MVP

May 31 [Sun], 2015, 6:45
先日。打ち合わせで外に出かけたついでに、映画を観てきた。乾くるみ原作『イニシエーション・ラブ』の映画化。

原作となる小説は、昔、叙述トリックものにはまっていた時期に、いろいろと読み漁った中の一冊だ。発表時に話題となったトリックは、女性から言わせてみると「あんなの途中でわかるでしょ」とのことなのだけど、僕は女性ではないのでものの見事にスコンと騙されて、「女って怖ええ」となった、印象深い作品。

拙作『LILIUM -リリウム 少女純潔歌劇-』DVDの副音声収録の時、この作品の話題になって、同席したメンバーらに薦めたりもしたのだけど、今思えば女子中高生に薦める本ではなかったかもしれない。まあ、何事も社会勉強ということにしておく。

映画は、小説でしか成立しないトリックを、映像でしか成立しないトリックに置き換えて、綺麗にまとめられていた。幕切れの切れ味の鈍さで、原作となった小説ほど爽快な叙述ではなくなっていたけれど、良くできた小品として楽しめた。もし原作未読であったなら、この映画版にもきっとまたスコンと騙されて、「女って怖ええ」となっていたと思う。女性からすると「あんなの途中でわかるでしょ」となるのかもしれないけど。

松田翔太さんも前田敦子さんも木村文乃さんも役者は総じてよかった。特に前田さんは、本格的に女優をやりはじめてから、ようやく当たり役というものに出会えたんじゃないだろうか。繭の小悪魔っぷりが実に真に迫っていた。松田さんの二人の女性の間で揺れ動く心情演技も見事だし、木村さんの自然と醸し出される都会の女の色気も素晴らしかった。

しかしながら、本作のMVPは森田甘路さんである。詳しくは言えないので、気になる方は是非劇場へ。

  • URL:https://yaplog.jp/suemitsu/archive/2827
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:末満健一 Suemitsu Ken-ichi
読者になる
脚本家・演出家・構成家・俳優・グラフィックデザイナー

1976年6月18日生。大阪府出身。39歳。2002年演劇ユニット「ピースピット」(現在活動休止中)を立ち上げ、大阪・東京にてボーダーレスに活動を行う。趣味はグラフィックデザイン、漫画読書、映画鑑賞、歌舞伎鑑賞 他。大槻ケンヂと桜玉吉とティム・バートンを愛す。

連絡先:peacepitweb@hotmail.com

《2015年の予定》
3月 SPECTER(大阪)
4月 羽田劇場(東京)
4月 GOLD BANGBANG!!(大阪)
5月 冬の来訪者たち(大阪)
5月 或る扉師の生涯(ラジオ日本)
6月 ラブラブROUTE21(神戸)
7月 Equal-イコール-(東京)
8月 舞台『K』 第二章(東京/大阪)
8月 LILIUM感謝祭(東京)
10月 夕陽伝(東京/大阪)
11月 TRUMP(東京/大阪)
12月 幽悲伝(大阪)

2015年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
P R


メールフォーム

TITLE


MESSAGE


『SPECTER』メインテーマ
「異郷にて森は寂寥」
月別アーカイブ