カスタム検索

 

手づくりビールお披露目会 その1
2013.06.26 [Wed] 08:00


5月にキリンビール横浜工場で手づくり体験をしたビールがついに完成して送られてきました!
1グループで中瓶1ケース20本、私たちは1グループ2人×2組だったので1組10本の配分でした。そのうちの5本を大事に携え、一緒に作った友人とともに飲み友だちのおうちへお邪魔しました。


もう1人の飲み友だちが、ビールに合うおつまみを…と中目黒のフレンチ・デリカテッセン「KAMIYA」さんのシャルキュトリーを用意してくれました。
ハムやパテなどどれもとっても美味しくて、ビールのお供にピッタリ
普段はよけてしまう脂身だけど、この美味しいハムの脂身をよけるなんて野暮でしょ!


同じくKAMIYAさんの大きなコロッケ。分かりにくいですがピロシキぐらいの大きさがあります。珍しいコンビーフのコロッケ、美味しかった〜! コロッケの具にコンビーフなんて、思いつきそうで思いつかなかったなあ。


グリーンサラダ、プチトマトとエビのアヒージョは緑と赤の補色が目にも鮮やか。


バケットと美味しいバター。パテを乗せてもまたうまし。


ターメリックで黄色く色づけられたじゃがいもとソーセージはローズマリーの風味がグッド

麦芽をたくさん使った「横浜ビアザケ」は苦みが強いのかな?と思っていたけど、とても飲みやすく、かつコクがあって「地ビールみたい!」「飽きない!」とお褒めの言葉をいただきました。
人力で作った甲斐があったというものです。
っていうか、ビールの中身の画像がないじゃん!
中身の画像はその2でご紹介します(スミマセン)。
 

伊東・まるさ食品さんの納豆2種
2013.06.25 [Tue] 08:00


伊東駅のそばにあるスーパーで地納豆を見つけたので買ってみました。
左は「ひと味ちがう田舎納豆」(1パック100g84円)、右は「静岡県産大粒」(50g×2パック147円)、どちらも伊東市のまるさ食品さんの納豆です。


こちらが田舎納豆。産地は書かれていませんが丸大豆を使用した小粒納豆で、ねばりがとにかくスゴい!豆もとってもやわらかくて、1パック100gというボリュームも嬉しい


こちらは静岡県産大粒。遠州産の大豆フクユタカを使用し天城の水で仕込んだた大粒納豆。「歯ごたえしっかり昔堅気の豆力」と書かれているとおり、しっかりとした歯ごたえと豆の存在感が素晴らしく、とても納豆らしい納豆でした。静岡でこんなにおいしい大豆がとれるなんて知らなかったな〜。


合い盛りにしたら粒の大きさの違いがよくわかります。どちらもふっくらとしてとってもおいしい ごちそうさまでした。

まるさ食品 オフィシャルサイト

 

熱海で見つけたレトロなお菓子たち
2013.06.24 [Mon] 08:00

熱海の町はレトロでキュートなお店がいっぱい。看板やウインドウのひとつひとつにいちいち反応してしまいます。












この純喫茶の中がゴーヂャスでステキらしく是非お茶したかったのですが、駅前にあるランチの場所から戻るとちょっと遠かったので断念…(再び坂道を上るのがつらかった)。


このレトロな町で見つけたレトロなお菓子。まずはみなみ製菓さんのクッキー“メキシカン”と、だいだいまんじゅう。
メキシカンは、ドレンチェリーが飾られたさっくりしたクッキー。
なぜメキシカンか? それは売っている人すら分からないらしく、自分が持っている食に関するすべての知識や経験を総動員させてみましたが、やっぱり分からなかった(笑)。

だいだいまんじゅうは熱海の名産であるだいだいの果肉や果汁を入れてねり込んだ白あん入りのおまんじゅう。だいだいのピールがアクセントになっていて、柑橘のお菓子が大好きな私はとてもおいしくいただきました。このだいだいまんじゅうは、熱海の厳選された一品を認定した“熱海ブランド”にも選ばれています。


もうひとつ、三木製菓さんの「ネコの舌」。もうこのイラストが可愛くて買ったと言っても過言ではない(笑)。「舌」の口の部分がハートになってるロゴもカワイイ! 自宅用として紙袋に入れてもらったけど、お使い物用のカワイイ箱と包装紙に包んでもらえば良かったなあ。
子どもの頃、クッキーの“ラング・ド・シャ”が“ネコの舌”の意味だと知った時は驚くやら感心するやらだったけど、それをそのまんまお菓子の名前にしちゃうなんてスゴイ!

