カスタム検索

 

ラストランチは3日連続カレー!
2019.04.15 [Mon] 07:00

しばらく改装中だった恵比寿三越のデパ地下が3月末にリニューアルしました。以前はレジ近くにあった各店のお弁当が並ぶコーナーがが無くなったのはちょっと残念ですが、代わりに新しいお店もいろいろオープンしていました。
パン好きにとって嬉しいのは、日替わりで違うパン屋さんが販売する「EVERY DAY'S BAKERY」というコーナー。この日は代々木の「pour-kur(プルクル)」というパン屋さんで、石窯パンがめっちゃ香ばしくて美味しかった!

恵比寿三越のデパ地下弁当ですっかりハマったインド料理の「スワガット」さん。あれ?なくなっちゃった?と思ったら、一番奥に移動しており、イートインやお弁当も健在だったので一安心。
今まで540円のお弁当ばかりだったので、最後に1080円の日替わりを頼んでみました。

今までスイーツの売り場だったところがオシャレで広々としたイートイン・スペースに生まれ変わり、お店で買ったものを食べることができます。フードコートのように呼び出しベルを渡されて出来上がりを待つのは、スワガットの月・金・日曜日替わりのチキンビリヤニセット。

このお花のようにキレイなビリヤニ にそそられます。ごはんもちゃんとバスマティライスだし、ビリヤニ用のカレー、ヨーグルトの爽やかなサラダ「ライタ」もついていて、本格的。ドリンクはウーロン茶かラッシーが選べるのでラッシーにしたら、なぜかウーロン茶だったのはご愛嬌。

翌日は火・木・土曜日替わり、南インドのミールス・セット。ラッサムというオクラ入りのダルスープ、カリフラワーとインゲンのココナッツミルク味のカレー、ナスとトマトのカレー。
ナンはモチモチ系で、パリパリした薄焼きおせんべいのようなパーパル、ナンの下にはバスマティライス、玉ねぎのアチャール、ブロッコリーのサブジもあり、ボリュームたっぷり。そして今度は何も聞かれずにラッシーが付いてきました(笑) 。
2人がけのテーブル席はいっぱいになっちゃうけど、大テーブルは比較的座れます。向かいのおじさまもミールスを召し上がっていました。

仕事の最終日は派遣の同僚と一緒に目黒の「バルピパル・キッチン」へ。目黒のインド・ネパール系カレー屋さんを食べ歩いて一番美味しい!と思ったのがこのお店なのです。
ネパールの定食、ダルバートの日替わりカレーはマトンをチョイス。骨つきのマトンカレー、んまーい あっさりのダルスープ、野菜のおかず、トマトとパクチーのチャツネも美味。インドに媚びないちゃんとしたネパールの料理が食べられる貴重なお店です。店長さんもハンサムだしね〜
東京でのサラリーマン生活の最後を締めくくるにふさわしいランチになりました。

おまけ。3年前の入社当時にハマったものの、健康上の理由で節制していた「ラーメン隊」のクリームちゃんぽんも「次に食べるときは今の職場を辞める時だ」との決意通り、辞める直前にいただきました。あー、うまい。うますぎる。幸せ。

パンダ好きな私のために、同僚の皆さんからとっても“パンダフル”な送別をしていただき、泣くはずじゃなかったのに思わず涙が…。2年半、大変意義のある仕事に携わらせていただき、本当にありがとうございました!
 

カレーなる日々
2019.02.18 [Mon] 07:00

毎度おなじみ恵比寿ガーデンカフェのランチ。なんとなく食指が動かない時は、カレー食べてりゃ間違いない。ということでこの日はカレーうどん。豚バラと玉ねぎが入った正統派の“蕎麦屋のカレーうどん”で、麺の加減も絶妙でした。
麺を茹でる人と、注文を受けて汁を注ぐ人の2人体制なのですが、忙しすぎたのか、かけそばの注文にカレーと具を入れてしまい、「間違った!」と捨てていたのがモッタイなかった 「カレーそばの人いらっしゃいませんか?」とひと声かけてくれれば、私が名乗り出たのになあ。

