カスタム検索

 

「恵比寿ガーデンカフェ」続報
2019.02.01 [Fri] 07:00

恵比寿ガーデンプレイスのオフィスワーカー向けカフェテリア「恵比寿ガーデンカフェ」。先週は、その場で調理してくれる「LIVE」、メイン1品サイド2品が選べる「PLATE」、日替わりと週替わりの2種類のカレー「CURRY」を試してみたので、今週は他のコーナーを試してみました。

「NOODLE」コーナーは日替わりと週替わりがあり、日替わりの白菜煮込みラーメン515円。神座の「おいしいラーメン」みたいなのを想像していたけど、う〜ん、だいぶ違った。

メニュー名は「横浜もやしあんかけラーメン」のはずなのに、あんはほとんどない。だったらもう、もやしラーメンでええやん!あんかけマニアの意気消沈

かけそば308円。かき揚げや小鉢に入った半熟卵やとろろなどのトッピングもあるので、きのこおろし83円をプラス。ポットに入った蕎麦湯もありました。
私が通勤している恵比寿〜目黒間には都心によくあるファスト蕎麦屋がほとんどないので、貴重な存在かも。

量り売りのビュッフェ「g(グラム)deli」にもチャレンジ。取り分けた最後にビュッフェのお皿だけを計量します。これで400円くらい。ごはんとスープは別料金で、この日はミネストローネ、130円くらい。
料理は一列に並べられているので、列が進まないとメニューの全貌が分からないため、何をどれだけ取るか配分が難しく、ホテルのビュッフェみたいに後戻りも出来ないので、一発勝負で選ぶ必要があります。保温はしていないので料理が熱々というわけではなく、そしてチャーハンとドリアのごはんがやっぱり…(以下略)。
スープは量り売りではないのでたっぷり注いだけど、しょっぱいのね〜ん

後日、野菜のおかず多め+パンとスープにしてみました。全部で600円くらい。ドレッシングは計量後に入れます。
炭水化物なしにすればローカーボのランチとして利用できそうですが、何しろ料理を取り分けてる時に後ろから追いまくられる感じがやっぱり苦手

ディスったコメントばかりでスミマセン ここに足が向かなかった理由がわかった気がしました。早く春になって外でお弁当食べたい…。

カフェのメニューはいろいろあり、スタバで買うよりリーズナブル。

17時からは敷地内に本社があるサッポロビールのアルコールが飲めるみたいです。
あと、Wi-Fiが使えたり、コンセントがある席で充電できたり、相席の会社員さんたちの会話を聞くという楽しみもあります♪(無理矢理フォロー)

 

「恵比寿ガーデンカフェ」に初潜入
2019.01.25 [Fri] 07:00

恵比寿ガーデンプレイスは商業施設だけでなく、高くそびえるオフィス棟もあります。そのオフィスワーカー向けのサービスとして「恵比寿ガーデンカフェ」というカフェテリアがあるのですが、一般の人でも入ることができます。だいぶ前から存在は知っていたのですが

1. 並んでる間にメニューを決めなくちゃいけないセルフのお店が不安
2. 大都会のランチタイムに座れる席があるのか不安
3. 支払方法がSuica、PASMOまたは専用のICカードのみでちょっと不安

という不安に次ぐ不安のため(こう見えて割と心配性)なかなか行けずにいたのですが、意を決して初潜入してきました。

恵比寿ガーデンプレイスのスタバの横のエスカレーターで3階に上がったところにあります。なんかすごくザックリした説明。各コーナーの説明がもっと欲しい。

入り口にその日のメニューのサンプルが置いてあるので、イメージしやすいです。

「LIVE」はその場で調理してくれる日替わりメニュー、「PLATE」はメイン2種から1品、サイド3種から2品が選べるワンプレートメニュー、奥には日替わりと週替わりの2種類のカレーを提供している「CURRY」、産地直送の野菜を使ったサラダ「MARCHE」、さらに奥にはうそどんやそば、ラーメンの「NOODLE」、そしてフロアの中央には量り売りのビュッフェ「g(グラム)deli」、入ってすぐのところにはパンやコーヒーが買えるカフェがあります。

