カスタム検索

 

「たぬみせ」の納豆に再会!
2018.09.29 [Sat] 09:30

松阪市にある納豆工場直営レストラン「たぬみせ」さん。夏の旅行で訪れたときは時間がなくて納豆の直売所まで寄れなかったのが心残りだったのですが、池袋西武の催事に出店していることを知り、早速買いに行きました

まずは納豆揚げ。ニラ、ちくわ、ごま、紅しょうが、納豆を米粉と混ぜた具材を海苔の上に乗せて揚げたもので、プレーン、カレー、ピリ辛の3種類が楽しめます。米粉が入っているので生地はもちもち 納豆独特のにおいやねばねばが苦手な人でも食べやすいお味。お酒のおつまみにもぴったり!
レストランに行ったことを店長に告げると、1枚おまけしてもらっちゃいました そしてたぬみせさんのキャラクター“たぬぷー”ちゃんは店長がモデルだということも判明(笑) 。



納豆は、藁つとの「お伊勢まいり納豆」「お料理ひきわり納豆」「レストラン小粒納豆」を購入しました。ひきわりと小粒はレストランで出されているもので、その美味しさは体験済み



久しぶりに相盛りにしてみました。「お伊勢まいり納豆」は三重産のフクユタカを使っており、ちょっと発酵が浅めかな?と思ったら、日が経つごとに味が熟成し10日目くらいが一番旨味が出るのだそう。3回ぐらいに分けて食べて欲しいため、タレも3つついているというこだわりぶり。もうちょっと寝かせてみることにします。


「レストラン納豆」はバイキングの納豆バーでたくさん食べられるように軽い味わいに調整してた納豆だそうですが、そんじょそこらのバイキング用納豆とは別物の深い味わいで、旨味たっぷりです。


「ひきわり納豆」は納豆レストランで使用するために料理の味を生かすようマイルドに仕上げてあるそう。カレーやパスタに使ってあるのがこれですね。とはいえ、ひきわり独特のしっかりした発酵で、私好み 大豆はもちろん三重産です。



池袋西武の催事は10月1日(月)までなのでお早めに。伊勢角屋麦酒や伊勢うどんのイートインもありますよ!
うまし三重三昧
 

旅のシメは豊橋カレーうどん
2018.09.27 [Thu] 07:00

半田から18きっぷで帰宅する途中、浜松でうなぎを食べようか、はたまたブラジル料理のビュッフェにしようか悩みましたが、いつもなんとなく食べそびれている“豊橋カレーうどん”を食べることにしました。
目当てのお店に向かったら、毎度お馴染みの臨時休業 んもう、最後の最後になんでよ〜〜!
気を取り直してもう一軒近くにあった「東京庵ときわ支店」さんへ。町のお蕎麦屋さんっぽい落ち着く雰囲気。

豊橋カレーうどんとは、一番下にごはんととろろが潜んでいるというユニークなご当地メニュー。普通のカレーうどんもあり、お店の方は「豊橋カレーうどんのほうで良いですね?」と確認してくれました。厨房へのオーダーは「トヨカレ!」ですって

豊橋カレーうどんの5箇条が揃っていれば、あとはオリジナリティを出してOKみたい。こちらのトッピングは針唐辛子が鮮やかです。真夏のカレーうどんはかなり大汗かきました

食べ進んで行くうちにとろろが登場。なぜか不思議とカレーに合います。何も知らずに食べていたらもっとびっくりできたのに、仕掛けを知っているだけに「うんうん、これね」とフツーに食べてしまったことがちょっと残念(笑) 。

トヨカレのゆるキャラ?のエプロンもくれました。ふう〜、暑いちゅるん〜〜〜

帰りはレトロなパン屋さん「ボン千賀」でパンを購入。

以前寄った時には売り切れだった“くろんぼパン”をやっと買えました!名前の割には中身は白あんのあんぱんというトリッキーなセンスがグッド“バターパン”は昭和のバタークリームたっぷりな背徳の味。ロゴもデザインも色もかわいい!


