カスタム検索

 

ほたてと鮭三昧のホームパーティ
2016.02.29 [Mon] 08:00

お正月にいとこが持ってきてくれた田酒の純米大吟醸を飲む機会をうかがっていたところ、呑み助の友人2人を誘ってみたら「喜んで!」とすぐに返事があり、久しぶりに我が家でホームパーティを行いました。
田酒に合わせるおつまみは何がいいか考え、ここは青森しばりで陸奥湾のほたてを取り寄せることにしました。
実は大阪の友人から「アホほど牡蠣を食べる宴会」に誘われたのに行けなかったのがかなり悔しかったので、私もアホほどほたてを食べてやろう!と思ったのです。
また、去年の秋に北海道の友人から届いた鮭の半身とイクラのしょうゆ漬けをとってあったので、こちらもラストをいただくことにしました。

当日の午前中に無事到着したほたては、大振りのものが16個も入っていました。もちろん、活きたままです!
余裕綽々で事前にメニュー表など作っていたのに、掃除とセッティングに手間取ってしまい、開始1時間前から料理を作り始める段取りの悪いワタシ

まずは白のカヴァで乾杯し、前菜にほたてマヨネーズと青森りんごの大根サラダ。マヨネーズで味つけられたホタテの貝柱の缶詰「ほたてマヨネーズ」に大根とりんごの千切りを和えたもの。缶詰だけだと結構味が濃いので、大根とりんごを和えてちょうど良い味になりました。

続いてかぶのカルパッチョ イクラ添え(参考レシピ)。スライスして塩もみしたかぶに大葉といくらをトッピングし、粉チーズとオリーブオイルをかけました。地元・多摩の新鮮なかぶを使ったからか、かな〜り美味しかったです

そしていよいよ田酒タイム♪ 栓を開けた時に立ち上る香りがたまりません お供は鮭とほたてのお刺身。鮭は食べ応えのある厚さに切り、ほたては横にスライスしたものと縦に切ったものを2種類用意。これが不思議なことに食感が変わって味覚の感じ方も変わるんですよ!縦切りの方が美味しいと好評でした。
お酒もお刺身も本当に美味しくて、みんなしばし無言になっちゃうほどでした。

お醤油も埼玉の弓削田醤油さんの吟醸順純生しょうゆと、愛知の傳右衛門さんのがんこたまりの2種類をご用意。あっさりした味のお刺身には純生しょうゆが合いました。

こちらは友人たちが持ってきてくれた野菜のおつまみたち。人んちの家庭料理ってどうしてこうも美味しいんだろう!

新タマネギのマリネも美味しかった!マリネに使って余った生の月桂樹をいただいてしまいました。マリネのレシピ教えて〜!

さらに続くほたてタイム、活きたままのほたてをそのままガスコンロにかけた、バター醤油焼き 火あぶり仕立て。素材が新鮮なので、シンプルな調理のほうがより美味しさを感じられます。

こちらは貝ひものバター醤油焼き。このグツグツ加減がたまりません

ほたてのオーブン焼き ガリシア風(参考レシピ)。白ワインがなかったのでカヴァで煮詰めました(この時すでにカヴァ3本目)。

他にも出そうと思っていて出せなかったもの、作ったのに出すのを忘れかけてていたもの、トッピングし忘れたもの、写真を撮り忘れたものなどいろいろありました(笑) 。

最後ははらこめし(参考レシピ)と鮭のあら汁でシメ。
はあ〜、食べた食べた!飲んだ飲んだ!!デザートも用意してたけど残念ながらタイムアップで出せませんでした。
友人たちは「食べ逃げでごめんね!」と言っていたけど、食わせん坊の私の欲求を満たしてくれるとても楽しい会合でした 飲食のベクトルが同じ人との会合は本当に楽しい!

 

「フロム蔵王」の飲むヨーグルトをお取り寄せ
2016.02.15 [Mon] 08:00

甥っ子と姪っ子に贈るバレンタインのスイーツを楽天で色々見ていたら、「フロム蔵王」のヨーグルトお試しセットがかなりお買い得だったのを発見し、ポチッとしちゃいました。
通常でも6種類×3個(または4個)送料込みで2300円という激安価格なのに、“ふるさと割”のクーポン適用でさらに3割引という恩恵にあずかっちゃいました(ちなみに現在はふるさと割は終了しています)

チーズドリンクヨーグルト、仙台いちごののむヨーグルト、ブルーベリーのむヨーグルト、のむヨーグルトスリム、そしてカフェオレスリム、総勢17本!
まず最初にチーズドリンクヨーグルトを試してみましたが、クリームチーズ入りの超濃厚な風味がたまりません

以前のエントリにも書きましたが、どうも飲むヨーグルトでおなかをこわしてしまう私。腸内フローラを整えるために飲んだヨーグルトでおなかこわすなんて本末転倒ですが、どうやらヨーグルトにとろみをつけるための“デキストリン”という添加物が原因らしいとわかりました。
このデキストリン、乳飲料やスープなどとろみが必要な飲料・食品にはたいがい使われているので、入っていないものを探すのが大変なのです。

「フロム蔵王」のヨーグルトにはこのデキストリンは使われていません。添加物もほとんどないし、なにより美味しい!ちゃんと発酵したものなら、わざわざ添加物でとろみを付けなくても自然なとろみがあることがわかります。
賞味期限が2週間弱なので、毎日せっせと飲み続けたいと思います


