カスタム検索

 

日比谷で外飲みエスニックランチ
2018.10.30 [Tue] 07:00

大阪の友人が東京に遊びに来ていることを知り、帰宅する日のランチにお誘いしてみました。普通にお店で昼飲みもつまらないし、ガード下のもつ焼き屋はゆっくり話せなさそうだし…と悩んでいたところ、ふとひらめいたのが日比谷公園のピクニックランチ。
周りにはちょうどエスニックのお店もいろいろあるし、ユニークなアテが揃いそう!ということで、いろんなお店で調達することに。

当初は公園に行くつもりでしたが、東京ミッドタウン日比谷の6Fにある“パークビューガーデン”というテラスにもベンチがあることを知り、出来立てのお弁当をズラリと並べていざランチ

こちらは有楽町イトシアB1Fにある「バインセオ サイゴン」の焼きフォー。きしめん状の幅広のフォーを野菜などと一緒に炒めてあり、ほどよい塩気とガーリックが美味しかったです。



青パパイヤのサラダ。ナッツのアクセントがグッド

こちらは東京国際フォーラムのネオ屋台村に出店していた「フレーミングノラ」のガパオとグリーンカレーのセット、ノラスペシャル。サービスで春雨のカレー炒めをつけてくれました。プラス100円でパクチーマシマシにしてもらいました。



ラストは東京ミッドタウン日比谷2Fにあるインド料理店「DIYA(ディヤ)」のミックスグリル弁当。選べるカレーはキーマにしました。かために炊かれたターメリックライスとナン付き。ナンは注文してから焼いてくれるので少々待ちます。インド料理店らしからぬ超スタイリッシュな雰囲気のお店で、さすが大東京のど真ん中のミッドタウンでございます。
カレーはもちろんのこと、ミントが入ったシークケバブもチキンティカもスパイシィで旨し



お酒は地下のカルディで購入。辛口のカバが美味しかった
ここの地下がおシャンティなフードコートになっていて、タパスやらオイスターバーやら気になるお店ばかりでキョロキョロしっぱなし。地上にも地下にも気軽に昼飲みできるナイスなスペースを見つけてしまいました。



広々とした日比谷公園と皇居を見渡せる景色にもリラックスできました。日本武道館の“タマネギ”もしっかり見えました。

このあと東京駅まで友人を見送ってお別れ。去年の夏に会った以来だったので、積もる話をいろいろ話せてとても有意義な再会となりました。また会おね!

東京駅まで来たならば、近くのあの子達に挨拶して行きますか。ということで上野で降りてパンダの列に並びました。この日は60分待ち。
「おう、よく来たな」とリーリーがお出迎え。

シンシンは匂いを嗅いでより美味しそうな竹のチョイスに余念のない様子。

そしてシャンシャンは…竹の陰に埋もれてた シャンシャンが活発に動いている場面になかなか遭遇しない私ですが、今回は全員起きていたということで良しとしましょう。
 

リラクゼーショングッズあれこれ
2018.10.22 [Mon] 07:00

謎の歯痛の原因が頭の筋肉のコリからくるもので、ほぐしてもらったら嘘みたいに歯の痛みが消えたことに驚愕した私ですが、やっぱりコリって良くないんだな〜と身を以て体験したので、こまめにコリをほぐすためリラクゼーショングッズを購入しました。
上は首用のネックマッサージピロー 、下は背中〜腰用のマッサージクッション。マッサージグッズの「アテックス」さんのアウトレットセールで購入しました。もみ玉がぐりぐりほぐしてくれるので、とても気持ち良い 首用は両端を手で持たなくちゃいけないという落とし穴(?)もあったけど、マッサージクッションでは届かない場所をカバーしてもらえるので、このコンビには助かってます



頭のコリをほぐすグッズも探していたら、ヘッドケア、フィンガー&フェイスケア、フットケアのかわいい3点セットがあったのでこちらも購入。頭や顔の筋肉なんて気にしたこともなかったけれど、初めて使ってみたらこれが痛い ってことは凝ってるってことだよね。
お風呂の中でも使えるので、これを使いながらゆっくり入浴できそうです。


