クローズZERO!!

December 28 [Fri], 2007, 20:16
あっはっは。
昨日見に行っちまいました、映画クローズ。
もう上映館も少なくなってるし、DVDでいいかなと思っていたんです。
しかしそんな私を揺さぶった、ゲン発言の友人。
彼女は月曜に見て来たそうで、その感想の面白かったという部分は予想通りでしたが、予想外だったのがこれ。



「原作ファンにはお馴染みなキャラもちょこちょこ出てて嬉しかった」



私、アナザーストーリーと聞いて、原作のキャラは全く出ないんだと思っていたのですよ。
そりゃあ一年前なら被るキャラもいるだろうとは思いましたが、イメージを壊さないようにその辺はスルーなんだろうと勝手に思い込んでいたわけです。
なのに。
お馴染みって誰!!
慌てて調べたところ。
海老塚トリオ?!
阪東?!
リンダマン?!
超主要組じゃない…!!
急に見たくなったわけですが、年末は仕事が立て込んでいるのです。
無理かな…と思いつつ、昨日仕事が一段落したところで時計を見ますと。



間に合う!
レイト間に合うよ!!



もうほとんどレイトしかやっていないのですが、逆にちょうど良かったという。
そんな経緯で見て来ました。
面白かった!!
突っ込みだしたらキリがないですが(笑)、もうこれは丸ごとで面白かったと言おうと思います!
行って良かった!

実を言うと、今まで小栗旬はどこがかっこいいのかわからなかったんですが、カメラが引いて全身が写った時にわかりました。
スタイル良過ぎ!
足が長過ぎて、CGかと思いました(本気)
あの体型は乱闘シーンに映えますね!
山田孝之は「乱闘中にだけ見せる笑顔」が上手かったです。
やべきょうすけの役は切なく。
こういうのに弱いのです。

乱闘シーンはどれもとてもかっこよかったです!
映像いいなぁ。
現実味を潔く諦めていていいと思います(笑)
武装とやる倉庫のシーンが特にかっこよかった。
ラストの校庭ももちろんなんですが。
しかし、スクリーンいっぱいに写る何十人もの男達が全員カメラに向かってメンチ切っているのがおかしくて、ちょっと吹き出しました(笑)

以下ネタばれですよ〜。





突っ込まないと言いつつ、やっぱりこれは突っ込みたい(笑)
阪東、いい奴になってるし!(大笑)
いい人の阪東って…(笑)
でもそれが嫌だったわけではなく、きっと制作者に原作の阪東が好きな人がいたんだろうなとわかる感じで微笑ましかったです。
わかるわかる。
阪東はいい。
脇の二人が山崎と千田だったというのは後でパンフを読むまでわからず、残念でした。
名前くらい呼んでよ!
海老塚トリオは予想通り解説者でしたね!(笑)
乱闘シーン、ちょこっとでしたがかっこよかった。
あと、マコはほんとに髪切れ(笑)

終盤、楽しみながらも一体どう終わらせるつもりなんだろうと思っていました。
小栗と山田は決着を着けなければいけませんが、原作と齟齬が出るので鈴蘭のトップが決まってもいけない。
どうするのかと思っていたら。



ここでリンダマンかーーーーー!!!!!



やられました(笑)
確かにそれしかない!
在籍しているからには出さないわけにはいかないからちょっとだけ、という扱いなんだなーと思っていた自分の甘さにびっくりです(笑)
万事OKなラストで、満足です!
ああ面白かった!

今年のブログはこれで最後の予定です。
皆様、お付き合いありがとうございました!
来年もどうぞよろしくお願いします。
良いお年を!

■今日のあいぽん■
「春雷」The Birthday
映画クローズで、いいところで彼らの曲がかかったのがまた嬉しかったです!
大好き!