おまけ。こちらは和歌山で買った、ココナッツミルクと和歌山原産の柑橘じゃばらのマフィン。障害者就労支援施設の「花咲か」さんで作っているもので、丁寧に作られていてとても美味しかったです
今までいろんな場所で支援施設のスイーツを買いましたが、材料が贅沢で、本当に美味しくて、しかもリーズナブル。旅のお土産にもオススメです

もうひとつ、白浜に向かう乗り換えの田辺で買った、レトロなパッケージが魅惑的な「鈴屋」さんのデラックスケーキとフルーツケーキ。

デラックスケーキはジャムを挟んだカステラ生地をホワイトチョコで包んだもので、見た目もグッドルッキン フルーツケーキはラム酒に漬け込んだフルーツを入れて焼いたもので、こちらもおいしひ
地方の小さな洋菓子店のフルーツケーキは絶対に買うべきだ!という持論に確信を得ました。

 

MIZKAN MUSEUMを満喫
2018.09.26 [Wed] 07:00

ホテルから歩いて向かったのは、大手メーカー、ミツカンさんの博物館。近づくにつれて、黒塀にお馴染みロゴが見えて、テンション上がります

MIZKAN MUSEUM」。ファザードがもうカッコいい!!


見学は予約制で、90分ガイド付きの「全館コース」300円、30分自由に見学する「大地の蔵コース」100円。私はもちろん「全館コース」。
まず最初に「大地の蔵」ゾーン。昔ながらの樽で仕込むお酢の造り方を見ることができます。余計な説明は一切なく、その場にいるスタッフさんが説明してくださいます。
いろんなお酢を視覚と嗅覚で体験できるコーナーなどもあり、私はやっぱり昔ながらのツーン!とくる純米酢が好みでした。

途中の「風の回廊」がまたカッコイイんだ!半田の山車祭りの31の法被をデザインしたのれんがズラリと並び、グッときてしまいました。

“清酢”という言葉がステキです。

この先に待っていた「時の蔵」が圧巻!半田から江戸にお酢を運んでいた“弁才船”を再現し、船の上から江戸にお酢を運ぶ様子を大型スクリーンの映像とともに体感できるというアトラクションなのです。
海で嵐に遭うところでは実際に強い風が吹いたりして、かなり凝ってます。映像がまた超カッコよくて途中で泣きそうになりました。現代から江戸へ、そしてまた現代に戻ってくるという展開もナイス
江戸にお酢を運んでくれてありがとう、初代又左衛門! そして醤油を銚子に伝えてくれた紀州のひと、ありがとう!! おかげで江戸では現代に受け継がれる食文化が育ち、日本だけでなく世界で楽しまれるようになりました。

映像がホントにカッコいいので、よかったら見てみてください!

「半田から江戸までお酢を運ぶ体感映像」



「水のシアター」ではミツカンのスローガンにもなっている“やがて、いのちに変わるもの”をテーマにした映像を見学。単なる企業の宣伝ではなく、食に関わる企業として何を目指しているかを感じることができました。

ラストは「光の庭」でお酢のテイスティング。ブルーベリーとりんごだったっけな。どちらも飲みやすく、もっと気軽にお酢を取り入れたいと思いました。

おすしやお鍋をテーマにしたアトラクションがあり、子供連れのご家族はかなり楽しんでいるご様子。お寿司のサンプルがずらりと並んだ展示も迫力があります。

は〜、なんかやっぱり食に関する博物館はワクワクして楽しいね!

最後に、自分の写真を撮って味ぽんのラベルにできる“マイ味ぽん”を作りました 恥ずかしいのでピントはミュージアムに合わせてます(笑) 。
このあと我が家に遊びに来た甥っ子たちに見せたら「カリスマ料理研究家みたい!」とウケてもらえたので良しとしましょう。

↓現地で見てすごく気になったペットボトル入りのお酢ドリンク。東京にも置いてほしい!

