本当は残酷な。

January 21 [Wed], 2009, 7:59
今、MXテレビか何かでみつばちハッチの再放送をしています。
ハッチ!
この懐かしい響き!
幼児期、大好きでした。
覚えていませんが、最初にスクリーンで見た映画はハッチの劇場版だったそうです。
そんなハッチ、先日一話見てみました。
わー、ハッチ可愛い!
声も可愛い!
きゅんきゅんしていたのですが、次第に笑顔の消える私。
見ていたのが幼い頃だったので、大枠しか覚えていなかったのですが、はぐれてしまった女王バチのお母さんを、幼いハッチが他の昆虫の友達と助け合いながら探す、愛と友情の優しい話、と思っていたのです。
まあ、間違ってはいなかったのですが。
が。

・様々な昆虫の死骸が散らばる草むらに来たハッチ。
えっ、何この死骸?!

・ハッチの目の前でカマキリの子供達が泣き叫びながらトカゲに食べられる
あわわわわわわままままあそうなんだけど!自然界は!

・ハッチのおかげで助かったカマキリの子供達(一部)にハッチがする身の上話
「ぼくなんかねえ、スズメバチに巣を襲われて、仲間を皆殺しにされたんだ」



みなごろしってゆった



ええっ?!
じゃあこのアニメ、第一話は皆殺しからですか?!
そんな凄惨な話だったの?!



大ショックです。
更に、散らばっていた死骸はトカゲのせいかと思いきや、子供達を溺愛するカマキリの母が、他の昆虫は子供に害をなすと思い込んで殺しまくった結果だと判明。
まあそうですよねトカゲなら食べて死骸は残しませんよね。



…もう、何か、立ち直れない…。



心に痛手を負った30分でした。
こんな話だったんだ…。
いいアニメだとは思いますが、子供だから無邪気に楽しめたんだろうなこれ…。
今毎話見ると心が保たない気がします。
でも最終話は見たいなぁ。

ちなみにその回のラストは、トカゲと一騎打ちになったカマキリの母が、「泣くんじゃないのよ…!」と叫びながら子供の目の前でトカゲを巻き添えに滝に落ちるというものでした。
いやお母さん、それは泣かせてやって下さい。

■今日のあいぽん■
「Superwoman」Donny Hathaway

まっくら森は心の迷路。

January 19 [Mon], 2009, 8:03
10日にNHK教育テレビで放送された、子供の歌の特集を見た方はいらっしゃるでしょうか。
これまでのみんなのうたやお母さんといっしょの映像で、子供の歌をたくさん紹介するという番組だったのですが、この番組のゲストがすごかった。



ガチャピンとムック。
NHK教育でガチャピンとムック。



両局の英断に拍手。
ガチャピンはエアギターを披露していました。
でも私が見たかったゲストはそこじゃないんですよー。
じゃじゃ丸、ピッコロ、ポロリ&ハニ丸王子が出たんですよー。
懐かしい!
やっぱり可愛い!
きゃあきゃあしました。
歌も懐かしいものが当時のみんなのうたの映像で流れまして、その懐かしいこと!
父母も一緒に口ずさんでいました。
そうしてまったり見ていたところに、映る見覚えのある猫と鼠のイラスト。



私「あああああ!」



過剰反応をする私に驚く父母。
その歌は「まっくら森の歌」。
同世代でみんなのうたを語る時、この曲と「メトロポリタン美術館」はダントツの確率で上がる気がします。
「怖かった」と「怖いけど大好きだった」にくっきり分かれるのですが、どちらにしろ強烈な印象を残す二曲だったというのは間違いないかと。
私は二曲とも「怖いけど大好きだった」です。
幼い心に芽生えた悪意や背徳感が与える快楽に水をくれる二曲だったと思います。
まっくら森を堪能した後、どれだけその二曲が好きだったかを父母に語っておきました(鬱陶しい)
それからしばらく色々な曲を見、ちょっと席を立って戻って来ると、母がテレビを指差して慌てた顔をしていました。



母「今、メトロポリタン美術館終わっちゃった…」
私「えええええ?!」



がっくり…。
まあ、代わりにこちらは邪気なく大好きだった「赤鬼と青鬼のタンゴ」を見られたので良しとします…。

■今日のあいぽん■
「メトロポリタン美術館」大貫妙子
あいぽんにも入れてますけど!
けど!
映像が見たかった…!

