諫山創『進撃の巨人』が凄まじい。

December 23 [Wed], 2009, 15:46



リリーエアライン千秋楽。出番がちょっとだけなので、基本的には楽屋でまったりしたり、自分とこの作業したりしている。昼の回がつい今しがた終了。あとは追加公演を残すのみ。

話は変わるが、別冊少年マガジンで連載中の『進撃の巨人』が凄まじい。目が離せない。

漫画であんなに不安を掻き立てられたり成すすべのない絶望感を味わうのは、『ベルセルク』の蝕のエピソードか、『寄生獣』の対後藤戦か、最近の『GANTZ』『ぼくらの』ぐらいか。

たぶんゲーム『ワンダと巨像』に影響を受けてたり、先に上げた『ベルセルク』『寄生獣』『GANTZ』、あと富樫義博作品からの影響が見受けられるのだけど、そういうものをエッセンスとして消化しながら、きちんとオリジナル作品として起立している。

作者の諫山創さんは、元々は週刊少年ジャンプのファンで、ジャンプでのデビューを目指して、持ち込みをしていたそうな。しかし、ジャンプ編集者の「漫画ではなくジャンプを持ってこい」との言葉に失望を感じ、持ち込みの場をジャンプからマガジンに移したとのこと。そのジャンプ編集者の逃がした魚は大きい。

『進撃の巨人』はストーリー展開が異常すぎて、この先どうなるのかまったく予想できない。安定していない絵柄が独特の世界観を生み出しているし、その不完全さがこれからのポテンシャルも感じさせる。

まだ連載4回目なのでどうなるかわからないけど、これは漫画史に残る傑作になるんじゃなかろうか。

この漫画のためだけに別冊少年マガジンを購読するようになった。来月が待ち遠しすぎる。単行本でまとめて読むのも楽しみすぎる。
  • URL:https://yaplog.jp/suemitsu/archive/2411
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:末満健一 Suemitsu Ken-ichi
読者になる
脚本家・演出家・構成家・俳優・グラフィックデザイナー

1976年6月18日生。大阪府出身。39歳。2002年演劇ユニット「ピースピット」(現在活動休止中)を立ち上げ、大阪・東京にてボーダーレスに活動を行う。趣味はグラフィックデザイン、漫画読書、映画鑑賞、歌舞伎鑑賞 他。大槻ケンヂと桜玉吉とティム・バートンを愛す。

連絡先:peacepitweb@hotmail.com

《2015年の予定》
3月 SPECTER(大阪)
4月 羽田劇場(東京)
4月 GOLD BANGBANG!!(大阪)
5月 冬の来訪者たち(大阪)
5月 或る扉師の生涯(ラジオ日本)
6月 ラブラブROUTE21(神戸)
7月 Equal-イコール-(東京)
8月 舞台『K』 第二章(東京/大阪)
8月 LILIUM感謝祭(東京)
10月 夕陽伝(東京/大阪)
11月 TRUMP(東京/大阪)
12月 幽悲伝(大阪)

2009年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
P R


メールフォーム

TITLE


MESSAGE


『SPECTER』メインテーマ
「異郷にて森は寂寥」
月別アーカイブ