 

パンダじゃないよ、ハンダだよ!
2018.09.25 [Tue] 07:00

伊勢から東京に直帰するとなると、ランチの途中下車もゆっくりできない感じだったので、もう1泊どこかいい場所はないかな?と探していたら、天然温泉の大浴場と朝食付き4800円の宿を半田市に見つけました。
半田…はんだ…ハンダ…パンダ!? うわ、呼ばれたかも!ということで、ちょっと強引ながらも半田市に宿泊決定。

ポスターの文字がもう“ぱんだ”にしか見えないのは私だけでしょうか。

半田駅前に、食をテーマにした「CLACITY(クラシティ)」というショッピングモールがあるというので楽しみにしていたのですが、置いているモノは悪くないけれど、棚がスカスカしている上にお客さんもスカスカで、せっかくのコンセプトがもったいない感じ。すごくゆったりしてるカルディコーヒーファームというか…。ん〜、なんかちょっと残念だなあ
ここで夕食を調達するつもりだったのに買えるものがほとんどなかったので、宿に向かう途中にある「イシハラフード」という地スーパーに寄り道することに。

ここ半田はミツカンの本社があるお膝元。ミツカンの製品が充実しているのはもちろん、東京では見慣れないお酢もありました。

だしやみりんもいろんな種類が!買いたい気持ちをぐっとこらえ、見て楽しむだけにしておきました。

歩けば結構な距離にある「みどり館」に到着。隣にラウンドワンがあり駅前から出ている無料のシャトルバスに乗るという目論見もありました。部屋には空気清浄機もあって快適♪
お風呂は一旦スリッパを下足箱に入れ、フロントに下足箱の鍵を預けて脱衣場の鍵とタオルをもらうシステム。バスタオル以外にフェイスタオルが2枚あったのが嬉しかった
大浴場の内風呂はナノ水を使ったジェットバスなどが数種、半露天風呂はナトリウム・カルシウム塩化物強塩泉の天然温泉で、ゆっくりできました。

さて夕食。なんだかことごとくお魚のお惣菜ばかり買ってしまいました。​

海鮮サラダはマグロ、タイ、かんぱち、サーモンのバジル風味。あら煮はカツオ?とサーモン。四角いのは卵焼きでした。豊浜産のぎま干しはカワハギみたいな魚。

知多半島で作っている“夢ドルフィン”という地ワインがあったので買ってみました。巨峰とリースリングのブレンドで、私にはちょっと甘すぎたかな

翌朝の朝食はこんな感じ。きんちゃくなすの煮びたしがあったのが嬉しかった!お味噌汁は赤だしで、東海地方にいることを実感しました。

ついついおかわりしてしまう朝カレー…。コーヒーも挽きたてで美味しかった


 

ポイント募金ができるサイト一覧
2018.09.24 [Mon] 10:00

微力ながらポイント募金できるところを調べましたので、眠っているポイントなどありましたらぜひ被災地の支援のために募金のご協力をお願いいたします。

【日本赤十字社】各種カードのポイントなどを利用して寄付
たまったポイントを利用して、日本赤十字社の活動資金へ寄付できるポイントプログラム一覧。

【Tポイント】Yahoo!ネット募金
募金先:日本赤十字社
「Tポイントで寄付」のタブを選び、1ポイントにつき1円を募金。

【楽天スーパーポイント】楽天クラッチ募金
募金先:地方自治体など
1ポイントにつき1円を募金。

【pontaポイント】Ponta特典交換 > 社会貢献
募金先:支援団体など
1ポイントにつき1円を募金(50ポイントから)。

【nanacoポイント】募金する
募金先:支援団体など
1ポイントにつき1円を募金。

【dポイント】被災地支援募金
募金先:日本赤十字社
1ポイントにつき1円を募金。

【Gポイント】寄付のポイント交換パートナー
募金先:日本赤十字社
1Gにつき1円を募金。

【KDDI キボウノカケハシ】平成30年 北海道胆振東部地震被害
募金先:日本赤十字社
auかんたん決済でWALLET ポイントを利用し募金可能。