カスタム検索

 

ミックス・パエリア
2005.07.31 [Sun] 14:00

だいぶ前に買ってあったパエリアの素の賞味期限が切れそうだったので、大慌てで作ってしまいました。ミックス・パエリアというと聞こえは良いのですが、冷蔵庫一掃メニューです(笑)。シーフードミックス(四角いごろんとしたものはイカです)、ピーマン、パプリカ、ゆで卵。パエリアの素はS&Bのすぱいす族というシリーズなのですが、あんまり見かけないところを見るともう出回ってないのかも。どれだけしまい込んでいたか分かりますね
パエリア・パンは以前買ったスペイン製の“素”とセットだったもので、おまけみたいな安っぽさはありますが、出来上がりはそれなりにサマになります。使わないと錆びそうなのでたまには使ってあげないとね。

パエリアパン付きパエリアの素(メルカード・イベリア) 
 

あぶら麩チャンプルー
2005.07.30 [Sat] 10:05

沖縄の郷土料理フーチャンプルーを仙台のあぶら麩を使って作ってみました。作り方はフーチャンプルーと一緒です。

水で戻したあぶら麩の水気をしぼって、塩胡椒をした溶きたまごに漬けておきます。油をひいたフライパンで先にお麩を炒め一度取り出したあと、にらともやし(具はお好みで)を炒めたらお麩も加え、お醤油、塩胡椒で味を調えて出来あがり。

しゅわしゅわのあぶら麩と卵のからみが絶妙で、とても美味しかった!また作ろう〜っと♪

画像を見るとなぜかフレンチトーストを思い出す(笑)。パン・グラタンでもイケルかも!なんて思いついてしまいました。

あぶら麩 各種(みやぎ豆工房 福栄屋)
 

天下一品わかさいも
2005.07.29 [Fri] 08:40

北海道・洞爺湖銘菓「わかさいも」。北海道にいた頃は「白い恋人」と同じくらい“気が付くとなんとなく家にあってたまに食べてたお菓子”のひとつです。先日セブンイレブンのレジ横でお手ごろ価格の6個入りを発見し、思わずカゴに入れてしまいました。恐るべし、レジ横マジック。

地元虻田町の特産品である大福豆を使った白あんと、ほんのりと焦げたお醤油の風味が香ばしい皮。そしてあんの中には甘さを引き立てる“あるもの”が。
実は私も気がついたのはかなり大きくなってからなのですが、右の写真、切り口に糸のような筋が入っているのが見えますか? これ、昆布なんです。
説明書きによるとおいもの筋を表現しているそうで…それは今日初めて気がついた(笑)。
でも、昔食べたのはもっと昆布っぽかったような…気のせいかなあ?

 
洞爺湖のそばにある有珠山が2000年に噴火したのは記憶に新しいことですが、私が住んでいた頃にも噴火したことがあります。かなり離れているのに火山灰が降ってきて驚いたことを覚えていますが、その後には有珠山噴火にちなんで「うすまん」というお菓子が出ました。ピンチをチャンスに変えていく商売魂、素晴らしいと思います。

わかさいも本舗 オフィシャルサイト 
 

土用の丑の日にひつまぶし
2005.07.28 [Thu] 12:50

今日は土用の丑の日。ということで近所の和食レストランにうなぎのひつまぶしを食べに行きました。縁起物(?)だしね。今日は食べといた方がいいよね(何に言い聞かせている?)。
ひつまぶしの他、茶わん蒸し、エビ天つき茶そば、お漬け物、お味噌汁付きとかなりのボリュームです。

一緒にひつまぶしの食べ方のしおりが付いてきました。
まずはそのまま、そしてとろろとわさびをのせてうなとろで。タレも甘すぎず、うなぎもふんわりしてなかなか美味しいです。

 
最後は土瓶蒸しの中の舞茸や野菜を加え、おだしをかけて。ここで私はすっかり忘れていた山椒の存在を思い出しました。ひつまぶしは小盛りで3杯ついでもまだ余っていたので、最後は山椒をたっぷり入れたお茶漬けでいただきました。この刺激、最高です。ふぅ〜、おなかいっぱい!最後にかき氷でも…と思っていたけど、とても入るスペースはありませんでした。このセットにおそばは要らないと思う…。

うなぎは油っこいので、特に大好き!というわけではないのです。うな重なんて飽きちゃって半分も食べられないかも…。なので“ひつまぶし”という料理の存在を知った時、私のためのうなぎ料理だ!と思ったくらい。特に最後はお茶漬けでサラサラっと…と考え付いた機転の良さ。私と同じように「飽きちゃうけど何とかして食べてやろう」と考えた食いしん坊がいた親近感(笑)。
最初は必ず「ヒマつぶし」と読み間違えていましたが、最近では「ヒマつぶし」か「櫃まぶし」か読み直すぐらい成長しました。
それにしても汗だくです…ごちそうさまでした! 
 

ガラナ1ケース到着!
2005.07.27 [Wed] 10:25

私は「lanchonete*brasil」というブラジル音楽のブログもやっているのですが、ブラジルではコカコーラと同じくらい飲まれている炭酸飲料、ガラナ・アンタルチカの日本語オフィシャルサイト開設のキャンペーンでバナー広告を貼ってくれるブラジル関連サイトを募集していたので気軽に応募したら、相互リンクして下さった上に1ケースもいただいちゃいましたっ!恐縮ですっ!!
そのガラナ・アンタルチカが1ケース送られてきました!

 
滋養強壮効果があると言われているガラナの実のエキスが入った炭酸飲料で、スッキリした飲み口は軽いジンジャーエールのよう。北海道のコアップガラナほど甘くなく、炭酸もきつくないので飲みやすく、夏の暑い日にグビ〜ッと行きたくなります。・・・ということで台風一過のこんな暑い日はもちろんグビ〜ッ!(笑)。
アンタルチカはブラジルのサッカー・ナショナル・チームのオフィシャル・スポンサーでもあり、ロナウドがメインキャラクター(?)を務めています。トレーニング・ウエアにはこのロゴがついているので、TVで練習風景を見るたびにのどが渇きます(笑)。

ガラナ アンタルチカ
アマゾン原産100%の種子を使用したガラナ(ブラジル読みでグァラナー)。アンタルチカというブランドのものが有名で、ブラジルに向かう飛行機の機内サービスで見かけると「ああ、ブラジルに来たなあ」と実感が湧いて来ます。

 ガラナ・アンタルチカ オフィシャル・サイト(荒井商事)
ガラナが買える店・飲める店の一覧もありますので、お店を探して飲んでみて下さいね。