カスタム検索

 

秩父「ラパン ノワール」の天然酵母パン
2013.10.16 [Wed] 07:00


お蕎麦を食べる前に立ち寄ったブランジェリー、ラパン・ノワール。自家培養天然酵母と国産小麦で作るパンと焼菓子のお店です。
小さなお店ですが、中にはイートインコーナーもありました。
ショーケースに並ぶおいしそうなパンたちを前に目移りしてしまい「ちょっと悩んでいいですか?」と言うと、店員さんは笑顔で待っていてくれました。
もっとじっくり悩みたかったけど、あとからお客さんが入ってきたので急いで決めたのがこれ。


手前のいちじくデニッシュ、一体何個使ってるんだろう?っていうぐらいいちじくがぎっしり!デニッシュのサックリした生地といちじくのつぶつぶの食感が楽しい♪

左の胡桃満月はクルミがゴロゴロと入ったキャラメルヌガーをパイ生地で包んだもので、欧風の月餅といったところ。全体の7割ぐらいが胡桃なんじゃないかって思うほどクルミ度高し!白ごまもたっぷりまぶしてあるのでナッツ好きにはたまらない一品です 

奥のは形と名前が可愛くて買ってしまった杏三角。ローストした胡桃と蒸し杏が入っていて、しっかりした全粒粉のパンは噛み締めるほどにおいしさが増してきます。
甘系のパンはあまり買わないけど、ナッツやいちじくにはめっぽう弱い私。果物の自然の甘みだからしつこさも全くなく、とても美味しかった


オリーブのフォカッチャは皮のサックリ具合と中の生地のモッチリ感が絶妙でした。やっぱり天然酵母のパンンは美味しいなあ〜。

お店のロゴを見て、ナチュラル系の食材店でこのロゴの焼き菓子をよく目にしていたことを思い出しました。あー、このお店だったんだ!

蕎麦もパンも美味しいだなんて、秩父ってやっぱりいいな〜
また行かなきゃいけない…。

ラパン ノワール オフィシャルサイト

 

 
 

秩父再び、今度は「立花、」でくるみそば
2013.10.15 [Tue] 07:00


真夏日再来の10月、またまた秩父へ行ってきました。
「名物秩父そば 立花、」さん。最後に“、”が入ります。堂々たる佇まいに期待も十分!


高い天井の梁からは木の幹をそのまま使ったユニークな照明が下がっていました。囲炉裏、小上がり、ボックス席とあるうち、立派な一枚板のテーブルの小上がりに座りました。
お蕎麦以外にもメニューが豊富で、定食や一品料理、ドリンクもたくさん。オーダーが決まったらボタンを押すシステムもなんだかファミレスっぽい?


頼んだのはもりそば680円。普通のつゆ以外にくるみだれも選べて、私はつゆ+くるみだれ(+200円)をチョイス。両方のたれをたっぷり楽しみたかったので大盛り(+160円)にしましたが、すごいボリューム! 普通盛りでもかなりの量だったみたい
安くてお腹いっぱいになれるファミレス風のお蕎麦屋さんなのかなと一瞬思いきや…


これがもー、しっかりしゃっきりの手打ちそば。うわー、旨い!旨い!! ファミレスだなんて思っちゃってホントすみません!


くるみだれはペースト状のくるみをそばつゆと合わせた、なめらかなたれ。濃厚でコクがあって香ばしくて、とってもとっても美味しい


薬味は大根おろしもあったので、ネギとわさびの普通のたれの次におろしだれで、最後はサービスの温泉玉子を入れて月見だれにして…と3倍楽しめました。
残ったくるみだれにトロットロのそば湯を入れて、最後まで美味しくいただきました。いろいろオプションを追加したのに1000円ちょっとでこんなに美味しいお蕎麦を存分に楽しめるとは!


会計のあとにもらったつまようじが可愛かった
それにしてもホントにすごいわ、秩父のお蕎麦。

このあとは徒歩で羊山公園へ。春には芝桜が一面に咲き誇る名所ですが、真夏日なのでひいひい言いながら坂道をのぼりました(笑)。


きつい坂道をのぼり切った先には、秩父の町が一望できる素晴らしい景観が! あー、きれいだなあ。この山の向こうはもう長野県なんだなあ。

このあと棟方志功の作品を展示してある「やまとーあーとみゅーじあむ」と見学したあと、お隣の横瀬まで歩いて「武甲温泉」に向かい、温泉につかって体をほぐしたあと夕方に帰宅。
半日でこんなに楽しめるなんて最高です
緑とお蕎麦が恋しくなったら秩父へ是非!

名物秩父そば 立花、 オフィシャルサイト
 

秩父・泰山堂cafeのヌガーグラッセ
2013.10.09 [Wed] 07:00


お蕎麦で満足したあとは古民家カフェへ。
この「泰山堂cafe」は国の有形文化財に登録されているお墨付きの歴史的建造物。お隣のはんこ屋さんも同じ屋号なので、実家の半分をカフェにしたのかな…なんて思ったり。




白い壁と木のぬくもりが感じられる、とても落ち着いた空間。昭和初期の木枠の窓からはやさしい光が差し込んでいます。


棚に並んだカップやグラスのひとつひとつがお洒落で、センスの良さが伺えます。マリアージュ・フルールの紅茶がズラリ。




コーヒーはオーダーしてから豆を挽いて淹れてくれます。ステキな店内を眺めながら待つ時間もまた楽し。


頼んだのはオーガニックコーヒーと、こちらの名物であるヌガーグラッセ。
スイーツにあまり詳しくない私はヌガーといえば歯にくっつく系の甘いお菓子、グラッセといえばマロングラッセのように甘い蜜で煮詰めたものを想像していたので、ヌガーでグラッセときたらさぞかしすんごく甘ったるいお菓子なのだろうと勘違いしていましたが、まったく別物のスイーツだったのでした。
こちらのサイトによると、ヌガーグラッセとはナッツ類、ドライフルーツを入れ、砂糖を煮詰めて作った菓子をベースに、Glace(グラッセ)=氷菓にしたものだそう。 グラッセは「煮つめてつやを出す」以外に「凍らせる,冷やす」の意味もあったんですね。