読書録。

December 27 [Thu], 2007, 20:19
「深夜特急6 南ヨーロッパ・ロンドン」沢木耕太郎
完結です。
南ヨーロッパの辺りはとても良かったです。
無感覚になった体にさえ染み込んだ岬の美しさがこちらにも伝わりました。
ラストは、それが実際の行動でもちょっと狙い過ぎな気が…。
それよりもその後に収録されていた、井上陽水と沢木耕太郎の対談の方が興味深かったです。
「何か欠けている人はその分何か人より多く持っている」というのは、言ってしまえば月並みですが、陽水が言うとやたらと説得力があるなと思います。

「獣の戯れ」三島由紀夫
三島に関しては、もう褒め言葉を出し尽くした感があるのでシンプルに。
やっぱり上手い。
何この文章の美しさ!脱帽!
話は、思い込みの激しい青年の空回りと言い切ってもあながち間違いないかと思いますが、心臓が底冷えするようなところが幾箇所かあって、さすがだなと思いました。
妻に嫉妬させるために浮気を繰り返す男と、得体の知れない部分を持つ美しい妻、妻に恋をした青年の三人が繰り広げる滑稽な惨劇。
面白かったです。

「からくりからくさ」梨木香歩
うーん。
どうも私はこの人の文章が合わないらしい。
整っているとは思うんですが。
何かまどろっこしい。
物語もまどろっこしかった。
主張を説明するために書いたんだなという印象。
人物が生きて動いているというより、記号として動かされている感じでした。
絡んで来る能面師の話なんかは生き生きしてたんだけどなぁ…。
主要四人がどうも…。
ラストは好きです。

「私が語り始めた彼は」三浦しをん
以前、本屋さんで立ち読みで読破してしまった作品。
…本屋さんごめんなさい。
待ち合わせまで時間があったの…。
一人の男性を巡る連作短編集で、その時も一番好きだった、最初の一編がやっぱり好きです。
こういう、強くて淋しい女性にはぐっと来ます。
現実と幻が重なる情景も、とても美しい。

今回が今年最後の読書録。
私の今年のNo.1は問答無用で三島由紀夫の「宴のあと」です!
次がジェイン・オースティンの「説得」。
読んだのが今年だったかちょっと自信がないんですが、今年だったら次が伊坂幸太郎の「重力ピエロ」。
来年も素敵な本に巡り合えますように!

■今日のあいぽん■
「Hey Jude」Diana King
今まで聞くのをためらっていたレゲエを好きになったのも今年。
もっと広がれ私!

魍魎のハコ。

December 26 [Wed], 2007, 20:23
ハコが変換できないのでカタカナでお許しを!
見て来ましたー、京極堂シリーズ映画第二弾「魍魎のハコ」。
正直、映画第一弾の感想が「よく頑張った!」だったんです。
面白くなかったわけではないんですが、映画の出来よりあの原作を映画にしようと試みたことに意義があるなと。
それで今回もそんなスタンスで見に行ったんですが、予想外に面白かったです!
やー、びっくり。
大分原作と変えてあるとは聞いていましたが、本当にばっさり切ったり繋いだりしてました。
こう来るわけね!
これは原作が好きな人の意見は真っ二つかも知れません。
原作の物語が好きな方はNOかも。
物語ももちろんとても好きですが、それより人物(レギュラー陣はもちろん、被害者や犯人に至るまで)で読んでいる私にはかなりストライクでした。
映画版の前作ではほとんどなかったレギュラー陣のコミカルさが大増量。
京極堂までコミカルなのには驚きましたが(笑)
原作で大嫌いな関口にうっかり胸きゅん。
椎名桔平が可愛過ぎる…!
原作でとても好きな増岡、雨宮、カナコが薄まってしまったのは残念でしたが…。
クライマックスの黒木瞳は期待通りでした。
そう!その台詞は醜く怒鳴るのが美しい!(喝采)

あと、映像がとても美しいです。
街と映画撮影所の映像にはうっとり。
バラバラの手や足も必要以上に作り物らしく美しく作ってあったので、泣きを見ずにすみました(笑)
ハコ館は…CGは…まあ、愛嬌ということで(笑)

イクスピアリで見たのですが、さすがにこんな場所でクリスマスにこれを見ようという人は少ないらしく、かなりがらがらでした(笑)
一週間、上映を遅らせた方が良かったんじゃ…(笑)

■今日のあいぽん■
「Sugar Baby Love」Baha Men

歌姫。

December 25 [Tue], 2007, 20:25
母と私のある日のメールを大公開。



私「今会社出たがじゃ」
母「今日は豚汁じゃきに」
私「ぐっと来たぜよ」
母「まっことぐっと来たぜよ」




見てましたか、金曜ドラマ歌姫!
長瀬主演の。
久々に一話も逃さず見ましたよ…!
面白かった!
家族で夢中でした。
登場人物が皆面白く、コミカルなやり取りに毎回笑いましたが、後半が切ない切ない。
戦争で記憶をなくした長瀬と、終戦後十年面倒を見た家の相武紗季、長瀬は死んだと思っていた妻の小池栄子。
もう三人が。
連ドラには珍しく、なかなかシビアな結末で、一本いい映画を見た気分でした。
現代部分の甘さも許容範囲ということで。
良かったなー!

