カスタム検索

 

ありがとう、東京。
2019.05.07 [Tue] 08:00

引越しの前日、一足早く母を送り出すため上野駅へ。妹も駆けつけてくれて2人でお見送り。
母はまあまあの高齢なので、妹にとって今生の別れになるかもしれず、見送った後涙ぐんでいる妹を見て私ももらい泣きしそうになったけど、よく考えたら私と母はこの先ずっと顔を合わせるんだった(笑) 。

見送りの後は浅草に向かい、すしや通りの「十和田」というお店で妹とランチ。20代の頃、クレイジーキャッツのオールナイト映画を観るために浅草にはよく来ていて、「十和田」で海老天丼を食べるのがたまの贅沢だったのです。
考えたらここはお蕎麦屋さんなのに、お蕎麦を食べたことないなと思い、もりとミニ天丼のセットにしてみました。

久しぶりに食べる天丼、やっぱり美味しい 十和田の味は変わらないけど、私の胃腸は天ぷらや揚げ物が苦手なカラダになっちゃったなあ

浅草寺におふだを返し、合羽橋道具街でこれから毎日使うであろう魚を下ろすための柳刃と出刃庖丁を購入。日高へ引っ越し、海の町に暮らすことを話したら、おやじさんがいろいろおまけしてくれました。言ってみるもんだ(笑) 。

再び上野に戻り、上野動物園でパンダとお別れしてきました。今まで何度か来ているけれど、いつも寝ているか見えないところにいるかでちゃんと見ることができなかったシャンシャンが、この日は絶好のポジションで笹を食べていました。
シャンシャンの食事姿はいつも楽しそうで、「ふんふんふ〜ん」という鼻歌が聞こえてきそう。おでんばで元気いっぱいで好奇心旺盛なシャンシャンを見ていると、私も元気をもらえる気がするよ。パンダ好きにさせてくれてどうもありがとう!

シンシンはバックヤードにいて会えなかったけれど、遠くにいたリーリーがふとこちらを見てくれて「おう、達者でな」と言ってくれているような気がしました(あくまでも妄想)。

夕方は池袋の桂花ラーメンへ。カップラーメンで発売された桂花を数日前に食べて「うーむ、だいぶ違う」と思い、ぜひとも本物を食べたくなっていたのです。最後だから太肉麺(ターローメン)いっときます。私の中の熊本ラーメンはこれがデフォルト。
初めて食べた時は確か850円くらいだったと思いますが、今や1000円超え。時は流れます。

太肉麺を食べると必ず思い出すのが、数年前に同じ部署で働いていた同僚男子。隣の席になるとよくラーメンの話になり、「昔は桂花の太肉が大きく感じた」「いや、太肉が小さくなっただけ」などと他愛のない話をするのが楽しみでした。
ある時彼が退職することを知り、全く異業種の資格を取るため学校へ通うということを教えてもらいました。そんなに若くない年齢で行なった彼の決断は実にすがすがしく、私はすっかり打ちのめされてしまいました。
私も転職する時は今の仕事が嫌だからじゃなくて、本当にやりたい仕事が見つかってからしたいと思っていましたが、10年近く経って今やっとその時が来ました。
異業種にチャレンジした彼は、あのとき目指した仕事で頑張っているようです。
「あなたのあのときの決意がずっと私の心の支えでした」
と、伝えられなかった言葉を今ここにしるします。
本当にありがとう!


 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存

※記事に関連のないコメントは削除しますので、ご遠慮ください。