カスタム検索

 

社交強化月間 新宿編その2
2018.03.28 [Wed] 07:00

BISTRO BLEUで一次会のあと、新宿勤務のもう1人の同級生と合流するため「信州炉端 串の蔵」というお店に移動しました。
なんだかものすごく人手不足なのが分かるお店で、予約してたのに席に通されるまで10分くらい待たされ、30分後にもう1人の友人が到着するまでお通ししか来てないことに驚愕(笑) 。忙しすぎて店員さんに笑顔がなかったな〜。
でもお通しの肉味噌キャベツはそんなにしょっぱくなくて美味しかったです。

しばらくしてやっと串焼きが到着。ちゃんと炭火で焼いてあり、美味しかった!

仕事終わりでおなかが空いていた友人が「早く出来るのはどれ?」と詰め寄ってすすめられた山賊焼を頼んだら、ほんとにすぐ出て来た(笑) 。いくつか種類があるうち“やみつき山賊焼”というのにしたけれど、こんなすごいボリュームのものが出てくるとは 
旭川の友人は「北海道の山賊焼きと違う!」と驚いてました。北海道の興部(おこっぺ)の山賊焼きは炙り焼きなのだそう。でも、これも美味しくて3人でむしゃむしゃ平らげました。一応皮はちょっと残してみたり…。

この日は単品飲み放題クーポンを使ったのですが、1人1550円以上料理を注文するルールになっており、金額が足りないことを11時を過ぎてから言われてしまいました。最初にそういう説明をされてたら、もっと注文してたのに。値段が安いものには理由があるってことだね。
急いで注文したけど例のごとく出てくるのが遅く、終電が怪しくなってきたのでなんとかならないか聞いてみたら「持ち帰りにできます」と言われたので、料理を包んでもらい、お開きに。
アウェイの友人をタクシーで帰すわけにはいかないので、必死になって新宿駅にたどり着いたら、ちょうど遅れていた終電になんとか間に合いました。ふう〜、焦った

翌日、包んでもらった帆立貝味噌焼きを開けてみたら、ホタテ1粒がちょこんと乗っていたので笑ってしまいました。あはは〜。
長野の松本が本店で、メニューもオリジナリティがあり料理自体は美味しいのに、ホールが忙し過ぎていろいろと残念なところが…。次は笑顔で接客してもらえるといいな
 

 

社交強化月間 新宿編その1
2018.03.27 [Tue] 08:00

旭川在住の同級生の息子さんが東京に就職することになり、引っ越しのためこちらに来た同級生と久しぶりに再会しました。富良野で『北の国から』のロケ地巡りをしたり、絶景のラベンダー畑を車で回ってもらい、旭川市内で飲んで以来なので2年ぶり。
新宿駅でピックアップして向かったのは、「BISTRO BLEU」(ビストロ ブルー)というお店。

友人はビール、私はスパークリングワインで乾杯 アミューズはエゾ鹿のタルト。こちらのお店は珍しく鹿肉をウリにしているのです。

色とりどりのサラダはレモン風味のシンプルなドレッシングで、野菜の美味しさが味わえました。スライスしたきんかんが良いアクセント。

せっかくなので鹿肉が入った前菜の盛り合わせをオーダーしました。白レバーのムース、エゾ鹿のパテ、エゾ鹿のサラミ、鴨の燻製、ローストビーフがどどーん!と登場しました。
鹿肉ってあまり食べた記憶がないけれど、クセもなくて美味しかった
「エゾに住んでるけどエゾ鹿なんて食べたことないよね」
なんて話していたらシェフの耳に入ったようで、シェフは北見の出身だと判明。だからメニューがエゾ鹿推しなんだね〜。北見に住んでいたことがある友人と北見のローカルな話題で盛り上がり、カーリングで有名になったお菓子“赤いサイロ”のお店は「他に選択肢がないからそこで買うような、町の普通の洋菓子店なんだよね〜」なんていう話もしていました。

お店のオススメ、小豆島産無農薬レモンのサワー。レモンの果肉がたっぷり入っていて、レモンの苦味が大人の味。

実はこのあともう1人の友人と別のお店で合流することになっていたので、メインは食べずにチーズの盛り合わせで時間調整。軽く飲むつもりがまあまあお腹いっぱいになっちゃった 実はここも最近ハマっているEPARKグルメのキャッシュバック特典をちゃっかり利用させていただきました

