月の役割

June 14 [Mon], 2010, 7:38
とうとう梅雨入りしてしまった・・・

釣りキチのあっしもさすがに雨の中出航するほどキチガイではありません(^^;
よって、自宅に引きこもり、次の出航に向けて準備を進めておりましたp(^^)q
とは言っても、それほど改善したいと思う艤装も無く、早々に終了。
政治番組も見飽きたし、サッカーも他国同士の試合ではイマイチ盛り上がらず・・・
スカパーの釣りビジョンはバス、ヘラ、渓流と、ここに来てつまらんのばっかり(><;
そんな時に見るヒストリーチャンネルでやっと「コレは!!」という番組にめぐりあえました♪

それは「もしも月が無くなったら・・・」という番組でした。

地球が誕生してからしばらくの間、月はありませんでした。
しばらくして火星サイズの物体が高速で地球に直撃し、それで地球から飛び散ったマグマなどが結集して月が形成されたらしいです。
月が生まれる前の地球の自転速度は今の3倍の8時間、今は月との引力や遠心力のお陰で速度が遅くなって24時間になっています。
もしもこの衝突が無くて月の誕生が無かったら、今でも地球の自転速度8時間のままで、
もしそうだとすると学者の計算上では、地上は絶えず風速100mの風が吹き、その為に海の波高は30〜50m、
絶えず高波で平野は存在せず切り立った高地のみ、陸地は現在の1/3程度であとは海。
とても哺乳類が誕生できる環境ではなく、例え誕生してたとしても進化は非常に遅いものだったのでは?と。
地球は月の引力とその遠心力によって北極南極を軸として自転している訳で、その月が無かったら軸は安定せず、
磁場も安定しなく、各所に磁極が移動、現在のような人間界の発展は難しかったのでは・・・との事です。

今があるのもお月様のお陰です

もしなんらかの原因で月が無くなってしまったら・・・
まず、潮の干満。月の影響力による干満がなくなり、太陽の引力による干満のみになります。
太陽の引力による干満は月の影響力の1/3で、干満差が小さくなることにより干潟が減少、
干満による海流も弱くなり、また、月明かりによる海洋生物の繁殖行動もバランスが崩れ、
海洋生物が減少、人間の食生活は大きな影響を受けます。
更に、地球の自転軸がズレはじめ、北極南極が今の赤道付近に移動すれば氷が溶けて海面上昇、
また赤道付近の熱帯樹林が今の北極付近の位置になる訳で、樹木の減少に伴なう酸素濃度の低下。
試算によると、月が無くなってから数十年で人類の生存はかなり危うくなるとの事でした。

ま、いくらお月様を崇めても、なるようにしかなりませんけどね(^^;
ちなみに月は年に4cmずつ地球から離れていってるらしいです。

地球は太陽を中心として公転している周期は365と1/4日で、自転は1日ですが、
月が地球を中心として公転している周期は27日で、自転も27日です、
よって、地球から見える写真の月面はいつも同じ面しか見えません。いつもうさぎが団子を食べてるのです♪

あと、人間に与えるその影響力も相当なモノがあります。
特に女性は。
毎月やってくる月経はお月様の周期そのものだし、出産の時も「満ち潮」の時に生まれ、
死期は「引き潮」の時にと。
また、月の出る時間は24時間50分周期で、地球の自転速度24時間00分とは50分の差があります、
これによって毎日の干満の差の時間が平均50分ずつ遅くズレていくのですが、
人間ももし真っ暗闇の中で生活してたとしたら、人間の体内時計は24時間50分周期らしいです。
炭鉱や地下でずっと働いていたり、夜勤ばかりで昼に寝ている人などは時差ボケになるらしいです、
毎朝ちゃんと朝日を浴びて、体内時計をリセットするのは大事な事のようです

せっかくなので「潮の干満のメカニズム」について。
知ってる人のほうが多いかもしれませんが、あっしはイマイチ理解してなかったもんで



基本的には月の引力によるものだけど、なんで月が真裏になってる時も満潮になるの?
っていう疑問がありました。要は月の引力が小さくなった分、地球の自転による遠心力が大きくなって海水が片寄る、って事だったんですね〜(^^;

それと大潮と小潮の違いは、太陽の引力の差だったんですねぇ〜(^^;

それと春秋になぜ干満の差が大きくなるのか・・・


春分、秋分の日が、月が赤道付近にいちばん近いから、らしいです(^^;

ためになったねぇ〜(もう中学生流で♪)


  • URL:https://yaplog.jp/suginari/archive/130
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:すぎなり
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:愛知県
読者になる
リニューアル「俺流U号」
これまでとは違った釣果に期待するも・・・
基本は「快適さ重視」です♪
2010年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30