カスタム検索

 

甲府「へっつい」で葡萄酒ともつ焼き
2017.04.28 [Fri] 08:00

地ビールのあとに向かったのは「へっつい」さん。自家農園の野菜を使った料理や、山梨県産のワインを置いているというのにひかれました。

まずは飲み物1杯におつまみ9種類より3品を選べる「ちょい呑みセット」からスタート。お通しのたたきごぼう、本日のサラダ。白葡萄酒は自家製ブレンドのすっきり系。ワインじゃなくて“葡萄酒”ってのがいいな。

十割豆腐の冷やっこは大豆をまるごと使っているのでめっちゃ濃厚!ハーブ塩でいただきました。
トロトロの豚もつ煮込みは薄い部位を使っているのか、普段食べるモツとは一味違いました。これで1200円はなかなか価値があります。
ちょい飲みだったらこれで十分ですが、ちょいだけでは済ませるわけにはいきません(笑) 。

ここ、葡萄酒と一緒にもつ焼きが食べられるのです カシラ、ハラミは岩塩と粗挽きこしょう、レバーはタレ、しいたけは素焼きと一番美味しい焼き方で焼いてもらいました。おかわりはマルスウイスキーのハイボール。

赤葡萄酒にハラミのアンコール、ナンコツ、タンを。ナンコツは輪切りときたか!銀のオーバルのお皿もいい感じ。にんにくみそとからしがたっぷりついてきたけど、そのままでも十分美味しかったです
メニューで気になっていた豚足が食べたかったけど、売り切れだった 自家農園の野菜を謳うわりには野菜メニューが少なかったのがちょっと残念でした。

甲府は横丁が楽しくて、きょろきょろしっぱなし。「甲府ぐるめ横丁」なる場所には発酵調味料を活用した「さらたび。」好みのお店もあり、次回は絶対行くぞ!と心に決めました。今まで長野からの帰りに素通りばかりしていて済まなかった

甲府では「ビジネスホテル ニシコー」さんに宿泊。窓の外にはこんな武将の看板があり、守られている感じがして心強かったです。
駅からはちょっと歩きますが、周りには楽しいお店がたっくさんあるので、飲み助のかたには超オススメです。

ちなみにホテルのすぐ近くにあるイオンのお酒売り場は地場産ワインが超充実していて、一升瓶ワインもズラリ。全国チェーンのイオンとは思えない品揃えに驚いてしまいました。

 

甲府「Hops & Herbs」で地ビール飲み比べ
2017.04.27 [Thu] 08:00

春の青春18きっぷの旅、第2弾は甲府に出かけてきました。もともと日帰りで計画していたのですが、行きにくい場所にまとめて行きたかったので1泊2日にしたものの、甲府は近いので18きっぷだと損しちゃう距離。ちょっともったいなかったけど仕方ないね〜。

近場の旅行で助かるのは早起きしなくても済むこと。10時に甲府駅に到着し、この春に目覚めた“駅のかけそば”で朝ごはん。いや〜、うまいね
この4月1日はJR民営化30周年の日だったので、改札で駅長さん自ら配っていた記念のティッシュをいただいちゃいました。

バスに乗って向かったのは、山梨県立考古博物館。山梨県の遺跡では火焔型土器ではなく“水煙土器”というものが多く出土されているのです。燃え上がるような火焔とは対照的な、水が流れるような文様が特徴的で、火焔が動とすれば水煙が静…そんな印象を受けました。

こんな可愛い顔がついた土器もありました。煮炊きというよりは埋葬のための大型のものが多かったのも印象的。
この博物館は土器だけでなく青銅器も展示されており、今なら青銅の鏡のレプリカに触れますよ!と学芸員さんに熱く勧められたけれど、イヤ、あたしそっちにはまだあんまり…。温度差があってゴメンナサイ

出土品の展示だけでなく、なんと古墳もあるのです!これは円墳から望む前方後円墳。

それにしても考古博物館というのは遺跡の場所にあることが多いため、交通の便が悪いところがほとんどなのです。この日もちょうど良い直通バスがなかったので、歩いて30分のところにあるバス停まで行って甲府駅に戻りました。