ところで、クローズ全巻揃いました(早)
めちゃめちゃ面白い…!
10巻まで読んだんですが、一気に読み切るのがもったいなくて、もう一度そこまで読み返してます。
こーれーはー面白い!
3巻以降、毎巻泣いてます(笑)
泣く漫画とは思わなかった…!
登場人物が皆こんなに魅力的ってすごい。
全巻読み終えたら改めて感想を。
あー、読み終わりたくないなー!

■今日のあいぽん■
「Touch」The Jackson5

おにくさま!

December 21 [Fri], 2007, 20:26
昨日、会社で友人が顔を見るなり言いました。



友人「スイちゃん、今日何かあるのー?」
私「……わかりますか。化粧、ですか」
友人「うん、そう(笑)」



予定がある時だけ顔が違うと母にもよく笑われます。
すみませんね、いつも手抜きで!
だって、会社はもはや家感覚なんだもの!
愛しのM先輩もいないしさーあ。
まあ、いても手抜きでしたけども(笑)

で、何があったかと言いますと、S先輩と焼肉に行ったのでした。
行こう行こうと言いながら数ヶ月が経っていて、ようやく実現です。
お店に着いて、好きなの頼みなよ、て言ってもらったのですが。



私「すみません!メニューの意味がわかりません!」



実は、焼肉屋さん初体験なのです。
や、一度、あのスタンドの使えそうなお店に連れて行ってもらったことはあるんですが、あれはもうあのお店っていうジャンルだろうと。
庶民の私には、あのお店は部位とかそんなレベルではなかったわけです。
そんなわけで、何が好きかと言われてもわからない私。
S先輩に全部お任せです。
やたらとテンション高く、来るお皿や焼き途中を写真に撮ってみました(笑)
色々食べましたが、どれも美味しかったです!
でもレバ刺しだけは見た目でギブでした…。
だって!
でろって!
赤い跡が残るし!
レバ刺しがあれば他に何も要らないと豪語する先輩から散々飴と鞭をくらいましたが、これだけは折れられませんでした…。

先輩とゆっくり話すのは久しぶりで、色々な話をしていたんですが、先輩と合流する前に私がクローズを4冊買っていたために、漫画の話に。



先輩「クローズかー、読んでないなぁ。不良系は興味ないんだよね」
私「あー…ねー…。私もそうだったんですけど…男らしすぎですよねー」
先輩「ああ、でも女の子ってそういうの結構好きじゃない?強い男ってかっこいい、みたいな視点でさ」



私「……ああ!自分が強くなりたいわけじゃなくて!なるほど!」
先輩「そりゃそうだろ!(笑)」



目から鱗でした(笑)

帰り、そういえばスイちゃんバスケやるって言って速攻挫折したことあったよねと懐かしい話を持ち出す先輩。



私「あれ、スラダンの完全版読み返したらついできるような気がしちゃったんですよねー(笑)」
先輩「ああ、じゃあ年明けにはクローズの影響ですっかり強くなったスイちゃんに、Sちゃんよォなんて言われちゃうわけだ(微笑)」



そうなるわけか!!



ところで、焼肉屋の一人の店員さんがやったらかっこよかったんですが。
ワイルド系の。
誰か一緒に行きませんかと言いたいところなんですが、会計額を見たらおいそれと言えません…!
焼肉って高いのね…!
食べようと思えばまだまだ余裕だったんですが、時間的に追加をやめて良かったなと思いました…。
先輩はメニュー見ないで注文するしね!
今回は「焼肉デビュー記念」ってことでおごってもらっちゃいまして…すみません!