ドラマネタ。

October 22 [Wed], 2008, 7:15
おはようございます。
いつもより一時間近く早く会社に向かっております。
どうも上手く眠れなかったので、もうこれは早起きして出社してしまおうと(笑)

さてドラマネタ。
初回を見られたドラマについてです。
★チームバチスタの栄光
面白かったです。
型通りのいい人キャラが嫌いなのですが、伊藤淳史ならいいと思いました。
伊原剛志はいつ見ても素敵。
仲村トオルはおかしな役でも素敵。
話も面白いし、人物多めでもわかりやすい。
しかし昨日既に二話目を諦めたので、もうきっとリアルタイムで見ることはない…。
週の前半は可能なら十時半には就寝することにしているので、十時からのドラマは厳しいのでした…。
面白くなりそうだったのに…残念。

★ギラギラ
佐々木蔵之介が好きです。
佐々木蔵之介が好きです。
話は冒頭五分で最終回まで想像がつく感じですが、それはそれで気楽に面白い。
真矢みきと原さちえも可愛い。
まあでも何より佐々木蔵之介なわけで。
スーツ姿の佐々木蔵之介が屈辱に打ち震えたり大人のどS顔を見せたりしてくれたので言うことありません。
アレな感想ですみません、佐々木蔵之介にはどうもS心もM心もくすぐられます。
一、二話飛ばしてもわかる話なので、家にいたら見ようと思います。
しかし五十嵐隼士がせっかくNo.1ホストなのに小物っぽかったのが切ない…かっこよさをもっと生かして頂きたかった!

★流星の絆
予想以上に軽くてびっくりです。
こんなにクドカンでいいの?!
面白いは面白いんですが、復讐の話だとわかっているので、どういうテンションで見ていいのか迷ったまま一話が終わった感じ。
どう持っていくんだろう…?
今後に期待します。
大好きな寺島進とりょうが、わかってはいたものの速攻で殺されて悲しい限り!
あと、桐谷健太がキャストに入っていたのでどんな役かとわくわくしていたら、ポストイットで爆笑でした。
戸田恵梨香可愛い。

見るつもりと書いたブラッディ・マンデイは、初回が見られなかったので断念しました。
一話見なかったらきっとわからないもの…。
スキャンダルは話が疲れそうなのでやめました。
女の泥沼は好きでない。

■今日のあいぽん■
「Bad Girls」Donna Summer

ドラマネタ。

October 03 [Fri], 2008, 7:56
昨日の「夢をかなえるゾウ」、単発の方だけ見ました。
本が売れているのは知っていましたが内容も知りませんし、時間の遅い連ドラの方を見続けられる気もしなかったので、単発も見ないつもりだったのですが、帰宅したらあまりにジャストな時間だったので(笑)
思ったより面白かったです!
ちょっとだけのつもりが、最後まで見てしまいました。
古田新太はいいなぁもう!!
小栗はこういう役が一番好きです。
キサラギチックな。
ぼろ泣きが似合うこと(笑)
小栗好きじゃなーいと言っていた母ですが、このドラマで初めて演技を見、見直したらしいです。
うん、演技なかなか上手いよね!
神様引き籠もりと、神様と殴り合いと、神様死す?!のエピソードが好きです。
原作が結局生き方指南本らしいとドラマ冒頭で気付いたので、途中で嫌になるだろうなと思ったのですが、エピソードの面白さで、顔も知らん人に言われたくないわ!!とちゃぶ台返ししたくもならず、良かったです。
結末は甘いですが、まあそれはね。
ストーリーはドラマオリジナルなのかな…?
それならドラマ、グッジョブ!

今期のドラマは結構期待してます。
・流星の絆→色んな意味で期待(笑)東野にもクドカンにもキャストにも。
・スキャンダル→話が泥沼にならなければ面白そう。主役の女優陣に好きな人が多い。
・ブラッディ・マンデイ→原作未読。連ドラでこういう話は珍しい気がするので期待。時間的にほとんど見られないと思いますが…。
・チームバチスタ→中村トオル。

本当は、一番見たいのは「親孝行プレイ」なんですが!!
時間で断念。
わーん、見たかったー!
安田顕!要潤!

