いらん・れぽ3

2005年03月30日(水) 23時30分
れぽの続き

すぐ近くのイランサポ。今にも入りこんできそう・・・

試合前のコーラン、国歌斉唱も無事終わりキックオフ
12万人がコーランを聴く姿は、もう二度と見れないだろう。ある意味感無量なのです。

試合中、今までにない大きな声で応援したのに、日本に帰ってきてVTRを観たら全然日本サポーターの声がしない・・・
これには、かなりショックだった 12万イラン男性サポーターの声に完全に消されてしまっているんだねぇ・・・

でもよく「スポーツ観戦はテレビが一番」って言う人がいるけど、そんなことは絶対ない あの感動は、ほとんどTVからは伝わってこなかったですよー
TVの仕事をやってる人間だけに複雑な心境ですが、やはりライブには勝てないんだなあーと思う今日このごろです。


試合後、持っていったムービーカメラに総括を話す両角P
試合後、イランサポーターが5人なくなったそうです
日本人も何人か怪我人が・・・
一人は僕らの後ろの席の人でした
でもね、全体的にイランの人達は、とってもやさしかったんですよ、ほんとに
けっして敵対心や憎悪は感じなかった
興奮しやすいところはあるのかなー
試合には負けてしまいましたが、すっごくイランを好きになった旅でしたね


夜中のテヘラン市内で喜ぶイランサポ
テヘランの空港にとんぼ帰りして、また4時間待ち
帰りのフライトは9時間
関空経由だったので、トランジットに3時間待ち・・・
羽田に着いた時にはもうボロボロです
そして次の日は、午前中から新番のロケ

こんな思いをしても、また次の現場に行ってしまうんですよねぇ

実は、今日のバーレーン戦も行ってしまいました
内容はともかく勝ててほんとに良かったです

おわる

いらん・れぽ2

2005年03月29日(火) 18時35分
れぽの続き

スタジアムに向かう道中、なにやら私達より先に出発したバス2台が立ち往生して道路が封鎖せれてしまっているようだ

みるみるうちに大渋滞が発生

なんと、それは日本サポとイランサポバス同士の揉め事だったのです
よく見るとバスの窓ガラスが割れてる。ずいぶん派手にやってくれてるなあ

「あっ、あのバスは、さっき俺達にもちょっかい出してきたイランサポだ」

イランサポバス
なるほど、ちょっと前にバスに箱乗りしながら大騒ぎして抜いていった連中だわ
大半は、日本人大歓迎な雰囲気だが、中にはこんな人達も少々いたようです。(きっと、日本サポ側も悪かったんだと思う)


12万人収容のアザティスタジアムに到着

私達のバス周りでイランの強さをアピールするサポーター達

スタジアム到着
そこでも大勢のイランサポの歓迎をうける(過去記事参照)
あまりのイランサポ人数のため、危険を察知した関係者が日本人バスをアウェイゲートに横付けさせる方針に変更
添乗員さんが、人をかき分けかき分けバスを進めるも、ピスタチオ(たぶん)投げつけ攻撃をくらう
軍隊もずらーり、守ってくれてます

そして、日本サポーター席に到着(ゴール裏1階席)
左右に緩衝地帯があるものの、イランサポとの境界線は急遽建て付けた感じの鉄パイプ数本のみ
こんなの乗り越えようと思えば簡単だよねー
後ろを見れば2階席のイランサポ達が、みんなこっちを笑顔で見てる・・・

ぎょえーー、3時間以上前だってのに12万人満員じゃん。
みんな男だよー
(過去記事参照)

DJ付の大音響で、テンション超高い音楽が掛かりまくりの騒ぎまくり
超高速大ウェーブがぐるぐる
「イランイラン」と12万人が一斉に掛け声をあげる
爆竹、煙幕も発生
特に前席の人の両肩を持って、大勢で前後に体を激しく揺らすパフォーマンスが異様だった


国家斉唱後、ウルトラス大応援幕の下になり応援する両角P

チャンスに必死で声を出す日本サポーター達

つづけ

いらん・れぽ1

2005年03月29日(火) 1時45分
残念ながらサッカー日本代表はイランに敗れてしまいました・・・
でも敵地12万アウェーの中よく頑張ってくれました

私達もサポーターを代表してイランに突入しましたが、そこでは何物にも変えられない貴重な経験をしました
少しだけ記録に残していきたいと思います

24日23時30分に羽田空港到着
そこで3時間半も待ってそこから11時間のフライト
テヘランの空港到着後も1時間半くらい待たされる
これ、結構こたえますよ

そこからは何グループかに分かれて行動
私達グループにはフジテレビさんが同行していたようです

空港を出てすぐにイランの人達に声をかけられる
「3・0イラン2・1イラン5・0イラン
わかった、わかった、イランが勝つのね
とにかくコミュニケーションは試合の点数だけである