帰って母に、美味しかったけど高かったよ!おごってもらっちゃったけどと話したところ。



母「お坊ちゃまだからいっか☆」



確かに先輩はお坊ちゃまですが、なぜ母がいっか☆なのか(笑)

■今日のあいぽん■
「The Fool On The Hill」The Beatles

続・バスツアー!

December 20 [Thu], 2007, 20:57
ひしめく魚達に別れを告げ、バスは次の目的地へ。
あ、市場のお土産はワカメでした。

次は駿府匠宿という、お土産店や工芸体験センターが集まった場所です。
木彫りの体験ができることを主張しているんだかいないんだか、駐車場に割と雑に木彫りが幾つか置いてあり、バスを降りた途端、それらに駆け寄る我ら三人。
他の方々が施設内に向かっていても構わず木彫りと戯れる三人。
高校の頃から変わっていません(笑)
やたら似ているK元首相やカブトムシの木彫りで遊んで満足すると、ようやく施設内へ。
お椀を削る昔の機械が興味深かったです。
弟子の手は擦り切れただろうな…。
飛鳥がしっかり、ご当地茶のペットボトルを買ってました。
そういえば味の感想聞き忘れた。
ここでのお土産は、イチゴ二粒(笑)、紅茶、みかん1kg(笑)
どんどん大荷物になりながら、今度は桜えびセンターへ。
生桜えび(一匹一匹が大きくて甘いのです)や揚げ桜えび、いわしの削り節かけご飯にいわしの骨粉末お味噌汁を次々頂いちゃいました。
いわしの削り節がとても美味しかったので、家へのお土産はこれに。

次は、下車はできませんが、お土産の魚を積むために沼津港へ。
ちょうど日が沈むところで、車内から写真パチリ(画像)
気に入ったので、待受にしてみました!

さあ、最後は御殿場アウトレットです。
日も暮れ、同じツアーのおばちゃま達はもうツアーは終わった気分のようですが、私達三人にはここがメインですからね!(笑)
ここは別行動で、とあっさり決め、それぞれ目当てのお店へ。
一時間の制限時間は非常に厳しかったですが、飛鳥もAちゃんもしっかり買い物できてました。
私は…某ブランドバッグを。
えへへ。
満足です!

全ての目的を終え、バスは東京へ。
一日バスでしたが、話は尽きず、ずっと笑い転げてました!
楽しかった!!
最後、下車時に最大の目玉お土産の荒巻鮭一本とマグロ1kg(笑)を受け取り、えっちら家へ帰りました。
飛鳥、楽しいツアーに呼んでくれてありがとね!!

☆おまけ☆
その日はとりあえず、包装されたまま魚は冷凍庫に入れておき、翌日父母と開けてみたのですが。
マグロの包みを開いて固まる三人。



「これ、何て魚…?」



三人とも、てっきり切身だと思っていたら、頭から尻尾まで丸々一尾の魚が。
30cmほどですが、丸々太ってます。
美味しそうではあるものの、こんなミニマグロっているの?!と騒ぐ親子。
即飛鳥に確認しました。



私「間違いなくマグロだそうです!」
母「さすが飛鳥ちゃんね!頼りになるわ!」



娘の友達を頼らないで下さい(笑)
まあ、娘が頼りにならないから、ね…。

■今日のあいぽん■
「居場所」矢沢永吉

バスツアー!

December 19 [Wed], 2007, 21:00
土曜日、飛鳥&Aちゃんという高校フレンズでバスツアーに参加して来ました。
手配してくれたのはもちろん飛鳥であります。
いつもほんとにありがとう!!

今回のツアーは日帰りで静岡へ。
まずはわさび漬の工場兼お店へ。
わさびの生育についてや美味しい食べ方を学ぶ途中に、「わさびの辛さを体感してみよう☆」という部屋が。
ドアを開けただけで鼻がツンとします。
私、辛さは割に平気なので、入って辛い匂いが噴き出すボタンをバチコンと押してみました。





目がァ!目がァ!