入浴剤も大好きなのに最近は同じものしか使っていなかったので、毎日違う香りが楽しめる詰め合わせを買ってみました。フルーツ系、アロマ系、和テイスト系などが30包も!
ただ香りがするだけでなく、フルーツ系にはそのフルーツのエキスが入っていたり、なかなか侮れません。福岡のフィードというメーカーのもので、時々セット内容が変わるみたい。

そして入浴剤といえばこれ、バスクリン日本の名湯シリーズ。日本全国の温泉地の成分に近い成分を配合し、全く同一というわけではないけれど、温泉地に旅行した気分になれます。
袋の裏にはどういうイメージで作ったのかが書かれていて、この文章を読みながら入浴すると気分がさらにアップ たっぷり36包も入って約1000円というコスパもグッド。

日々のルーティーンも大事ですが、時々変化を入れることで脳が活性化し、トキメキが生まれて人生に活力を与えてくれます。常に新しいことを取り込んで気持ちをリフレッシュさせ、ストレスを小出しにしていくつもりです


 

沖縄そばの日 2018
2018.10.17 [Wed] 20:30

本日10月17日は沖縄そばの日。ということでランチにいただくことにしたのですが、職場近くで沖縄そばが食べられるお店を思い返してみたところ…

ゆがふ」…混んでてかなり待たされる
あんなgaきっちん」…セットのじゅーしーを断りにくい
なんちち食堂」…ボリュームがありすぎる

と悩んでいたら、恵比寿ガーデンプレイスのグラススクエアに「まさか家」という沖縄料理屋さんを発見したので、新規開拓で出かけてみることに。

入口に到着したら、お隣の「しげぞう」からお入り下さいとの案内が。入ってみたら中で一つになっていたのでちょっとびっくり。とても凝った造りのしゃれた感じのお店です。

ランチメニューもいろいろあって、都心のランチにしてはリーズナブル。おまけにこちら、おばんざいが食べ放題!もずく、ひじき、にんじんしりしり、玉こんにゃくなどのヘルシーなお惣菜をちょこちょこつまみながら沖縄そばを待ちます。お茶がさんぴん茶なのもグッド

シンプルにかまぼこと三枚肉のみの沖縄そばは、やさしいおだしがじんわりしみて、しみじみ美味しい
ごはんやお味噌汁もバイキングで食べ放題なので、おそばだけでは物足りない男性には頼もしい存在だし、定食でごはんの量を調整したい女子にも助かりますね。

それに意外と空いているのもナイスポイント。後から来た人数が多いグループもすんなり入れていました。
恵比寿ガーデンプレイスではいつも三越の地下でお弁当を買うだけでしたが、グラススクエアのレストラン街がそんなに混んでいないことが分かったので、ちょっと美味しいものが食べたい時にはこちらにも来てみようと思いました。



今日は神様に新米を捧げる“神嘗祭(かんなめさい)”の日でもありました。なので今日の手ぬぐいも伊勢神宮仕様。たくさん並ぶ鳥居の2つだけが“いせ”の文字になっているのが気が利いてます。

そしてもうひとつ、私の誕生日でもあります。食に関する大切な日が誕生日だなんて、食いっぱぐれる心配がない太鼓判をもらったようなもの(笑) 。帰宅後はもずくで乾杯

デザートは職場の同僚からいただいた、巣鴨の「喜福堂」さんのバースデーケーキならぬバースデーあんぱんは、珍しい粒あん入り。食の神様から早速のプレゼント。ごちそうさまでした!

Googleにもお祝いしてもらいました もうだんだん自分が何歳なのかわからなくなって来てますが(笑) 。

 

上野で波佐見焼を
2018.10.09 [Tue] 07:00

3連休の初日、上野公園で開催された「大陶器市」に行ってきました。有田焼のふるさと、佐賀県有田町の全国大陶器市振興組合が行なっているイベントで、日本各地を回っているみたい。

私のお目当はもちろん、大好きな波佐見焼♪ このボーダーのスタイリッシュな丼と小鉢、カッコ良すぎる!でもこれ、全種類揃ってないとこのカッコ良さは半減しちゃうなあ…。ということで予算的に見送りすることに



