カスタム検索

 

大泉学園「華樓」で念願のかき氷
2015.07.31 [Fri] 08:00

猛暑のある日に野暮用で都心に出かけたあと、食べたいものがあったので西武池袋線の大泉学園駅で下車しました。
ちょうどお昼時だったので、相変わらず続行中の“辛い麺欲”を満たすべく、坦々麺が美味しい中華屋さんに向かったところ、食材の調達のため臨時休業の張り紙が 代わりに別な坦々麺のお店に行ったらこちらは定休日 もう何が何でも坦々麺以外考えられなくなったので、駅前の昔ながらの中華屋さんでメニューを見つけ、入店後10秒でオーダー(笑) 。
右往左往したこの時点ですでに汗だくでしたが、坦々麺でさらに汗がほとばしりました


さて食べたかったものとは、甘味処「華樓(がろ)」さんのかき氷! その前の水曜日、レディースデーで映画を見に行った帰りに寄ってみたら、定休日だったのです ああ、何故にこうも定休日を引き寄せるのか…。


頼んだのは宇治金時!練乳がけや白玉入りもありますが、あえてシンプルなものを選んでみました。


宇治金時というと小豆が乗っているものが一般的ですが、こちらはしっかり“金時豆”を使っているんです。
そして最近はやりの山盛り氷ではなく、適度な量なのもグッド。


抹茶の氷に消えゆく儚さよ…。


ちなみにこちらのお店はおじいさまが一人で作っていらっしゃる様子。お隣のグループのホットケーキがかなり時間かかってたり、白玉が切れて新たに茹で始めたりしてましたが、そういうのもひっくるめて楽しめる方にオススメさせていただきます

今まで数々の休業に出くわしてきた私ですが、日記ブログの方でこの度ついに「勝手ながら」というカテゴリを作成いたしました!これで目指したお店が休業の時でも「ネタになるからまあいいか」と納得できそうです。
 

山形のだしと納豆
2015.07.30 [Thu] 09:00


山形県酒田市のくろもりアルファフーズさんの「山形のだしと納豆」(45g×2パック200円ぐらい?)。3個パックに見えましたが、1個は山形の郷土料理“だし”が薬味として入っていました。
山形のだしとは、刻んだ夏野菜を醤油などの調味料で和えたもの。こちらのだしには大根、きゅうり、ねぎが入っていましたが、ナスやみょうが、しょうが、オクラなどを入れるものもあります。


納豆は北海道産の小粒納豆。これにだしをかけていただきます。夏になるとどうしても冷たい料理や麺類などが多くなり、お米を食べる機会が減ってしまうのですが、だしのさわかな風味が食欲をそそり、するりと食べられました。お酒のあてにしても良さげです

山形のだしのエントリをアップしたのはかれこれ11年前。当時はまだ知られざる存在でしたが、今ではスーパーで出来合いのだしも普通に置かれるようになり、日本の食卓にすっかり定着しましたね。
山形の美味しい夏の知恵を共有することができるなんて、嬉しいかぎりです。


もうひとつ買ったのが「広田さん大豆納豆」。こちらは10年前のエントリで初登場しましたが、久し振りに見たら広田さんの顔が小さくなってました(笑) 。写真を撮る時iPhoneのカメラがしっかり“顔認識”したのが可笑しかったです

 

 
 

やっぱり美味しい♪シャトレーゼ
2015.07.29 [Wed] 09:00

いつも仲良くさせていただいているブログ「さてめしアネックス」様でシャトレーゼのレモンケーキのエントリがアップされ、「なになになにそれー?知らないんですけどー!?」と叫んでしまったワタシ。
隣町にシャトレーゼのショップがあり隅から隅までじろじろ見ていたので、そんな気になるお菓子は知らないはずがないと思っていたのですが、実はこれ新発売だったみたい。
なんだかもういても立ってもいられなくなり、真夏日の中シャトレーゼまで小走ってきました


「おひさま香るフルーツケーキ」のオレンジとレモン。パッケージもオシャレでかわいいな〜。


レモンケーキというとレモンの香料だけ使ったものもありますが、こちらはちゃんとレモンピールが入っており、お砂糖のアイシングではなくレモン風味のチョコレートのコーティングがリッチな風味でとても美味しかったです


シャトレーゼは和菓子も洋菓子も美味しいのですが、唯一手をつけていなかったのがアイス。せっかくのアイス日和だったので思い切っていくつか買ってみました。アイスが溶けてしまいそう暑さだったので、普段では考えられないぐらいの急ぎ足で帰宅しました(笑) 。


すっきりレモンバー、これがもう美味しいのなんのって 果汁が14%も入ったシャーベットで、レモンピールがたっぷり入っていてめちゃくちゃおいしひ〜〜!甘さも控えめで、まさに“スッキリ”な味わいで夏にピッタリ! 柑橘好きにはたまらない“高柑橘度”です

あまりにも美味しすぎて後日リピート買いしたのですが、一緒に買った「しゃっきりリンゴバー」はりんごそのものの味がするし、「ゆず&晩柑バー」は素材の美味しさが感じられる淡い柑橘風味。どれも砂糖甘い感じが一切ない優しい味なので、小さなお子様やお年寄りにもオススメです。
さらに嬉しいのは6本入り約240円、1本なんと40円!小ぶりとはいえこのクオリティでこのお値段は驚きです。
あと、こういうアイスバーってカッチカチで硬いものが多くミドルエイジには食べにくいのですが、こちらは適度に柔らかく食べやすいのもナイスポイントでした(そのかわり溶けやすいです。とても繊細です!)
次回は保冷バッグ&保冷剤持参で買いに行こうと心に決めている私です♪

