ギリギリジンジン。

February 29 [Fri], 2008, 23:34
昨日は定年退職なさる方の表彰式がありました。
表彰式では感謝状を支店長が手交し、記念品などを贈ります。
この時、感謝状はぺらっと一枚渡すわけではなく、台紙に挟んで渡しています。
卒業証書を筒ではなくこれと一緒にもらった方もいるんじゃないでしょうか。
ちょっともこもこした、一枚用のアルバムみたいなあれです。
この台紙、感謝状、記念品は本社の手配で三日前には業者さんから各支店に届くことになっており、感謝状と記念品については、感心なことに先週の木曜までには届いていたのです。
しかし先週の金曜に本社から、
「台紙の発送が遅れており、当日朝の9時までに着く便に乗ります」
との連絡が。
あちゃあ!と思いつつ、流れを確認。
式自体は11時からなんですが、私は10時から退職なさる方の手続きに入ります。
台紙の到着は9時。
うん、余裕!
そう思っていたのです。

昨日、式当日。
他の準備を済ませて9時。
まだ配達はありません。
まあ、遅れることもあるさね、としばし待ちの体勢。
20分になっても来ません。
うん、これは嫌な予感がするぞ☆
配達が遅れてるって言われるんだろうなーと思いつつ、本社にいそいそお電話です。
担当さんに今日の9時まで便ですよね?と聞いてみました。
すると。





本社「えっ?!出荷が早まったので昨日中に届いてるはずですが!」





ワオ!こいつぁ予想外★





一度電話を切って捜索したものの、やっぱり届いていない。
再度本社に電話し、配送追跡をお願いしました。
課長、係長に話し、いざとなったら仕方ないけど、台紙なしはかっこつかないね、支店長の顔も曇るだろうねと三人で腕組み。
そうしているうちに折り返しの電話が。





本社「あの…追跡システムではまだ配達中になってます…。配達指定は昨日にしたんですが…」





おおお、それは一体いつ来るのか。
式が終わる頃に来たら別途で渡し、それまでにも来なかったら自宅に送付か?でも後から送られて嬉しいか?でもでもないのも…とぐるぐるする私に、本社の担当さんは続けました。





本社「業者の営業の方が、直接そちらに持参するそうです!一時間かからないはずです!」





時計を見ると、9時40分。
いける!いけるわ!
お願いしますっと電話を切り、手続きをしに会議室へ。
さくさく手続きを終え、また参りますのでしばらくご歓談下さい☆と部屋を出たのが10時35分。
人事に戻りましたが、期待に反して、まだ未着。
台紙はちょっと感謝状を入れにくい構造で、退職者は10数名。
はーやーくーきーてー!
心中じたばたしていると、門の警備員さんから着いたとの連絡がありました。
門を抜けて中まで来てもらうと手続きが必要で時間を食うので、すぐ行きます!と告げて階段をダッシュ。
門で業者さんと個数を確認(これで足らなかったら目も当てられないですからね…)、段ボールを抱えて再びダッシュ。
人事に段ボールや仕切り紙を放り投げ、台紙を抱えて会議室に飛び込んだその時間、10時55分。





あっぶね!あっぶね!(ラーメンズ)





課長が話をして退職者の目をそらすうちに、係長と感謝状を台紙にイン。
ぎりっぎりで支店長の入室前に作業を終えたのでした。
良かった…!

その後は滞りなく式が進み、終わって支店長達と退職者は食事会へ。
見送って人事に戻ると11時半。
届きました、新しい段ボール(笑)
今かーい!(全力)
何とかなったのでいいけどね!

そんな風に走り回っていたら友達に、
「スイちゃん今日輝いてる!」
と言われました。
あー、わかるかも知れません(笑)
トラブルは本当はあっちゃいけないんですが、起こるとアドレナリン出るなと思います。
いきいきしちゃう。
もちろん、



「最後に俺が勝つから楽しーんだ」(仙道彰)(うろ覚え)





というわけで、乗り切れる可能性があるか、何をどうしても乗り切らなきゃいけない場合に限るわけですが。
…後者は勝ってないですけどね(笑)
今回はまだ前者でしたので、覚醒率80%。
常時の覚醒率は言えません(こら!)