もうひとつ、甲府といって思い浮かんだのが、太宰治が新婚時代に住んでいたということ。太宰が暮らしていた家の近くに、彼が通っていたという「喜久乃湯温泉」がまだ残っていることを知り行ってみました。
温泉とありますが掛け流しは低温。加温してあるお風呂は熱めで温まりました
中は昔ながらの銭湯といったおもむきで、番台のお母さんがあれこれ気遣いをしてくださいました。脱衣所には太宰についての新聞や雑誌の記事などが展示されており、ちょっとした博物館状態。

ホテルに向かう道すがら、いつも車窓からしか見たことがなかった甲府城に寄ってみました。天守はないので石垣鑑賞のみでしたが、いいっすね〜
この一週間後に「信玄公祭り」が催されるみたいで…。なんだか私、行ったお店が臨時休業というのにも多数出くわすけど、行った日の直後にお祭りというのにもよく出くわします

一旦ホテルにチェクインしてから晩ご飯を求めて市内に出かけました。ぶらぶら歩いていたら、地ビールの看板を発見。1階でビールを作っていて、2階のレストランで飲めるみたい。一度通り過ぎたけど、気になったので戻って入店しちゃいました。

Hops & Herbs」はOutsider Brewingの地ビールが飲めるお店。ビールは6種類あり、1種類ごとのオーダーはもちろん、メニューにある上の4種類、下の4種類、全種類のお試しセットもあるということで、ボトム4をお願いしました。

ザ・カウンティーズ・ペール・エール、さわやかでフルーティーでうまし!口に含んだ瞬間「おいしひ〜」と口にしてしまう、間違いのない味。
バンイップ・オーストラリア・IPAはホップの苦味が効いていて、いかにも地ビール!といったおもむき。
桃のイーストを使ったドランク・マンク・トリプルはフルーツの風味が感じられ、ベルギービールのグースを思わせるような美味しさ。
ザ・ダーク・サイド・インぺリアル・スタウトはコーヒーのような深い苦味。
どのビールもホップにこだわって作っており、本当に美味しかった! おつまみのBeer漬けピクルスもサッパリしていて美味でした。
ワインも美味しいのにビールまで美味しい山梨って、すごいや。

別冊Discover Japan (ディスカバージャパン) 美味しいクラフトビールの本 (エイムック 3424)別冊Discover Japan (ディスカバージャパン) 美味しいクラフトビールの本 (エイムック 3424)
ディスカバージャパン編集部

Pen(ペン) 2016年 8/1号 [おいしいクラフトビール] 日本クラフトビール紀行 (イースト新書Q) ビール語辞典: ビールにまつわる言葉をイラストと豆知識でごくっと読み解く ビール王国 Vol.13 2017年 2月号 (ワイン王国 別冊) 日本のクラフトビール図鑑 自分でつくる最高のビール 新しいクラフトビールの教科書 (プレジデントムック) ビールはゆっくり飲みなさい (日経プレミアシリーズ) クラフトビール革命 地域を変えたアメリカの小さな地ビール起業 別冊Discover Japan ニッポンのクラフトビール (エイムック 3154 別冊Discover Japan)

by G-Tools
 

長岡で買った駅弁
2017.04.25 [Tue] 08:00

長岡駅からの帰路、駅にはへぎそばの小嶋屋さんがあるので、お昼は急いでへぎそばの食べ納めをするという手もあったのですが、お弁当を買って車内で食べることにしました。
創業明治20年という老舗・池田屋さんの「喜作辨當(弁当)」。昔ながらの掛け紙と竹の包みがいい感じです。

メインは新潟の郷土料理である神楽南蛮を練り込んだ鶏団子に塩鮭、玉子焼きや味噌漬け、ぜんまいと油揚げの炊き合わせなど、どれもしみじみと美味しい。ごはんはもちろんコシヒカリ。

デザートに笹団子もついていて、もっちもちで美味しかったです。

車窓から見える八海山と延々続く白い大地が美しかったです。春になるとここは青々とした稲の苗の風景に変わるのでしょうね。

こちらはお土産に買った「火焔釜めし」。火焔の大事な部分が文字で隠れてますが(笑) 。

予想はしていましたが、入れ物が火焔型なわけでもなく、フツーの釜めしです。もうちょっと工夫が欲しいところ。どうせ火焔に乗っかるなら、とことん乗っかってほしいものです。
たとえばこんな感じに

