メール

2004年12月04日(土) 3時41分

と思う

こういうときにメールを送っていた

あれこれ日常で目にする何らかを
すぐにメールしていた

いつも

それが嬉しかった

伝えたいことがたくさんある
そうやって繋がっていた
繋がっていたかった

幾分平気に過ごせるようになったといっても
そういう
長期間培われてきた日常が
まだまだ私の中に生きてしまっている

悲しいかな

もう少し馬鹿な女だったなら
必死になっていただろう
もう少し頭のよい女だったなら
とっくの昔に諦めていただろう

携帯のメモリを消せないのも
着信音の設定が変えられないのも
唯一の顔写真が消去できないのも
全部

嫌いになれないから

少し
長くこだわり過ぎた

踏み出せない理由
私にだけ罪深い
  • URL:https://yaplog.jp/star_map/archive/25
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。