カスタム検索

 

「麺家いろは」で富山ブラック
2012.03.30 [Fri] 08:00

池袋東武の12階にある「諸国ラーメン探訪区」は約1年ごとにお店が変わるユニークなスペースなのですが、初代の札幌「縁や」から始まり、新潟「潤」、旭川「蔦亭」、札幌「すみれ」、久留米「龍の家」、札幌「武蔵」、小樽「あっぱれ亭」と歴代のお店を食べてきた私にとって、新しいお店をチェックするのは恒例の儀式のようになってきています。
そのラーメン探訪区に富山のラーメン屋さんが入ったというので、食べに行きました。

「麺家いろは」さんはあの真っ黒な濃いスープが印象的な富山名物「富山ブラック」がイチオシのラーメン屋さん。東京都内で富山ラーメンが食べられるお店を見かけたことがなかったので、これは貴重な出店です♪

「富山ブラック」のスープは秘伝の魚醤を長時間煮込み、創業以来注ぎ足しながら使っているそう。


登場したラーメンは、うわーホントに黒い!そういえば北海道の西山製麺でも「黒艶醤油ラーメン」というのがあり、やはり黒いスープのインパクトがすごいのですが、食べると見た目ほどしょっぱくないのです。それを踏まえて“見た目ほど濃い味じゃない”ことを期待していたんだけど…見た目通りしょっぱかった黄色い太い麺は我がソウルフードである札幌ラーメンを彷彿させ、麺もスープも好みなんだけど、塩分がネックかなあ。このあとめっちゃ喉が渇きました(笑)。



早くも数日後、完熟みそらーめんを食べに行きました。焦がしニンニクのアクセントが効いていて、スープも味に深みがあり、味噌ラーメン星人の私も大満足でした



こうなったら全部制覇したる!と後日「白えび塩らーめん」にもチャレンジ。富山名物白エビの殻を乾燥させた「殻干し」からダシをとっているのだそう。あっさりの中に甲殻類ならではの旨みが広がり、とってもおいしかった
ひとつのお店で趣向の違った3つのラーメンが食べられるのは良いですね〜。ベーシックなラーメンのお値段が780円っていうのもグッドです(最近のラーメンは高くて…せめて1000円超えないお値段でプリーズ!)。

池袋はラーメン屋さんがありすぎて、お昼どきに悩んだ挙げ句、結局西武の屋上のかるかやでうどんを食べて満足ということが多いので、今後は麺家いろはさんも候補のひとつに挙げようと思います。

麺家いろは オフィシャルサイト
麺家いろは 池袋店(ぐるなび)

 

池袋の愛すべきパン屋さん、タカセ
2012.03.29 [Thu] 08:00

池袋の西武百貨店の向かいにある、大正9年創業の洋菓子店、タカセ。ブクラーなら一度はここでパンを買ったことがあると思います。焼きたての食パン一斤が150円(昔は100円だった!)という安さもさることながら、お店の外やショーケースに並ぶ菓子パンたちの、クラシカルなルックスとネーミングの可愛らしさにひかれて、ついつい買ってしまうのです。



こちらはカジノ。黒いチョコのほうにはカスタードクリーム、白いアイシングのほうにはホイップクリームに包まれたフルーツが入っています。



もうひとつの黒と白のペア、カステ。カステラをパンで巻いたという大胆なパン。名前もそのまんまで実にいさぎよい。中のカステラも色が違いますが、味の違いはあんまり分かりませんでした(笑)。



あんみつドーナツ。“あんドーナツ”じゃないんです、求肥が入ってるところが、誰がなんと言っても“あんみつ”なんです!これ、ほんとにたまにしかお目にかかれないレアアイテム。きっとみんなショーケースに並んだ瞬間買っちゃうぐらい大好きなんだと思うな〜。



ファンタジー。パッケージの色もロゴもカワイイ。



中はたぶんカジノと同じフルーツクリーム。このミッドセンチュリーの高度成長期なリッチさがたまりません。



アップルクーヘン。とにかくでかい!中ぐらいのお皿と同じくらいの大きさで、たしか160円。私が池袋の高校生だったら、部活の帰りに毎日これをむしゃむしゃ買い食いしてますね(笑)。パンの表面にちょっとカリッとしたアクセントをつけているのがナイス。

タカセさんのパンによく登場するリンゴのコンポートですが、これを使ったアップルパイもあるのです。以前、池袋近辺在住のグルマンの同僚が「ウチはクリスマスにもタカセのアップルパイを買うの。いろいろ食べたけどやっぱりここのアップルパイが一番おいしい!」と太鼓判を押してたっけ。今度食べてみないと!

タカセ洋菓子店 オフィシャルサイト
一口サイズのプチガトーや、昔ながらの焼き菓子、赤や緑のドライチェリーがのったクッキーなどなど、キュートな品々に心奪われまくりです。上のレストランも素敵ですよ
 

謎の料理、ホッケンハイム
2012.03.28 [Wed] 08:00

プアハウスで激辛カレーを食べた翌日、袴姿の音大生で満席のため入れなかったお店に再チャレンジしてきました。
江古田駅から少し離れた住宅街の中にある「創作グリル料理 ちから亭」さん。オムライスやハンバーグなどの定番ランチメニューの中に“ホッケンハイム”なる見慣れぬメニューを見かけ、どうしても食べてみたくって。
語感からするとドイツっぽいけど、なんとなくオランダっぽいにほいもするし、響きはグッゲンハイムにも似てるし、どうなんだ???
そんな妄想とともに鼻息荒く小走ったらば、前日とは打って変わって静かな店内だったのでやや拍子抜け(笑)。頼んだのはもちろん、ホッケンハイム!



