カスタム検索

 

今年もホタテをお取り寄せ
2018.12.24 [Mon] 13:30

年末年始用に注文していた陸奥湾のホタテ貝が到着。去年は2kgでちょっと物足りなかったので、今年は3kgにしました。水揚げが安定していないそうで、直前だと年内に間に合わないと思い、早めにオーダー。大サイズがやや小ぶりではありましたが、20枚ほど入っていました。

貝殻から外し、貝柱とヒモを分けて、ウロという黒い部分を取って…と結構な手間なのですが、その先に幸せが待っているかと思うと頑張れる(笑) 。
お刺身めっちゃ甘い〜〜

こちらはバター醤油焼き。お酒がすすむ味

年末年始用にワインも取り寄せていたので、1本開けますか〜。珍しいポルトガルのヴィーニョ・ヴェルデが入っていたけど、これはお正月に開けよう。



イタリアのすっきり白と一緒にいただきました。ホタテの残りは冷凍して、お正月にいただきます!

おまけ。貝好きなので、冬にムール貝が出回るとつい買っちゃう。ガーリックと一緒に白ワイン蒸しに。このどっさり感が幸せな気持ちにさせてくれます。

緊急入荷!数量限定!年内発送の受付けは12月25日9:59まで。急げ〜〜

 

青森からのいただき物で
2017.12.19 [Tue] 08:00

今年も青森の親戚から美味しそうなりんごが送られてきました。このシーズンに合わせてゲットしたのが、りんごカッター。上からぐぐっと押さえると、芯のまわりから8等分にカットしてくれるというすぐれものなのです。100均のわりにはちゃんと切れるし、ものの10秒でカットできるのでとても便利。

りんごと大根の千切りを、ほぐしたホタテ風味のかまぼこと合わせ、マヨネーズを和えてサラダにしてみました。ホントは青森名物の缶詰「ほたてマヨネーズ」と合わせるともっと美味しいんだけど、まあまあいいお値段なので(笑) ホタテ風味のかまぼこで代用しました。でもこのかまぼこ、かなりうまくできているのでオススメです!

もうひとつ、おいらせ町のながいも農家さんの親戚から毎年送っていただいているながいもで豆腐グラタンを作ってみました。
すりおろしたながいもにたらことマヨネーズを適量混ぜ、耐熱皿に水切りした豆腐をくずして入れたものにかけます。シュレッドチーズを乗せてオーブントースターで焦げ目がつくまで焼いたら出来上がり。縁にこんもり盛り上がったとろろ&たらこにめっちゃそそられます

とろとろのながいもがふわふわ豆腐に合う たらことチーズの塩気も程よく、とても美味しくいただきました。もちろん、マカロニやペンネでグラタンにしても美味しいと思いますので、よろしければお試しください

どうもごちそうさまでした!

 

 

和ラー 津軽貝焼き味噌風を食べてみた
2016.11.16 [Wed] 07:30

津軽貝焼き味噌風ラーメン?なんじゃそりゃあ??
ホタテの貝殻を鍋にして味噌で味つけた卵とじ、青森の郷土料理「貝焼き味噌」がそんなにメジャーじゃなかった頃から、ブログで貝焼き味噌をご紹介してきた私としては、食べておかねばなりますまい。

期待と不安を胸に3分後フタを開けてみたら、超ミニミニベビーホタテがぎっしり!なんだかカワイイな〜。もちろん本物のホタテではなくホタテ風に作った薬味ですが、ホタテの繊維もちゃんと再現されていて芸が細かい!
たまごのふんわり感もいい感じだし、ホタテ+煮干しの旨味が感じられる味噌スープもなかなかいけます。ネギの青味もグッド。
これが貝焼き味噌かと言われると「本物ば食ってみへぇ」としか言いようがありませんが(笑) テーマを再現するというアプローチはかなりユニークな試みだと感心しました。最近のインスタントラーメンの研究力には驚かされます。
これから日本中の味が増えていくみたいなので楽しみです!

和ラー オフィシャルサイト

 

新米だ!新米だ!!新米だー!!!
2016.10.05 [Wed] 08:00

アニマル浜口さんみたいに叫んでしまいましたが、待ちに待った新米のシーズンがやってまいりました いつも注文している福島のまんま屋さんから、毎年食味ランキング特Aの会津のコシヒカリをお取り寄せしました。

まずはこの日のために買ったすじこ。つやっつやのごはんに赤いすじこのコントラストがたまりません

そして明太子も行っときましょう。塩分もプリン体も糖質もこの日だけは目をつぶらせてください。

ふわふわにかき混ぜた卵&ひきわり納豆、んまーい 新米は硬めに炊き上がるので、水をちょっとだけ多めにセットしてちょうど良かったです

ビールが美味しかった夏の不摂生を解消すべく、そろそろダイエットしようかなと思っていたのですが、強敵現るといったところですね

 

福島からの贈り物で…梨の寒天
2016.10.03 [Mon] 08:00

春に結婚した親戚の奥様のご実家からとても立派な梨が届きました。ご実家は福島で農業をされており、丹精込めて作った農産物を産地直送でいただけるなんて幸せだ〜

まずはみずみずしいうちにそのままいただき、野菜室でちょっと置いたものを寒天寄せにしてみました。
梨1個のうち3/4をすりおろし、1/4は小さい角切りにします。水400ccでといた粉寒天4gを温めて沸騰したら、すりおろした梨と角切りの梨、砂糖大さじ3、レモン汁小さじ1を入れて2分ほど温め、粗熱をとったものをカップに流し込んで冷蔵庫で冷やせば出来上がりです。

梨のみずみずしさや梨本来の甘さが活き、角切りの梨でシャキシャキ感も味わえて、とても美味しかったです。きび砂糖を使ったので茶色っぽくなりましたが、やさしい甘さなので素材の味が引き立ちます。
角切り梨は存在感を出すためにコンポートにしても良かったかな。寒天の量を調整するともうちょっと柔らかくふるふるになるみたい。
どうもごちそうさまでした!