■今日のあいぽん■
「On The Street Where You Live」Quincy Jones

魔王。

September 19 [Fri], 2008, 8:07
ドラマ「魔王」について。
ネタばれです!
先週で終了でした。
二回目以降がちょっとスピード感に欠ける気がしていたのですが、最終回はハイスピードで非常に面白かったです!
それまで、二週間に一度、一人死ぬかどうかだったのが、一時間に6人死にましたから!
早い早い(笑)
突っ込みどころはほんと満載なんですが(突っ込んじゃいけないのはわかっています、わかっていますがっ!取調室に被疑者が青酸カリを持ち込んだ挙句自殺されるってちょっと!!警察!!)、ラストが思いの他好みだったので無問題とします。
もっと無難に終わるかと思ったらこうですか!
結末だけ知りたい方がいるかも知れないので、最後の最後に書いておきます。
しかし、蝶はなかなかベタ…(笑)
ヒロインのしおりちゃんの不思議美少女っぷりも、回を追うにつれ好きになりまして、最後はしおりちゃんが可哀相で可哀相で…。
とても可愛かったです。
ポエミーな告白もしおりちゃんなら断然許す!
でもあのラストシーンは何ですかしおりちゃんんん。
「本当のラストはDVDで☆」は卑怯過ぎませんか制作者!

そして裏ヒロイン(笑)の忍成ですが。
予想通り殺されたわけですが。
もう3話目くらいで殺されるかと思ったら、かなり最後の方まで生き延びまして!
ありがとう制作者。
ひどい役だったので、ろくな顔をしませんでしたが、そこがまた好き(末期)
それにしても、忍成の死に様が…。
他の被害者は、ナイフで一突きとかショックで心臓発作とか、あまり苦しまない死に方だったのに、忍成。



麻酔で眠らされて拉致→やの人達からひどいリンチ→泣いて土下座して許しを乞う→リンチさせてた親友が見逃してくれる→生き延びた!と思ったら、別の男がやって来て、騙されて青酸カリを飲まされる→死



長っ!!
他の被害者が5分で済んだところ、たっぷり30分苛まれてました。
忍成…(笑)
泣いて土下座のシーンで、「だからこの役は忍成だったのね!」とキャスト選びに大納得でした。
ああ好き(歪)
忍成も楽しめて満足でした!
キャストテロップを見ていた母に、
「あら?忍成修吾って好きだって言ってなかった?どの子?」
と言われた時の気まずさったらなかったですけどね!
彼女殴って捕まって、親友の過去の事件ネタに金を強請り、別の親友の不倫をネタに就職しようとして殺された子ですよ☆

そんなわけで、色んな点で楽しめたドラマでした。
次回の流星の絆も期待しています。
二宮の演技をちゃんと見たことがないので、評判の演技を楽しみにしています。
しかし、どんな夫婦から生まれたんだってくらい、性格の悪そうな兄弟だ…(笑)



最後に魔王の結末。
役名を忘れたので、俳優名ですみません。
刑事の生田に弟を殺され、復讐のために生田の周りの関係者が次々死ぬよう仕向けて来た、弁護士の大野。
手を組んでいた弟の友人に裏切られ、大野は刺される。
それを隠し、生田の呼び出しに応じる大野。
親友達に加え、兄と父も事件の中で亡くした生田は、大野の最後の目的は自分を殺すことだと思い、復讐を失敗させるために大野に銃を向ける。
しかし、大野の最後の目的は生田に大野を殺させることだと悟り、銃を下ろす。
大野は生田に自分を撃たせようとし、揉み合いになる中、誤って大野が生田を撃ってしまう。
生田は大野に許しを乞うと共に、大野を許して死んでいく。
大野もまた、刺された傷の出血で倒れ、生田を許し、生田に許しを乞いながら生田の隣で息絶える。

はい!
おわかりかと思いますが、好みのラストです!(笑)
弟が殺されたのと同じ状況で(弟も揉み合いでの事故だった)生田を殺してしまった大野が、罪の意識に押し潰されそうにながら生きていく、というのも良かったと思いますが、綺麗にまとめるにはこれが一番良かったのでは。
大野だけが自殺か自殺に近い方法で消えて終わりかな、それはちょっとと思っていたので、それよりずっと好みな終わりで良かったです。
あと、大野が自分の手を汚さずに生田の周りを殺し合わせたのが、単に生田を苦しめたかったからだけではなく、法では裁けない大野を生田に殺させるためだった、というのが非常に良かったです。
なるほどね…!

母は初回からハマっていましたが、父も途中からハマり、家族で楽しめました。
サンクス!

