カスタム検索

 

池袋西武屋上「かるかや」のうどん
2016.06.29 [Wed] 09:35

梅雨の曇り空の休日、池袋西武の屋上にある「かるかや」でうどんを買って、オープンエアのスペースでイートイン。私のお気に入りは睡蓮の池を囲む席。ここだと周り全体が見渡せて気持ち良いのです。

この日はたぬきうどん。たっぷりの天かすにゴツゴツ無骨な手打ちうどんをかみしめながらいただきます。麺の茹で具合が日によって違いがあり、この日はまあまあの剛麺でした。そういうところひっくるめてこのお店のファンなんです。

ふと後ろを振り返ると、巨大なリオのキリスト様の壁画が!西武では6月にブラジルフェアをやってたんですね。ブラジルのアーティスト、エドゥアルド・コブラさんの手によるもので、かなりのインパクトがあります。バックの模様はリオのコパカバーナの海岸のタイルの柄。
もうすぐリオ・オリンピックですね〜。ブラジル料理が食べたくなってきたぞ…。

関連エントリ
池袋西武の屋上に「食と緑の空中庭園」オープン!
 

北海道の鮭節納豆
2016.06.28 [Tue] 08:00

クイーンズ伊勢丹の北海道フェアで見つけた「北海道の鮭節納豆」(35g×2パック220円)。北海道産の大豆を使用した極小粒納豆で、登別の道南平塚食品さんの謹製です。可愛いイラストのパッケージが印象的。

納豆と鮭節のタレが2セットの4段構造になっており、袋入りのタレを想像していたのでちょっと驚き。北海道産の鮭節に、醤油・みりん・砂糖・生姜のみで味付けられ、添加物は一切入っていません。

味はやや甘めですが、甘すぎないので“甘じょっぱ好き”にはちょうど良いお味です。味も濃すぎず鮭節の旨みを引き出しており、スモーキーな風味も見え隠れ。もちろん豆自体が美味しいので、大満足の朝食となりました。
道南平塚食品さん、攻めてますね〜!

 


 

府中「プロペラキッチン」のアジアンランチ
2016.06.27 [Mon] 12:00

実はわたくし、5月から自動車教習所に通っておりました。
当初は仕事の必須条件になっていたので通い始めたのですが、その仕事自体がなくなってしまったため、車に乗る必要もなくなってしまったのです。しかし途中から車の運転がとても楽しくなり、絶対に合格しよう!と集中して頑張りました。
年齢も高いし、運動神経悪いし、目も悪いのでどれだけ補習になるんだろう…と思っていましたが、スケジュール通りに1ヶ月半で卒業できた自分にびっくり!やればできるもんだ

教習所を卒業した翌日、府中の運転免許試験場で学科試験を受けて無事合格 免許証が出来上がるまで外に出てランチをすることに。といってもこの辺りは多磨霊園という大きな霊園があって、食事できそうなところは見当たらず、20分ほど歩いて西武多摩川線の多磨駅前に到着。

駅前に「プロペラキッチン」という良さげなお店があったので入ってみました。居酒屋の居抜きで使っているであろう店内は、和風のつくりと洋風のインテリアのミスマッチ感が逆にナイス

4種類あるランチのうちから「ミーカティ」というラオス風ココナッツミルクラーメンをチョイス。ミャンマーのココナッツミルクラーメンは食べたことあるけれど、ラオス風は初めてです。

ミャンマーのはそんなに辛さはなかったけれど、ラオス風はかなりスパイシィでとっても美味 麺は幅が細めの平たい米麺で、スパイシーなスープによく合います。もやしとチキンがトッピングされてボリュームもありました。

ごはんがついてきたので遠慮しようかと思っていたけれど、これがもち米だったのです!都内のエスニック料理店でデフォルトでもち米が付いてくるのは珍しいので、とても嬉しかった 最後はスープに入れて雑炊風にしていただきました。

辛いものを食べた後は冷たいものでクールダウンしたくなるのは人の常。ラオスのココナッツミルクアイス「カレンカティ」は手作りだそうで、ココナッツミルクが濃厚でとっても美味しかったです♪
他のランチメニューはカオマンガイ、ケンキアオワーン、和風カレー。どれもワンコインの500円、アイスはたったの150円という驚異のお値段です!

お店の壁にはベルギービールやバスペールエールなどのこだわりのお酒やカクテルのメニューも豊富で、夜も美味しそうでした。試験場の地下に食堂もありますが、ちょっと歩いてこちらでランチするのもオススメです!
 

友人宅でアメリカンなハンバーガー
2016.06.16 [Thu] 08:00

所用で北海道に行った際に(最近所用が多い)札幌の友人宅に一泊させてもらいました。おうちに到着すると、アメリカ人のだんな様がキッチンで夕食の準備をしてくれていたのですが、食卓に登場したのはなんと手作りのハンバーガー!うわお!アメリカっぽい〜

パテ、トマト、ピクルスなどをお好みではさみ、ヒッコリー・スモークのバーベキューソースをつけるのがポイント。このソース、初めて食べたのですがスモーキーで超美味 このKraftのソースは日本で未発売らしく、アメリカに帰省した時に大量に買って帰るのだそう。肉厚のパテもジューシーでとっても美味しかった!
「手を汚しながら食べるのがアメリカのハンバーガーの流儀」だそうです

付け合わせのしいたけは原木で買って育てたものを本日収穫。水分を与えるとあと数回は収穫できるのだそう。

北海道限定ビール「サッポロ・クラシック」の夏限定「夏の爽快」も美味しかったな〜。サッポロ・クラシックは東京でもたまに買えるのですが、不思議なことに東京で飲むと北海道で飲んだ時ほど美味しく感じられないんですよね。海を越えると味が変わるのかな??
北海道で毎日グビグビ飲みたいものです

 


 

渋谷「ラス・ボカス」でスペイン料理
2016.06.08 [Wed] 08:00

人生の作戦会議を行う(?)ため、急遽人生の先輩お2人を招集し、渋谷のスペインレストラン「ラス・ボカス」へ。みんなお店の名前を覚えていなくて「ロス・カボス」だの「ロス・ロボス」だのうろ覚えでたどり着きました

グラスのカヴァで乾杯したあと、私はシャンパンのモヒート、友人はスペインのビール。チャコリというバスク地方の微発泡白ワインは女性スタッフが高いところからグラスに注ぐパフォーマンスをしてくれましたが、友人曰く「男性のほうがよかった」だって(笑) 。

前菜には瀬戸内のタコを使ったカルパッチョ。お値段見ないで頼んだら1700円もしてびっくり。瀬戸内のタコってそんなに高級なの?? それにカルパッチョってイタリア料理のような気が…。

パテ・ド・カンパーニュ。ん?これってスペイン料理?

フィッシュ・アンド・チップス。ん?これってスペイン料理?

フランス製のお鍋、ストウブで登場したブイヤベース。ん?これって…(以下略)。

さあ、やっとスペイン料理の登場です。このお店、パエリアをハーフ&ハーフでオーダーできるのです。右は魚介のパエリア、左はパスタのパエリア“フィデウア”。仲良くさせてもらっている友人のブログで最近ちょくちょく目にしていて、食べてみたい!と思っていたのです。

友人のエントリではロングパスタだったけれど、こちらのフィデウアは細めのマカロニ。中央に仕切りがあるので味は混じっていませんが、味の違いはさほどなかったような…。
パエリアってサフランの黄色いイメージがあったのですが、こういう茶色っぽいパエリアもあるんですね。
全体的にあんまりスペインっぽさは感じられませんでしたが、美味しかったからまあいいか。