添乗員さんが、イランの人なのに名古屋弁を使うので面白い
少し和んできたが、バスは30分くらい出発しない

はあ〜先が思いやられるー


スタジアムに向かう道中、配られたパンをほおばる両角P
(なんの肉かわからん具が入ったパンだった)


時間調整のため博物館へ
向かう道中も、イランの人達はバスに向かって手をふってきたり、指で点数を表したりと、かなりフレンドリー
でもイランは正月休み中だってことで店は閉まりまくってます

一通り見学するも、青いユニフォ−ム姿が目立つのか人だかりが発生
ものすごく声をかけられるんだけど、何を言ってるんだがさっぱりわかんない
でも怒っているようではないなあ、逆にとってもフレンドリーな感じ
選手と間違えられている様子でもないし、たぶん東洋人がめずらしいんだろう



なぜか現地で大人気の両角P
次々とサインやメルアドをねだられる


そして、やっとスタジアムに向かって出発
しかし、まもなく到着という時にハプニング発生

う〜ん、ほんとにスタジアムに着くのかなあ

つづけ

やさしい人ばっかりでした。

2005年03月26日(土) 21時24分

実は、イランの人達はとっても親日的
試合前のテヘラン市内で、幸せそうな家族と親睦を深める両角P

凄すぎる世界一アウェー

2005年03月26日(土) 18時58分

男ばっかりの12万イランサポーターの凄さに
唖然とするもろぴーと、興奮するふくちゃん。

ただいま

2005年03月26日(土) 18時20分
帰って来ました(-.-)

現在、関西空港でトランジット中。夜9時頃、羽田に到着予定です。
とりあえず印象深かった写真を一枚。
(試合前、日本人サポーターバスを取り囲むイラン人サポーター達…。)

いざ、テヘランへ

2005年03月25日(金) 2時05分

とりあえず11時間のフライト。それでは、行ってきます

待ち遠しいんです。

2005年03月25日(金) 1時10分

さあ!イランへ出発だ


と思ったら、チャーター便がなかなか離陸しないんですけど…。

う〜ん、今年二度目の羽田の難

来週が最後です。

2005年03月23日(水) 23時06分
先日、モーニング娘。のコンサート会場へ足を運びました。
しかも名古屋へ。

娘。進化計画ロケに参加した、紺野さん、亀井さん、田中さんの様子を取材するため、3月20日の名古屋センチュリーホールに向かったのです。
佐々木カメラが骨折休暇中ということで、両角Pと相澤Dが自らカメラを回す異常事態の中、まあ、なんとか無事ロケをすることができました。


う〜ん、しかし3人(紺・亀・田)の真剣な表情には圧倒されました


特訓した成果はもちろんのこと、とにかくそれぞれやったことへの意識が高まったのでしょうか、いつもよりとっても逞しく感じました
引き続き、今後の活動にも活かしてくれることを強く信じたいと思います。

この様子は、来週の『娘。ドキュメント2005』最終回に登場いたします。ぜひみなさん、お楽しみにしていてください。
(そして日曜日に来ていたファンのみなさま。ご協力ありがとうございました。)


この『娘。ドキュメント2005』も来週がついに最終週・・・
とにかくバタバタと走り続けた番組でした。

まさかの7期該当者無しから始まって、飯田さんの卒業、座談会、そして特訓と、嵐のような3ヶ月があっという間に過ぎ去りました。

しかし新番組も迫ってきているので振り返ってはいられないのです。
私達、番組制作部は、これからも引き続き走り続けます

(明日の夜から、ちょっとだけイランに行ってきますが・・・、弾丸のスピードで帰ってきます。)

みなさん!お忘れなく!!

2005年03月23日(水) 22時38分
二人ゴトDVD〜○○とあなた〜総集編Vol.1/2

ついに発売です!!




よろしくお願いいたします!!

燃えろ!番組制作部 in 楽天広場も更新しました。


番組やDVD、ブログに対する御意見・御感想・御質問はこちらまで
ssm.yoshimoto@nifty.com