カスタム検索

 

年末のランチあれこれ
2018.12.28 [Fri] 07:00

健康診断も無事に終わり、いろんな数値がちょっとずつ改善されたことが分かり、気が大きくなったところで自粛していた「ラーメン隊」で熊本ラーメン。あ〜、やっぱりここのとんこつラーメンは美味しいなあ。美味しいから食べすぎるんだよなあ。いかんいかん。再度封印!次に食べるときは今の職場を辞める時だと決めた(笑) 。

今年の冬は意外と暖かいので、恵比寿ガーデンプレイスの外ランチもまだOK。インド料理店「スワガット」の気まぐれ弁当にピカタみたいなのがあったので買ってみたら、白身魚だった! インド料理で魚は意外だったけど、これがまた美味しくてすっかりお気に入りに。
いかんせん気まぐれ弁当なので次にいつ出会えるのかは分からないけど、楽しみが一つ増えた

恵比寿三越地下の食品売り場では和食、ベトナム、インド、韓国、中華とバラエティ豊かなお弁当が揃っているのに、唯一洋食系がないのです。ハンバーグとかオムレツっぽいものが食べたいな〜と思っていたら、催事で出店していた「スパニッシュココ」のバエリア弁当があったので買ってみました。いろんなおかずがちょこちょこ入っていて楽しい♪

ランチの外食はほとんどしなくなったけれど、2年ちょっと一緒に働いた同僚が職場を去ることになり、最後に美味しいランチでも…と「裏恵比寿 まました」というお店へ。毎日通りかかっているのに入るのが初めてなのは、恵比寿三越で買うお弁当の倍くらいのお値段だから
サラダのドレッシングが美味しかった!(イタリアンレストラン「キャンティ」のドレッシングに近い味)

日替わり御膳はメインに香の物とお豆腐付き、ごはんもツヤツヤ。この日はメカジキのフライで、魚はふわふわ、衣はサクサクで美味しかった

本日で今年の業務は終了。みなさん、お疲れ様でした!そしてお疲れ、自分!
来年のランチはどうしましょうかね〜。


 

ご無沙汰してました!
2018.12.25 [Tue] 07:00

気がつけば前回のエントリから1ヶ月以上経ってしまいました。特に何かあったというわけでもないのですが、しいて言えば、映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観てすっかりQUEENにハマってしまい、毎日QUEENについて調べるのに忙しかったというのが理由かな(笑) 。

八王子在住の友人を誘って、2回目の『ボヘミアン・ラプソディ』を立川で鑑賞。2人ともそんなに熱心なQUEENファンではなかったのに、映画を観終わったあと胸がいっぱいになり、しばし言葉が出ない状態。友人は涙目のまま「なんも言えねえ…」と口に出すのがやっとでした。
映画の後は「エミリーフローゲ」というカフェでお茶。紅茶とともに、私は和栗のモンブラン、友人はピスタチオのケーキをいただきながら、QUEENについて思う存分語り合いました。
途中にあった「マイアミ」という名前のお店にめっちゃ惹かれたことは、映画を観た方ならお分りいただけると思います(笑) 。

なんかもー、このコーフンを語り尽くすにはお茶なんかじゃ物足りないよね?ってことで、サイゼリアへ移動。カラフェのワインとともにちょっとしたおつまみをいただきました。ちなみに私はブライアン派、友人はロジャー派。

本物のブライアンが、役者さん演じるブライアンのウィッグを直してあげてるシーンにほっこり(インタビュー動画はこちら)。




12月中旬には、和歌山に一緒にパンダを見に行った友人と江古田で待ち合わせ。駅ナカのコンビニの壁がパンダのトリックアートになっていて、顔がファンシーじゃなくリアルなパンダなのがナイスなポイント。本物のパンダが一番かわいいに決まってるからね

中もすごいことになっていて、床にパンダの絵が!この写真を撮るために他のお客さんが待ってくれたりして、スミマセン

江古田の目的はパンダではなく“パン”。パーラー江古田をはじめとする美味しいパン屋さんがひしめき合っている地帯なのです。何軒か回ったあと、「江古田ヘム」というベトナムカフェでお茶をしました。

友人は練乳入りのベトナムコーヒー、私は蓮の葉茶。食器もインテリアもかわいい〜 すごく寒い日だったので温まりました。
友人に、QUEENにハマってることを伝えると、友人の職場にも筋金入りのQUEENファンがいて、映画を強く推されたそう。忘年会のカラオケはQUEEN三昧だったらしく、その忘年会に混ざりたかった(笑) 。
QUEENのことをよく知らない友人に「こんなにハンサムなんだよっ!」と画像を見せてあげたら「ロジャーがいい」だって。どうやら日本の女子の好みはロジャーのようですね



 

もはや週1ペースの上野
2018.06.28 [Thu] 08:00

先週に引き続き、上野でパンダ。今回は友人と一緒だったので2時間待ちもあっという間でした。シャンシャンのバースデーウイークが過ぎて、ちょっと落ちついた感じかな?
まず最初はリーリー。いつも最高のポジションで待っていてくれる彼のサービス精神がスキ