ます初日は「PLATE」。メインは牛肉のオイスターソース炒め、サイドは帆立と大根のわさび醤油和えと、ほうれん草と白滝の胡麻和えにしました。ごはんとお味噌汁は別料金で、合計691円。
野菜多めだし、ごはんは白米以外に雑穀入りやSサイズがあるのも嬉しいのですが、肝心のごはんがあんまり美味しくない 昔働いていた印刷工場の社員食堂がこういうごはんで、ごはんは持参しておかずだけ買っていたことを思い出しました。

翌日は「LIVE」の鶏竜田の卵とじ丼。ちゃんと三つ葉も乗っていて、お味噌汁付きで617円。あとで見たら1019kcalもあったのでビビりました 竜田揚げじゃなくて普通の鶏肉でいいのになあ…。

その翌日は「CURRY」コーナーで日替りの鶏肉と野菜のスープカレー。またもや揚げた鶏が入ってるので833kcal。スープカレーの味は美味しかったけど、なんか冷めてた ぬるいスープカレーってどうなの…。そしてやっぱりごはんが美味しくなーい!

心配していた座席もさほど問題なく座れ、支払いはPASMOで楽チン。店内も明るくてオシャレなのですが、いかんせん料理やサービスが学食や役所の食堂の域を脱しておらず、普通のレストランよりはリーズナブルとはいえ、この高カロリーランチを食べ続けたらかなりやばいかも(笑) 。
とりあえず他のコーナーのメニューも全部試してみることにします。

 

食品廃棄救済友の会
2019.01.21 [Mon] 07:00

最近恵方巻きの食品ロスがニュースになったりしていますが、何もイベントの食品に限ったことではなく、普段から「なんだかなあ」と思ってしまうことが多々あります。
私の家の近所に、物の価値がわからないのか、高級食材を半額で投げ売りするスーパーがあります。かなりの頻度で割引になっていることが多く、売れ残るって分かってるんだったら仕入れなきゃいいのに…と思ってしまうのですが、お客のニーズと品揃えが合っていないことに気づいていないのかしら。

岩手山の鴨肉が半額以下。シンプルに焼いて醤油で味つけただけだけど、んまーい!

こちらは寄せ鍋の具のセットと鶏のハツをガーリックオイルで焼いてハーブ塩で味つけたもの。ホタテ大好き星人なので、ホタテが投げ売りされてるのを見るとどうしても救済せざるを得ないという謎のサガが働いてしまいます。

まあまあのお値段がするラム肉も割引になっているのを見つけるたびに買って冷凍しておき、まとめてインドカレーにしちゃいます。1時間ぐらい煮込んだのでラムが柔らかくなり、とってもオイシヒ インドの長いお米、バスマティライスで作ったターメリックごはんと最高のマッチング

日本は食料自給率が低いにも関わらず、廃棄の量が多い国でもあります。クリスマスに大量に殺されるチキンとか、貴重なミルクで作った生クリームやバター、季節外れに灯油をたいてハウスで大切に栽培したイチゴを使っているのに売れ残ったケーキとか、お正月のおせちとか、売れ残る(廃棄する)ことを想定されて作られるのは食材として不本意です。命あるものを美味しくいただくのが食べる側の責任です。売る方に踊らされるのではなく、買う方もよく考える必要があるのではないでしょうか。

 

年末のランチあれこれ
2018.12.28 [Fri] 07:00

健康診断も無事に終わり、いろんな数値がちょっとずつ改善されたことが分かり、気が大きくなったところで自粛していた「ラーメン隊」で熊本ラーメン。あ〜、やっぱりここのとんこつラーメンは美味しいなあ。美味しいから食べすぎるんだよなあ。いかんいかん。再度封印!次に食べるときは今の職場を辞める時だと決めた(笑) 。