続いてロールキャベツのトマトチーズカレー。福神漬けは好みで入れてくれます。トマトカレーって酸味が強そうなイメージだけど、そんなにトマトっぽい味はしません。実際インドカレーにはトマトをたくさん使っているしね。チーズもかかっていて美味しかったけど、ごはんが多すぎたな〜。

そんな教訓を生かし、次回からはご飯少なめコールをすることに。ナスとツナのカレー、ツナの味が消えるほど本格的な辛さで、辛味プラスの赤いペーストは要らなかった 職場に戻ってからも汗が止まりませんでした。
このカフェテリア、カレーはまあまあいけるかも。

こちらはクリーミーカレーうどん。何かの天ぷらを乗せてくれたので「もしやエビ天??」なんて期待したのですが、ネギの天ぷらでした しかしこちらもカレーが美味しく、血圧高めなのにつゆを残すという選択がかなり難しかったです。

最後は牛すじカレー。カレーというよりハヤシに近い感じでしたが、スパイシィで美味しかったです。
このカフェテリアの週替わりカレーは中村屋さんのカレーを出していることが多いのですが、もしかして他も中村屋さんの業務用カレーを使っているのかなあ?? だとしたらすごく信頼できるなあ。

 

吉祥寺「アムリタ食堂」でトムカーガイ
2019.02.08 [Fri] 07:00

北海道にいた頃の中学〜高校まで同じ学校だった同級生が、吉祥寺で美容師さんをやっていると聞き、節分の日にヘアカットに行ってきました。
6年間も一緒だったのに一度も同じクラスになったことはなく、この日が一番親しく話したかも(笑) 。懐かしい話に花が咲き、とてもリラックスした時間を過ごすことができました。
彼に教えてもらい、吉祥寺に新しくできたブーランジェリーでパンを買ったあとは、以前お茶しに寄ったタイ料理店「アムリタ食堂」でランチ

開店直前、すでに大行列。少し待って通されたのは明るいサンルーム。石油ストーブをガンガンたいていたので、タイにいるみたいな陽気でした。

休日のランチは土日祝日用のセットのみだったので、この日すごく食べたかったチキンのココナッツミルク煮「トムカーガイ」とジャスミンライスを単品でオーダー。
テラコッタの器でドーンと登場したトムカーガイ、多分1人で食べる量じゃなかったんだけど(笑)ごはんの量と調整しながらいただきました。
チキンは胸肉を薄くスライスしてあり、フクロダケ、パクチー、そしてハーブのコブミカンの葉やレモングラス、ショウガなどがごろごろそのまま入っています。

わりとあっさり味だったので、テーブルにあったタイの調味料「甘・辛・酸・塩(砂糖・唐辛子・辛いお酢・ナンプラー)セット」を入れたら、めちゃくちゃ汗かきました

このあとは府中に移動し、この日の本来のイベント「節分祭」にギリギリ間に合ったけど、境内は入場規制されていて中まで入れず 仮面ライダーの役者さん、サッカーやラグビーの選手、ミス府中などが豆まきをしましたが、全然見えないし豆はこっちまで来ないしで、ちょっとションボリ。

お神楽が見られたのでよしとするか。

初詣に引いたおみくじが中吉だったので、再度引いて見たら、小吉 でも裏の「天のみこえ」と「言」にグッときました。
皆さん、おみくじを引いたときは運勢だけでなく、そこに書かれているメッセージにも注目してみてください!いいこと書いてますよ〜

帰宅後は「鬼は ァそーと!」という脱力系ネーミングの豆菓子アソートで豆まき。今年は良い福が舞い込んでくるような予感がしています。

 

あんかけ中華、三連チャン。
2019.01.23 [Wed] 07:00

初冬までは公園で手弁当を食べていたのですが、真冬となると東京でもさすがに無理。なので恵比寿三越の地下の食品売り場でお弁当を買い、イートインのスペースで食べていたのですが、今年になってから食品売り場が改修工事を始め、レジの台数が減ったためお昼時はすごく並ぶようになってしまいました。
ここの利点は、食品売り場に点在する総菜店のお弁当が一箇所に集められ、あちこち回らずともすぐに選べてすぐに買えることだったのですが、レジで並んで買うならそれぞれのお店で買った方がいいよね…と、私と同じことを思った人もいるはず。

