カスタム検索

 

文京区役所の職員食堂に行ってみた
2015.10.28 [Wed] 07:30

職場の最寄り駅である飯田橋駅界隈は、ランチ時にはサラリーマンでごった返すため、なるべくひとけのない方へ歩いて穴場を探しているのですが、ふと思いついて後楽園駅のそばにある文京区役所の職員食堂へ行ってみました。

食堂は区役所の13階にあり、入り口の見本を見て食べたいものを選び食券を買うシステム。日替わりの定食は4種類で550〜710円。他にも日替わり麺やカレーなどもありました。



一週間のメニューが掲示されていました。月に何回か薬膳メニューやイベント麺もあるみたい。

豚肉が食べたかったのでBランチの生姜焼きにしてみました。ごはん少なめにしてもらってちょうど良かったかな。
外で買ったお弁当が多かったので、温かいお味噌汁いただけて幸せ〜
ただしごはんは公共の食堂にありがちの少々アレな感じです全体的にあと100円安かったら納得できるかな〜。

窓の外は東京ドームの屋根と遊園地のジェットコースターという都心の区役所ならではの風景が広がっていて、お昼の気分転換にはぴったりです
 

北海道から幻の魚卵が到着!
2015.10.26 [Mon] 07:00

9月に北海道に行った時に会った中学の同級生。当時、特に仲の良かったSちゃんのおうちに遊びに行くたび魚のお土産をよくもらっていたのですが、中でも忘れられないのが、かじかのコッコの醤油漬け。
かじかという深海魚の魚卵で作った自家製の醤油漬けで、子供ながらに美味しかった思い出があるのです。
大人になってから、あれは北国の漁師町ならではの食べ物で、一般に流通していないものだと知りました。

でも私の中では“チャンスさえあれば食べてみたい食べ物”だったのでリクエストしてみたら、最近では北海道でも手に入りにくくなったのだとか。
「手に入ったら送ってあげる!」
というSちゃんの言葉に淡い期待を寄せていたら、まさかまさかのかじかのコッコの醤油漬けが送られてきたのです!いや〜、言ってみるもんだね(笑) 。

ほんのちょっとだけ食べられたら満足だったのに、深いタッパーにぎっしりの魚卵!おまけに活きたままの立派なツブ貝と鮭の切り身まで!

イクラよりやや小ぶりなかじかの子は、生臭さやクドさが一切なく、とても食べやすくて美味!プチプチした食感が楽しくて後を引きます♪
週末に会合があるから持参しようと思ったら「日持ちが悪いから明日までに食べきって!」と言われ、大量の魚卵を消費するために作ったのは…

かじかのコッコのパスタ!こぼれんばかりの魚卵が超贅沢〜パスタはバターで和えただけで青じそをちらしてシンプルにいただきましたが、とにかく食材が素晴らしいので、これ以上何の調味料もいらない!というくらい美味しかったです

もうひとつ、ツブ貝は実はさばくのが初めてでかなり手こずりましたが、甘くてコリコリで超〜美味しかった!苦労してさばいた味はさらに格別でした

私の中ではもう2度と食べることができないと思っていた幻の食べ物だったので、ホントに感動しました。ありがとね〜!

 
 

ブラッスリー・ル・マン@飯田橋
2015.10.08 [Thu] 07:30

秋から新しい職場になりました。最初の1週間は緊張してあまりお腹が空かず、さらに週末には健康診断があったのでストイックに生きていましたが、2週目からやっと余裕が出てきたため、近くで働いている友人に声をかけてランチに出かけました。

飯田橋駅からはちょっと奥まった場所にもかかわらず、なぜか飲食店が軒を連ねる一角があり、そのひとつ「ブラッスリー・ル・マン」にお邪魔しました。


数種類あるランチメニューの中から一番人気の「エビライス」を。どどーん!と長いお皿に盛られて登場したこのインパクトもさることながら、トマトクリームのシチューはエビのおだしがしっかり出ていて、濃厚なアメリケーヌソースといったところ。ちなみにごはん大盛り無料だそうです。


サラダたっぷりなのがうれしいな♪ ドレッシングは自家製で、この手間がグッドですね メインのエビは揚げたてサックサクで頭からそのまま食べられます。


こちらは友人が頼んだ、きのこトマトハンバーグ。ちょっと味見させていただきましたがこちらも美味しかった! 色味も良いですよね〜。かぼちゃのサラダは意外にもカレー味でこちらも美味しかったです


食後にプチデザートとアイスコーヒーがついて1000円。この近隣はゆっくりできるお店がないので、食事も美味しくてデザートとドリンク付きでこのお値段はかなり価値があると思いました。

友人とはいつもお酒を飲みながらの付き合いだったので、シラフでランチってのがかなりレアでした(笑) しかも就職祝いと称しておごっていただきました。8月にも近くに務める元同僚に声をかけてランチをし、おごってもらった経緯があるため、このままでは“就職祝いランチ詐欺”になるんじゃないかとビクビクしている私であります(笑) 。
 

巾着田でハイキング
2015.10.05 [Mon] 08:00

シルバーウイーク明けの平日、埼玉県日高市の巾着田へ曼珠沙華を見に行ってきました。ちょうどこの日の午後から天気が崩れる予報があり、雨で花が咲き終わる前に…と誰もが思ったみたいで、西武秩父線の乗車率200%! 「埼玉県民の日」を超える混雑で、最寄の高麗駅にはものすごい数の人がぞろぞろと降りて行きました。
巾着田に向かう道には地元の方々の露店が出ていて、農産物やお漬物、はたまた鹿の角など見ているだけで楽しい!


