カスタム検索

 

目黒のワンコインランチ GASSE編
2016.11.30 [Wed] 07:25

目黒通り下り坂の途中、auのビルの5Fにある「GASSE(ガッセ)」さん。場所がよく分からず(例のごとくgoogle mapが間違っていて…)うろうろしてしまいましたが、無事に見つけてエレベーターで5階へ。
ポップなレゲエがかかっているおしゃれカフェで、場所がわかりにくいからなのか思ったほど混んでもおらず、2人がけのテーブルに座れました。

3種類のワンコイン・ランチの中からココナッツキーマカレーをチョイス。辛さは控えめで、あんまりココナッツは感じなかったけど、スープと4種類から選べるドリンク付きで500円という企業努力を買いたいと思います。あと、せっかく丸く盛ってくれたので、ごはんの形がもうちょっときれいだとさらにうれしいな。

お隣の女性2人組が食べていたミックスフライプレートもボリュームありました。タバコはベランダに出て吸えるみたい。
お兄さんが若干ぶっきらぼうだったけど、最後に笑顔だったから良しとしよう。

GASSE
GASSE
ジャンル:目黒 ダイニングバー
アクセス:JR目黒駅 西口 徒歩1分
住所:〒141-0021 東京都品川区上大崎2-25-12 みすずビル5F(地図
ネット予約:GASSEのコース一覧
 

沖縄料理店「ゆがふ」で生七味丼
2016.11.29 [Tue] 08:00

ソーキそばが美味しかった「ゆがふ」さんに再訪。生七味丼なるメニューがあったので頼んでみました。ミニ沖縄そばとのセットで850円。

まずは伸びちゃう前に沖縄そばから。うむ、安定の味。ミニだけどちゃんと三枚肉も乗っていて食べごたえがあります。

生七味とは生の唐辛子をいろんな薬味と合わせた調味料のことで、石垣島の特産品のようです。初めて食べたけど、ひいひい言うような辛さではなく、辛さの中にちゃんと旨みも感じられ、ごはんによく合います。

揚げたての唐揚げはゆずポン酢味。この一手間が嬉しい。何気に嬉しかったのがもずくの存在 もずく付きの定食なんて、なかなか出会えないですよね。
奥にはお座敷もあり、小さなお子様連れでも食事が楽しめます。
やっぱり良いお店。また来よう。


遊食家ゆがふ
遊食家ゆがふ
ジャンル:目黒駅近 個室沖縄料理
アクセス:JR目黒駅 徒歩1分
住所:〒141-0021 東京都品川区上大崎2-12-2 瑞穂ビルB1(地図
ネット予約:遊食家ゆがふのコース一覧
 

甘じょっぱ好きのクッキー
2016.11.28 [Mon] 08:00

ラーメン隊に行く途中に見つけた「cookie.G(クッキー・ジー)」。名前の通りクッキーの専門店で、パウンドケーキやマフィンなどもありましたが、大好きなショートブレッドがあったのでこちらをチョイス。10枚入り400円とちょっぴり高級です。
クッキー・ジーの裏手ぐらいにある第三世界ショップ「アサンテ・サーナ」で買ったシンガンパティ紅茶と一緒にティータイム

私が好きなWalkersの小麦粉、砂糖、塩、バターのみのショートブレッドとは一味違って、スパイスが使われているのがユニーク。表面についているのはお砂糖かと思ったら、つぶ塩だった!ショートブレッドの美味しさは甘じょっぱさにあることを知り尽くしていますね。

これはこれで美味しいけれど、あの厚みがあるザクザクしたショートブレッドも食べたい…と思っていたら、こんなクッキーを発見。

ミスターイトウの「北海道カマンベールガレット」。ショートブレッドに近いザクザク、ほろほろ感がナイス!チーズ入りなので甘じょっぱさも申し分なし。さすがミスターイトウ

実は春ぐらいにこの「コンフェッティ」というシリーズを見つけ心に留めてあったのですが、その後見かけることがなく…。お蔵入りにならなくてよかった

「カリフォルニア」はラムレーズンのクリームをサンドしたサブレ、「ココナッツリッチ」はココナッツフレークが入ったチュイル。どちらもブルターニュ産のバターが使われていて、ホントに美味しいのです
このシリーズから“スコットランド”という名前でショートブレッドも出して欲しいです。
さらに本格的な「てしお」という焼き菓子のシリーズも気になるけど、なかなか出会えない。こんなに美味しいのに〜


 

目黒「ラーメン隊」のクリームちゃんぽん
2016.11.25 [Fri] 08:00

「ラーメン隊」でちゃんぽんを食べたとき、私の目にぐいぐいアピールしてきたのが「クリームちゃんぽん」なるメニュー。これはもう美味しそうな予感しかしません。

数日後再訪してオーダーしたクリームちゃんぽん。ミルキィなスープにとろけたバター、もうこのルックスだけで美味しいに決まっています 長崎ちゃんぽんとは具材が違いコーンが入っていて、沈んだ具材をすくい易いように穴あきのレンゲがついているのがウレシイ。
底にはアサリやエビが沈んでいて、まるで潮干狩りのようでした。

「あら?あなた」とおかあさんから顔を覚えられていた様子。
多分近いうちにまた来ます。いや、足しげく来ます。そしていつか「B熊」をオーダーしてみたい…。

なんて思った翌週、あの美味しさが忘れられなくて早くも再訪問。具とかスープの量とか若干違って全く同じ見た目ではないけれど、味は全然ブレていません。
厨房が見える席に座って分かったのが、どんぶりをお湯で温めていたこと。なんて細やかな気配りなんでしょう!だからアツアツで美味しいんだね〜

お店を出た時には外のテーブルにもお客さんが。これから外ランチはちょっと厳しい季節だけど、それでも食べたいメニューが目白押しだもの、寒いぐらいはガマンできちゃうかも。
 

目黒「こんぴら茶屋」のカレーうどん
2016.11.24 [Thu] 08:00

ランチに何を食べようか迷ってあちこち回ってたら時間がなくなってしまい結局目についたお店に飛び込んだら想定外に値段が高くてびっくりしたってことありますよね?(どんな導入だ)

「こんぴら茶屋」ってぐらいだから讃岐うどんのお店なのかな?と思って入ったら、周りで皆さんが食べてるのはカレーうどん。店内に立たちこめるカレーの匂いの破壊力には勝てず、私もカレーうどん!と思ったら1,100円もしたので相当ビビりました 

いわゆる蕎麦屋のカレーうどんみたいなおだしではなく、完全なるカレーがかかったうどん。ぽってりしたカレーから引きずりだしたうどんはコシがしっかりとしており、カレーの重さに負けていません。
中辛と辛口が選べるので辛口にしましたが、スパイスしっかり、牛肉ぎっしりで、カレー自体がめっちゃうまい。値段が高いのにはちゃんと理由があったことを悟りました。

余ったカレーがもったいなくて全部飲み干してしまい、これぞまさに“カレーは飲み物”状態。「最後にご飯を入れてリゾット風に」なんておすすめがあり、さすがに炭水化物とりすぎだよね…なんて思っていたけれど、このおすすめも正しいことを悟りました。
帰り道、めっちゃ汗が出て喉が乾きました(笑) 。