​十日町で買ったナイスなお菓子!赤いのが「縄文風菓」、黄色いのが「縄文香菓」で、縄文人が食べていたであろう雑穀などが配合されています。

「縄文風菓」は味噌の風味があまじょっぱく、雑穀のザクザクした食感が楽しい 縄文人が作ったかのような形もナイスです。
「縄文香菓」はおからのサクサク感、ゴマの香ばしさ、ほのかに感じるよもぎやふきのとうの苦味もグッド
どちらもお菓子としてとてもおいしいので、お土産にもオススメです 職場でウケること間違いなし!

製造は障害福祉サービス事業所「ワークセンターなごみ」さん。十日町市観光土産品コンテストの菓子・食品部門で金賞を受賞したのだそうです。素晴らしい

B01D0VN656自然な甘みと軽い食感がくせになります 美味 サクっと黒穀 縄文香菓 5個(60g×5)
ワークセンターなごみ

by G-Tools

明治・大正・昭和駅弁ラベル大図鑑明治・大正・昭和駅弁ラベル大図鑑
羽島知之

駅弁掛け紙ものがたり 日本のラベル:明治 大正 昭和-上方文庫コレクション(紫紅社文庫) 広告マッチラベル:大正 昭和-上方文庫コレクション(紫紅社文庫) 日本のポスター: 明治 大正 昭和 (紫紅社文庫)

by G-Tools
 

長岡でも土器三昧
2017.04.24 [Mon] 08:00

明るい時間に長岡駅に到着し、まず最初に向かったのは駅ビルCoCoLoの中にあるヤスダヨーグルトの直営店。定番商品のほか、東京では買えないアイスやヨーグルトのオリジナルドリンクがイートインできるのです。
アイスを食べるにはちょっと寒かったので、ジンジャーヨーグルトラッシーをいただきました。はちみつ漬けのジンジャー入り。

ホテルは駅から近いのとお値段にひかれて「スーパープライスホテル インパクト2002」というすごい名前のホテルに宿泊。
ちょうど15周年感謝企画で日曜日は全室3500円、予約の早い順にグレードの良い部屋にしてくれるとのことでしたが、通された部屋は角部屋ですご〜く広く、パープルを基調としていて妙にファンシィ それにやたら明るい。なんだか雰囲気が違うなと思ったら、なんと全面窓でした!カーテンの開け閉めが大変だった

夜はCoCoLoの中にある、「久保田」でおなじみ朝日酒造さんの直営店越後の蔵 和心づくし あさひ山で、久保田の千寿、碧寿、萬寿の飲み比べをするぞ!と楽しみにしていたのに、予約で満席… 前日に続いての二連敗にちょっと凹みました。人気がありそうなお店は予約が必須ですね。

代わりに訪れたのが、長岡の土器の名称を冠した某店。あらかじめメニューを見て土器っぽさはあんまりないなと思っていたけれど(そりゃそうだ)クーポンで鯛の兜焼きがサービスというので入店したのですが、待てど暮らせど料理が出てこない。1杯目のビールはとっくに飲み干してしまい、忙しそうで2杯目を頼む声もかけにくい。最初に頼んだ栃尾揚げが出てきたのは30分後。油揚げを焼くだけで30分かかるなんて…。
オペレーションがうまく回っていないみたいで、お店のお兄さんも笑顔がないし、料理が遅いお詫びもないし、かなり残念でした。

翌朝は、前日ヨーグルトラッシーを飲んだフードコートにある駅そば「長岡やなぎ庵」さんでかけそばを。他のお店は開いていませんが、駅そばだけは朝7時半からやっていて、外の入り口から入ることができます。ここのかけそばはわかめが入っていて嬉しかった

バスで30分ほどのところにある馬高縄文館へ。壮観な火焔型土器たち、しかもほとんどがこの場所で発掘されたものばかり。一番最初に発見されたものだけが「火焔土器」と呼ばれ、それ以外は火焔土器と区別されて呼ばれているのです。