シャトレーゼ オフィシャルサイト
 

今年の土用の丑の日はくら寿司で
2015.07.24 [Fri] 15:10


今日は土用の丑の日。土用の丑といえば過去に浜松まで出かけたりしましたが、今年はつつましく「くら寿司」でランチをいただいてきました。
すしやのうな丼580円。2枚乗せの特上だと980円になりますが、お寿司も食べたかったので小さいサイズを…と思ったけど、ご飯の量は一緒なのよね
浜松のうなぎは遠州風の甘さ控えめのタレが多かったので、久しぶりに甘辛い関東風の、いかにもうな丼!というタレに再会しました。うなぎはほんの数口のため、ごはんはほぼタレでいただきました(笑) 。
う〜ん、やっぱりうなぎってあの焼いてる時の香ばしい匂いや煙も美味しさの一つなのだと再確認した次第です。


お寿司は宇和島産のみかんぶりと、ゆず塩えんがわ。ほのかな柑橘風味がさっぱりしていて夏向きのお寿司ですね。さらに北国の人間のサガでホタテとツブ貝も食べて、超おなかいっぱい…。ごはんだけでもどんぶり2杯分ぐらい食べた量になる。く…苦しい…。嗚呼、茶碗蒸しやお味噌汁も食べたかったのになあ。
デザートに食べる気満々でいたかき氷は断念せざるを得ませんでした

それにしてもくら寿司、安っすいですよねえ! お寿司以外のメニューもどんどん増えていて、かけうどん130円だなんて驚愕のお値段。ごはんを食べなくてもデザート(こちらもなかなかいケます!)とコーヒーもあるからやろうと思えばカフェみたいにも使えるし、なんでもアリの感じがユニークで実に楽しいです

うなぎアーカイヴ
浜松「うな炭亭」 浜松「うなぎ割烹 康川 雄踏店」 浜松「とろろや」
浜松「八百徳」「浜名湖うなぎ 丸浜」 府中「魚喜」 下諏訪「うなぎ小林」

 

赤いラーメン3種
2015.07.23 [Thu] 09:00


暑い暑い夏、冷たいお蕎麦や冷やし中華もサッパリして美味しいけれど、汗をかきながら赤くて辛いラーメンも妙に食べたくなります。
まずは新宿のルミネ1地下にあるタイ料理屋「バンコク屋台 カオサン」。ティーヌン系列店のようです。お昼時のピークだったので丸テーブルで相席です。タイ人の店員さんたちが元気よく接客していて、タイの屋台にいるような雰囲気。
セットのランチもお得だけど、私はトムヤムカオサンヌードルを。麺は4種類から選べて、中華麺にしました。
辛酸っぱいトムヤム味のスープにパクチーやレモングラスなどの香味野菜やスパイス、もやしや青菜などの野菜もたっぷり。トッピングのお肉は八角を使っていたけど、いつの間にか苦手を克服して食べられるようになったから不思議。
細めの麺はスープとの相性がよく、火を吹くような辛さではないのでするするといただけますが、食べる先から汗が噴き出してきます。今の東京、多分タイと同じくらいの気温があるはず…。


お次は毎度おなじみ、練馬区大泉学園の帯広ロッキー。いつもは味噌ラーメンですが、この日は赤辛ラーメンにしました。辛さ3倍まで無料なので2倍にしたけど、私には程よい辛さでした。
西山製麺の麺は相変わらず安定の美味しさ。味噌ベースのスープは辛さの中にまろやかさもあって美味しいんですよね〜。

でも、いつの間にか950円にもなっていて驚き!昔は800円ぐらいじゃなかったっけ??4桁に近くなるとどうも満足感が減ってしまうなあ。
それにもやしや白菜、玉ねぎなど野菜たっぷりなのが嬉しかったのに、なんだか具も減ったような。気になって母屋サイトの過去記事を見てみたら、チャーシューも2枚が1枚になってるし、野菜が減った分スープが増えているように見えてしまうのは私だけでしょうか。


最後は「太陽のトマト麺」。限定で500円也の看板を発見し、前から食べてみたかったので即入店しちゃいました。
極細麺はラーメンというより極細パスタのバーミセリのよう。豆乳を練り込んであるそうで、こんなに細いのにコシがあるのが素晴らしい。
トマトベースのスープもパスタのソースみたいにとても濃厚で、トマト以外にいろんな野菜が溶け込んでいるのがわかるほど固形率高し。赤くても辛くはありません。
厚切りのチキンが乗っていてボリュームもあり、小松菜(江戸菜というそうです)の緑が目に鮮やかで、見た目も楽しい一杯でした。
残ったスープにご飯を入れてリゾットにもできるけど、炭水化物の追加はちょっとなあ…と思ってガマン。あとで追加のご飯はこんにゃく入りのマンナンご飯だと知り、「だったら食べたかった!」とちょっと悔しかった(笑)。「ラーメンは体に悪そうだけどトマトならいっか!」「麺のあとのご飯はヤバいけどマンナンご飯だったらいっか!」と、ヘルシーに心を許しがちな女心をわかっていらっしゃる!
店内もラーメン店というよりお洒落なパスタ屋さんみたいで、女子は絶対好きな感じですね〜。
トマトスープに辛さをプラスしてアラビアータ味なんかもあるといいなと思った、辛いもの好きの私でした。