■今日のあいぽん■
「ギタリズム」加藤登紀子 Feat.村上てつや
この組み合わせ、嬉し過ぎる。
ゴスペラーズのカバーアルバムより。
このアルバムの写真、ゴスメンバーがスーツを着て会社員風にしているんですが、もうね。
KI★TA★YA★MA!!
北山主任に仕事教わりたい。
北山主任にコーヒー差し入れしたい。
北山主任の書類散らばして困らせたい。

そんなわけで告知です。

February 28 [Thu], 2008, 23:40

ばらいろネガティブ


2008年3月29日(土)
ベムスターにて20:00スタート


緒川ミヤコという女が一人で自作の歌を歌います。
どうぞ遊びにいらして下さい。
ベムスターさんの美味しいご飯と空気を味わいに。
その隅でひっそり歌っています。
お邪魔しないわ。嘘だわ。多分ちょっとお邪魔だわ。
それでもよければ、一時間ほどです、お気軽に。


「ほんと人生ばら色っぽいよね」「何でそんな自虐体質かな!」
一見相反するそんな言葉を時折もらうのですが、緒川の中ではどちらも矛盾はしないのです。
日々は素晴らしく楽しく幸せです。
そのことと、自分の存在自体とはおそらくあまり関係はないのです。とりあえず、私にとっては。
(存在自体とそこから足掻いて進もうとすることも別物で、後者においては緒川は非常にポジティブですし)
氷点下の海を体の内に収め、堪能するばら色の人生。
そんな歌を歌います。
(そんなじゃない歌もありますのであんまり身構えないで)


あんまり更新していないですが気が向くと書くブログ↓
http://blog.m.livedoor.jp/ogawamiyako/index.cgi


■今日のあいぽん■
「Can't Get Enough」B.B.King

テールミン第七回公演「バルキー!」。

February 27 [Wed], 2008, 23:43
土曜の夜はテールミン公演でした。
今回は展示組がぐっさん、togさん、ayaさん、公演組がゲストのゆうきさんと私でした。
さっむいさっむい日でしたが、飛鳥が来てくれました!
ありがとう!!
ちょうどベムでギャラリー展示をなさっていた写真家さん(すっごくキュートな女の子の写真。色遣いが鮮やか!)やベムの常連さんも温かく見守って下さる中、私から公演スタート。
で。
一曲目、しょっぱな。





いきなり歌詞を忘れました。




コラーーーーー!!!




仕方ないので笑顔でハミングしましたが、このまま思い出せなかったらどうしようかと、内心冷や汗ダラダラです。
運良く思い出し、途中から歌い出しました。
もう忘れませんでした。
良かった…!
他、曲については後ほどミヤコブログに書こうと思います。

ぐっさんの作品紹介を挟み、ゆうきさんのライブです。
先日ゆうきさんの歌を聞いて、これは是非!とゲストのお願いをしたのですが、団員みんな私同様がつんとやられたようで、ほくほくです私。
テールミン音楽チームは大体横ノリなので、ゆうきさんの縦ノリに入ってもらったら、メリハリがついてピシッとすると思ったの!(この縦ノリ横ノリという言葉は必ずしも一般的ではないことをこの後知って軽くショック)
togさん、ayaさんの作品紹介の後、最後にゆうきさんと私で一曲。
山崎まさよしの「One more time,One more chance」を。
パート分けの相談だけは事前にしていて、歌は完全にぶっつけ本番だったんですが、お互いのこの曲大好き具合は伝わったかなと思います。
心地良い時間でした。

公演後、みんなで次回公演の相談などしながら、和やかにご飯。
ベムの「今日の晩ご飯」はシチュー+レーズンパンです(画像)
ジャガイモもニンジンもよく煮えて、柔らかいの何の。
美味しい!と口々に皆が言うと、しょうへいさんがにっこり笑って言いました。





「昨日のスープをシチューにしました」





ほんとにお家化が進んでる!




もうベム大好き!