パーツの一つ一つが美しい。火焔型土器についてとても詳しく展示してあり、短い時間では足りないくらい。ここに通いつめたいぐらいでした。

火焔型土器に感動した岡本太郎さんが書いた「火焔土器の激しさ、優美さ」という自筆の文字も展示されていました。

そこから歩いて15分ほどのところにある新潟県立歴史博物館も鑑賞。新潟県の各遺跡の火焔型土器を集めた圧巻の展示ですが、馬高縄文館のかたから「あそこはほとんどがレプリカですので…」と聞いていたので、ちょっとズルイなと思いました(笑) 。

ミュージアムショップで売られていた土器の落雁が気になった…。

 

十日町で蕎麦と土器!
2017.04.21 [Fri] 08:00

観光列車「おいこっと」の終点・十日町に到着し、このあとは長岡に向かう予定でした。次の列車まで50分だけど、十日町の名物“へぎそば”だけは絶対食べておきたい。ということで、駅からすぐの場所にある「志天」さんに小走りました。

妻有(つまり)そばの鴨南蛮。う〜ん、そそられますねえ。
妻有そばとは、つなぎにふのりを使用した十日町市周辺のお蕎麦のことで、これを「へぎ」という器に盛り付けたものを“へぎそば”と呼びます。へぎに盛り付けていないだけで中身は同じというわけです。

厚切りの鴨と極太のねぎ、濃いめのつゆが美味。みつばと、ほんのり柚子の風味も。

ふのりの軽いぬめりが入ったつるんとしたお蕎麦が美味しいったらありゃしない。

そばつゆに中華麺のラーメンや天ぷらも人気みたいで、ごま油の香ばしい匂いが漂っていました。黙々と調理するいぶし銀の料理人さんと若いお兄さんがステキ。
何気に美味しい玄米茶、気配りしてくれる元気なお母さん。トイレには暖房機、寒さを防ぐ二重扉、女性用のアメニティまであり、ホスピタリティの高さに感動
駅前のお店にありがちな「特に努力しなくても人が来るに決まってる」というのではなく、ホスピタリティと心地よさと美味しさが人気だから駅前でちゃんと商売しているのだということを感じました。

お蕎麦を待つ間、おいこっとを降りた時にもらったパンフレットを見ていたら、この町を50分の滞在で済ませていいのか?という疑問が持ち上がりました。だって、そもそもこの土器をきっかけに縄文土器にハマったのだから。さりげなく手ぬぐいも持ってきてたし。
おーし、そんじゃあ長岡の観光は明日にして、今日は十日町を楽しむぞ! こういう直前に変更可能なところが青春18きっぷの良いところなのです。

荷物を駅のロッカーに預けていざ町へ!と思って外に出たら、雨がポツリ 折りたたみ傘はロッカーの中なので、仕方ないから傘代だと思って荷物を出し直すか…と戻ったら、誰でも使える傘が駅にあるではないですか!たすかる〜

2010年には蕎麦死するかと思うほどへぎそばを食べ、2014年には人生の区切りの旅のオープニングで訪れ、今回で3度目の勝手知ったる十日町。どこに何があるかは熟知しているのだ

十日町市博物館で国宝の火焔型土器と再会。やはり、あなた様の美しさは国の宝でございます。

「火焔型土器を東京オリンピック・パラリンピックの聖火台に」という活動に大賛成!

エントランスでは「縄文土器先生」というナゾのビデオが上映されていました。
窓口で火炎型土器のクリアファイルを購入した際に、ここで買った手ぬぐいを大事にしていることを話したら「今はもう販売してないんですよ〜」だって。つまりレアアイテムってことだね!ますます大事にしようっと

越後妻有交流館キナーレの中庭の残雪がすごいことになってました。ここの中にある明石の湯の温泉につかり、ほっこり温まりました。

十日町はJRよりもほくほく線の駅のほうが活気があり、2010年に訪れた時には全くなかった火炎型土器グッズがめちゃくちゃ充実してました。この町の宝物のすごさにやっと気づいてもらえたようです