■今日のあいぽん■
「球根」THE YELLOW MONKEY

ルーキーズ。

July 28 [Mon], 2008, 8:57
ネットで読んだところによると、ドラマルーキーズ、当初はあまり期待されていなかったのが、10、20代に加えて中高年の男性にも人気が出て視聴率が右肩上がりになったとか。
うん。
中高年の男性ね。



ものすごく近くにいますよ、一人。



そんなわけで、父と見ました、ルーキーズ最終回。


父「最終回!二時間!」


始まる前からうずうずの父。


父「始まったぞ!まあまあ座りなさい」


母にも薦める父。
しかし、母は一回見逃すともう見る気をなくすタイプなので逃げられました(笑)


父「あれ?!エースが怪我してるみたいだぞ?!」


始まった途端に動揺する父。
前回はお互い見られなかったのです。


父「あれ?!キャッチャーも違う!」


ニコガクをしっかり見分けている父。


父「あああお帰り今いいところ」


祖父母家に行って帰って来た母のために玄関の鍵を開けるも、ダッシュで戻って来る父。


父「ここで御子柴かあああ!!」


ついに役名も覚えた父。


そしてドラマ終了後、スペシャルと映画の告知を見て。


父「最後のあの子が鍵ってことだな!」


スペシャルに期待MAXの父。

もう、ここまで楽しんでくれたら制作者も本望じゃないかと思えるくらいのハマりようでした。
やー、良かった良かった。
楽しんでくれて。

実際、面白かったです。
何と言っても遠藤要の回し蹴り!(野球は)
かっこよかった…!
再登場してくれるとは思わなかったし…!
いやいや、本筋も良かったですよもちろん!
桧山はぐっと来ました。
「俺かよ…!」
はほんとに良かったです。
これ切ない…!

私「まさか」
父「これはまさか」
私「代打?!」
父「代打だ!代打だな!」
私&父「「そう来たかあああ!!」」

母が祖父母家から帰って来たのがこの場面だったんですが、私はテレビの前から動きもせず(こら)
だって!だって桧山が若菜が!

そんなわけで、大変面白かったです。
フィクションなんだから、綺麗事でいいじゃないか。
出来過ぎでいいじゃないか。
そこに価値はあると思います。
佐藤隆太はハマり役。
あの笑顔はいいなぁ…!
満足!

しかし実を言うと、五話見たかどうかなんですよね…。
やっぱり土曜はキツかった。
その中で言うならなんですが、一番はやっぱり新庄が掌を開くシーンです。
わかっていたけど!
わかっていたけど!
「開く!絶対ここで掌開くぞ!」
と父も思わず言ったくらいわかりやすかったけど!
泣かされてしまいました。
良かった。

私も父と共にスペシャルに期待MAX。
楽しみ。

しかし、ここまでキャストがかぶると、映画クローズ2とスペシャル&映画ルーキーズの制作時期が重なって役者さんも大変そうな…。
何故ここまでかぶったのか…。
ルーキーズの新キャラが大東俊介や深水元基だったら笑います。
期待してます。

■今日のあいぽん■
「キセキ」GReeeeN
今日はやっぱり(笑)

テレビ録。

July 10 [Thu], 2008, 7:55
二週間近く経っているものもありますが、幾つか。

★トニー賞授賞式
初めて見ました。
演劇のアカデミー賞。
発表だけではなく、ノミネート作品の一部を授賞式の舞台でやってくれるというのは知りませんでした!
大変面白かったです。
釘付けでした。
一度見たいと思っている「RENT」も二曲(うち一曲は初演メンバー!)見られて嬉しかったです。

★ウルルン
大東俊介の回。
ヒロミ(クローズZERO)の子だ!と見てみました。
予想外に面白い子だった…!
きちんと言葉を選ぶ子でした。
近年初めて欧米の調査隊が入った、密林の奥に暮らす部族を訪ねたのでしたが、長の言葉が忘れられません。
数年前にキリスト教の布教があり、教会に行くために洋服が必要になって、狩りで取れたものを離れた町に売りに行くようになったけれど、そうなってから、他人を羨む心が芽生えた、という言葉。
羨みは後天的に獲得してしまうものなのだとはっきり示されたのはなかなかショックでした。
そうか…。
良い回を見たなと思います。
ところで、ウルルンを見たのは忍成以来だったので、あれ?こんな番組だっけ?子育て番組じゃなかったっけ?としばらくギャップが(真剣)

★魔王
今クールで唯一惹かれたドラマ。
話は面白そうだけど、どんなもんかなーと思ってみたら。
一話のクライマックスめちゃ怖い…!!
現場再現の場面。
母とがたがたしながら見てました。
これ面白い…!
リアルな話にサイコメトラーがいきなり登場するのは違和感がありましたが…まあ、きっと、必要、なんだ、ろう…。
忍成はまたダメ男でしたっ☆
出ると聞いた時から、ああ大野に利用される役か大野に殺される役だな、と思っていましたが、見てみて思いました。



多分、大野に利用された上、殺される役だ。



期待を裏切らない人で、嬉しい限りです。
大好きです。
本当です。

★ルーキーズ
遠藤要まで出るんだ…!(爆笑)
クローズZEROキャスト、多過ぎ…!
他のキャストは若菜や平っちを筆頭に、外見も性格も大分変えていたのに、遠藤要はそのままで大分笑いました。
いつ若菜がどSに変貌して遠藤要を罵倒するかとどきどきでした(しないよ)

■今日のあいぽん■
「くちばしにチェリー」EGO-WRAPPIN'

ルーキーズ!