寒い冬はあんかけが食べたくなるもの。「北京飯店」さんを見たら、中央のお弁当売り場にはなかった650円の中華丼があった♪ しかもランチタイムはスープ付き。豆腐と卵のスープもあんかけで、ダブルのとろみに大満足。

翌日も北京飯店さんで天津飯。甘酸っぱいあんがグッドです。でもちょっとご飯が多かったかな…。

その次の日もまたまたあんかけ、今度は焼きそばを買ってしまった。麺の中に具が入っていて、下には卵が敷いてありました。
あれ?そういえばスープ入れてもらわなかった!と申告したら、麺類にはスープが付かないんだって それなのにおまけでもらっちゃったのは、3日連続で行って顔を覚えられちゃったのかな。
なんだか恥ずかしくて行きにくくなってしまった。

最近ちょっとデパ地下のお弁当ランチもマンネリ気味になってきたので、そろそろ新規開拓してみようかな。

 

日比谷で外飲みエスニックランチ
2018.10.30 [Tue] 07:00

大阪の友人が東京に遊びに来ていることを知り、帰宅する日のランチにお誘いしてみました。普通にお店で昼飲みもつまらないし、ガード下のもつ焼き屋はゆっくり話せなさそうだし…と悩んでいたところ、ふとひらめいたのが日比谷公園のピクニックランチ。
周りにはちょうどエスニックのお店もいろいろあるし、ユニークなアテが揃いそう!ということで、いろんなお店で調達することに。

当初は公園に行くつもりでしたが、東京ミッドタウン日比谷の6Fにある“パークビューガーデン”というテラスにもベンチがあることを知り、出来立てのお弁当をズラリと並べていざランチ

こちらは有楽町イトシアB1Fにある「バインセオ サイゴン」の焼きフォー。きしめん状の幅広のフォーを野菜などと一緒に炒めてあり、ほどよい塩気とガーリックが美味しかったです。



青パパイヤのサラダ。ナッツのアクセントがグッド

こちらは東京国際フォーラムのネオ屋台村に出店していた「フレーミングノラ」のガパオとグリーンカレーのセット、ノラスペシャル。サービスで春雨のカレー炒めをつけてくれました。プラス100円でパクチーマシマシにしてもらいました。



ラストは東京ミッドタウン日比谷2Fにあるインド料理店「DIYA(ディヤ)」のミックスグリル弁当。選べるカレーはキーマにしました。かために炊かれたターメリックライスとナン付き。ナンは注文してから焼いてくれるので少々待ちます。インド料理店らしからぬ超スタイリッシュな雰囲気のお店で、さすが大東京のど真ん中のミッドタウンでございます。
カレーはもちろんのこと、ミントが入ったシークケバブもチキンティカもスパイシィで旨し



お酒は地下のカルディで購入。辛口のカバが美味しかった
ここの地下がおシャンティなフードコートになっていて、タパスやらオイスターバーやら気になるお店ばかりでキョロキョロしっぱなし。地上にも地下にも気軽に昼飲みできるナイスなスペースを見つけてしまいました。



広々とした日比谷公園と皇居を見渡せる景色にもリラックスできました。日本武道館の“タマネギ”もしっかり見えました。

このあと東京駅まで友人を見送ってお別れ。去年の夏に会った以来だったので、積もる話をいろいろ話せてとても有意義な再会となりました。また会おね!

東京駅まで来たならば、近くのあの子達に挨拶して行きますか。ということで上野で降りてパンダの列に並びました。この日は60分待ち。
「おう、よく来たな」とリーリーがお出迎え。

シンシンは匂いを嗅いでより美味しそうな竹のチョイスに余念のない様子。

そしてシャンシャンは…竹の陰に埋もれてた シャンシャンが活発に動いている場面になかなか遭遇しない私ですが、今回は全員起きていたということで良しとしましょう。