鼻より目に来るわけね!
辛いというか痛かったです(笑)
「あんた、よく入ったねぇ!」と知らないおばちゃまに褒められました。
さて、三人ともわかっていなかったのですが、このツアーは10を越すお土産やプレゼント付き。
ここではわさび茶漬をお土産にもらいました。
わあい。

続いてお茶工場兼お店へ。
残念ながらお茶の時期ではないため、何も流れていないラインを見学。
機械ががしゃこん動いているのを見るのは好きなので、流れてなくても興味深くはありましたが。
ここではお茶がお土産。

次は焼津魚市場で昼食&見学です。
お昼はお寿司、ミニ鮭いくら丼、かにのお味噌汁でした。
美味しかった!
飛鳥と私が、ほとんど同じ順番でお寿司を食べたのがおかしかったです(笑)
大好きな穴子はラスト!
ご飯の後で、市場を見学。
広い市場でした!
ぐるぐる回って買い物をしたりしながら見つけたのが、画像のブツ。
うん。
いやいや。
いやいやいや。
シュールな眺めでした(笑)
お土産店の中に、ご当地キティなんかを扱うお店が一軒あり、Aちゃんと一通り見たのですが、お店の方がご当地キティマニアらしく、非売品のコレクションもずらり。
その中で、新製品!と書いてあったキティに目が止まりました。
その名も「芥川龍之介キティ」。
見ると、鎖に辛うじてつかまっているキティが。





かんだたーーーーー!!!





キティはどこまで行くんだろう…。

続く。

■今日のあいぽん■
「LOVELY」かの香織
とても切ない歌です。

ジプシー・キャラバン。

December 18 [Tue], 2007, 21:02
先週の水曜日、試写会で「ジプシー・キャラバン」を見て来ました。
5つのジプシーバンドが共にアメリカの各都市を回るツアーの、ドキュメンタリー映画です。
ライブやツアー合間のオフショットに、彼らの故郷での映像を絡めてある。
5つのバンドは離れた四か国(インド、マケドニア、ルーマニア、スペイン)のバンドで、話す言葉もバックグラウンドも全く異なります。
そのバンドの二名くらいずつに特に焦点を当てて進んでいくのですが、一直線に進むというより渦に飲み込まれる気分でした。
最初は全く違う場所にいるように見えていたのが、ぐるぐると5つのバンドを巡るうち、個々の痛みの向こうのジプシーが共通して課されて来た苦痛が迫って来て、最後はその何代も背負って来た苦痛と彼らが全霊を込めて絞り出す音楽がぶつかり、胸をえぐられました。
本物の死と、本物の生の映画だと思います。

こう書くとひどく陰鬱な映画のようですが、バンドのメンバーがとても良く、映像もウィットに富んでいて、悪い意味での重さはありません!
いい映画でした。
エンドクレジットと共に流れた、「受けた苦痛への復讐は、子供達に教育を与えることで果たす」という言葉が刺さりました。
痛みを抱えつつ顔を上げて生きる、力強さに満ちた映画です。
また見たいですし、サントラも欲しいです。

実は、ジョニー・デップが一つのバンドと友達で、ちょこっと映画に出てます。
映画紹介コメントを寄せているのは知っていましたが、出演しているとは知らずにびっくり。

■今日のあいぽん■
「My Buddy」Chet Baker

納得いかない。

December 17 [Mon], 2007, 21:03
先日書いた通り、クローズを集め始めたわけですが。
大きめの書店三軒回っても、完全版の一巻がありません…。
一店は完全版が全て売り切れ、一店は八巻以降が飛び飛び。
そしてもう一店はニ巻以降なら全て揃ってました…。
映画効果はすごいですね!
前に読んだことがあるならいいですが、未読でニ巻からはちょっと…。
なので、取り寄せを依頼したところ。



店員さん「すみません、問屋も在庫切れです…」



オグリめ…!



出版社ならあるかも知れないということなので、そちらの取り寄せをお願いしておきました。
しかしこうも見つからないと、余計欲しくなるのが人の心理。
普段は利用しない、ネット販売も覗いてみました。



「在庫切れ」
「入荷未定」
「注文不可」



オグリめ…!(二回目)



悔しく思いながら、アマゾンの中古の方も見てみました。
すると、あっさり四品出品中。
喜んだのも束の間、よく見ると定価が1050円なのに、中古の値段は1990円。
…えっ、何で?
送料かと思いましたが、送料はまた別途。
えっ、ほんとに何で?
納得いかないながらも、今を逃すとこれも売り切れるかも、ととりあえず注文。
一日キャンセルできるようだから、出版社に新品の在庫があったらキャンセルすればいいしね!
それから二時間後、注文した書店から電話が来ました。



店員さん「すみません、出版社も在庫切れで…増版は来年になるそうです」





オグリめえええ!!!
二巻三巻があるのに読まないままなんて気持ち悪くて年越せない!!!