今年の冬は意外と暖かいので、恵比寿ガーデンプレイスの外ランチもまだOK。インド料理店「スワガット」の気まぐれ弁当にピカタみたいなのがあったので買ってみたら、白身魚だった! インド料理で魚は意外だったけど、これがまた美味しくてすっかりお気に入りに。
いかんせん気まぐれ弁当なので次にいつ出会えるのかは分からないけど、楽しみが一つ増えた

恵比寿三越地下の食品売り場では和食、ベトナム、インド、韓国、中華とバラエティ豊かなお弁当が揃っているのに、唯一洋食系がないのです。ハンバーグとかオムレツっぽいものが食べたいな〜と思っていたら、催事で出店していた「スパニッシュココ」のバエリア弁当があったので買ってみました。いろんなおかずがちょこちょこ入っていて楽しい♪

ランチの外食はほとんどしなくなったけれど、2年ちょっと一緒に働いた同僚が職場を去ることになり、最後に美味しいランチでも…と「裏恵比寿 まました」というお店へ。毎日通りかかっているのに入るのが初めてなのは、恵比寿三越で買うお弁当の倍くらいのお値段だから
サラダのドレッシングが美味しかった!(イタリアンレストラン「キャンティ」のドレッシングに近い味)

日替わり御膳はメインに香の物とお豆腐付き、ごはんもツヤツヤ。この日はメカジキのフライで、魚はふわふわ、衣はサクサクで美味しかった

本日で今年の業務は終了。みなさん、お疲れ様でした!そしてお疲れ、自分!
来年のランチはどうしましょうかね〜。


 

ご無沙汰してました!
2018.12.25 [Tue] 07:00

気がつけば前回のエントリから1ヶ月以上経ってしまいました。特に何かあったというわけでもないのですが、しいて言えば、映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観てすっかりQUEENにハマってしまい、毎日QUEENについて調べるのに忙しかったというのが理由かな(笑) 。

八王子在住の友人を誘って、2回目の『ボヘミアン・ラプソディ』を立川で鑑賞。2人ともそんなに熱心なQUEENファンではなかったのに、映画を観終わったあと胸がいっぱいになり、しばし言葉が出ない状態。友人は涙目のまま「なんも言えねえ…」と口に出すのがやっとでした。
映画の後は「エミリーフローゲ」というカフェでお茶。紅茶とともに、私は和栗のモンブラン、友人はピスタチオのケーキをいただきながら、QUEENについて思う存分語り合いました。
途中にあった「マイアミ」という名前のお店にめっちゃ惹かれたことは、映画を観た方ならお分りいただけると思います(笑) 。

なんかもー、このコーフンを語り尽くすにはお茶なんかじゃ物足りないよね?ってことで、サイゼリアへ移動。カラフェのワインとともにちょっとしたおつまみをいただきました。ちなみに私はブライアン派、友人はロジャー派。

本物のブライアンが、役者さん演じるブライアンのウィッグを直してあげてるシーンにほっこり(インタビュー動画はこちら)。




12月中旬には、和歌山に一緒にパンダを見に行った友人と江古田で待ち合わせ。駅ナカのコンビニの壁がパンダのトリックアートになっていて、顔がファンシーじゃなくリアルなパンダなのがナイスなポイント。本物のパンダが一番かわいいに決まってるからね

中もすごいことになっていて、床にパンダの絵が!この写真を撮るために他のお客さんが待ってくれたりして、スミマセン

江古田の目的はパンダではなく“パン”。パーラー江古田をはじめとする美味しいパン屋さんがひしめき合っている地帯なのです。何軒か回ったあと、「江古田ヘム」というベトナムカフェでお茶をしました。

友人は練乳入りのベトナムコーヒー、私は蓮の葉茶。食器もインテリアもかわいい〜 すごく寒い日だったので温まりました。
友人に、QUEENにハマってることを伝えると、友人の職場にも筋金入りのQUEENファンがいて、映画を強く推されたそう。忘年会のカラオケはQUEEN三昧だったらしく、その忘年会に混ざりたかった(笑) 。
QUEENのことをよく知らない友人に「こんなにハンサムなんだよっ!」と画像を見せてあげたら「ロジャーがいい」だって。どうやら日本の女子の好みはロジャーのようですね