こちらのショップでは私が愛用している豆絞りの波佐見焼がたくさんありました。どれもこれも欲しくなっちゃうけれど、厳選していくつかを購入。

サラダボウルにも使えるどんぶり、お刺身用のお醤油を入れる時に使いたかった豆皿、今使ってるのより小さめの小皿、そして長皿。は〜、どれもこれもカワイイ

長皿に焼き鳥を盛りつけたら、たちまち美味しそうになりました。

どんぶりもさっそく使ってみたかったので、恵比寿三越の地下で地味に開催されていた九州物産展で買ってあった、五木食品のちゃんぽんを作りました。常温で保存できる半生麺がお手軽です。


ちょっとアレンジして、以前ハマったクリームちゃんぽんを思い出して作ってみました。スープの水の分量の半分を牛乳にし、バターをトッピング。むう、やはりうまい かなりあの味に近いちゃんぽんになりました。
藍色の器が白いスープに映えますね。ああ、うれしい

波佐見焼の西海陶器さんの直営ショップです。豆絞りの「インディゴ」シリーズを始め、可愛くてリーズナブルな食器がたくさんありますよ!

産地直送の波佐見焼 みくら

さて、上野に来たらやっぱりパンダに会っておかずにはいられますまい。年間パスポートのおかげで気軽に入れるのが嬉しい この日は季節外れの夏日で、日傘も持参せず直射日光の中1時間並ぶのはちょっときつかった(そしてまた「毎日パンダ」のぱんだうじさんを見かけてしまった)

パンダたちも暑かったのか、シンシンもシャンシャンもお昼寝中。シャンシャンは自分がスターだと自覚しているのでしょうか、ちゃんとお客さんの方にお顔を向けて寝ていました。天使のような寝顔にほっこり…

リーリーは櫓の上でたそがれ中。まあ、こんな日もあります。台風直前の見放題の日は天国だったな〜…。

 

北海道から立派なブリが到着!
2018.10.04 [Thu] 07:00

北海道・日高の友人から、立派なブリがドドーンと送られてきました!うひゃあ〜〜

三重で買ったヒノキのまな板の出番がついに来た!でも、あまりに大きすぎてまな板に乗り切らないよ
鮭を送ってもらった時にも四苦八苦したけれど、ブリなんてさらに未知の世界。You Tubeで捌き方の動画を見ながらなんとか皮をはいでサクを作りましたが、いやはやもう大変でした


カマも大き過ぎてガスグリルには入らなかったので、電子レンジのグリル機能で焼き上げました。

美味しい脂がたっぷり乗ったカマはふっかふかで美味しいったらありゃしない!我が人生史上最大かつ最高に美味しいカマでした

泣きながら捌いた半身はお刺身に。鮭やサクラマスみたいに一度凍らさなくてもいいのかな?と思って送り主の友人に聞いてみたら、「捌きながら食べたから大丈夫」だって(笑) 。
この年輪のような美しい身!んもう、たまりませ〜〜ん

厚切りのブリで生姜焼き。実山椒をひいてたっぷりかけたら更に美味しくなりました

アラの部分はだし醤油でヅケにしました。三重で買った甘夏こしょうと混ぜて美味しさ倍増 頭から端っこまで存分に堪能させていただきました

地球温暖化で海水の温度も上がったため、今まで北海道にはいなかったブリが北上し、日高沖で操業している鮭の定置網にかかるようになりました。地元では馴染みのない魚だったため需要がない上に、ブリが網にかかることで鮭の水揚げが減少してしまうため、漁師さんにとってはちょっとやっかいな存在だったようです。
これを打開するため、船上活〆めして出荷するブリのブランド商品づくりを行うことで、今では“春立(はるたち)ブリ”や“三石(みついし)ブリ”として人気を博すようになりました。
こんな美味しい魚の需要がなかったとは驚きですが、手間をかけて出荷するという工夫をした日高の漁師さんたちの努力が素晴らしい!

例によって“保冷剤がわり”に入れてくれたいくらをたっぷり乗せて、朝ごはん。なまらうまいっしょやーーー!
いつもいつもご馳走様です