そんなわけで、ネット注文が届くのをおとなしく待っています。
もう本屋さん回っても無駄なのがわかりましたので…。
代わりに昨日、本棚内を思い切って大改革し、全巻入るようにスペース空けました。
早く来い来い。

しかしここまでして、読んでみたら好みじゃなかったらどうしよう…。

■今日のあいぽん■
「はなればなれ」クラムボン
この曲のリズムはとても心地良い。

クリスマスパーティー4。

December 14 [Fri], 2007, 20:07
夜になると、団員達が続々集合。
omelet君、十点ちゃん、ぐっさん、togさん、それからゲストねこ君。
総勢9人になったところでプレゼント交換をしました。
プレゼントがまた面白かった…!(笑)
私は本橋先輩から、小鳥の形をした洗濯ばさみと、炎に色がついているキャンドルを頂きました!
どちらも飾りたくなる可愛さ。
わあい!
それから007を。
ここでomelet君がまさかの連敗。
うん、最初のミスって癖になるよ、わかる!
でもね!0多すぎだから!(笑)

本橋先輩が帰宅され、後は怒濤のゲームバトルでした。
指スマ、魚鳥木、古今東西、ウィンクキラー。
もうね。
魚鳥木と古今東西で、心が砕けました。
きつかった…!
魚鳥木で見事にomelet君に突っ込んだ十点ちゃんが、とても素敵でした。きゅん。
続くウィンクキラーでも、十点ちゃんはプロスナイパーぶりを発揮。
飛鳥と夜宵さん越しのウィンクには心臓撃ち抜かれました…!
惚れるわ…!
そしてウィンクキラーは三回やったうちの一回がまたしても私が犯人(笑)
割と順当に決めていったんですが、十点ちゃんの提訴に同意したねこ君に指差されて焦りました…。
その時は二人が一致しなかったので無罪放免だったのですが、早いところ勝負しないと負ける、と思い討って出ました。
夜宵さんと喋りつつ、togさんに紙を渡しながらウィンク、振り向いて話の続きをしながら夜宵さんにウィンク。
捨て身の早業でした(笑)
それが成功、またしても勝利できたのでした。
イェイ!

9時間流し続けた音楽もラストを迎え。
クリスマスパーティーは閉幕。
あんなに思い切り笑い続けたのは久しぶりでした!
ほんとに楽しかったー!!
ベムのお二人、遊びに来てくれたゲストさん、共に企画した団員、みんなみんなありがとうー!!
来年もますます楽しんで行こうね★

最後に。
実は、パインちゃんが私にクリスマスプレゼントをくれました。
画像のポインセチア!
ほんとにサプライズで、めちゃめちゃ嬉しかったです。
何て素敵な心遣い…!
大事に育てます。
ありがとう!!

セレクトした音楽は、ミヤコブログにがっと載せました。
コメントは諸事情で載せられませんでしたが…(笑)
音楽からも色々な話ができて嬉しかったです。

テールミン、次回日程は未定ですが、一月か二月には動き出す予定。
どうぞ遊びにいらして下さい!

■今日のあいぽん■
「Hummingbird」B.B.King
B.B.King!大好き!

2007年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像うかれマダムの友人 その2
» 転勤のお知らせ。 (2012年04月04日)
アイコン画像うかれマダム
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月23日)
アイコン画像呆れ顔
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月18日)
アイコン画像スイ
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月12日)
アイコン画像
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月12日)
アイコン画像スイ
» バースデーケーキの話。 (2011年10月11日)
アイコン画像suttoku
» バースデーケーキの話。 (2011年09月10日)
アイコン画像スイ
» 四国旅行2。 (2011年08月13日)
アイコン画像すっとく
» 四国旅行2。 (2011年08月07日)
アイコン画像スイ
» 四国旅行2。 (2011年08月01日)