巾着田に着くと待っていたのは満開の曼珠沙華!500万本の曼珠沙華が一面に広がる様は実に圧巻で、赤と緑の補色のコントラストも美しく、ただただ見入ってしまいます。


パノラマ写真の撮り甲斐がありますね〜。延々延々、曼珠沙華のじゅうたん。


曼珠沙華まつりの期間中は会場内で地元のお店の物販販売や屋台も出ます。地元のお醤油屋さん、弓削田醤油さんの出店もあったので、直売店でしか買えないお醤油を購入しました。


ひと通り回った後、食べたいものが揃っていた「向日葵」というお店で、もつ煮、さつまあげ、玉こんにゃく、おにぎりを購入し、中央の休憩スペースでいただきました。おにぎりは日高市の名産である栗入りでうまし♪


特にもつ煮は味が濃すぎずちょうど良い塩梅で美味しかった〜。持ち運びやすいようにトレイもつけてくれて、ゴミもお店で破棄してくれるだなんて、至れり尽くせり!これだけでも入場料300円払った価値があったな〜。


食後は近くにある日和田山までハイキング。この辺りの山の中では超初心者コースと聞いていたのに、いざ登ってみたら結構な岩場があってビビリました ちなみにこちらは“女坂”で、もっと険しい“男坂”はロッククライミング並みのコースになるそう。
頂上まで登ったけれど、達成感を味わうご褒美の食べ物を何ひとつ持っておらず、おまんじゅうのひとつでも買ってくればよかったなあ。


途中で雨がポツリポツリと降ってきて、大汗かいて体が冷えてしまったため、下山後は「阿里山カフェ」でインカ穀物コーヒーをいただいたあと、はす向かいぐらいにある高麗郷古民家を見学。国の登録有形文化財に登録されており、なんと無料で見学することができました。太っ腹です、日高市!


帰宅後、豆腐・ゆばの専門店むつみや食品さんで買ったくみ上げ豆腐に弓削田醤油さんの吟醸純生しょうゆをかけていただきました。むむむー!なんだろこの美味しさは‼︎ まるで湯葉になる直前の状態というか、豆腐というよりももうクリームなのです。さらに火入れしていない生しょうゆ独特の華やかな香りとまろやかな風味が相まって、豆腐の甘さを引き立てています。大豆と大豆のマリアージュに乾杯

この吟醸純生しょうゆ、密閉ボトルなので品質が保たれるだけでなく、1滴単位の量を出せるのがナイスポイント。お刺身などは直接たらせば付けすぎ防止にもなるし、塩分控えめの醤油好きには心強い存在です。

 

大阪で食べた夜ごはんいろいろ
2015.10.02 [Fri] 08:00

うどんツアーから戻ったあと、友人宅の近所にある小料理やさんへ。胃腸の調子が悪くてうどんツアーに参加できなかった友人も合流し、おなかに優しいものを…とお造りを。お刺身もツマも美しく盛り付けられています。

貝好きなのでバイ貝を。左は珍しいイチジクの酢味噌和え。柔らかく炊いたイチジクの自然な甘さと酢味噌の塩味の組み合わせが甘じょっぱ好きにはたまりませんでした



こちらは姫路城の帰りに行った焼き鳥屋さんのぼんじり。私が知っているのは丸い形状のものですが、こちらのは開いてありました。改めて画像で見ると尻尾がリアルですが(笑)開いて薄くなった分カリカリして香ばしさがアップしていました。



高野山から戻った最後の夜は友人宅で会合。こちらは神戸の友人オススメの美味しいブーランジェリー「レコルト」のパン。

貝好きのために調達してくれたという赤貝とわけぎのぬた。予定外に赤貝を多めに買ってしまったらしく、赤貝率が高くて超贅沢。んま〜い 写真を撮り忘れたけど友人がさばいてくれた立派なシマアジのお刺身もありました。

メインはホルモン鍋。もつ鍋は食べたことあるけどホルモン鍋は初めて。いろんな部位がどれもしみじみ美味しく、濃いめの味付けでお酒も進みます。

3人ともそれぞれチーズを持ってきたのがさすが飲み助でんなあ(笑) 。スパークリングワインを飲みながらいろいろおしゃべり。かなり飲んだと思うけれど、みなさん終電を逃さず無事帰宅。本当にごちそうさまでした!そしてお世話になりました。

翌朝は出発までミーちゃんのお相手。


ふりふり…。


しゃあっ!


ぴゃあ〜!

またあそぼうね。

えて吉さん宅でプチ飲み会(foodish:"雑"食記)
料理はショボいけどのんびり家宴会(こんなの食べたよ)