某秋田の国際系大学の卒業生が、日常の中で思ったこと、経験したことを徒然なるままに書く、いわば現代版ダメ徒然草。黄猿は音楽・映画・本の三大元素で構成されています。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:黄猿
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:新潟県
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-Apple Musicすごいね
    ・将棋-段位取得に向け修行中
読者になる
最新コメント
アイコン画像kzy
Rainy Days And Mondays (2015年06月18日)
アイコン画像黄猿
Rainy Days And Mondays (2015年06月17日)
アイコン画像黄猿
「God Only Knows」 By BBC Music (2015年06月17日)
アイコン画像kzy
Rainy Days And Mondays (2015年06月16日)
アイコン画像kzy
「God Only Knows」 By BBC Music (2014年10月09日)
アイコン画像黄猿
Except the ear (2012年02月17日)
アイコン画像1go
Except the ear (2012年02月12日)
アイコン画像エイ
あれから10年経ったんだ (2011年09月15日)
Music Video
David Bowie 【Changes】
Changes are taking the pace I'm going through
«マンガ | Main | バトン»
最近グッときてる曲 / 2016年06月02日(木)
Autechre - Dropp


Autechre - Clipper


数年前に何回か聞いたものの、????で当時の自分では受け入れられなかった音楽
今聞いたらゾクゾクしました、今一番私が掘り下げていきたいアーティスト

Esperanza Spalding: Unconditional Love


Live ver.


何年か前にグラミーの新人賞を受賞した、女性ベーシストシンガーソングライター。
今年リリースした新作が、ジャンル分け不能なほどにバラエティに富んだ傑作だった。
特にこの曲はお気に入り、ライブ動画の方も是非。

Pet Shop Boys - 'Happiness'


この人たちはいくつになっても瑞々しいなぁ
無理してる感がない、そこがいい

Red Hot Chili Peppers - Dark Necessities


イントロのピアノの響きにまず「えっ!?」となるが、そこからフリー節全開のベースが聴こえてきて「あぁ、レッチリだ」と安心する。
前作I'm with You の正統派な延長線上にある曲、といった印象。正直少々物足りない。
にしてもピアノを印象的に使ってるけどライブでどうするんだろ。


 
Posted at 22:18 / 先週のヘビロテ / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
続・5月のヘビロテ / 2016年05月26日(木)
最近思うこと、Apple Music本当に便利
ダウンロード先行でフィジカルのリリースが遅れてる
Radiohead, James Blakeの新作だってダウンロードせずに聴けちゃうもんね、

買うに値するCDを厳選できるってのが何より私にとってはプラス。
これで年間1万2千円なら安いもんだ。

The Wild Feathers - Overnight


これぞアメリカのロックバンド!!と手を叩きたくなるほどアメリカンロックしてます。
極めてオーソドックス今時の若いバンドでなかなかいない。
セカンドアルバムからのリードシングル。うん、良い。

dvsn / With Me


dvsn - Hallucinations


ナイトミュージック、もっと単刀直入に言うとベッドミュージック。
SEXしてる時に流してもよし、じっくり間接照明でもつけて、ワイン飲みながら聴きこむのもよし。
アルバムSEPT. 5THなかなかの名盤です。気負わず聞けるのがいい、最近のイチオシ。

Porches - Be Apart


私のツボをつくひねくれインディポップ。
音の鳴らし方がうまい、センス抜群ね。買おうか迷っているわ。

Justin Bieber - Love Yourself


Biberの最新アルバムPURPOSEには少なくとも3曲の神曲が、
その中でもこのLove Yourselfがずば抜けている。
ほとんどギターのシンプルなリフとコーラスだけをバックにこれだけの曲ができるかと、
何よりびーばーくんがこれをやってのけるだけの表現力を身につけたってのが感動。

twenty one pilots: Stressed Out


私ねぇ、このラップユニット好きじゃないのよ。
でもねぇすっかり洗脳されちゃったのよこの曲、このサビに、完敗よ。
歌詞は社会に馴染めない、居心地の悪さを感じているナード、ニートの心境とでも言えばいいか。






 
Posted at 23:13 / 先週のヘビロテ / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
5月のヘビロテ / 2016年05月23日(月)
ANOHNI - 4 DEGREES




唯一無二の声と表現力を持つAntony Johnsonの改名後のニュープロジェクト。
今をときめく Oneohtrix Point Never and Hudson Mohawkeといったクラブ、エレクトロ系のアーティストとの共作で5月にアルバムをリリース。
エレクトロ色は思っていたよりも強くない、バックトラックよりもANOHNIの声に圧倒される。
年間ベスト入り間違いなし

Burn The Witch - Radiohead


例によって突如リリースされたRadiohead9作目のアルバムからのリードシングル。
不穏にリフレインするストリングスが印象的な1曲、スルメ。
今回のアルバムはミニマルなエレクトロに全体的にストリングスがフィーチャーされているという印象。

Community of Hope - PJ Harvey


”希望の共同体”とでも訳せばいいのか。詩は非常にシニカル、PJらしい、
”The Community of Hope,”のあとに続くのは”They're gonna put a Walmart here”

Lemoned I scream - HIDE


最近HIDEが俺の中で熱い。
マンソンのようなインダストリアルからハードコア、そしてこの曲のような
The Flaming Lipsのようなインディーロック(ポップ)までやる感性、
改めてすげぇなと思う今日この頃です。本当にいい曲。

 
Posted at 22:54 / 先週のヘビロテ / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
最近のヘビロテ / 2016年03月29日(火)
最近サボってました、というかあまり音楽聴けてませんでした。
仕事がひと段落したので、UnderworldやPrimal Screamの新作をこれからチェック

Suede - What I'm Trying To Tell You

Suede節全開!!!! サビのギターとメロが泣ける!!!

