カスタム検索

 

京都・伏見ではしご酒 その1
2019.03.28 [Thu] 07:00

旅の2日目は30年来の友人である京都のEちゃんの案内で、彼女が住む伏見ではしご酒。2年前の夏の旅行で会うはずだったのに、電車の大幅な遅れのため京都タワーの地下のお蕎麦屋さんで慌ただしく会った以来なので、やっとじっくり話す時間ができました。最初に向かったのは「蒼空」で知られる藤岡酒造さん。

こちらには素敵なしつらえのバーがあり、ちょっとしたアテと一緒にお酒を楽しむことができます。

大吟醸は売り切れだったので、純米吟醸生酒の山田錦(にしき)と山田穂(ぼ)のお米違いと、おりがらみの3種類を飲み比べてみることに。

山田穂とかおりがらみとか、初めて聞く単語にテンションが上がります。山田穂は兵庫の在来品種といわれ、山田錦の母となった酒米。おりがらみはお酒を絞っておりが沈殿した最後の部分で、麹の甘みが感じられます。
アテは関西の春の風物詩、いかなごのくぎ煮。珍しいレモン風味でした。うすはりのグラスに入れてくれたのは仕込み水のチェイサー。

日本酒らしからぬワインのようなボトルはベネチアのガラス工房で生産されたもの。ラベルは紙ではなく布なので、はがしてコースターにも使えます。

こんな“映える”ディスプレイもあり、とにかくスタイリッシュ。伝統の中に新しさをプラスする好奇心にとても好感が持てます



新しくできた施設「伏水酒蔵小路」をひやかし。伏見のお酒をテーマにした観光客向けのフードコートといった感じ。

このあと予約していたお店まで時間があったので、斜向かいの酒屋さん「荒玉酒店」でちょい飲みすることに。東京ではこういう“酒屋でちょい飲み”のシステムがないので、すっごく羨ましい。伏見をはじめとしたこだわりのお酒が揃っており、好みを伝えると選んでくれます。

「英勲」の無圧しぼり。また聞きなれない単語が出てきましたよ。機械的な加圧をかけず、濾布を通してにじみ出た生酒をそのまま瓶詰めしたものだそう。美味しいです。美味しいものは美味しいとしか言いようのないことをお許しください。


 

名古屋駅で台湾ラーメン
2019.03.24 [Sun] 13:46

昨夜の宿泊は朝食なしだったのですが、無人駅の周りにはお店もコンビニも無く、和歌山で買ったお菓子を朝食がわりにし、ひたすら電車に乗って名古屋駅に到着。
和歌山ではのんびりモードだったので、大都会の人混みとランチどきの行列に圧倒され、乗り換え1時間というタイムリミットに間に合うか不安になりましたが、食べたいもののためには並びますとも!

このお店が発祥と言われる「味仙(みせん)」の台湾ラーメン。以前、サービスエリアやインスタントでは食べたことがあるけれど、オリジナルは初めて。
中細ストレート麺にたっぷりのひき肉、にら、もやし、そして真っ赤な唐辛子!
むせこみそうになるくらい容赦のない辛さだけど、旨味もちゃんと感じられ、美味しかった

丼が小ぶりなので、量少なめ?と思ったけど、ミドルエイジにはちょうど良かったかも。和歌山〜三重の電車でずっと寒かったので、ポカポカ温まりました。

さて、これからまたひたすら電車に乗って東京に帰ります
 

和歌山でパンダ三昧
2019.03.23 [Sat] 21:55

今回の旅の大トリは、和歌山のアドベンチャーワールドのパンダたち。
去年の夏に初めてここを訪れた翌日に彩浜が生まれました。「パンダへの熱い情熱が良浜を産気づかせた!」と勝手に断言していた私でしたが、アドベン史上最も小さく生まれた彩浜がすくすくと成長し、初めてお外にデビューした日に再び訪れることができたなんて、運命を感じずにはいられません(バカ)。

前回時間が足りなかった教訓を活かし、お昼は乗り換え駅であらかじめ済ませ、サファリとイルカショーは見ずにひたすらパンダに集中。有料アトラクションの「パンダ塾」にも参加し、総計3時間はパンダを見まくりました。

帰りは前回寄れなかった「とれとれ市場」へ。広い店内に圧倒されつつ、バスの時間を気にしながら夕食を調達。

毎日ビジネスホテル泊だった今回の旅で一番の高級宿「陽いずる紅の宿 勝浦観光ホテル」に宿泊。毎日ユニットバスでシャワーだったので、露天風呂が気持ちよかったです

お風呂上がりは部屋で夕食。ばらちらしは金目や真鯛、サーモンなど数種類の魚が散りばめられ、とても贅沢。ごはんの上に昆布と椎茸の佃煮が薄く敷いてあるという手間がかかっています。
他にはきびなごの天ぷら、だし巻き卵。ピンクのはチーズ入りの練り物なんだけど、開け口がないので開けられず、帰宅後に食べることにします

富士白というレモンチューハイの素が気になって買ってみたら、これがめっちゃうまーーい!原材料は醸造アルコール、砂糖、レモン果汁、香料のみといういさぎよさ。レモンの果肉がたっぷり入っているのもグッドです。
 

和歌山で押し寿司ランチ
2019.03.23 [Sat] 10:43

早朝に大阪を出発し、紀勢線で和歌山へ。乗り換えの紀伊田辺駅で降り、駅前の「はま乃」というお弁当屋さんで押し寿司の詰め合わせを買い、駅のベンチで早めのランチ。
さんま、えび、バッテラ、巻き寿司とどれも美味しくて量もちょうど良かったです高い駅弁買わなくて良かった。店内にはイートインのスペースもありました。
さて、和歌山に向かっている理由は…さらたび。のヘビー読者の皆さんならもうお気付きですね?カワイイあの子たちが待つ白浜へGO
 

大阪の夜
2019.03.23 [Sat] 06:38

昨夜はいつも仲良くさせてもらっている西の友人たちとの会食でした。
2005年にこのブログを始めた頃からの付き合いなので、もう14年の付き合い!ビックリだ〜。
食という同じベクトルに向かい続けてきた私たち。これからもよろしくお願いします
この日の様子は後日詳しくアップします。