韓国語ビギナーでも楽しく勉強できる方法

初めまして。松平です。

この度は監修と言う形で福永さんの作品に関わらせて頂きましたが、
私にとっても非常に大きな意味を持つ作品となりました。

勉強を勉強として捉えず、あくまで楽しく、遊び心を忘れない、
福永さんだからこそ執筆する事のできた唯一無二のマニュアルだと言えるでしょう。

楽しく勉強をすると言う事は非常に大切です。

例えば生まれたばかりの子供は、
大体8〜9ヶ月から一言、二言話せる様になると言います。

そして3歳、早い子であれば2歳のうちにある程度の会話が成り立ってしまう。

それは、子供が自分で考えて、一人で日本語を覚えていくのではなく、
お父さん、お母さんが我が子に優しく語りかけるからです。

「喜ばせたい」
「笑顔を見たい」

その気持ちでご両親が語りかける事で、
子供も喜び、また笑顔を見せてくれます。

そうして言葉を覚えていくのです。

もちろん、あなたと生まれて間もない子供を一緒にする訳ではありません。

しかし、韓国語ビギナーと言う部分で考えた時、
果たして、辞書や教科書の問題が適切でしょうか?

楽しく、優しく、そして自然に身につけられる、
そんな方法こそが、語学の入り口として必要不可欠だと私は思います。

福永さんの作品には韓国語初心者に対する優しさや、
読者を置き去りにしない工夫が全編を通して成されています。

もしもあなたが韓国語について悩みを抱えているなら、
そして韓国語を諦めかけているのなら、

是非ご一読下さい。

必ずあなたにとって韓国語を覚える為の最後の一冊になるでしょう。

 

松平先生、貴重なお言葉ありがとうございました!

この2つが、私が自信をもってあなたにおススメできる理由です。

 

あなた「普通の主婦から教わるなんて…」

ご安心下さい。
あなたには私だけじゃなく、『勉強の達人』がついています。

あなた「先生の話についていけるかしら…」

こちらもご安心下さい。

あなたにお伝えするのはあくまで、
韓国語がまるでダメだった普通の主婦がたった53日で韓国語を習得した方法です。

 

あなた「すぐに覚えられるから、本当に簡単だからって言葉は信用できないわ…」

もちろん、そうだと思います。

私も今までに、同じような気持ちを経験して来たので…
その言葉だけで信じてもらおう、なんて甘い事は考えていません。

私がどうしてこのノウハウに辿り着く事ができたのか、
その当時のお話をご覧頂こうと思います。

今でこそ、笑って話す事ができますが、
私の韓国語習得の道のりは、失敗、そして失敗の繰り返しでした。

 

→ 詳しくはこちら>>>

  • URL:https://yaplog.jp/studypro_korea/archive/36
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:福永亜由美
読者になる
福永 亜由美と申します。

そして2児の母であり、普通の主婦です。
そう、実は私、韓国語の講師でもなければ、韓国への留学経験もありません。

「え?そんな人の話を聞いても…」と思われるかも知れませんが、
私は韓国語を今ではほぼ完璧に読んで、聞いて、話せます。

最初は「韓国のドラマを字幕なしで見たい!」
と言う所からはじまり、今では年に2回は韓国へ友達数人と
一緒に旅行に出かけています。