カスタム検索

 

八王子「ミスキー」でペルー料理
2019.01.29 [Tue] 07:00

八王子在住の友人を誘って「MISKY(ミスキー)」というペルー料理屋さんに行ってきました。こちらのお店は16年も営業しているそうで、2019年2月末日まで単品飲み放題無制限1500円というコスパ高すぎの記念イベントを行なっており、これに乗っかった次第でございます。私ってばこういうの見つけるのが天才的だわ


お通しはカンチャというポップコーンのようなおつまみ。ビールが一番搾りで嬉しい

前菜はペルーの代表的料理「セビチェ・デ・ぺスカド」という白身魚のマリネ。このソースが美味!
料理のソース以外にオリジナルの3種類のソースが出され、どの料理につけても良いそう。右は辛さがあとからくるブラックミント、真ん中はガツンとパンチのあるニンニクとパセリ、左はピーナッツと唐辛子。どれもとても美味しくて、ペルー風揚げ春巻き?「エンロヤド・デ・ポヨ・ハモン・イ・ケソ」にあれこれつけていただきました。ポヨ=チキン、ハモン=ハム、ケソ=チーズね。去年6ヶ月スペイン語を勉強したのに、文法は忘れても食べ物の単語はバッチリさ

どれもあまり馴染みのない料理ばかりでメニューの読書に時間がかかるのですが、読み進めるうちに「帆立」の文字を発見!「コンチタス・ア・ラ・パルメサナ」は帆立のパルメザンチーズ焼き。ホタテ大好き星人にはたまらないメニュー チーズの塩気にお酒が進みます。
まとめて焼いてもいいものを、わざわざちょこっとずつカップホイルで焼いて器に盛って四つ葉の形にするなんて、手間がかかって気が利いてます。

そして鴨好きな私が目ざとく見つけたのが「アロス・コン・パト・ア・ラ・セルベザ」。ビールで煮込んだ鴨肉とペルーのコリアンダーペーストで味つけしたごはんで、ごはんがスパイシィで美味しひ 本場では鴨のモモ肉がドーンと1本乗っているらしく、いつか本場で食べてみたいなあ。

デザートはペルー風プリン「クレマ・ボルデアタ」と、ペルーの果物「ルクマ」を使った手作りアイスの盛り合わせ。ルクマはカボチャのような栗のような食感だけど味はキャラメル??何にも例えられない初めて食べる味でしたが、香ばしくて美味しかったです。
私はシナモンとクローブのペルーの紅茶、友人はアニスティー。友人曰く、アニスティーは「サイドボードの上に飾ってある姉様人形の乾燥を防ぐ薬品の味」だって 。めっちゃピンポイントすぎて共感できなかった(笑) 。

店内にはペルーの民芸品が飾られていて、販売もしていました。このぬいぐるみがアルパカなのかラマなのか悩みましたが、アルパカだったみたい。

カウンターの上に飾られていたペルーのお酒“ピスコ”のボトルを見て、懐かしい思い出が蘇りました。

若かりし頃、積もりに積もった悩みを抱えきれず爆発しかけた時期があり、こうなったらもう二度と行けないような遠いところに行こう!と、1人でペルー旅行のツアーに参加したことがありました。
同じツアーに明るくて陽気なおにいさんがいて、彼はいつも冗談を言っては周りを和ませ、みんなが高山病でぐったりしている時も明るく元気にして、言葉の通じないペルーの物売りにを日本語で値切ったりするような、ハッピーでポジティヴなオーラ全開の人でした。
街中の土産物店でインカの土器風のボトルに入った“ピスコ”を買おうとした時のこと。気に入った顔がほしくて指をさしても店員さんはなかなか分かってくれません。その時おにいさんは「これ!この顔のやつ!」とボトルと同じ顔をしてみせました。変顔のゼスチャーは見事に店員さんに通じ、無事欲しい顔のピスコを買うことができたのです。
いいなあ。こんなハッピーな人と一緒にいたらどんなに楽しいだろう。羨ましいなあ…。
その時私は気づいたのです。
「羨ましがってないで、自分もそうなればいいじゃん!」

・・・私はそうなれたのかなあ。なれなかったのかなあ。
このことをすっかり忘れてた。
あの時のおにいさん、元気にしているといいな。

 