まったりかつうきうきの、楽しい夜でした。
テールミンとベムスターは、すっかり私の我が家2と3です。

テールミン次回は四月。
13日から19日までギャラリー展示を行い、19日に公演をします。
ギャラリーは初の試み、今みんなで右往左往しながら楽しくやっています。
どうぞ遊びにいらして下さい。

三月は久々にソロでやらせて頂きます。
詳細は明日、チラシの文章を転載ということで…(笑)

■今日のあいぽん■
「明日から、ドラマ」大貫妙子

テールミン前。

February 26 [Tue], 2008, 21:36
土曜日、テールミン公演の前に一人カラオケで声出ししました。
この一人声出し、最適時間がわかりません。
今回は四時間空いていたので四時間やってみました。
歌った曲メモが下記です。

くればいいのに
追憶のライラック
スローバラード
さくら(独唱)
メランコリニスタ
さよならありがと
さびたリング
タイムマシーン
YOU'D BE SO NICE TO COME HOME
さよならヒーロー
甘い運命
美しく燃える森
Wait&See-リスク-
このまま君だけを奪い去りたい

ここでそろそろ喉も温まったろうと、公演でやるオリジナルを二回ずつ練習。
あいぽんの伴奏をヘッドフォンで聞きながらなので、傍から見るとアカペラです。
そしてカラオケって、伴奏を消音することは出来ても、曲が途切れた時のCMの消音は出来ないんですよね!
なので、何か曲を入れておいて消音にして、ヘッドフォンアカペラです。
軽く不審者です。
この間に店員さんが来ないように、追加のドリンクは「このまま〜」の間に受け取ってます。
万全!
ちなみに、今回は消音で「美しく燃える森」九回入れときました。
PVだったので、時折うっかり見とれて歌詞忘れました。
あはは。
それからまたカラオケ再開です。

ココニイルコト
サヨナラ
桜並木
ホームにて
夜空ノムコウ

シャ・ラ・ラ
First Love
君だけがいない世界
yell

Marry Me?
Be My Last
心変わり
うたかた
ネオメロドラマティック
ハネウマライダー
DON'T TRY SO HARD
星のない空のしたで
声にならないほどに愛しい
君ヲ想フ
いつか風になる日
名前のない鳥
ワダツミの木

いきなりスガ五曲は精神的に重くて非常に心地よかったです(笑)
「桜」はコブクロのです。
せっかくなので桜のつく曲特集をしようと思ったのですが、意外に知らなくて断念しました。
「桜坂」さえサビしか多分知らない。
「Be My Last」が私の中で一番最適時間で、以降はこれ歌い過ぎだなと。
そこにポルノ三連続って。
ばーかばーか。
私のばーか。
久方振りのWANDS三連続はまだ喉に優しかったのですが、最後に元ちとせ四連続。
完全に自分いじめだなと思いながらやり遂げてみました。
これで声枯らしていたら目も当てられないところでしたが、大丈夫でした!(笑)

そんなわけで、次は公演本番!

■今日のあいぽん■
「BIRTHDAY」ストレイテナー
バンド名の響きから多分割合好きだろうと思っていたら、本当に割合好きでした。
こういう声と歌い方、最近多いですね。

旅行記おまけ。

February 25 [Mon], 2008, 21:38
寒さを甘く見て痛い目に合うことがしばしばあります。
会津は寒い。
しかも大雪の予報。
これは心してかからなければと、着込んだ私の服は六枚。
一番上はもちろんダウン。
更に服用と靴用のカイロを五個ずつ持つ念の入れよう。
おかげで、雪の飯盛山でもちっとも寒くありませんでした。
カイロは要らなかったくらい。
多いよと笑われましたが、一度、一枚脱いで外に出たらめちゃめちゃ寒かったので、私にとって六枚はベストだったようです。

旅行から帰り、お土産を祖父母家に届けに行った時に、軽い笑い話のつもりでその話をしたところ、祖母は落ち着いて言いました。





祖母「今、八枚着てるよ」





えっ、ここ東京で家の中だよ?!





上には上がいるもので。

■今日のあいぽん■
「The Wretched」Tristania
ゴスメタル。
って結構好き。

読書録。

February 22 [Fri], 2008, 21:39
「となりの姉妹」長野まゆみ
あの長野まゆみが姉妹?!と驚愕して手に取りました。
意外に楽しそうに女性陣を書いていて微笑ましかったんですが、話はさっぱりわかりませんでした。
見事にわかりませんでした。
「新世界」みたいな完全別世界でわからない話が進むのはもう何だかそういう世界なんだね、と諦められるんですが(と言いつつ、「新世界」は1か2で挫折したんですけども)、今回のようにリアリティが強い設定の中でやられるとどうにも宙ぶらりん感が。
細かいエピソードなんかは好きなんですが…。
変節の激しい作家さんなので、期待は捨てずに待ちます。
私は初期と「猫道楽」の頃が好きです。