こちらもデキストリンが入っていません 
 

「キッシュ&タルト Seki」でランチ
2016.02.12 [Fri] 08:00

職場が近い友人と待ち合わせて「キッシュ&タルト Seki」でランチと相成りました。お弁当屋さんの「デリ吉」の近くにあり、いつ見ても女性客で賑わっています。

パスタや煮込みハンバーグもありましたが、ここはやはり店名の前に掲げているキッシュをいただくことに。

2人ともきのこのキッシュをチョイス。サラダとバケット付きのワンプレートランチです。キッシュはテイクアウトもできるようで、1ピース400円と良心的なお値段。

ふあっふあのアパレイユとサクサクの生地が超美味 軽くトーストされたバケットも香ばしくて美味しかったけど、何となく「焼きそばをおかずにご飯食べてる」ような気分になったのは私だけでしょうか(笑) 。

食後にはミルクティー風味のゼリーのプチデザートと紅茶つき。こちらのお店、日本紅茶協会から「おいしい紅茶の店」に認定されたそうで、久しぶりに美味しい紅茶をいただきました

朝ごはんをしっかり食べるとお昼にあんまりお腹が空かなくなった私にはちょうど良い量でしたが、友人は「夕方お腹が空いた!」と言ってました(笑) 。だから周りはみんなパスタを頼んでたのか!デザートにタルトをシェアしても良かったかも〜。
 

渋谷「ビストロ ポンレヴェック」の絶品“カスレ”
2016.02.01 [Mon] 08:00

今年初めての会合は友人2人との新年会、場所は渋谷の神泉にある「ビストロ ポンレヴェック」にて。ビルの3階にあって若干目立たないため、うっかり通り過ぎちゃいました
まずは前菜のパテ・ド・カンパーニュ+グラスのスパークリングワインでスタート

お店の名前を冠したポンレヴェック・サラダは、とってもカラフルで超楽しい!オーナーが厳選した有機野菜を使用しており、いろんな色のカブやプチトマト、紫芋やむかごなどバラエティ豊かで、「これ何だろう?」と当てっこしながら食べるのもまた楽し。

ツブ貝とエビのブルゴーニュバター焼き。ブルゴーニュバターとはフランスのブルゴーニュ地方の名物であるエスカルゴ料理に使用する、ガーリックとパセリを加えたバターのこと。エスカルゴのツブ貝バージョンといったところでしょうか。

鮮やかな緑と、エビ、ツブ貝の食感が最高です ガーリックの風味が食欲をそそり、残ったバターソースをバケットにつけてもグッドでした

バケットでは足りないのでパンも追加。自家製の全粒粉のパンと、パン・ド・カンパーニュに発酵バターも追加。お酒は白ワイン〜赤ワインのカラフェをいただきました。

実はこのお店に来たのはどうしても食べたい料理があったから。その料理とは「カスレ」。南フランス〜スペイン・バスク地方の郷土料理で、豚肉のソーセージや鴨肉などを白いんげん豆と一緒に煮込んだものです。
前回の会合で友人の一人が「神楽坂のフレンチレストランで食べたカスレが美味しくて忘れられない!」と力説していたのを覚えていたもう一人の友人が「そんなに美味しいものなら新年会で食べましょう!」ということになり、あちこち探してこの「ビストロ ポンレヴェック」さんにたどり着いたのです。

満を持して登場したのは、中ぶりの鉄鍋にたっぷり入ったカスレ!ディテールがわかりにくいと思いますが(興奮しすぎて写真をちゃんと撮れませんでした)お鍋の中心にドドーン!と横たわるのは鴨の骨付もも肉。これがもうほろっほろで、ナイフで切らなくても骨から外れるくらいやわらかく煮込まれていました。
豚バラの塊り肉やベーコン、ソーセージ、いろんなおだしをギュギュッと吸ったお豆やじゃがいもなど、どれも本当に美味しくて、適度な塩気にお酒も進み、本当に大満足
鴨が大好きな私にとっては、今まで食べた鴨料理の中で一番ダイナミックで美味しかった〜 通年のメニューだそうなので、夏にはビールやキンキンに冷えた辛口のスパークリング・ワインと一緒でもいいな〜と半年後の会合に思いを馳せた私たちでありました。

大人のデザートは、お店の名前でもあるポン・レヴェックというウォッシュ・チーズと、ジュラシックという名前の割には食べやすいチーズを、修道院で生まれた薬草系リキュール「シャルトリューズ・ジョーヌ」のロック、フランス・ブドウのブランデー「マール」と一緒に。うふふ、大人だわ〜 でも40度くらいあったのでチェイサーを何度もおかわりしましたが(笑) 。

どの料理も丁寧で美味しかったのはもちろん、お酒の種類も豊富で、さらにお店のかたの感じも良く、本当に良いひと時を過ごすことができました。
また、最近新たな人間関係の構築の難しさに直面し、考えることがいろいろあった最中だったので、かれこれ20年近くコンスタントに飲み続けてきた友人たちに思う存分腹を割って話ができることは本当に有難いと思いました。
「私、グチばっかりこぼして嫌な思いしてない?」
「それはお互い様だから大丈夫よ」
そっか(笑) 。安心したよ。そんじゃあお言葉に甘えて、これからもよろしくね。

BISTRO PONT LEVEQUE(ビストロ ポンレヴェック)(ホットペッパー)