グァテマラ料理をおよばれ
2018.05.21 [Mon] 08:00

グァテマラに短期留学していた友人宅にてグァテマラ料理をおよばれしました。まずはみんなで乾杯〜

Vermentino di Gallura(ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ)というイタリアのスパークリングワイン。ヴェルメンティーノというぶどうの品種を使っているそう。
お酒が飲めない友人が勧めてもらっていたのは“ハマイカ”というハイビスカスティーのソーダ割り。

チキンとジャガイモの煮込み「ペピアン」。鶏もも肉がまるごと煮込まれていて、ナイフがいらないくらいの柔らかさ。ペピトリアというかぼちゃの種のようなものをルーに使っているのが特徴で、とても手間がかかるので、手軽なペピアンの素がスーパーなどで売られているそう。辛さはなく、さっぱりしています

トマト味の牛肉の煮込み「イラチャス」。こちらも素を使ったそうですが、辛そうな見た目とは裏腹に優しい味。グァテマラ料理って食べたことなかったけど、日本人にも好まれる味だな〜と思いました。
​タヒンというライム味の唐辛子もかけてみましたが、辛さより爽やかな旨味が引き立ち、柚子胡椒のような存在。

蝶のモチーフが可愛いスペインのビオワイン、Casa Benasal(カサ・ベナサル)。優しい味の肉料理に合いました。

他には友人たちが持ち寄ったサラダやチーズなど。

ブラジルのもちもちチーズパン、ポンデケージョがみんな大好きだと言っていたので、業務スーパーで見つけた冷凍のものを持参しました。焼き加減がいい感じ〜。

前からちょっと気になっていたpatisserie pieceのケーク・ショコラ、うまい具合に恵比寿駅から友人宅に向かう途中にお店があったので、渡りに船とばかりに予約して持参しました。

グァテマラのコーヒー豆を挽いてデザートと一緒に。ケーク・ショコラはビターな大人の味で、コーヒーはもちろんシェリーと一緒にいただいても美味しかったです

グァテマラのFernando's Kaffeeのビーン・トゥー・バーのチョコレートも味見させてもらいました。セクシー・オレンジって書いてあったけど、何がセクシーなのかはちょっとわからなかった

いろいろ珍しくてオイシイモノをごちそうさまでした!





 

タコスを手作りしてみた
2018.04.17 [Tue] 08:00

ネットショップでサプリや雑貨を買う時、あとちょっとで送料無料とか、あとちょっとで割引適用とか、“あとちょっとマジック”にはまってしまうのですが、私の場合あとちょっとは食品で補います(笑) 。
ある時トウモロコシの粉が原材料のトルティーヤの素を見つけ、タコスを手作りしたくなっていろいろ買い込みました。
冷凍トルティーヤは小麦粉を使っているものが多く、トウモロコシのトルティーヤがずっと食べたかったのです。
がしかし!レシピを見るとトルティーヤの素と名乗っているくせに小麦粉を足さねばならぬではないですか 少しでも糖質オフにしたいので、全粒粉の小麦粉を購入。
タコミートのスパイスミックスは減塩バージョン。

レシピ通りに作ったはずなのに、想像したトルティーヤにはならず、かなりちんまり&肉厚なトルティーヤになっちゃった ガレットを作った時もうまくできなかったので、どうやら私は薄く丸く焼く調理が苦手みたい 見た目はイマイチだけど味は美味しかった

他にはアボカドをつぶしたワカモレ、うずら豆の煮込み、黒っぽいのはグァテマラに語学留学していたクラスメートからお土産にもらった“フリホーレス”。黒インゲン豆をニンニクや玉ねぎと一緒に煮込んでペースト状にしたもので、グァテマラではこれが必ず食卓に上がるのだそう。。塩味のあんこみたいな感じで、昔ブラジルのミナスで食べたトゥトゥーという料理に似ていたので、なんだか懐かしくなりました。

は〜、美味しいタコスが食べたいなあ…。
 

 

社交強化月間 神保町編
2018.03.07 [Wed] 08:00

最近仲良くしてもらっているスペイン語教室のクラスメートの一人が中米に短期留学していたので、帰国報告会を神保町の「下町ボラーチョ」というメキシコ系料理店で行いました。ボラーチョとはスペイン語で酔っ払いの意味で、私たちは複数の女性だからボラーチャスになるのかな?