「真夏の航海」トルーマン・カポーティ
カポーティが大好きなのです。
ヨーロッパの湿った怠惰や憂鬱を、アメリカの風で乾かしたような感覚。
双方の私の好きな部分が合わさったような。
この作品はカポーティがデビューする前に書かれたもので、本人が握り潰したものを、死後に親友が復讐代わりに発表したものです。
復讐と言いながら、とても深い愛情からなのですが。
発表してくれたことに感謝します。
ラストシーンの鮮やかさが見事。

「向田邦子の恋文」向田和子
向田邦子の秘めた恋を、彼女の手紙と相手の日記、妹和子のエッセーで描いたものです。
手紙の無邪気さと狡猾さの混濁が、邦子の恋心をあからさまに示していて胸に刺さりました。
太田光の解説も上手いです。

「生き延びるためのラカン」斎藤環
哲学者ラカンの「日本一わかりやすい解説書」。
中学生にもわかると居丈高に書いてありましたが、三割もわかりませんでした。
すいませんね!
でもあれは泣けました。
引用された宮沢賢治の「貝の火」(本筋関係ない)。
…拗ねてみましたが、結構面白かったです。
引き続き考えたい題材を色々もらいました。

「パラ/ラバ」本橋来
先輩!
長編第二弾です。
面白かった…!!
パラレルワールド+学園ミステリー。
どうなることかとハラハラしっ放しでした。
最後は涙。
大変美味でした、ありがとうございました!!

さてさて、明日は久しぶりのテールミンです。
いつも通り、池袋ベムスターで八時から。
ゲストさんも参加してくれます〜!
私は出来たての新曲なども連れて行きます。
歌詞忘れませんように!(切実)
どうぞ遊びにいらして下さい!

■今日のあいぽん■
「黒く塗りつぶせ」矢沢永吉

会津旅行記6。

February 21 [Thu], 2008, 21:41
続いて向かったのは塔のへつり。
私、今回この場所を初めて知りました。
奇岩群。
雪で隠れていますが、画像のように出張った岩が、崖沿いに幾つもあるのです。
とても大きなものですので、大変迫力がありました。
写真を撮った展望台から下に降りると釣り橋で向かい側に渡れるんですが、当然行きませんでした。
行けるか!っていう(釣り橋大嫌い)
眺める分には趣のある、美しい光景でした。

最後に立ち寄ったのが、塩原のハニー牧場。
牧場と言いつつ、売店しか寄らせてもらえなかったんですが(笑)
牧場といえばやはり、とソフトクリームを食べました。
「バターを食べているみたいだ」
という言葉が出るほど濃厚!
美味しかったです。

そこからバスは一路東京へ。
下車場所が近くなったところで、添乗員さんがご挨拶。
最初に非常に不安な姿を見せてくれた彼でしたが、以後は頑張ってくれまして何事もなく。
車掌さんと運転手さんがベテランだったおかげも大きそうではありますが(笑)
でもやっぱり彼のおかげでもありますのでみんなで拍手、温かい空気で終わろうとしたその時でした。





ちゃららら〜…
「…お別れの時間が近付いて参りました…」





スピーカーから流れ出す音楽と女性の美声。
はい!車掌さんです!(笑)
もう完全に車掌さんオンステージで、お別れの挨拶と共に一曲歌も披露してくれました。
上手い上に、二番は全部中国語。
もう完敗です!(笑)
最後にまた一つ素敵な思い出を追加して、旅は終わったのでした。

■今日のあいぽん■
「すばらしい日々」矢野顕子

会津旅行記5。

February 20 [Wed], 2008, 21:43
実は一日目、武家屋敷を出る辺りから雪が降り出し、鶴ヶ城を後にした頃にはかなり激しい降りになっていました。
二日目起きて、あの調子で降っていたら観光どころか帰れないかも、と恐る恐るカーテンを開けたところ、見事な快晴!
またうきうき出発しました。

最初の立ち寄り場所は漆器のお店です。
古い蔵をお店にしていて、素敵でした。
祖父母家へのお土産にお椀を購入。
漆器はとても好きです。

続いて行ったのが…えーと…場所の名前を忘れ…ました…。
大内宿…だと思うんですが、甚だ自信がありません。
とにかく、昔の町並の面影を残した、山に程近い観光地です!
画像で何となくわかりますよね!(強引)
この日は雪祭で、たくさんの人が訪れていました。
あちこちに置かれた、雪で出来た灯籠は私よりも大分背が高い力作でした。
肝心の町並は、何だか家によって年代がばらばら過ぎていつの面影に浸って良いやら悩むところでしたが、藁葺の家の縁側でお菓子やお餅を売っているのは、なかなか良い光景でした。
そしてね。
その内の一軒で、縁側近くに座布団を敷いて、正座して店番をしている少年がいたのですが。





