Nov 17: Tokyo > Amsterdam > Stockholm
2006.11.17 [Fri] 20:00

17日
ホテルの朝食ブフェを腹12分目まで食べて幸せな朝を迎える。
ゴハンと味噌汁のところに海藻が置いてあり私は わかめの酢の物サラダなのね、なんてお皿にとって食べてましたが おかわり取りに行ったときあの三杯酢の味が薄い海藻は味噌汁に入れるものだと気がつきました。浦島太郎ってこんなものです。
せっかく成田にきているので 成田不動尊の庭園に紅葉を見に行きましたが。。。。紅葉じゃない。青々としている! かえで一本だけ赤みがかかっていました。まあいいや、日本の雰囲気だけは十分あったしね。
商店街や食べ物かって、マツキヨで化粧品かって成田へ。1時半のフライトです。登場ゲートの本屋で雑誌を買い込んで欧州へ出発。次来れるのはいつでしょう。。。
 

Nov 16: Sydney > Tokyo
2006.11.16 [Thu] 20:00

シドニー出発。
空港までのミニバス、荷物が多すぎる2日酔いの若者3人と 苦虫を噛んだプライドの高いドライバーのおかげで予定よりも30分到着が遅れちゃいました。おかげで空港ではもうダッシュ。JALなので何とかなるとの確信はあったけどこの間のシカゴのこともあったしねえ。案の定まだまだ行列でした。あせって損した。
フライトは結構すいているようでチェックインで親切なことに3人がけの席を2人でブロックしてもらえました。でもよくみたら2列席ずれているよ。もちろん修正してくれたけどね。グレイとバリアリーフを空から眺めながら9時間ぐらいのフライト。欧州から米州に行く感覚で日本から豪州に渡れるのね。

成田に到着は日が暮れてから。JALで欧州から豪州のチケットを買うと直接コネクションしないため翌日出発する客限定サービスで成田の日航ホテルに無料で宿泊できるというおいしいおまけがついています。それだけでもうれしいのに部屋もアップグレードしてもらえました。スルーでチェックインしたのですがコンタクトの洗浄液を手荷物に入れるのを忘れてしまい成田のスタッフにお世話になりバッグを出してもらい (さすが日本!嫌な顔せず助けてくれました) 時間ロスはありましたが一泊日本楽しむぞ!

日航成田はド田舎にあるようで周りにはラーメン屋とコンビニ2件のみ。セブンイレブンでお弁当、おでん、おやつやらたくさん買い込んでテレビみて夜をすごす。これだけでも幸せー。
 

Nov 15: Sydney
2006.11.15 [Wed] 20:00

オーストラリアに来てサーファーに魅せられて最後の一日を利用してサーフィンスクールに行きたかったのだけど コンタクトレンズが海ではどうなるかが結局わからずあきらめた。コンタクトなしですればいいんだけど そんなことしたら何も見えないもの。 別に特別な予定立ててなかったので無駄っぽい一日を過ごす。ハーバーブリッジの反対側までバスで行き歩いて戻ってきました。景色がきれい!
余りにも風が冷たかったので昼過ぎにホテルに着替えに帰ると部屋のドア前に清掃ワゴンが止まっている。ドアも開いているのでのぞいてみると。。。。
清掃のおばちゃん私らの部屋でお茶している! 
毎晩湯沸しポットの水捨て忘れたのかなあ?それともホテルのスタッフがサービスで水をついでくれているのかなあ?と不思議に思ってたのです。
実際にはこの部屋がみなのお茶の場になっているからだったのだ! ドアノックして話しかけると おばちゃんたちのん気に「何か御用?」って。私たちの部屋なんですけど、というとあわてて、かつ苦笑いしながらも 去っていきました。おこっていいのかわらっていいのか。。。私的には話のネタになる、って結構軽く受け止めたのですが連れは結構嫌がっていました。
夕食は韓国レストランで 海鮮なべ!おいしかった! ついでにどのガイドブックにでも紹介されているパイをたべてきました。結構おいしかったけどわざわざ行くこともないかも。でもマッシュグリーンピースは色もきれいだしおいしかったです。
 

Nov 14: Bondi beach etc
2006.11.14 [Tue] 20:00

シドニー郊外のボンダイビーチへ。
小学生が体育の授業でサーフィンやっていました。さすがオーストラリア! ボンダイビーチから海岸沿いの歩道で現代美術の野外展覧会が行われていてずっと歩いてみてきました。青い空、青い海には真っ赤や白色の彫刻などがすごく美しく映ります。
リップカール、クイックシルバー、ビラボングなど豪州サーフブランドの服がほしくてボンダイビーチ近くのモールで結構店を回って探したけど収穫なし。家に買えれば冬、と思うとほしくても 手が出せない。
シドニーのレストラン情報誌で紹介されていた中央駅の裏の住宅街にあるシーフードレストランへ。見かけはファーストフード、実際にフィッシュアンドチップもやっている所なんだけど結構盛り付けなど凝った料理でてきました。おいしいんだけどなんだかやっぱり。。。。海鮮料理って私はアジアっぽい味付けの方が好きかも。
 