メレンゲと生クリームを合わせて凍らせたふんわりしたアイスケーキの中にはナッツとドライフルーツがたっぷりで、ふわっとしたアイスの生地とザクザクしたナッツの食感とのコントラストが面白い!甘ったるさはなく、ラズベリーソースのアクセントが効いています。
上品な女性の店主様はフランスのリヨンでパティシエ修行をしたという本格派。ケーキも季節によって変わるようです。


ウチからほんの少し長く電車に乗った場所に、こんなに楽しめる町があったとは!大発見ばかりの秩父の旅でした。

泰山堂cafe(Facebook) 泰山堂Cafe(ちちぶロマン-西武鉄道)

 
 

秩父で鴨せいろ その2
2013.10.08 [Tue] 07:00


秩父はレトロな町並みも魅力的。こんなちょうちん屋さんがあったり


“有名な手作りコッペパン”のパン屋さんがあったり(あんバター買っちゃいました)


国の登録文化財にも指定されている昭和2年に建てられた食堂があったり


はす向かいにはそれに負けず劣らずカッコイイ煙草屋さん…と、キョロキョロしっぱなしで町を歩きます。
地場産センターでおみやげを買い、あちこち歩き回ったら小腹が空いてきた。
なんかもう一杯行ける気がしたのでお蕎麦のハシゴをしちゃいました。
秩父鉄道秩父駅の近くにある「ゆずりは」さん。夜は居酒屋、昼は手打ちそばのお店です。


箸袋には「うまい肴と〆のそば」と書いてあります。
またまたかも汁そば、今度は具沢山なのが来ました!


まずこの半透明の麺!なんともいえないモッチリ感と、歯ごたえのある噛みしめる系。そば粉だけなのか?他にも何かつなぎを使っているのか??他では食べたことのないものでした。


つけ汁がまたすごい!鴨とネギだけでなくきのこや油揚げも入っています。鴨が小さめの分、油揚げでコクを出しているのでしょう。どちらかというと“武蔵野うどん”のつけ汁に近いものを感じましたが、これはこれでとても美味しかった。850円とお値段も大満足です

私の勝手な考えですが、おそらく地元の人に普段使いで食べてもらうよう値段を抑えているのでは? 鴨を他のお蕎麦と同じくらいの値段で提供するための工夫なのかな…と思いました。
とにかく、秩父は蕎麦好きにはたまらない町です 今度は寒い季節に鴨なんばんを食べに行こうっと!

参考サイトゆずりは(秩父のお店紹介&タウン情報 なびまる.com)
 

秩父で鴨せいろ その1
2013.10.07 [Mon] 07:00

秋晴れの週末、埼玉県の秩父に行ってきました。我が家からは西武鉄道で1回乗り換えるだけ、1時間半で到着した先には…


どどーん! こーんな立派な神社が待っていました!!
秩父神社は武蔵国成立以前より栄えた知知夫国の総鎮守だそう。ってことは武蔵国総社の大國魂神社よりもずっとずっと前、『古事記』や『日本書紀』の時代だというから驚きです。


本殿には美しい彫刻が施され、その素晴らしさに目を奪われます。


凛とした空気が立ち込める、本当に神社らしい神社。片道たった数百円でこんな名所があったとは!


ランチのお店に向かう途中、「プォーッ!!」という汽笛が聞こえ、「銀河鉄道999」世代の私はテレビアニメのオープニングを思い出して走り寄ったのですが、ちょうど秩父鉄道の蒸気機関車“パレオエクスプレス”が発車したところだったのでした。
シャッターチャンスを逃して通り過ぎちゃったけど


秩父地方はそばの産地として有名で、古くからの先人達の技を受け継いだ「秩父そばの会」があるほどお蕎麦の名店がたくさんあるのです。
秩父鉄道の線路沿いにある「手打そば武蔵屋」さんは高い梁の落ち着いたお店。お昼ちょっと前に入りましたが、みるみる満席になっていきました。


かもせいろ890円、大盛りにしたので+160円。あれ?なんか超シンプルなつけ汁なんだけど??


鴨は底のほうに2切れほど沈んでいました。ネギは焼きネギではなく刻んだネギをあとから入れる方式。思っていたのとはちょっと違ったけど、つけ汁と蕎麦との相性も良く、とても美味しくいただきました


お蕎麦はのど越しが良くコシもしっかりあって、とても私好み。大盛りだったけどもっと食べられたな〜。
もっとお値段高くても良いから、もうちょっと具が多いと最高なのだけど…。

向かいの席にいた老婦人2人組、おそらく姉妹だと思うのですが「ここも美味しいけど、やっぱりうちのおばあちゃんが打った蕎麦が一番美味しいわ」と話していて、どれだけ美味しいのか想像を膨らませてしまいました(笑)。

手打そば武蔵屋 オフィシャルサイト

るるぶ秩父 奥多摩 高尾山'14 (国内シリーズ)るるぶ秩父 奥多摩 高尾山'14 (国内シリーズ)

るるぶ奥多摩 青梅 あきる野 アウトドア&レジャー (国内シリーズ) まるごと!高尾山こだわりガイド

by G-Tools