Suede / Outsiders

この曲含め、新作はDog Man Star期を彷彿とさせる。

赤い公園 / Canvas


今私のmost favoriteなバンドです。
ギターの津野米咲(まいさ)が全曲の作曲を手掛けてるんですが、24歳にしてもはや末恐ろしい。天才

SHISHAMO / 熱帯夜

イントロのギターリフにもってかれた。そこはかとなく洋楽テイストを感じる。




 
Posted at 00:18 / 先週のヘビロテ / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
Alive / くちびるデモクラシー / 2015年11月13日(金)
Sia / Alive


最近のSiaは神がかっている。大ヒットシングルChandelierに続き、これまた年間ベスト級の名曲。
断言してもいいけど来年のグラミーRecord of the Yearに絶対ノミネートされる。
前回の驚愕子役ダンスMVに続き、今度は空手の型を披露するMV。
演じるのは空手天才少女と称される日本人の高野万優(たかのまひろ)ちゃん。
日本の千葉で撮影したらしいが、千葉の必然性が見当たらない。

Bloc Party - The Love Within


復活作の前作がキャリア史上もっとも凡庸だったので、悲しくなったのだけれど、
来たら新作からの先行シングル、素晴らしい出来です。
チープなシンセのリフとサビの盛り上がりがいいアレンジ。
ドラムマシーン使ったみたいな無機質なドラムもいい。要するに俺のツボ。

COLDPLAY / Adventure Of A Lifetime

超内省的な失恋アルバム前作から一転、リフ1本で攻めてくスタイルは
Every Teardrop is waterfall直系。
バックのコーラスがエキゾチック、なかなかおもしろいことやるじゃない。

Arca - Vanity

アバンギャルドすぎて難解の極み。しかしこれでもまだ聞きやすい方っていう。
今最もエッジの立っているアーティスト、怖いもの見たさでどうぞ。
ノイズだらけのようで不思議と耳に残る、分類不能

アーバンギャルド - くちびるデモクラシー

遂にアーバンギャルドも来るところまできたなという感じ。
同期の桜じゃんってコメント会ったけど正にその通り、
これはアーバンギャルドの軍歌だ


 
Posted at 00:14 / 先週のヘビロテ / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
アンビリーバーズ / 2015年11月06日(金)
米津玄師 / アンビリーバーズ

ニコニコのボカロP出身の若き俊才。
自分で歌い始めて、デビューした直後の楽曲が好きでなかったので遠ざかっていたけれど、
大学時代の友人からこの曲教えてもらって、「いいやんけ!」となりました。
しかも徳島市出身。応援するしかない

WANIMA / TRACE

10代ホイホイ。ここ数年聞いた初期衝動のロックとしては頭1つ突き抜けている。
BAWDIESもいいけど、ゲス極みみたいなオサレロックもいいけど、
やっぱこれだよこれ、聞いたら「俺もバンドやってみてぇ!」と思わせる熱量がここにはある。

赤い公園 / 交信


文化の日にライブを観ました、1st,2ndととても好きだったんですが、
その前に1度ライブを見たことがあってそれが微妙だったので正直不安でした。
超杞憂に終わった。
これまで見た邦楽バンドの中でも3本の指に入るほどいいバンドだと思いました。
とにかくギターの津野さんの演奏、存在感が凄まじい!!!惚れるわ!
3rdアルバムを制作中だそうで、これも超期待




 
Posted at 23:21 / 先週のヘビロテ / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
生活 / Sunflower / 2015年10月20日(火)
Syrup16g / 生活


平易な言葉でズバッと核心えぐってくる詞が最強
君に存在価値はあるか?そしてその根拠とはなんだ?
涙流してりゃ悲しいんか?心なんて一生不安さ


Low/ Sunflower


夏が過ぎ去った後のひまわりを彷彿とさせる侘びしさ
寝る前によく聞いてます、快眠できます。

 
Posted at 21:23 / 先週のヘビロテ / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
Like A Prayer / 寝てらんねぇよ / 2015年10月06日(火)
Madonna / Like A Prayer

Madonnaの代表曲の1つ。直初めて聴いた時は80s全開で古臭ェなと思った、ごめんなさい。
今聴いても、いや、いろんな音楽聴いた今だからこそか、全く時代性に縛られない刺激的な曲。
大学のゴスペルクラスを教えていた先生がこの曲を取り上げていた、確かにこれはゴスペルのスピリットが流れている。
コーラスの歌詞なんて
”When you call my name it's like a little prayer
I'm down on my knees, I wanna take you there
In the midnight hour I can feel your power
Just like a prayer you know I'll take you there”