Nov 13: Sydney
2006.11.13 [Mon] 20:00

朝オペラハウスへ。カメラマン、ジャーナリスト、リポーターと報道員で込み合うので 暇そうにしていたジャーナリストっぽい男性にきいてみた。Borat公開のイベントでAli Gが来るんだよ。って。別にファンでもないけど有名人みたい心がムクムク。 有名人が来る前の準備って結構忙しいものですね。皆暇をもてあまして待ってながらも 担当スタッフのいうとおりに 「ここに車を止めてこのようにでてくるので カメラは皆ここで・・・いや、だめだ、こうしよう。なんて感じで何度もリハーサルするんです。
待つこと40分ほど。結局車のドアが開いたとたん カメラマン大半わーーーっと走っていってしまい スタッフは怒ってました。
一般民も巻き添えを食わすことで有名なので 一応一歩間を置いての行動、 でも私も結構近くに立てたのでいいスナップ取れる。近くに立っていたおにいちゃんキスされてたよ。
オペラハウスって写真では白色に輝いて見えるけど実際にはトイレタイルがだーーっとならんだみたいでちょっと黄色かかっているのですね。デンマークの建築家、スウエーデン製のタイル使用ってことで 北欧人も誇らしく思っている建物です。
オペラハウスの後は市内をひたすらぶらぶらしていました。ロックス、ヴィクトリアガレリアなど。結構寒いです。
今日は夕食ではなくお昼に重点をおいて 遅めの点心食べてきましたー。
 

Nov 13: Sydney
2006.11.13 [Mon] 19:00

オペラハウスとビクトリアガレリア内のクリスマスツリー。
 

Nov 12: Sydney>BlueMountains>Sydney
2006.11.12 [Sun] 20:00

有名なブルーマウンティンへ日帰り旅行。ツアーにしようか電車にしようか迷った結果結局レンタカーに決定。ガソリン代込みで100ドルほど。ツアーよりは高いけどこの方が自由がきくので。 
行って帰るだけなら高速が便利なのだけど せっかく車もあるんだし途中オリンピック公園もよりブルーマウンティン北の谷をぐるっと一周する。 本当にシドニーってでかいです。Australians are individualistsとどこかで読んだけど ほんと 集合住宅は少なく どんなに小さくてもマイホームがいいようです。 小さくても、って行っても私の目から見ると大きいですが。皆がこんなのだから果てしなく郊外が広がっていく。 住宅地も少なく張り山地にはいり傾斜で道がうねうね上がったり下がったりで自分で運転してて気分悪くなってきた。自分的には50kmぐらい運転した時点でバトンタッチ。結局は15kmほどしてなかった。
ぐるりと一周してみたものは 絶壁、谷、滝、岩、山、うっそうと茂るジャングル。大都会から来るまで2時間足らず、こんな大自然があるなんて不思議。有名な「3姉妹」と呼ばれる奇岩もみて、実際に歩いていってみるが この奇岩よりも この地域全体に大自然のほうが見ごたえあったと思う。
帰りはもうダッシュ。駐車場のことを考えるのはめんどうなのでレンタカーを6時返却するため。帰りに好奇心のためだけIKEAによってみたかったのですが。。。じかんぎれあうとでした。シドニーのあたりってガソリン高い。
夕食はホテルの近くのベトナム料理店。紀伊国屋で立ち読みしたガイドブックでみつけたのだけどものすごい人気。45分待つ。前払い式でまずカードを使えるか確認してから注文してカードを渡すと レジのお姉さんじーっと私のカードの見つめている。実は私のマスターカード、ピンクなので結構外国では目立つんです。スウエーデンでは「ス−パーの」とちょっと冷たい目で見られるのだけど外国では特に若い女の子にほめてもらえる人気の色です。「このカード、スウエーデンの?」といきなり問われたのでうなずくと 「スウエーデンにすんでいるの?」と引き続き質問。なーんとお姉さん、スウエーデン人だったのです。東南アジアからの養子みたいで 見た目彼女がスウエーデン人だと絶対わからないって。同じく私もスウエーデン語しゃべるって絶対思われないって。もうスウエーデンを離れて3年目でレストランでスウエーデン語を話せたのは初めてだそうです。これほど歓迎されるなんてうれしいわ。


写真はダーリンハーバー。
 

Nov 12: 動物
2006.11.12 [Sun] 19:30

さらにたくさんのオウムの群れ。昨日と同じく鳩と混じって。
 

Nov 11: Surfers Paradise>Coolangatta>flight>Sydney
2006.11.11 [Sat] 20:00

クィーンズランドでの休暇は今日で終わり。午前のフライトでシドニーへ飛びます。
さすがゴールドコーストとの愛称がつくぐらい。朝のビーチはきらきら光って最高です。朝食前にはだしで散歩味わいました。

どうもホテルは中国系みたい。ゴハンと味噌汁があったけどまずいかった。。。

レンタカーは無傷。よかった。VirginAtlantic系の豪州国内線VirginBlueでシドニーまで。ほんと広い国です。最初の予定、ケアンズからシドニーまで運転は変更してほんと良かった。ひたすらぶっ飛ばす羽目になっていたと思う。
空港からは20ドルで往復のミニバスに乗りホテルまで送ってもらう。まだ部屋の掃除が終わってないとの事で30分ほど待たされたけど 当たった部屋の景色は最高!ちょっと郊外なのでシドニーのスカイライン、ハーバーブリッジ、オペラハウス、全部見えます。

シドニー初日はチャイナタウンのあたりを歩きるつもりが。。。途中 紀伊国屋をみっけ2時間ほど立ち読みしてすごす。シドニーの情報たくさん手に入ったので良いとしよう。
 

Nov 11: シドニー到着
2006.11.11 [Sat] 19:17

ホテルからのすばらしい景色


チャイナタウンで見かけた奇妙な飲み物かけた奇妙な飲み物