人気No.1メニューの海老の出汁アヒージョ。“海老とワイン”が売りのようで、海老のメニューが多かったです。

こちらも人気メニューのタコとトマトの漁師風ガーリック炒め。マッシュルームの鉄板焼きはスペイン語だと“チャンピニオン・ア・ラ・プランチャ”。声に出して言いたい、カワイイ響きの言葉だと思いませんか?

スペインのワイナリー、コヴィンカの「トレロンガレス・シラー」を。断酒してちょうど1ヶ月ぶりのアルコール。う〜ん、回る回る!
「顔赤くなってる?」「ほんのりピンクよ」「シャンシャンぐらい?」「そうそう!」
なんて他愛のない会話が楽しい

ローストビーフとパクチーのサラダだっけな。毎日手書きのメニューでちょこちょこ入れ替わっているみたい。

アボカドディップとコーンチップス、魚介のマリネのセビッチェ。リーズナブルにちょっとずつつまめるタパス系が多いようです。

タコスがあると思い込んでいたら無かった 代わりにお豆が入ったブリトーを。ちゃんと人数分に切ってくれて気が利いてます

スペイン産イワシの酢漬けと、海老マヨ的な何か。お酒が回ってよく覚えてないよムニャムニャ…

この日飲んだのは生ビール、ワイン2杯、クラフトビール、キールロワイヤル。以前の私なら余裕だったけど、めちゃくちゃ酔いました@@ でもすっごく楽しかった! 帰国した友人はすぐにもう一度同じ語学学校に行くそうで、次の帰国時にはホームパーティーしよう!という計画で盛り上がりました。¡buen viaje!


 

八王子「NossA」でブラジル料理
2016.09.08 [Thu] 10:40

八王子の友人を誘って、新しくできたブラジル料理店「NóssA(ノッサ)」へ行ってきました。お店の前にはバス停のような看板がお出迎え。

マンホールのふたがブラジルの国旗の地球のデザインになってるのがナイス。

まずはブラジルのさとうきびの蒸留酒“カシャッサ”(ピンガともいいます)とライムのカクテル、カイピリーニャで乾杯!私はお砂糖を入れないカイピリーニャが好きなのですが、このお店で初めてお砂糖なしの“ピンガ コン リモー”に出会いました
友人はカシャッサとココナッツミルクのカクテル、バチーダ・ヂ・ココを。バチーダとはカシャッサをフルーツジュースで割ったカクテルのことで、シャーベット状にした“ハマー(HMR)”というのもいろいろありました。試してみたかったけど凍結酒ですぐヤラレてしまうので自粛しときました。

カラフルな野菜がたっぷりのNóssAのオリジナルサラダは塩コショウが効いていて美味しい!ヤシの新芽パウミット入りなのもうれしいな。

NóssAセットはブラジルのしょっぱいおつまみ“サウガヂーニョ”の盛り合わせ。四角いのはパステウというブラジル風揚げ餃子で、牛ひき肉とチーズ入りの2種類(1種類かと思って先に牛ひき肉を食べちゃった)。かわいいとんがり頭のコロッケは鶏肉入りのコシーニャ。

牛肉のアルカトラ(ランプ肉)と野菜のミックス、ピッカーニャ(イチボ)を串焼きにしたエスペチーニョは小さなシュラスコといったところ。

最後の締めにはフェイジョアーダ。プラットというメニューで、フェジョアーダ(黒インゲン豆とお肉の煮込み)かフェジョン(お肉なし)を選べて、付け合せもお肉かソーセージを選べます。
フェイジョアーダはもちろんのこと、スープで炊かれたご飯も美味しい 美味しいんだけど、ポテトフライにポテトサラダはちょっと苦しかった
ブラジルではメイン料理を頼むと必ずごはんとポテトフライが付いてきて、旅行中のレストランでひいひい言いながら減らしていたことを思い出します(笑) 。

ブラジル人の女性シェフが作る料理はどれも美味しかったです 入店時は私たちだけだったのに出る頃にはほぼ満席。地元の人に愛されているお店なんですね。

Brasil FUTEBOL Bar NossA
Brasil FUTEBOL Bar NossA
ジャンル:ブラジル料理&バー
アクセス:JR八王子駅北口 徒歩5分
住所:〒192-0084 東京都八王子市三崎町6-8(地図