な に あ の こ ち ょ う こ の み





繰り返しますが、ショタではないわけです。
断じて違うわけです。
私の究極の理想は藤村俊二ですもの。
でもこの子は格好良かった…(笑)
硬派二枚目。
大きくなったら本木雅弘みたいになるんじゃないかしら。
十年後に偶然私と出会えばいいのに(夢見がち)
ちなみに、声変わりはしてました、と一応付け足します(笑)
その子のお店で豆餅を家土産に買いました。
母が豆餅大好きだからですよ!
決して不純な動機なんかじゃ…ありますけど…(笑)
あの子、完全に女性客呼ぶためにお店番させられているんだろうな…。

あ、順序が逆になりましたが、大内宿(仮)に向かう車中でお弁当ランチ。
鮭はらす弁当。
いくらたっぷり。
とても美味しかったです。

続く。
後一回で完結予定!

■今日のあいぽん■
「ドキュメント´97」スガシカオ

会津旅行記4。

February 19 [Tue], 2008, 21:46
夕ご飯の後、武家屋敷を見学。
家老・西郷頼母の屋敷図を元に作られた場所で、よく出来ていました。
当時の生活を垣間見ることが出来て面白かったです。
そして、会津が新選組に浮かれている理由もわかっちゃいました。
この屋敷の一室が、大河新選組の撮影に使われたんですって!
なるほどね!
でもそれ、松平容保の場面なんで。
香取慎吾も山本耕史も出てないんで。
やっぱり違うだろうと。
併設の資料館兼お土産物店では、入ってすぐのところに「土方歳三仕様刀」「沖田総司仕様刀」が売ってました。
やはり来たか沖田…。
でもこの資料館、展示自体はとても良かったです。
幕末から明治に活躍した会津の方達の紹介や、日新館の説明など、狭いスペースの中でもなかなか丁寧に展示がされていました。

武家屋敷を出、一日目最後の目的地、鶴ヶ城へ。
この日は絵ろうそく祭で、特別に夜も公開されていたのです。
お城に至る道やお城の前で、絵ろうそくや松明の火が美しく燃えていました(画像)
幻想的な光景でした。
天守閣までのぼると、一角に火で描かれた文字の全体が読めるようになっていて、見ると「夢」でした。
思わず呟きました。





「誠じゃなくて良かった」





続く。

■今日のあいぽん■
「Here And Now」Swing Out Sister
ジャケットだけで、多分好みだろうと借りてみたら本当に好みで驚きました。

旅行記、一旦中断。

February 18 [Mon], 2008, 21:48
土曜日、思いがけず間近で雅楽の演奏を聞く機会がありました。
ショウとシチリキ。
ごめんなさい、漢字に自信がないのでカタカナ。
どちらも吹く楽器なわけで、空気の揺れがダイレクトに体に響いて、とても心地よかったです。
ショウは温めないと音が出ないので、火鉢などの傍でずっと回すんだとか、シチリキはリードがくっついてしまうのでお茶につけるんだとか、面白い話もたくさん聞けました。
いい音でした。
いいなぁ、雅楽。

■今日のあいぽん■
「Aahaya Gandi」MALAYSIA VASUDEVAN
「インドカレー屋のBGM」という、素敵過ぎるタイトルのCDより。
この企画、もうCD五、六枚出ているらしいです。
2008年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像うかれマダムの友人 その2
» 転勤のお知らせ。 (2012年04月04日)
アイコン画像うかれマダム
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月23日)
アイコン画像呆れ顔
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月18日)
アイコン画像スイ
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月12日)
アイコン画像
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月12日)
アイコン画像スイ
» バースデーケーキの話。 (2011年10月11日)
アイコン画像suttoku
» バースデーケーキの話。 (2011年09月10日)
アイコン画像スイ
» 四国旅行2。 (2011年08月13日)
アイコン画像すっとく
» 四国旅行2。 (2011年08月07日)
アイコン画像スイ
» 四国旅行2。 (2011年08月01日)