BISTRO BLEU(EPARKグルメ)
 

 

お花見前にランチでほろ酔い
2018.03.26 [Mon] 08:00

お天気の良い日曜日、東京は桜が満開となりました
今週にしようか来週にしようか迷った末、文京区目白台の「leckermaul(レッカーマウル)」というお店を予約していたのですが、見事にヤマが当たりました 
コンクリート打ちっ放しを漆喰風にしたお洒落な内装で、4人がけ2席、2人がけ3席の小さなお店です。

こちらはドイツ料理とドイツビールのお店で、イチオシメニューは薄いパリパリした生地のドイツ風ピザ“フラムクーヘン”。フラム=炎、クーヘン=ケーキで「熱い炎で焼いたケーキ」という意味だそう。お隣のフランスに行くとこれが“タルトフランベ”という料理になります。

ランチは4種類のフラムクーヘンから2種類が選べ、私はクラシックとブラックフォレストハムのハーフ&ハーフをチョイス。
ランチのドリンクはなんと100円、さらにサラダがつくとプラス250円で、コーヒーもワインも同じ値段ならそりゃあワインにするしかないでしょ。しかもなみなみ!
せっかくなのでレーベンブロイのピルスナーも。苦味しっかりのリッチな味でした。

グリーンサラダはバジルとパルメザンチーズのドレッシングがうまし。

フラムクーヘンの“クラシック”は細かく切ったベーコンと玉ねぎ、“ブラックフォレストハム”はもみの木でスモークした薄切りのハムの下にうっすら見えるマッシュルームにそそられます。
生春巻きのエビとか、鯛のお寿司の木の芽とか、葛桜のあんことか、人はなぜか中がうっすら見える食べ物にそそられるものなのですね。

一見量が多いかも?と思ったけれど、生地が薄いのでクラッカーっぽくサクサクといただけました。チーズではなく酸味のあるサワークリームを使っており、超濃厚。ブラックペッパーとガーリックが効いていて、ビールが進む〜 やばい、昼酒が回ってきた…。桜どころじゃないかも
この日は予約で埋まっていたので、予約されることをお勧めします。

ほろ酔いで訪れた江戸川公園の桜は見事でした!まわりの花見客もみんなほろ酔いだから罪悪感ナシでした(笑) 。
東京の桜は今週が見頃なので、どうぞお見逃しなく

レッカーマウル オフィシャルサイト

 

「アールティー」のスパイスで手作りカレー
2018.03.22 [Thu] 08:00

またカレーでスミマセン 以前お試しでカレー粉を買った神戸のインドカレー店アールティーのネットショップで、タイムセールの半額クーポンが出ていたので、ついついポチッと注文してしまいました。
「せっかく半額だし」と“せっかくマジック”にかかってしまい、カレー粉400g、クミンとガラムマサラ各100g、そしてインドのバスマティという長いお米を購入したけど、実際に届いてみるとカレー粉400gの迫力にかなり押されました どんだけカレー作るつもりなんだ、オレ…。

まずはラムのカレー。ラム肉が安くなっていた時には必ず買うようにしているのです。本当はマトンで作りたいけど、なかなか売ってないのよね。
クミンシードは最初に、カレー粉は煮込む際に、ガラムマサラは最後の香りづけに。煮込む野菜は玉ねぎ1個、セロリ1本、ホールトマト1缶が今のところ私の定番レシピ。アルミ鋳物の鍋で煮込んだので、お肉も柔らかく仕上がりました。う〜ん、やっぱりおいしひ

翌日はお弁当にして公園でランチ。付け合わせは大根のアチャール、ブロッコリーと豆のサブジ。うまーい!自画自賛!! インドの三段アルミ弁当箱がほしい!