モロにゴスペルですからね。

この曲のMV,当時は相当物議を醸したらしい。なんともマドンナらしいけど。以下、Wikipediaからの抜粋。
”しかし、メアリー・ランバート監督によるシングルのプロモーション・ヴィデオが発表されると、その内容をめぐって論争が巻き起こる。ヴィデオの中で、マドンナが聖痕を帯び、焼ける十字架の前で踊ったりするシーンがカトリック教会、そしてその他の宗教団体からの厳しい批判を受けた。批判の中には、マドンナが黒いキリストと思われる人物と祭壇でセックスするシーンが不敬であると言うものもあった(もっとも、宗教団体によるこのシーンの解釈は、マドンナがオーガズムを経験しているとの事であった)。やがて宗教団体は批判するだけに止まらず、ペプシ製品全てをボイコットするという不買運動を要求し、マドンナのコマーシャルは、結局一度テレビで流れた後、放送禁止になった。その後ペプシはマドンナとの契約を解約させられる羽目になり、ツアーのスポンサーも降りることになった。”


忘れらんねえよ/寝てらんねえよ


忘れらんねえよ/犬にしてくれ


歌詞が相変わらずの清々しいほどのクズっぷりとダサさ、しかしそれがいい、大好き
パワーコードで突っ走る、そこはかとない早漏っぷり
気付けばフルアルバム3枚目、このままずっと変わらずに活動していってほしい

忘れらんねえよ/ばかばっか

本当に心底MVがくっだらなくて最高
童貞をウリにした曲を歌ってたくせに、実は童貞(素人童貞)じゃなかったとカミングアウトして、それをおちょくったMV
別に誰もシリアスに気にしちゃいねぇよ(笑 本当にこのバンド好き

The Kinks/ This Time Tomorrow

私が敬愛するASHが最新アルバムの日本盤ボーナストラックでカバーしてた曲。
正直シンプルに力強くギターが鳴ってるASHのカバー盤の方が好き、
だけどyoutubeになかったので、しょうがなくこっち。ASHは実は隠れカバーの名手。



 
Posted at 00:23 / 先週のヘビロテ / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
fox capture plan / 2015年09月29日(火)
Stereophonics - I Wanna Get Lost With You

高校時代から好きなバンドStereophonicsの新作より。
モロにイントロ~Aメロ、David BowieのNew Killer Starやん!!
と思ったけれどもステフォなので許す。だいぶ今回は作風変わったなー

David Bowie / New Killer Star

これまた高校時代によく聴いていた曲、当時のボウイ様の最新曲。
ちなみにタイトルは当時の大統領ブッシュJr.が
"nuclear"を"new killer"と発音していることから付けられた辛辣なジョークだとか。
それ聴いて「なるほどーすげー!知的〜!!」と、ますますボウイ様に心酔した若き日の私。

fox capture plan / Born Slippy


Fox Capture Plan - Paranoid Android


FOX CAPTURE PLAN-Carnival


FOX CAPTURE PLAN-Californication


洋楽をJazz taste加えてカバーするピアノトリオfox capture plan
誰もが知っている有名曲ばかり、それだけにセンスが要求される。
抜群のセンス。シンプルにカバーしているようで、その実、味わい深い。
偶然タワレコで出会った、これだからショップ巡りはやめられない。
特にBorn Slippyが傑作

 
Posted at 21:10 / 先週のヘビロテ / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
Never Is A Promise / Bad Blood / 2015年09月24日(木)
Never Is A Promise / Fionna Apple



神曲。Fionna Appleの1stからの1曲。なぜ俺はこんな神曲を聞き逃していたのか。
ドスの聴いたしゃがれ声を聴かせたかと思えば、胸に迫るハスキーなハイトーンボイスを聴かせたり、
とにかく感情に訴えかけてくるボーカル。
今年出会った曲の中で一番パワフルな楽曲。

Ryan Adams - Shake It Off


Ryan Adams - Bad Blood


私が敬愛するオルタナカントリーシンガー、Ryan Adamsが
Taylorの最新アルバム『1989』をなんと全曲カバー!!アルバム出しちゃったよ!
予想通りというか、期待通りというか、レイドバックした雰囲気がたまらない。
特にBad Blood はTaylorバージョンを超えている。再生回数の多さが物語っている。
Taylorも元々カントリー出身だからね、Ryanにカバーされるなんて光栄ですよ。


Aphex Twin - Avril 14th


ザ・エンディング!といった雰囲気の優しく響くピアノソロ。
この人は狂ったようなビートのドラムンベース作ったかと思えば、
こんな美しさの塊みたいな曲も作る。天才。

 
Posted at 21:08 / 先週のヘビロテ / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
P R
時計
ウィノナ時間

日本時間
2016年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
月別アーカイブ

| 前へ
 
 Powered by yaplog!