カスタム検索

 

新宿「ボルコ」でスペイン旅行
2019.04.22 [Mon] 07:00

高校卒業後に北海道から上京し、学校の寮に入って最初に仲良くなった同級生たちと、新宿西口のスペイン料理店「ボルコ」へ。最近お気に入りの「一休.com」から泡もサングリアも飲み放題で5000円のコースを予約しました。

まずは泡で乾杯後、ハモンセラーノをつまみながらもう1人の友人の到着を待ちます。

前菜のサラダにチコリが入ってるのがナイス。

生ハム詰めマッシュルームのアヒージョ。オイルはもちろんパンに染み込ませて。

サングリアはフルーツたっぷり!
この辺りでもう1人の友人がやっと到着。明日からお義母様と一緒に旅行する予定だったため、そちらに気を取られていたみたい(笑) 。

スペイン風オムレツ、トルティージャ。

タコのガリシア風。スペイン料理の定番が続き、安心感があります。

肉料理はチキンのソテー。下に敷いてあるマッシュポテトがなめらかで美味しかったです。

ラストはパエリア。お米のアルデンテ具合が絶妙です。家でも毎回こういう風に作れたら最高なのにな〜。
先日もう捨てようと思っていたパエリアパンで最後のパエリアを作ったのですが、魚介のパエリアを極めてみたい気持ちがムクムクと湧き、捨てずに引越し先にも持っていくことにしました。

最後に予約時にお願いしてあったメッセージプレートが登場。「Vaya con dios!」(バイア・コン・ディオス)はスペイン語のお別れの言葉で、直訳すると“神と共に行け”という意味です。
18歳で知り合った頃は思いもしなかったような苦難に出合うようになった私たち。どんな試練が待ち受けていたとしても、きっと神様が良い方向に導いてくれるはず。それを信じて、前に進んで行こうね!

翌朝旅行で早い友人を旦那様が迎えにきて、ひとまず解散。残った2人で、前の日にも行ったばかりの「ヘルメスワインコーナー」の系列店「サントリーラウンジ イーグル」で二次会。美しく盛り付けられたピクルスをつまみながらウイスキーをいただきました。池袋同様、ここもやっぱりラグジュアリィな空間

“ボサノヴァ”という名前のカクテル、説明に抹茶とグレープフルーツとあり、抹茶とグレープフルーツでボサノヴァ??と気になったので頼んでみたら、出されたグラスを見て納得。そうか!ブラジルの国旗の色なんだね!ステキだわ〜




 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存

※記事に関連のないコメントは削除しますので、ご遠慮ください。