カスタム検索

 

とろ玉なっとうそば
2005.09.29 [Thu] 21:20

今日はちょっとお疲れぎみ。今朝はサウナスーツで寝たのかと思うぐらい汗びっしょりで目覚め、どうやら寝ている間に熱が出ていたみたい。帰りはラッキーなことに電車で座れたので、うとうとしながらメニューを考えるも、どうも食べたいものが思いつかない。こういう時は元気が出る3点セット、とろろ、半熟卵、納豆入りのおそばに頼るのが一番。

そういえば今朝はだるくて少なめのごはんにおつけものでさらさらっと食べただけだったな。1日1回納豆を食べないとどうもパワーが出ないんだなあ。

つるつるっと温かいおそばをおなかに入れたら、ちょっとだけ元気が出て来たみたい。明日からまた頑張ろうっと。
 

黒こしょうかりんとう
2005.09.29 [Thu] 08:00

偶然かりんとうの話題が続きますが…ワタクシいちおしのかりんとう屋さん、旭製菓さんの新製品「黒こしょうかりんとう」。ご覧の通り、まわりにあらびきの黒胡椒がまぶされていて、とってもスパイシィで甘さ控えめの大人風味のかりんとう。かりんとうと胡椒って!?とその組み合わせに驚かされますが、合うんですよこれが〜!
食べ出すと止まらないっ!やばいっ!でも食べてしまう!!魔力のあるかりんとうなのです。

胡椒を使ったお菓子は以前「おせんべいやさん本舗」の黒胡椒せんをご紹介したことがありますが、化学調味料の味で異常に喉が乾いてしまい、イマイチ絶賛することが出来ませんでした。
このかりんとうは化学調味料無添加。旭製菓さんのかりんとうは添加物なし、かりんとうでは珍しい天然酵母を使用、すべて天然素材にこだわったかりんとうなのです。

旭製菓さんのかりんとうはどれもこれも美味しくて大好きなので、ついついお友達にも「食ってみ!」とプレゼントしちゃうのですが、今のところ皆さんに気に入っていただいてます。特にお気に入りの“きんぴらごぼう大学”は先日の山ちゃんオフの時に差し上げたら皆さんに気に入っていただけてとても嬉しかったです♪ 友人からは「私が“はなまるカフェ”に出た時には絶対におめざに持って行く!」とのお言葉をいただいたほど。いつ主演するのかは全く不明ですが(笑)。

旭製菓さんのショップは保谷、田無、鷺の宮にあります。お取り寄せも出来ますので是非是非お試し下さい!

旭製菓 オフィシャルサイト

関連記事
きんぴらごぼう大学(美味しい物を僕流に)
止まらない!きんぴらごぼう大学(きき酒師ちえの料理と酒の相性研究)
竹炭かりんとう(素食讃歌) 
 

浅虫温泉名物 久慈良餅と板かりんとう
2005.09.28 [Wed] 16:10

青森県浅虫温泉の名物、久慈良(くじら)餅。上質の津軽米を製粉した米粉を、こし餡・砂糖と合わせて蒸し上げたお菓子で、ところどころに胡桃が入っているのがポイント。ういろうがさらにもっちりしたような歯ごたえで甘さは控えめで、昔ながらの竹の皮に包まれているひなびた雰囲気もグゥ。
「いく久しく慈しまれる良い餅」という願いが込められて「久慈良餅」と名付けられた伝統あるお菓子です。添加物が入っていないので日持ちはしませんが、我が家ではすぐに無くなるのでその心配はないみたい(笑)。

先日行ったあおもり北彩館でこんな会話が…。

お客「くじら餅置いてますか?」
店員「こちらにございます。ほんとの鯨じゃないですよ」

プププ名前を知ってるぐらいなら分かってるってば!と、横で笑いを堪えていた私(笑)。きっと今までに「これ、くじらなんですか?」ってたくさん聞かれたんだろうなあ。

もう一つの名物がこの“板かりんとう”。小麦粉と砂糖、塩、胡麻だけを使って油で揚げた素朴なお菓子です。甘さは控えめで、胡麻の香りがとても香ばしく、ちょっと固めのポリポリとした歯ごたえは食べ始めると止まらなくなります。こちらも天然素材のみの無添加です。

永井久慈良餅店
調べていたら「永井久慈良餅店」と「永井久慈良餅本舗」があって、永井久慈良餅店のほうが有名みたい。写真は本舗のほうです。味はどちらも同じだと思います。
なお、山形にもくぢら餅(久持良餅)がありますが全く別物です。 
 

青森の毛豆は無精髭のニクイやつ
2005.09.28 [Wed] 10:15

このブログの愛読者にはお馴染み、いつも美味しいものを送ってくれる“足長伯父さんと足長伯母さん”こと青森の親戚から、とても立派な枝豆が送られてきました。
豆の表面には茶色い毛が生えていて、まるでさっき畑からもいできたような新鮮さ。いや、もいできたみたい。だって枝とか葉っぱとか入ってるもん(笑)。これは「毛豆(けまめ)」という枝豆で、青森県では古くから栽培されてきた青森の特産物なのだそう。
枝豆に生えているうぶ毛には白毛と茶毛があり、冷凍枝豆は加工の途中で抜けてしまうけれど、新鮮なものはそのまんま。新鮮なほど毛が濃いのです。

これがスーパーの大袋にぎっしり! 我が家にある一番大きな鍋がいっぱいになるぐらいの量で、半分にすればいいのに全部一気に茹でちゃった。
ぷっくりと実の付いた枝豆は、無精髭…と言うよりは胸毛ぐらい魅惑的(?)な味でした。

一緒に送ってもらったとうきびも甘くて美味しかった〜!
夏が戻って来たみたいでちょっと嬉しかったです♪

完全無農薬 斉藤さんの毛豆 早生品種(岩木山麓片山りんご園)
9月24日から出荷が始まったばかり、今が食べ頃の青森・弘前産の毛豆です。 
 

五穀入りとり五目とおかず一品
2005.09.27 [Tue] 09:30

炊き込みご飯が食べたいっ!
でも最初から全部仕込むのは面倒くさいっ!
そういう時はやっぱり炊き込みご飯の素のお世話になるのだ!

最近発売されたキッコーマンの“うちのごはん”シリーズはなかなか秀逸で、化学調味料、着色料、保存料も無添加で、天然素材を使った、からだにもおいしいシリーズ。 
炊き込みご飯の素は具材以外にいりごま、押麦、発芽玄米、キヌア、もちきびの五穀入り小袋が付き、炊飯器に入れるだけでオッケイ。

残念ながらパッケージほど具材たっぷりではありませんでしたが(笑)お醤油屋さんならではの特製しょうゆのしっかりした風味と、五穀のプチプチした食感が美味しかったです。出来れば、もうちょっと具が多い方が嬉しいなあ〜。

うちのごはん オフィシャルサイト

夏にダラダラしてまともに料理をしなかったおかげで、冷凍庫のものや乾物類が増殖してしまい、賞味期限やら何やら大変なことに! 急遽“在庫一掃調理大会2005・秋”を開催。

今日は冷凍していた鱈と高野豆腐、白菜、白滝で薄味の煮物。買った時は良い鱈だったはずなのに、冷凍・解氷するとやっぱり味が落ちますね…。これからは良い素材はなるべく早く料理しようとしみじみ思いました。
高野豆腐は賞味期限切れがまだ一袋(しかも大袋)あるのです。これから高野豆腐のメニューがグンと増えそう…。