まず出てきたのはミニミニピザ。ローズマリーが乗ってます。こちらのお店、ハーブも自家製なのだそう。



ランチのスープはオニオングラタンスープ。あっつあつです。



そしてお待ちかねのホッケンハイム登場! その正体は、チキンのトマトソース煮サフランワイルドライス添え。古白(こはく)鶏というブランド鶏を使っており、赤ワインでじっくり煮込んだトマトソースのコクと、ワイルドライスのプチプチした食感や香ばしさがナイスです。サラダのドレッシングにもハーブが使われていて、ひと手間かかってます。

やっぱり気になるので、マスターに「ホッケンハイムはこの國の料理なんですか?」と聞いてみたところ、昔ドイツに行ったときにホッケンハイムのとなりのなんちゃらハイム(忘れちゃった…あとで調べたらこの辺ほとんど地名に“ハイム”がついてた)の駅のレストランで、すっごくおいしそうなメニューがあったらしく、帰りに食べようと思って寄ったら残念ながら閉まってた…。それで自分で「多分こんな感じ」と再現して作ったのが、この料理なのだそう。
わはは!ってことは食べたことないのね! でも、そういうのスキです。これこそ“お皿の中の小さな旅”だもの。
私も、昔ブラジルに旅行したときに食べたあんなもの、ペルーで食べたこんなもの、いろいろ作ってみたくなりました。

ちから亭(ぐるなび)
 

グッデイ・グッカリー
2012.03.27 [Tue] 08:00

朝から仕事がてんこもりでお昼までに終わらず、ちょっと遅い時間にランチタイム。
いつものお蕎麦屋さんを目指したけど、おっとうっかりしてた、定休日だった!
同じ並びの洋食屋さんに行ってみたら、近くの音大の卒業式だったため、袴姿の女子大生たちがぎっしりで入れず。その先のビストロはちょうどランチ終了の時間。
どんどん遠くまで来てしまい、落ち着いたのは大好きな喫茶店、プアハウス。



キリンジの「グッデイ・グッバイ」のPVに登場するこのお店、私は今日もPVで兄樹が座ってた“高樹シート”に着席。オーダーはもちろん、名物の激辛カレー!
ティッシュが無粋だなと思うなかれ。このティッシュが重要なのですよ。



スパイスたっぷりのサラサラ系。トッピングの春菊とチーズがまたいい。



大きめのチキンがごろんと入っていて、食べごたえ十分。チーズを入れてまろやかにしたり、春菊で辛さをクールダウンしたり。ガリッと歯に当たったのはホールのクローブ。



大テーブルにはいつも季節の生花が飾られているのだけど、この日は一足早く桜の枝が。BGMはパット・メセニー。
ああいいなあ、桜とメセニー。
さっきまでやさぐれていた心がほわんとほぐれていく。
ほぐれていくけど…とにかく汗が出る!鼻水も!!
料理と一緒にティッシュが出てきた理由がお分かりいただけたでしょうか。

帰社後は信じられないぐらい大汗かいて仕事しましたとさ(笑)。

関連エントリ前回のグッディ・グッカリー

スピーキング・オブ・ナウスピーキング・オブ・ナウ
パット・メセニー・グループ

Letter From Home ザ・ウェイ・アップ Pat Metheny Group The Falcon And The Snowman: Original Motion Picture Soundtrack Travels

by G-Tools
 

私の好きな“飲むヨーグルト”
2012.03.26 [Mon] 08:00

デパートの催事場で大好きな栗駒高原ヨーグルトがセットになっていたので、つい買っちゃいました♪
ナチュラル系の食材店で時々このハニーヨーグルトを買っていたのですが、こんなにいろんな種類があったとは!



コラーゲン入り、れんこん入りなんていうユニークなものも。れんこん入りは免疫を高める効果があるそうで、花粉のシーズンにも良さそう。れんこん自体そんなに強い味ではないのでヨーグルトに馴染んでたけど、固形率が高いので“飲む”というよりは“食べる”ヨーグルトに近かったです。



栗駒高原ヨーグルトは牛乳の成分をこわさない低温殺菌処理した牛乳を温泉熱で乳酸発酵させており、乳製品のうまみが凝縮されていて、とにかくおいしい!苺ヨーグルトは秋田県秋ノ宮産の苺だけを使用し、底に沈んだいちごのつぶつぶがその美味しさを物語っています。甘みは三温糖の自然な甘み、とろみは伊那寒天を使っています。



もうひとつ好きなのが、新潟のヤスダヨーグルト。春限定の「越後姫」には新潟産の苺のピューレがたっぷり入っており、ヨーグルトの自然な酸味と苺の甘酸っぱさが相まってほんとにおいしいのです
シーズンが過ぎると蜜柑に変わりますので、「越後姫」を見かけたらぜひお試しくださいね。

飲むヨーグルトですが、時々おなかをこわしちゃうことがあるんですよね…。おなかの健康のために飲んでいるはずなのにおなかがこわれちゃうなんてどういうこと??と思っていましたが、あるとき原材料名を見て「カラギナン」や「デキストリン」といった怪しそうな名前を見つけました。
怪獣みたいな名前のこの添加物は増粘安定剤で、乳製品らしいとろみをつけるためのものです。調べてみるとやはりこの添加物で下痢などの症状を起こすことがあることが分かり、それ以来飲むヨーグルトやチルドのミルク入りドリンクを買う時には必ずチェックするようになりました。ちなみに自販機では原材料名がチェックできないので、なるべく買わないようにしています。

栗駒さんやヤスダさんのヨーグルトを飲んでもおなかもこわさず美味しくいただけるのは、この添加物を使っていないからなんですね。私のおなかのために、どうもありがとうございます