さて、後日チャレンジしたのがほうれん草のカレー。葉物野菜が高くて手が出なかったけれど、最近やっと落ち着いてきたのでグッドタイミング。
インドカレー店では“サグ・カレー”と表記されていることが多いですが、サグとは菜の花(からし菜)のことで、ほうれん草はパラクなのだそう。でも日本ではなぜかサグ=ほうれん草として広まっているので、不本意ながら(?)ほうれん草のカレーをサグと表記しているインド料理店が多いようです(参考サイトインド人シェフのブログ)。

サグ・カレーの付け合わせの定番でパニールというチーズがあるのですが、雰囲気的に豆腐で代用できそうだったので、「手造りのとっても堅い木綿とうふ」を使ってみました。実はパニールを食べたことないんだけどね(笑) 。

たまたま検索で見つけたレシピがかなりざっくりしていたので、こうなったら全面的にざっくり行こう!と自己流で作っちゃいました。
ほうれん草をミキサーでピューレ状にするのが結構大変で、色が色なだけにかなり半魚人っぽくなりながらなんとか完了。

自己流パラックカレー完成 豆腐は水切りをして(といっても豆腐の密度が高いのであんまり水分は出なかった)両面を油で焼いただけ。味付け薄めで刻み野菜と炒めた玄米ごはんと一緒に盛り付けてみました。
実際のパラック・カレーよりかなりパンチの効いた辛さになったけれど、これはこれで美味しいので良しとします。
パニール風焼き豆腐の残りは、後日お醤油をつけて普通に焼き豆腐として美味しくいただきました
まだまだたっぷりスパイスがあるので、これから週末にはカレーを作って腕を上げたいなと思っています

「アールティー」の楽天ショップです。カレーパウダー400gはyahoo!ショッピングのショップのほうがおトクですが(同じ商品なのになぜ値段が違うんだろ??)3月24日(土)10時から72時間のタイムセールはかなり魅惑的!
 

 

目黒「カトマンズ・ガングリ」でカレーランチ
2018.03.19 [Mon] 08:00

EPARKグルメのキャッシュバック特典をとことん使い尽くすべく、職場の近くのランチでWeb予約ができた目黒のインド・ネパールカレー店「カトマンズ・ガングリ」を再訪しました。
“ガングリ・スペシャル”というのを頼んだつもりでいたら、出てきたのはこんな感じ。スペシャルというわりにはあんまりスペシャル感はないかも??と思いつつ食べ終わり、あとで食べログを見たら、どうやらガングリ・スペシャルの下に「選べる」と書いてあり、てっきり選べると思ってオーダーした別メニュー“選べる2種のカレーセット”を頼んでしまっていたのでした。トホホ…

そうとは知らずに選んだマトンとサグ。マトンはしっかり煮込まれていて柔らか〜 サグはなめらかでまろやか。ほうれん草がめっちゃ高い昨今、ありがたくいただきました

マンゴーを固めたデザートが甘酸っぱくて、スパイシーなマサラティーに合います

EPARKグルメの規定では1080円以上の利用で1000円のキャッシュバックだったのに、メニューを間違えたせいで適用条件金額に届かず、やむなくレジ横にあったハーブティーを購入しました。格安でランチが食べられてハーブティーがオマケについてきたと思えばいいか…。

でもこのハーブティーがすごく美味しく、結果オーライ。ネパールでトゥルシーと呼ばれるホーリーバジルのハーブティーで、カモミール、レモングラス、ローズマリーがブレンドされていて、爽やかな風味でリフレッシュ効果抜群です。

なんだか悔しかったので、翌週、再度EPARKグルメの別なキャッシュバック特典を使用し、今度こそ“ガングリ・スペシャル”を食べるべくランチ予約しました。カレーは固定でチキンとキーマ、豚肉をスパイスで和えたチョエラつき。ドリンクはラッシーにしました。
前はダルスープもついてたみたいだけど、内容が変わったみたいですね。

カレーはどちらも美味しいけれど、ネパールのカレーってこんなだっけ?もっとさらっとしていたような気がするけど、現地で食べたことがないのでなんとも言えません。日本人向けにインド寄りにして、ネパールでは食べないナンも出しているのかな。
でもせっかくカトマンズにあるお店の日本1号店を名乗っているのだし、“カトマンズ”という名前を店名に冠しているので、もうちょっとネパールらしさが欲しいなあと思った私です。

こんなに利用しまくっているEPARKグルメですが、まだ利用できる特典があるので、引き続きお世話になります

関連エントリ突然カレー週間 カトマンズ ガングリ編