うるさいと言われて涙一粒声をこらえながら

2006年06月26日(月) 18時04分
会いたかったんだろ、と言われて
うん、と頷いたけれど
本当は会いたかったのは
いや、私を抱きたかったのは
そっちの方だ

久しぶりに会うその人は既婚者だった
そしてまた独身に戻るんだそう

自分の気持ちが一番大事な人

特に私の気持ちを一番ぞんざいに扱う人

いったん店を出てから
また戻ってきたから
なんとなくわかっていた

寄ってく?こないだみたいに、って
思いっきり誘われてるから
断れないし
階段をカツンカツンと上がった

どいつもこいつもやりたいだけだ
意地でもやろうとしない人もいるけど

彼と二人だけで会うのは二度目で
いつもと変わらない他愛もない話をして
帰り際に
ちゅーして、と言われたので
短いキスをした
何年も前から
たまにキスだけする

喋ってる声はちょっと低いんだなぁ
歌っているときは高い、気がしたんだけど

高い鼻、と、八重歯

そんなことできないから
座ったまま動けなくなっていたら
ごめんごめん、と頭を抱き寄せた

どしたん足が震えよるが
と意地悪く笑う顔の彼は
私の足の間にいた

重ねるごとに気持ちが粗末になっていきそうだ

手を触れることすらなかった

何も変わってなかった

ああ、そっか
それでみんなにそう言われるんだ

お前までかたもみマシーンにするつもりか

数時間前に初めて会ったのに
おまえのことがすきだ
おまえがすきだ

何度も言われて
なんでこの人そんなこと思うんだろうと
不思議な気持ちになった
早朝の交差点

涙の理由

2006年06月13日(火) 18時27分
不在着信3件
そうしてまた電話をかけてしまう私

こないだの電話
何話したか覚えてないなんて
なんてひどい話だろうね

私には言って
私には言わない
そんなかけらだらけ
かき集めて貴方を作る

近くにいなくなった貴方は
私の知っていた貴方ではなくて
もっとひどい人になってしまった

人を不幸にする話を
なんて楽しそうに
なんで楽しそうに
私に伝えるのかな

耐えられなくなって
電話口で泣いた
忘れるくらい久しぶりに

泣く理由を訊かれても
わからないから答えられなかった
怖い
ひどい
意味がわからない
何もわからない
この人は私をどうしたいんだろう

ずっとずっと
付いて行くつもりだったし
付いて行けるつもりだったけれど
本当に無理かもしれないと
本気で思った
いや
感じた

貴方が欲しいのは
自分を愛してくれる人間ではなくて
貴方を裏切らない人形

期待に沿わないことをして
その都度ひどい仕打ちを受けて
そうやって私を作っていっていたのだね
やっとわかった気がしたよ

だからそれに必要なだけの情報しか与えられなかったんだ

どこにも答えはない

私が電話をかけ直す
それがすべての答えだということぐらい
お互いとっくに分かっていたことだった

貴方と一緒にいたい
という気持ちが
どこに彷徨っているのか
わからなくなった

少し、距離が近いと思った

2006年06月02日(金) 3時42分
禁忌をおかしているような感覚だから
ゼロじゃない
でもそれだけじゃない

本気になるなと言われたから
本気にならないようにしようと思ったのに
色々考えてんだよ、と
少し先の話をされて
そうだよねありえないよね、と思いながら
とてもとても切ない気分になる

好きな人がいる、と
正直にいえない状況だから
なんか結構しんどい

毎日嬉しかったりしょぼんとしたり
人を好きな気持ちってそうそうこういう感じ

悲しい気持ちにもなるんだよ

誰か外で会話聞いてるんじゃないか、て
ふっと思って
でもでも、と思った

3歳若返れ、と言われて
本当にそう思った

だから
ありえないんだから
さようならをしなければならないときに
少しでも多く悲しんでもらえるように

その分私も悲しむんだ