続いてシンシン。やっと起きててくれた。ニョキニョキと差し入れられた竹を夢中で食べていました。このアングル、横笛吹いてるみたいだね。丸っこい後ろ姿がたまらない

そしてシャンシャン。並んでる時点で外のギャラリーがざわついていたので、もしや…と思ったら、やっぱり木の上で寝てました。座って寝るには体がはみ出てしまうのでこの体勢になってしまうようなのですが、たれパンダというか干しパンダ状態のシャンシャンの“もふ尻”がかわいすぎて、寝てるだけなのにどんだけカワイイんだ!とつっこみたくなりました。

このあとはパルコヤでパンダグッズをチェックしたあと、上野松坂屋〜アメ横を見て回り、アメ横のアジアンな屋台料理店の匂いと喧騒に刺激され、かなりおなか空き空きに。17時になって予約していたお店「GABB86 上野店」へ。EPARKのポイント交換プログラムでEPARK iwauの5,000円キャッシュバック・クーポンを利用しました 3時間飲み放題のデラックス・プラン4,860円。キャッシュバックで1人2,430円という驚異のコストパフォーマンス!

生ハムとチーズの盛り合わせ、日替わりの前菜は大好きな鴨のスモーク まだ明るい時間のため自然光できれいに写ってます

続いてローストビーフのサラダ。パルメザンチーズがたっぷりかかっていたので、ドレッシングなしでも美味しかったです。

旬魚のカルパッチョは生ダコとサーモン。

グランプリ金賞の唐揚げとシューストリングポテトの盛り合わせ。からあげ王選手権で金賞を取った「夜王」の唐揚げらしいですが、なぜこのお店で出しているのかは謎。フツーに美味しかったです。
3時間のコースだったのに、30分くらいの間にこれらの料理がどんどん出てきてテーブルがいっぱいに この日友人と会ったのは、夏休みにパンダを観に行くツアーのミーティングをするためだったのに、そんなスキもないくらい食べるのに忙しかった…。

トロトロビーフシチューのチーズ焼。お肉はほろほろ、ドミグラスソースもコクがあって美味しかったけれど、ポテトのほうが量が多いね(笑) 。友人はこの辺りでお芋の食べ過ぎで苦しくなってました。

メインは牛ハラミ、牛リブロース、牛霜降りサーロインの3種類から選べるステーキ。サシの多いお肉が苦手になってきたミドルエイジの私の一存で牛ハラミを選びました。じゅうじゅうと焼きたての状態で登場し、シズル感あふれていました。久しぶりにステーキ食べたな〜。
ドリンクは、ビールは金麦(それビールじゃない)、ワインはカルロ・ロッシとまあそれなりの銘柄でしたが、ワインはグラスになみなみだし、初めて飲んだジムビームのハイボールが予想外に美味しかったという新たな発見もありました

アニバーサリープレート付だったのですが、私も友人も10月生まれ。なのでシャンシャンの誕生日をお祝いしました シャンシャンが生まれなかったらパンダに興味を持つこともなかったし、パンダをテーマに旅行することなんてなかったかもしれない。私の人生に新たな歓びを与えてくれて、ありがとねシャンシャン
手前はシューアイス、奥はムースケーキと、甘酸っぱいベリーのチョコケーキ。ちょっと糖分とりすぎだったけど、たまにはいっか。

お店の方も感じがよく、コース料理も滞りなく提供され、ちゃんと美味しくて、何しろ3時間のフリードリンクというのが最高!EPARKの口コミを見ると良くない評価も多くて心配していましたが、私たちは何の問題もなく美味しくいただきました。日によってムラがあるのかしら。

この時点でまだ8時台。春に来た時にも二軒目で訪れた「上野 ワインバル 八十郎」へ。もちろんEPARKのキャッシュバック特典利用です
ドリンクは辛口のシェリー、アモンティリャードのソーダ割り“レブヒート”。お通しのオリーブが美味しい

お芋と肉はもういいよね?ってことで、ポテト抜きにしてもらった前菜の盛り合わせ。はまぐりのバジルソース、キッシュ、レバーパテ、ベビーコーンがにょきにょきと盛り付けられたラタトゥイユに、食べられるお花エディブルフラワーも添えられ、見た目もステキです。
3種盛りなのに1種おまけしてくれるところも気が利いてます
ホントは1軒目からいろいろ飲んだり食べたりしたいお店なのに、いつも2軒目でスミマセン
友人は調子が戻らず、このあとサッカー日本代表の試合もあったので、私もワインを1杯お代わりしただけでお開きとなりました。閉店にはまだ早い時間だったけど、私たちが最後。みんなサッカー観戦のために早く帰ったのかな?