June 11 [Wed], 2008, 7:36
土曜のドラマ、ルーキーズの話です。
始まる前からすごく見たかったんですが、土曜八時って…。
家にいないよ…。
一度だけ見られて、あーやっぱり面白い!見たい!と思っていたのです。
で、先週の土曜。
この日は家にいたので、昼間に放送したダイジェスト版から見ました。
もう夢中です。



父が。



予想通りです(笑)
もう釘付けです。
うん、好きだと思った!
展開に大笑いしたり歓声を上げたり。
何て素直な視聴者なんだろう。
私も隣で同じことしてましたけれども。
そうやって見ていると、父が「かっこいいじゃないか!」と痺れるシーンが幾つかありまして。
確かにいい場面だったんですが、父が痺れるシーンの主役がいつも同じ。
城田優。



うん、好きだと思った!



欧米顔の好きな父です。
私もかっこいいと思うんですが、私の好みは顔なら桧山なんで。
ナイスHI☆GE★
キャラは若菜。
可愛い。

しかし、上地まで出るのか…!
クローズZEROとキャストが大分被っていて笑いました。
みんな好き。

原作未読なので読みたいんですが、一体何巻あるんだろう…。
ルーキーズ読んだら絶対ろくでなしブルースも読みたくなるだろうし…。
置き場が…!
悩み中。

■今日のあいぽん■
「美しい名前」THE BACK HORN
七月のThe BirthdayとTHE BACK HORNの野音対バンも、チケットを取るか非常に悩み中。
多分徹夜明け…倒れそう…でもこの二組…!
どうしよう。

歌姫。

December 25 [Tue], 2007, 20:25
母と私のある日のメールを大公開。



私「今会社出たがじゃ」
母「今日は豚汁じゃきに」
私「ぐっと来たぜよ」
母「まっことぐっと来たぜよ」




見てましたか、金曜ドラマ歌姫!
長瀬主演の。
久々に一話も逃さず見ましたよ…!
面白かった!
家族で夢中でした。
登場人物が皆面白く、コミカルなやり取りに毎回笑いましたが、後半が切ない切ない。
戦争で記憶をなくした長瀬と、終戦後十年面倒を見た家の相武紗季、長瀬は死んだと思っていた妻の小池栄子。
もう三人が。
連ドラには珍しく、なかなかシビアな結末で、一本いい映画を見た気分でした。
現代部分の甘さも許容範囲ということで。
良かったなー!

ところで、クローズ全巻揃いました(早)
めちゃめちゃ面白い…!
10巻まで読んだんですが、一気に読み切るのがもったいなくて、もう一度そこまで読み返してます。
こーれーはー面白い!
3巻以降、毎巻泣いてます(笑)
泣く漫画とは思わなかった…!
登場人物が皆こんなに魅力的ってすごい。
全巻読み終えたら改めて感想を。
あー、読み終わりたくないなー!

■今日のあいぽん■
「Touch」The Jackson5

ガス・パッ・チョ。

October 22 [Mon], 2007, 0:34
東京ガスの、妻夫木と歴史上の人物シリーズCMがとても好きです。
小野妹子も信長&光秀も大分笑いました。
しかし、最近流れ始めた「信長最終回」。
見る度、泣きそうになるんですが…。
こう来たか…!
やられた…やられたよ…!(涙)

■今日のあいぽん■
「happy sad」ピチカート・ファイブ
野宮真貴は私の憧れ。
2009年01月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像うかれマダムの友人 その2
» 転勤のお知らせ。 (2012年04月04日)
アイコン画像うかれマダム
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月23日)
アイコン画像呆れ顔
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月18日)
アイコン画像スイ
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月12日)
アイコン画像
» 転勤のお知らせ。 (2011年12月12日)
アイコン画像スイ
» バースデーケーキの話。 (2011年10月11日)
アイコン画像suttoku
» バースデーケーキの話。 (2011年09月10日)
アイコン画像スイ
» 四国旅行2。 (2011年08月13日)
アイコン画像すっとく
» 四国旅行2。 (2011年08月07日)
アイコン画像スイ
» 四国旅行2。 (2011年08月01日)