいいーーー。
自覚なく酷いタイプ。
優しさが致命傷を与えちゃうタイプです。
かっこ良過ぎるー。
安藤政信が出ている場面だけ繋いで売り出してくれたら即買うんですが!

あと、台詞が好みでした。
「どうして僕に時々優しくしてくれるの」
「宇宙の方が人が少なそうだろ」
「ありゃあるし、なきゃない」
などなど。
ちらほら好みだっただけに理解出来ないのが余計残念であります…。
解説して下さい、三池監督ー!!

見終わった後、この映画を見たい見たいと主張した子が、
「これ見たいって言ったって言ったらおかしな子だと思われるよね…」
とうなだれていたので、
「ちゃんとブログに書いてあげるねっ☆」
と言ったところ、にっこり笑顔と共に言われました。



「書いたら荒らすから」



ひー!と思ったものの、
「どんなブログ荒らしか見てみたいから書く」
と言ったら、再びにっこり笑顔で言われました。





「ブログ荒らしなんかしないわよ…物証残っちゃうじゃない。直接精神的に荒らすわ」





な に そ れ





そんなわけで、誰のリクエストかは書けません(笑)
まあ、私が選んだのはクローズと書いたので、二択なんですけどね。
メンバー的に実質一択だと思いますけどね。

でも後の二人もあらすじを読んでこれ見ようと言いましたので、結局全員意思ですよ。
↑こんなフォローでいかがでしょうか(がたがた)

■今日のあいぽん■
「哀しみの足音」大貫妙子

うぐあ…。

July 17 [Thu], 2008, 7:24
二日酔いと酒による寝不足です…ふらふらです…。
アルコールが一定値を超えると眠れなくなるのは何故だろう!
当然のごとく自業自得なので、何喰わぬ顔で仕事頑張ります。
大人だもの大人だもの(呪文)

■今日のあいぽん■
「ゆけゆけ飛雄馬(クインテット・バージョン)」MJR
ジャズアレンジのもので、原曲との比較を楽しみたいところなのですが、私、原曲を知らないという…。
ゆけゆけ飛雄馬、というフレーズに飛べ飛べハッチのメロディしか浮かびません。
みつばちハーッチー。

お泊まり会。

July 16 [Wed], 2008, 7:57
土曜日、久々にサリー&ユキちゃんとお泊まり会をしました。
デパ地下でご飯を、コンビニでお菓子と飲み物を調達していつものホテルに。
籠る気満々です。
しかし着いて早々ハプニング。
お風呂上がりに食べようとアイスを買って来たのに、冷凍庫がない!
荷物の片付けもそこそこにアイスを食らう我等(笑)
あっつい日でしたので、むしろ一番いいタイミングだったかも。

この日はDVD鑑賞会でもあったので、各自希望のDVDを一本ずつ見ることに。
私は当然のごとく「クローズZERO」を(笑)
最初にこれを見たんですが、映画未見の二人は人物相関に苦戦したらしく、途中で一時停止して相関図を確認してました。
原作は大して絡まないから、未読の二人でも大丈夫なはずだけどな?私は大丈夫だったけどな?と首を傾げて見ていたのですが、お泊まり会が終わった後で思い出しました。



私、映画見る前にサイトで相関図覚えてから行ったや…。



次に誰かに見せる時には最初に相関図説明をしてからにしようと思いました。
でも、混乱していた二人も最終的には遠藤憲一のかっこよさと山田孝之の可愛さをしみじみ語っていたので、私の目的は達成です。
そうそう、そこそこ!!

他の二本については明日以降個別に書くとして。
二番目、土曜の夜中に見た映画が問題で、おかげですっかりカオスに突き落とされた私達の会話はその後わけのわからない方向へ進み、眠る直前には酷いことになっておりました。
おかげでユキちゃんが悪夢を見たようです。
何か、ユキちゃんは一緒にお泊まりをするといつも悪夢を見ているような…。
あれ?
まさか私とサリーのせい?

日曜のお昼、帰る前にホテル代や買い出し代の精算をしました。
買い出し代は私の担当だったので、レシートを元に携帯で計算。



私「わっ、安!一人800円!」
二人「「それはないよね」」
私「ん?」



再計算したら一人2100円でした…。
電卓使ってこれか!
最近自分が色々心配です。

支障が出まくるので会話の内容等には全く触れられませんでしたが(笑)、とにかく楽しかったんですよ!ということで。
またやろうねー☆

■今日のあいぽん■
「Heaven's Kitchen」Bonnie Pink

2008年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像うかれマダムの友人 その2
» 転勤のお知らせ。 (2012年04月04日)
アイコン画像うかれマダム
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月23日)
アイコン画像呆れ顔
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月18日)
アイコン画像スイ
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月12日)
アイコン画像
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月12日)
アイコン画像スイ
» バースデーケーキの話。 (2011年10月11日)
アイコン画像suttoku
» バースデーケーキの話。 (2011年09月10日)
アイコン画像スイ
» 四国旅行2。 (2011年08月13日)
アイコン画像すっとく
» 四国旅行2。 (2011年08月07日)
アイコン画像スイ
» 四国旅行2。 (2011年08月01日)