おめでとう! シャンシャン 誕生1年記念フォトブック 【特製シール付き】おめでとう! シャンシャン 誕生1年記念フォトブック 【特製シール付き】
高氏 貴博

シャンシャンいちねんあるばむ 【DVD】まるごとシャンシャン (<DVD>) 大人のおしゃれ手帖 2018年 8月号 シャンシャンeveryday (e-MOOK) DVD版 ぜんぶシャンシャン (メディアックスMOOK) シャンシャンお楽しみBOX (e-MOOK) 卓上 万年 日めくりシャンシャン カレンダー シャンシャン1歳おめでとう ぷくぷくシールつきBOOK (TJMOOK) カレンダー2019 こっちむいてシャンシャン! シャンシャンの夏休み 夏の思い出ポストカードブック

by G-Tools
 

テイクアウトのはしご
2018.06.11 [Mon] 08:00

7月16日まで何度でもキャッシュバック特典が受けられるようになった「EPARKテイクアウト」。まだまだテイクアウトできるお店は少なめですが、西武池袋線沿線の東久留米に複数のお店を見つけ、テイクアウトのはしごをしてきました。

まずは「サパナ 東久留米店」で“モモ”と“サモサ”を。ウエットティッシュを入れてくれたのが優しい〜
ネパール風小籠包“モモ”は鶏ひき肉を使っている所もありますが、ここのはしっかりと羊肉でした!独特のスパイスで味つけてあって、おいしひ 添付のソースが普通のトマトケチャップだったのはちょっと残念。サモサにもついていたけど、インドではトマトケチャップをつけるものなのでしょうか? この料理にトマトケチャップは要らないと再度お伝えしておきます。
サモサは「メロ・カレーハウス」とはスパイスの配合や具材も少し違い、クミンシードは入っておらず、お豆の分量が多めでした。厚めの生地も素朴な感じで、インドのおふくろの味といったところ(食べたことないけど)。

続いては、関東をはじめ全国にチェーン展開している焼き鳥屋「とり鉄 東久留米店」で焼き鳥を3種類。
一本で四つの部位が楽しめるという“混ざり”の白と赤、そして大好きなぼんじりを塩で2本ずつ。
“白”はもも、皮、ムネ、せせりのお肉系。“赤”はハツ、ぼんじり、レバー、砂肝の内臓系。こういう串は初めて。どれも美味しかったのですが、ぼんじりの小骨が下処理されていないのだけがちょっと気になりました。

最後は「やきとりの扇屋 東久留米駅前店」、こちらもチェーン店のようです。焼き鳥だとかぶってしまうので、とり鉄にはなかった手羽先揚げの“バリテバ9本パック”をテイクアウト。甘辛いタレがまぶされていますが、しょっぱ過ぎないのがグッドです

1080円以上の注文で、1店舗につき1日1回1000円がキャッシュバックされます。1度申請すれば期間中すべての対象注文をキャッシュバックしてくれるので、楽チン。お店がさらに増えてくれるといいな

過去のEPARKテイクアウト
大泉学園「メロ・カレーハウス」でテイクアウト
大泉学園「メロ・カレーハウス」で再びテイクアウト
水道橋「いわま餃子」のすんごいテイクアウト

持ち帰りたいインド: KAILASとめぐる雑貨と暮らしの旅持ち帰りたいインド: KAILASとめぐる雑貨と暮らしの旅
松岡 宏大 野瀬 奈津子

南インドカルチャー見聞録 [雑誌]旅行人166号 (インド、さらにその奥へ、1号だけ復刊号) TRANSIT(トランジット)35号夢みる南インドとスリランカ (講談社 Mook(J)) 5 地球の歩き方 aruco インド 2014~2015 (地球の歩き方 aruco 5) 河童が覗いたインド (新潮文庫) D28 地球の歩き方 インド 2017~2018 インド ラージャスターンのカラフルな街 (私のとっておき) インド旅行記〈1〉北インド編 (幻冬舎文庫) インド神話入門 (とんぼの本) タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる

by G-Tools
 

S&B「きざみパクチー」を買ってみた
2018.04.11 [Wed] 08:00

急に暑くなったある日の夕方、なんだか無性に南の国の料理が食べたくなり、タイの春雨サラダ“ヤムウンセン”を作ることにしました。
2〜3年前はちょくちょく作っていたのに、ある時急激にパクチーに飽きてしまい、作らなくなっちゃった。レシピを思い出して材料を買ったけど、セロリを買い忘れたり、ひき肉を買い忘れたり、足りないものばっかり 生のパクチーもすぐ食べないと風味が飛んでしまうので、S&Bの「きざみパクチー」というチューブ入りを買ってみることに。

いろいろ足りないヤムウンセン完成(笑) 。でも、そこそこ美味しくできました。「きざみパクチー」の原材料を見ないで買ったら、これって味つきだったのね しょっぱいなあ…。これを入れる時はナンプラーを控えめにしないと。

翌日、チャーハンの味付けに使ってお弁当にしました。うんうん、美味しい!トッピングより炒め用の味付けでちょうどいい。

おまけ。半額になった天然ブリのお刺身をヅケにして、大分の郷土料理“りゅうきゅう”を作りました。いつものように柚子胡椒を入れたけど、これも結構な塩分…。減塩生活をして気づいたのは、無意識に塩をとりすぎているということ。美味しいものってしょっぱいのよね〜。