ちなみに伊東にも同じイラストの「ネコの舌」を売っている三木洋菓子店があったのですが、サイズや焼き加減がちょっとだけ違いました。姉妹店なのかなあ。


フルーツケーキとロシアケーキもかわいい!どうやら私はドレンチェリーに弱いらしい(笑)。この昭和リッチな赤さになんだかグッときちゃうんですよね。
フルーツケーキはラム酒たっぷりで、これでもかってくらい大人風味。ワインのおともにピッタリでした
 

熱海「KICHI+」でしらすの三色丼
2013.06.21 [Fri] 08:00

伊東から東京に戻りがてら、熱海に立ち寄りました。
東海道本線や新幹線で通過するたびに、海のすぐそばに山があり、斜面に家が建ち並ぶ風景が、私が大好きなリオ・デ・ジャネイロに似ている!と勝手に思い込んでは想いをつのらせていた場所なのです。


海沿いの歩道に辿り着いて目に飛び込んできた花。あれ?これってブラジル旅行で良く目にした“ジャカランダー”じゃない? 日本にジャカランダーが?? と思ったら、そのまさかのジャカランダーだったのでめっちゃ驚きました。
やっぱりここは東洋のリオに違いない。


リオの町もこんな風にあちこちに緑と花があふれていたっけ。やっぱりどう見てもここはリオ。


高台に見えるのがコルコヴァードのキリスト様じゃなくて熱海城なんですけどね(笑)。


この日は気温もブラジル並み。汗だくで坂道を上って駅前にたどり着き、目星を付けていたお店へ一直線。KICHI+というオシャレなお店です。


しかもこちら、オシャレカフェには不似合いと思われるような、しらす丼やアジごはんをウリにしているのです。
しらす丼は生しらす、ゆでしらす、両方乗った二色丼、それに桜えびが乗った三色丼の4種類から選べ、私はやっぱりいろいろ食べられる三色丼にしました。


どうですかー、このグッドルッキンな盛り合わせ。
見た目の美しさだけでなく味ももちろん最高で、無我夢中で食べてしまいました。
ショウガが入った小鉢にお醤油を入れて回しかけるようになっていますが、生しらす以外の味付けは不要。素材が持つ適度な塩気が旨みを存分に引き出してくれていて、何もかけなくてもホントに美味しい

オシャレカフェだからってオシャレなメニューを出す必要なんてないんです。ロコモコだのアボカドなんちゃらだのを熱海のカフェで出されても全然信憑性がない。それだったら、地元の特産品を迷いもなく提供してくれるほうが、よっぽど地元のことをよくわかってる粋なオシャレだと思うのです。

KICHI+ オフィシャルサイト
 

緑風園の朝ごはん〜東海館の美麗建築
2013.06.20 [Thu] 08:00

緑風園の大浴場は13:30〜朝10時まで利用できるため、3回も入ってしまいました。シャンプー&リンスも洗顔料も化粧水もあるので至れり尽くせり。おかげさまでオデコの真ん中にあったニキビ跡がキレイになりました。

もうひとつナイスだったのが、休憩室にあったマッサージチェアが無料だったこと。ちょうど旅行の前日、あまりの肩こり&腕の痛みのため整体院で治療を受け、それでも治らなくてテーピングしてもらうほどの重症だったので、ここぞとばかりにマッサージしちゃいました。
翌朝もう一度…と思ったら、休憩室が22時〜13:30の間は閉まっていたため利用できず…残念


お風呂上がりに汗ばみながら朝食会場へ。お漬物や青菜、卵と納豆などのシンプルなメニューですが、品数が多いと朝から食べ過ぎておなかをこわしがちな私にはちょうど良い量でした


メインは伊豆らしくアジの干物。あらかじめテーブルにセットしてあるコンロに自分で火をつけて自分で焼きます。せっかちな私は焼き上がりを待つのがまどろっこしかったけど(笑)作り置きじゃなく焼きたての干物が食べられるのは嬉しかった
ただし、まわりみーんな干物を焼いてるので、かなりスモーキーになります(笑)。
そんな燻し臭が気になる人のために、出口に消臭スプレーもちゃんと置いてある気配りが素晴らしい

チェックアウトして駅に向かいがてら、伊東の観光名所「東海館」に立ち寄りました。


川のほとりに現れる、威厳のある佇まいの建物に魅せられます。


昭和3年に温泉旅館として創業し、現在は観光文化施設になっています。1997年まで現役の旅館だったんですよ。うわー、泊まってみたかったなあ(すっごく高そう…)。


ほぼすべての部屋が見学できます。どの部屋も丁寧な細工が施されたしつらえで、ひとつとして同じものがありません。窓枠とかもう、いちいちカワイイんだよなあ。


飾り窓もステキ。きりがないほどすべてがステキ。

丁寧に作られたものは古くなればなるほど“味”という風格が加わり、建物自体に品をもたらしてくれます。持ち主がその場所を大切にして手をかけてくれたからこそ、建物が恩返ししてくれているんじゃないのかなあ。
そんなことを思った東海館のひとときでありました。

東海館(伊東観光協会)

るるぶ伊豆'13~'14 (国内シリーズ)るるぶ伊豆'13~'14 (国内シリーズ)

まっぷる伊豆 (マップルマガジン) るるぶ箱根'13~'14 (国内シリーズ) るるぶ山中湖 河口湖 富士山麓 御殿場'13~'14 (国内シリーズ) るるぶ日光 那須 鬼怒川 塩原'14 (国内シリーズ) るるぶ千葉 房総'13 (国内シリーズ)

by G-Tools